人気ブログランキング |

タグ:都電 ( 65 ) タグの人気記事

町屋 「ホテルよねや」を探しまわる

前からずっと気になっていたこの看板。
「ホテルよねや」なんてあったかな。
見つけに行こう。休憩すべえ。
c0080357_18414894.jpg
看板は都電・町屋駅前のすぐ横にある。
c0080357_18415965.jpg
看板には「太田寫真館横入る」とあるが、この太田スタジオのことだな。
では指示通り、店の横を左折してみる。
c0080357_18421489.jpg
いきなり路地が分岐している。
c0080357_18422588.jpg
見当たらない。
c0080357_18431015.jpg
見当たらないんです。
助けてください。
c0080357_18432166.jpg
スナックちえこの前まで来てしまった。
c0080357_18441336.jpg
今度は「初歩」ときた。
大人しくウチに帰れ、ということか。
c0080357_18433287.jpg
メン!メン!メン!
c0080357_18434886.jpg
どんつき(死語)。
c0080357_18443678.jpg
尾竹橋通りに出た。
c0080357_18444932.jpg
獅子がお見合いしている。
c0080357_18450596.jpg
「HOTELよねや」、もはや存在しないのか。
と、そこに、おなじみの建物。
電話の局番が2ケタだよ。
c0080357_18452069.jpg
横から見ると、薄いが、
c0080357_18453250.jpg
「金融」「金融」。
今でもこの部屋でカネ貸しをしているんだろうか。
c0080357_18460116.jpg
ああ、結局、見つからなかった。

by muffin-man | 2019-01-20 18:48 | 町屋/荒川区荒川/三河島

西巣鴨  煙が腹にしみる

仕事帰り、たまたま入った焼きとんの店はなかなかの銘店だった。
あ、これは色鉛筆ではなく、箸ね、箸。
c0080357_23350968.jpg
創業100年超。最初は屋台でスタートしたそうだ。
c0080357_23352308.jpg
c0080357_23353902.jpg
「女と酒は二合まで」。
「二合」と「二号」をかけてるわけ。
「二号」って死語になりつつあるね。愛人のことだね。
昔はなぜか「さん付け」されたりして、実家の近くにもいたよ二号さん。
というか、愛人も1人だけならいいんかい!
c0080357_23355471.jpg
煙をタップリ浴びたメニューの横には古い住居表示板など。
c0080357_23360110.jpg
ここまでご覧になっていただいた読者の皆さんは、なぜ料理の写真がないのか不思議に思うでしょう。
そうなんです、ありません。
撮る前に食べてしまうからです。
待てない性分なんです。
なんか、撮ってるうちに冷めちゃうだろうとか、おいしさがどこかに逃げちゃうだろうとかハラハラしてしまいます。

煙がいい具合にしみてきたところで、さて、帰るか。
商店街を抜け、都電に乗って。
c0080357_23361166.jpg
c0080357_23361969.jpg
c0080357_23362570.jpg

by muffin-man | 2018-10-02 23:41 | 滝野川/王子/赤羽

王子  あじさい小径

王子の「さくら新道」から続く「あじさいの小径」を撮り歩きました=代休の本日6月7日(木)。
その前に、飛鳥山公園に保存されている旧都電の車内外から。
c0080357_22383969.jpg
c0080357_22382654.jpg
本日も蒸し暑かったが、ここは別天地。
c0080357_22384657.jpg
で、あじさいの小径へと下りていくと、すでに見ごろだ。
c0080357_22385907.jpg
平日だが、人多し。
脇を電車が通過していく。
c0080357_22390642.jpg
その後、駅前の「平澤かまぼこ」でビール&おでんで小腹を満たし、ここ王子稲荷神社。
ありがとうございました。
c0080357_22391626.jpg

by muffin-man | 2018-06-07 22:41 | 滝野川/王子/赤羽

荒川区荒川/町屋/荒川  沿線のバラ

そろそろ時季かな、と思ってチャリで都電沿線を行くと案の定、満開でした。
まずは荒川1丁目。
バラが例年より多いような気がする。
c0080357_17565780.jpg
c0080357_17572995.jpg
c0080357_17573542.jpg
お次は「町屋駅前」停留場。
やっぱり増えている。撮影する人々多数。
丹精込めて育ててくれた人たちがいるんだね。ありがとうございます。
c0080357_17580269.jpg
c0080357_23451883.jpg
c0080357_17581012.jpg
この写真のどこかに、野良ネコが隠れてます。
c0080357_17590429.jpg
最後は荒川土手。
さあ、帰ってビール飲むど。
ビールをおいしく飲むためにチャリに乗ってるようなもんだ。
c0080357_17591730.jpg

by muffin-man | 2018-05-12 23:45 | 都電

高島平/西巣鴨/中十条  曼珠沙華の里

過去にもアップした「曼珠沙華の里」。
勝手にそう呼んでるだけですが、この群落地は何と住宅街にあるんです=本日16日(土)撮影。
c0080357_17273823.jpg
網の間からニョキッと伸びて開花した器用な曼珠さんたち。
c0080357_17275401.jpg
繊細そうな姿形なのに、結構どこにでも咲いている。
c0080357_17280364.jpg
都電沿線でも。
c0080357_17281105.jpg


囲われている。
c0080357_17282045.jpg
ついでに、キバナコスモスも。
c0080357_17283023.jpg
中十条。
都電でもJRでも、こうして花と一緒に撮ることのできる場所は多くない。
c0080357_17283860.jpg

by muffin-man | 2017-09-16 17:32 | 都電

西巣鴨/滝野川/上中里  アジサイ求めて

アジサイを撮ろうと、都電沿線をちょこっとだけ歩きました=6月10日(土)。
王子・飛鳥山公園の裏手にも行ったが、ここもすっかり有名になり、見物客であふれかえっていたので、大して撮らずに通過しました。
c0080357_08505819.jpg
c0080357_08511365.jpg
c0080357_08512710.jpg
c0080357_08515682.jpg
時にこんな被写体にもレンズを向けてしまう。
一見立派な石垣だが「石にさわるな」と貼り紙。
地震の時はヤバそうだ。
c0080357_08521212.jpg
c0080357_08523839.jpg
c0080357_08522521.jpg
「上中里庚申堂(かみなかざとこうしんどう)」。
同じ名前の祠が上中里1丁目と2丁目にある。
c0080357_08533517.jpg
c0080357_08531879.jpg

by muffin-man | 2017-06-18 08:55 | 都電

京島/東日暮里/根岸/下谷/南千住 下町にクワの実を見た

2週続けてチャリ「あらかわ6号」を駆りました=5月28日(日)。
四ツ木橋から水戸街道に出て、久しぶりに京島まで行くと、なんと路傍にクワの実がたわわに実っている。
昨年、荒川河川敷で初めて発見しましたが、黒いのが食べ頃だそうです。
c0080357_08333363.jpg
c0080357_08334829.jpg
界隈は戦災を免れました。
c0080357_08335932.jpg
c0080357_08341041.jpg
c0080357_08345295.jpg
犬の糞は持ち帰ろう。
c0080357_08344452.jpg
途中で、写真仲間のネコ温泉さんと合流、チャリを下りて撮り歩きました。
c0080357_08352282.jpg
c0080357_08353040.jpg
都電・三ノ輪橋停留場。
最近は、このあたりにも外国人観光客の姿を見かけるようになった。
路面電車って、そんなに珍しいのかな。
c0080357_08354342.jpg
c0080357_08355188.jpg

by muffin-man | 2017-06-18 08:37 | 東向島/京島/墨田/向島/文花

荒川/墨田区墨田/花川戸/鶯谷/町屋  マルベリー荒川

1週間前、久しぶりに愛チャリ「あらかわ6号」でちょっと遠出したところ、2日後くらいに肩や腕が痛くなってしまった。

by muffin-man | 2016-05-15 19:34 | 荒川

文京区関口  若冲の羅漢を観に行く

『生誕300年記念 若冲展』が大変な人気だそうだ。
来月行こうと思ってるが、その前にホテル椿山荘東京の庭園に羅漢を観に行った。
江戸期に活躍した天才絵師、伊藤若冲(いとう・じゃくちゅう、1716~1800年)。
若冲の下絵による五百羅漢(京都・石峰寺)のうち約20体が、大正14年(1925)ごろに移設されたという。
c0080357_18391995.jpg

今まで見てきた羅漢は、たいてい人里離れた地でひっそりとたたずんでいた。
だが、やはりホテルゆえ、園内は人波が絶えない。
c0080357_18385316.jpg

ここにも若冲の人気が!と思いきや、そうでもなかった。
ほとんどの人が目もくれず、通り過ぎていくだけだった。
c0080357_18402659.jpg

唯一人目を引いていたのが、こちら。
子供たちが口々に「おサルさん!」と叫んでいた。
c0080357_18403515.jpg

こっちは「体育座り」してるね。
羅漢像の「体育座り」は珍しくない。
c0080357_18411285.jpg

こういう草に埋もれた感じが好きだ。
秋は落葉に埋もれていたりする
c0080357_1841293.jpg

c0080357_18414497.jpg

園内最古の御神木(シイ)。
樹齢500年、根元の周囲は4.5メートルもあるという。
c0080357_184246.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
by muffin-man | 2016-04-29 18:45 | 本郷/小石川/春日/神楽坂

西巣鴨/春日/神田神保町  ブラジルへGO!

仕事前の本日のゴール地点はブラジルに決めた。ビバ!
まずは都電を新庚申塚で下り、いったん明治通り方面に向かう。

もう営業してないのか。
昔のパチンコ屋は大体これくらいの間口だった。
c0080357_1739136.jpg

路地にニャン吉。
レンズを向けても逃げず、逆にゴロゴロとなついてきた。
c0080357_17392454.jpg

路地に涸れ井戸。
西巣鴨は商店街から一歩入った住宅街が面白い。
c0080357_17394628.jpg

「延命地蔵尊」が突然現れたりする。
c0080357_17395754.jpg

背後になぜか扇風機。
しかも、おそろいの色。
c0080357_17403831.jpg

快走する都電。
沿線は、遮断機のない踏切が少なくない。
c0080357_17405190.jpg

c0080357_1741522.jpg

ご存じ、とげぬき地蔵尊。
よく見ると、団子が奉納されている。
c0080357_17411564.jpg

白山通りを春日までやって来た。
バス停の後ろは、東京メトロ丸ノ内線と東京ドームシティの大観覧車。
c0080357_17412432.jpg

池袋駅東口と一ツ橋を結ぶ都営バス「都02乙」は、ご覧の通り、1日わずか2~3本。
それも朝のみで、日曜・祝日はなし。
昔から不思議だ、この路線。
都営バスのルートは、かつて都電が走っていた路線だったりするが、この閑散ダイヤは一体何なのだろう。
c0080357_17413658.jpg

バス停横のベンチ。
「不健全図書」って何だろう。
今どきの青少年はエロ本など読まんだろうぜ。
「不健全サイト」なら分かるが。
c0080357_17414449.jpg

こちらは手作り。
この手のは都内ではよく見かける。
c0080357_1742095.jpg

神田神保町のブラジルに着いた。
自家焙煎の「神田伯刺西爾(ブラジル)」。ビバ!
熱心に通っているわけではないが、神保町で美味いコーヒーを飲むんだったら、ここ。
この囲炉裏端で飲むと、いっそう美味く感じる。
さて、たっぷり歩いたことだし、深夜勤務に向かうとすっべ。
c0080357_17421919.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
by muffin-man | 2016-03-09 01:36 | 神保町/水道橋/千鳥ヶ淵