人気ブログランキング |

タグ:野良ネコ ( 59 ) タグの人気記事

虎ノ門5丁目  街灯は残った

この街を訪れた目的は一つ、八幡神社の玉垣を確認することだ。
これは2007年に撮影した「壺屋(つぼや)」の玉垣。
c0080357_23081350.jpg
わしは永井荷風の長年の愛読者なんだが、荷風は一時、この界隈に愛妾お歌さんを囲っていたことがある。
それがどこにあるのかを探しに行って見つけたのが、上の写真の玉垣。
『断腸亭日乗』の昭和2(1927)年10月14日付の日記に妾宅の場所を示している。
「菓子屋壺屋の裏にある貸家」
その壺屋の玉垣がこれだったのだ。
ところが、いつの間にかすっかり新調され「壺屋」の名が消えていた。
残念だが、まあ、仕方ないよね。
c0080357_23093992.jpg
神社の階段を上り参拝。
裏手に階段があったはずなので、下りてみる。
この鬱蒼とした感じは、以前訪れたときのまま。
ちなみに荷風とお歌さんもこの神社を訪れている。
c0080357_23102254.jpg
c0080357_23104977.jpg
ああ、だが、下りきると、かつての民家が一掃されていた。
2007年に訪れた時も再開発され、立ち退きが進んでいたので、むしろそのスピードは遅いとも言えるのか。
c0080357_23111186.jpg
かつては、こんなだった。
2007年当時で昭和な風景が丸ごと残っていた。
空き家が目立ってはいたが。
c0080357_23084052.jpg
c0080357_23125134.jpg
路地には必ず傘に下にこのネコがいた。
c0080357_23131927.jpg
民家の軒先にも。
c0080357_23133786.jpg
2019年の現実に戻ろう。
がれきに混じって何かいるよ
気づいた?
c0080357_23140971.jpg
地蔵さんだ。
相当古そうな石像とともに打ち捨てられている。
c0080357_23145414.jpg
c0080357_23151210.jpg
激変する虎ノ門5丁目だが、変わらぬものを発見した。
この街灯。
現在(写真上)と2007年(同下)の姿です。
階段を上り下りする住民など今や皆無だろうと思われるが、ちゃんと灯っている。
c0080357_23154188.jpg
c0080357_23160128.jpg
以下、昔の写真。
こちらは虎ノ門3丁目。
このアパートなんて、ご丁寧に「港区芝西久保巴町112番地」と旧町名で表示されていた。
c0080357_23172398.jpg
c0080357_23173375.jpg
ここにもネコ。
そして階段がいくつも。
超都心部なのに、懐かしい東京がそこここにあった。
c0080357_23175629.jpg
c0080357_23180461.jpg
今はない……。

※壺屋は以前、実際に取材させていただいたことがある。変遷を経て、現在は本郷にあります。壺形最中、とても上品でおいしい!

by muffin-man | 2019-05-17 23:27 | 虎ノ門/愛宕/増上寺

根津/谷中/鶯谷  ネコづくし

久しぶりに根津神社のつつじを堪能しに行こうと出かけたが、このありさま。
入口まで行列ができていたので、あきらめた。
c0080357_18420468.jpg
でもって、ぶらぶら歩いた。
谷根千はやっぱりネコが多いね。
c0080357_18421171.jpg
c0080357_18421888.jpg
c0080357_18425103.jpg
c0080357_18430146.jpg
仮名垣魯文(1829〜94年)の墓があることで知られる永久寺。
こちらもネコと縁が深い。
c0080357_18431956.jpg
「山猫めをと塚」とある左の石塚は、夫婦の飼い猫の供養のために建てられたそうだ。
そして、右の丸く空いた穴を覗いて見ると――、
c0080357_18440022.jpg
ここにも、ネコ。
c0080357_18441127.jpg
一方、こちらは路傍のタヌキ。
c0080357_18444178.jpg
お約束の初音小路。
c0080357_18445906.jpg
言問通りから下って、鶯谷駅前。
やっぱりここが一番落ち着く。
GWということもあるんだろうが、激混みの谷根千は体にこたえる。
c0080357_18451511.jpg
※本日からオリンパスPEN-Fに代わり、富士フイルムX-T3で撮り始めました。

by muffin-man | 2019-04-29 18:45 | 根津/谷中/千駄木

南千住  昼メシはジョイフル三の輪

久しぶりに都電三ノ輪橋停留場で下りた。
この路地、変化がないようで、ある。
味のある頭上の電灯がなくなっていた。
下の写真は2008年撮影。
c0080357_23173046.jpg
c0080357_23182581.jpg
買い食いしながら歩こうとジョイフル三の輪に向かうと、パレードをやっていた。
師走だ! 防犯だ! 社会を明るくしよう!
c0080357_23190565.jpg
c0080357_23191902.jpg
腹減った。
大好きな「パンのオオムラ」で、ハムカツパンとカレーパン計270円。
c0080357_23193646.jpg
店先に、宣伝文句を書いた短冊が。
「ストレート味抜群」に「ビッグな味のカレーパン」。
いいね。
c0080357_23195114.jpg
お次は餃子
1個売りしている。1個40円
8個いただいたから320円。結局、今日の昼メシは590円。
c0080357_23201229.jpg
c0080357_23202288.jpg
商店街の裏手にまわると、弁天様がいらっしゃった。
c0080357_23204800.jpg
c0080357_23205934.jpg
再び最初の路地に戻り、これを撮った。
公衆便所。左が小で、右が大。
この風景は変わらない。スゴいな。
ネコもいたよ。
c0080357_23211979.jpg

by muffin-man | 2018-12-02 23:25 | 三ノ輪/南千住/東日暮里/下谷

栃木県足利市/群馬県桐生市  失われた飲み屋街・その5(完結)

足利に戻り、この街の陋巷(ろうこう)を歩む。
今回の旅でお気に入りの一枚が、これ。
c0080357_16565119.jpg
こんなところにあります。
c0080357_16570876.jpg
この一角もまた、フツーの住宅と飲み屋が渾然一体となっている(営業してない店も多いようだが)。
ガランと空き地もあったりする。
c0080357_16573064.jpg
c0080357_16574767.jpg
c0080357_16581318.jpg
こちらは崩壊寸前。
c0080357_16583024.jpg
裏手はこうなってる。
c0080357_16585006.jpg
c0080357_16590527.jpg
場所は変わって鑁阿寺(ばんなじ)の境内。
「ソースで食べる白いシュウマイ 足利シュウマイ」だと?
c0080357_16592089.jpg
どれどれ。
なんと、肉が入ってない。
外も中もぜんぶ小麦粉? おやつだね。
c0080357_16594371.jpg
道の向こうに「劇場通り」のアーチ。
そそるね。
行ってみようか。
c0080357_16595890.jpg
1999年に閉館した旧足利東映プラザ。
近く公開される『今夜、ロマンス劇場で』などのロケ地に使われたそうだ。
c0080357_17002384.jpg
c0080357_17003971.jpg
c0080357_17010405.jpg
c0080357_17011285.jpg
裏はこんな感じ。
c0080357_17013239.jpg
c0080357_17015577.jpg
これは一体なんだろう。
c0080357_17020524.jpg
たばこ、たばこ、たばこ、たばこ。
c0080357_17021743.jpg
おなじみ「マルフク」の他に「庶民金融」なる看板もある。
お気軽にどうぞ。
c0080357_17023207.jpg
これはもっとスゴい。
ほとんど剥げかかっているが「刺青入墨施術」とある。
c0080357_17030265.jpg
またまた出ました、廃自販機。
c0080357_17032676.jpg
銭湯に入りたかったが、残念、時間切れだ。
c0080357_17034520.jpg
最後の一枚は足利織姫神社から望む夕焼け。
充実した足利・桐生の旅でした。
c0080357_17040116.jpg

by muffin-man | 2018-02-05 17:04 | おまけ

栃木県足利市/群馬県桐生市  失われた飲み屋街・その4

ゲロはいかん、飲み込め。
「掃除は誰れがする」と、反語調で怒ってるぞ。
「おれが掃除するんだよ!」と。
c0080357_23153611.jpg
一見フツーの雑居ビルがある一方で、
c0080357_23165607.jpg
荒野と化した小路もある。
すさまじいね、こりゃ。
c0080357_23171435.jpg
こちらは震災の爪痕にも似て。
c0080357_23155547.jpg
「不思議なお店」。
誰か説明してくれ。
c0080357_23160422.jpg
先ほどの小路を反対側から見る。
「道里江」(ドリエ)というスナックが異彩を放っている。
c0080357_23162091.jpg
c0080357_23182247.jpg
c0080357_23525291.jpg
c0080357_23183031.jpg
c0080357_23181103.jpg
さあ、今度は旅館にたどり着いたぞ。
窓の意匠が妖しいが、やってるのか?
c0080357_23195286.jpg
「ビジネス旅館」とうたっているが、どう見ても連れ込み旅館(死語)だ。
c0080357_23201113.jpg
c0080357_23201969.jpg
裏側にまわると、不思議な空間が。
c0080357_23195979.jpg
おっと、ここにも「旅館」と書かれた看板がある。
素泊まり2500円。
もちろん「お泊まり」のこと。
c0080357_23203267.jpg
c0080357_23204191.jpg
正面がその旅館のようだが……、
c0080357_23261904.jpg
すごいことになってる。
商売していた当時は、客はインタホン(扉の左横にあり)で「部屋空いてますか?」とか確認してたのか?
そして、ここにも廃自販機。
c0080357_23205794.jpg
c0080357_23210838.jpg
想像を超えるフォトジェニック物件にエネルギーを吸い取られまくり、もと来た道をトボトボと引き返す。
「芭蕉」で昼ご飯だ。
c0080357_23225506.jpg
カレーが美味しゅうございます。
こちらは棟方志功画。
c0080357_23222013.jpg
c0080357_23530393.jpg
c0080357_23222579.jpg
c0080357_23223486.jpg
そろそろ足利に戻ろうか。
c0080357_23224037.jpg
c0080357_23524400.jpg
桐生駅前で見かけた8輪のコミュニティバス。
幼稚園の園バスに似てる。
c0080357_23224605.jpg
まだまだつづくよ。

by muffin-man | 2018-02-01 23:28 | おまけ

栃木県足利市/群馬県桐生市  失われた飲み屋街・その3

JR両毛線・桐生駅で下車し、北口をズンズン行くと、チェーン店っぽい弁当屋があった。
東京を出発したのが早朝だったので早くも腹が減った。
で、メニュー表を見ると――???
恐る恐る「じゅんじ」330円を注文する。
c0080357_11530601.jpg
これだ。
おかずは、ちくわ1本を4つに切っただけなのだが、タレが鰻の風味に似て、大変うまし。
c0080357_11531992.jpg
ここで食べた。
上毛電鉄上毛線の始発・西桐生駅の待合室。
美しく、清潔な駅舎に感激しながら、おいしくいただきました。
c0080357_11533730.jpg
c0080357_11534784.jpg
エネルギーを充填したところで、さあ行くぞ!
と、いきなり現れた、廃自販機。
以後われわれ一行は、次々と廃自販機に遭遇することになる。
c0080357_11540922.jpg
c0080357_11542194.jpg
路地も豊富だ。
ネコともそこら中で遭遇する。
c0080357_11544462.jpg
窓辺のニャン吉。
c0080357_11551064.jpg
住宅街と飲み屋街が混在する一角に出た。
こちらは料亭か。
c0080357_11552489.jpg
飲み屋ビルは入口がご覧のありさま。
廃業した店も多い。
c0080357_11554331.jpg
ハイヒールのオブジェが印象的だが、ここもやってない。
c0080357_11560827.jpg
古くて立派だ。
c0080357_11562497.jpg
やっているのかやってないのか不明な店も多い。
c0080357_11565169.jpg
モップでふきふき、白雪姫。
c0080357_11570370.jpg
スナック「non-no」。
ロゴが酷似している……。
c0080357_11574945.jpg
看板すら消えた店の前を過ぎていくと、ちょっとイカしたビルの前に出た。
c0080357_11580338.jpg
c0080357_11581540.jpg
「カナマル小道」なるビル1階の通路を行く。
c0080357_11583009.jpg
途中、こんな看板があったりする。
三業(芸者屋と料理屋、待合)や二業は知っているが「八業」とは一体?……
c0080357_11584384.jpg
「カナマル小道」を突き抜けると――、
すっかり蔦に覆われた「ナイトクラブ姫」。
c0080357_11585435.jpg
こんなになってる。
もはや荒野だ。
スナック荒野。
c0080357_11590749.jpg
ズンズン行くと、好い感じにクネッた路地に出た。
c0080357_11592452.jpg
傾いた廃自販機。
「UCCラムネード」は手書きだ。
サンプルの缶が沈み込んでる。
c0080357_11595243.jpg
c0080357_12000846.jpg
泉町国際通り。
織物産業で潤った街。
カネが落ちれば、飲み屋街ができあがるが、今や廃業した店も多い。
c0080357_12002352.jpg
こちらの店は非常に気になる。
破れ窓から覗くと、丸窓に豆タイルの柱……。
c0080357_12003553.jpg
c0080357_12005101.jpg
そして「個室空間」とは?……
c0080357_12011022.jpg
地主は怒っているぞ。
c0080357_12012453.jpg
錆びきったトタンの壁がアートにも見えなくもない電気屋。
軒先には「ナショナル」の古いロゴと炊飯器のイラスト。
c0080357_12013608.jpg
c0080357_12015636.jpg
まだまだつづくよ。

by muffin-man | 2018-01-28 12:02 | おまけ

栃木県足利市/群馬県桐生市  失われた飲み屋街・その2

さあ、2人きりで語り合おうぜ、この店で朝まで。
c0080357_17584925.jpg
それとも河岸(かし)を代えて「東京カラオケラーメン」でシッポリするか?
c0080357_17585439.jpg
3年後に土地・建物が手に入るなんて夢のような話じゃないか。
家庭菜園もできるそうだ。
おれがトマトを育てるから、ナポリタンを作ってくれ。
c0080357_17590142.jpg
c0080357_17590774.jpg
「考えておくわ」だと?
仕方ない、少し歩こうか。
いい雰囲気の喫茶店だ。
やってるのか?
c0080357_18002935.jpg
c0080357_17592762.jpg
ここは以前、焼きそば屋だったそうだ。
やってるのか?
c0080357_17593200.jpg
んじゃ、JRに乗り換えて、桐生に行くど。
c0080357_17591293.jpg
(つづく)

by muffin-man | 2018-01-21 18:01 | おまけ

栃木県足利市/群馬県桐生市  失われた飲み屋街・その1

地元出身の写真仲間の案内で足利と桐生の飲食店街を歩きました=大寒の20日(土)。
本編をアップする前に、こちら、カトリック足利教会。
許可をもらって、撮らせていただきました
c0080357_08493785.jpg
設立は1883年(明治16)。
現在の聖堂は1962年(昭和37)に完成したそうだ。
c0080357_08494270.jpg
c0080357_08495998.jpg
旅の最初に戻って、渡良瀬川。
東京から東武伊勢崎線・足利市駅で下車し、この川を渡ると街の中心に出る。
c0080357_08492798.jpg
無骨な鉄骨とアーチが美しい中橋は1936年(昭和11)に開通した。
森高千里の歌で知られる渡良瀬橋は一つ隣だ。
c0080357_08500590.jpg
ではでは、中心街に向けてGO!
迷宮が現れるぞ。
(つづく)





第2回プラチナブロガーコンテスト






第2回プラチナブロガーコンテスト



by muffin-man | 2018-01-21 08:50 | おまけ

浅草  暖まろう

午後5時過ぎから、日本堤のおなじみ「丸千葉」で写真仲間との忘年会。
その前に、久しぶりに浅草をウロウロ。
この地下街にもよく来たもんだ。
700円床屋にもね。
c0080357_23292996.jpg
焼きそば「福ちゃん」にて、大盛り&目玉焼き500円。
c0080357_23293918.jpg
c0080357_23305493.jpg
c0080357_23300780.jpg
c0080357_23311282.jpg
c0080357_23310259.jpg
地上に出て、浅草寺や路地をウロウロ。
c0080357_23304686.jpg
c0080357_23313503.jpg
c0080357_23312193.jpg
お、下町のニャン吉。
c0080357_23312809.jpg
激写する同士たち。
c0080357_23315158.jpg

by muffin-man | 2017-12-19 23:33 | 浅草

赤羽  階段・ネコ・再び階段

写真仲間とともに、赤羽西の階段や坂を上り下りしました。
今年3度目の赤羽西。
やさしい毛色のネコが階段でゴロゴロしていた。
c0080357_23491951.jpg
c0080357_23493438.jpg
この階段は初めて。
上ってみると――、
c0080357_23481982.jpg
ひゃあ、好い小径。
c0080357_23483100.jpg
片側が崖になっている。
よって「崖路地」と勝手に命名。
c0080357_23484926.jpg
心落ち着く路幅、高低差、そして緑。
近所の人々がうらやましい。
c0080357_23485962.jpg
狭い!
c0080357_23502815.jpg
ずんずん行く。
こんなに狭いのに、行く手が分岐している。
c0080357_23504141.jpg
どこまでも狭い。
c0080357_23505196.jpg
防火用水のコンクリが壁に埋まっている?
c0080357_23505846.jpg
ホント、どこに行っても階段と坂道。
c0080357_23510881.jpg
そして、再び路地。
雨でぬかるんだときのためか、鉄板が渡してある。
c0080357_23512693.jpg
こんな看板も見つけた。
c0080357_23511697.jpg

by muffin-man | 2017-09-25 23:56 | 滝野川/王子/赤羽