人気ブログランキング |

タグ:路地 ( 300 ) タグの人気記事

下連雀/井の頭公園/ハモニカ横丁  紅葉狩り

写真同人と今年もハモニカ横丁の「はんなり」で忘年会を開こうと、昼から集まりました。
まずは三鷹市下連雀の餃子「ハルピン」にて昼ご飯。
そして、すぐそばで塩大福など甘味をいただく。
c0080357_21581482.jpg
忘年会までタップリ時間があるので、とりあえず井の頭公園に向かう。
意外にもまだ紅葉の盛りだったので、一同、撮る撮る。
c0080357_21583000.jpg
c0080357_21585950.jpg
そしてハモニカ横丁に向かう。
店の予約時間まで、一同、またしても撮る撮る。
c0080357_21595085.jpg
c0080357_21591372.jpg

by muffin-man | 2019-12-09 22:00 | 杉並/三鷹/練馬

新宿区赤城下町  ぞうさん公園

観光客でにぎわう神楽坂を上りきり、裏手に回ると――、
c0080357_14535868.jpg
ひっそり閑とした住宅街。
その一角に理容室の看板。
いや、散髪しに行くわけではない。
c0080357_14544593.jpg
階段だ。
子供の声が聞こえる。
人の往来もある。
どうやら公道のようだ。下りてみよう。
c0080357_14553859.jpg
公園か?
なに、あのコンクリの壁。
c0080357_14561054.jpg
昭和っぽいデザインの階段を下りてみますってえと――、
c0080357_14565689.jpg
わっ、ゾウ! 2頭いる!
ゾウの滑り台だ。
c0080357_14571986.jpg
c0080357_14573574.jpg
横顔。
目もきちんと造形されている。
c0080357_14575978.jpg
c0080357_14581321.jpg
こいつは子ゾウ。
鼻が地面に埋もれている。
注意して見ないと、目が判然としない。
c0080357_14584257.jpg
タイルがおしゃれだ。
c0080357_14590747.jpg
お砂場道具はチビたちが共有しているのかな。
c0080357_14594216.jpg

by muffin-man | 2019-11-02 15:01 | 本郷/小石川/春日/神楽坂

神田神保町  古本まつりの夜

神田古本まつりの最大の魅力は何か。
裸電球である、と言ってしまおう。
ちょっと暗い店頭で手に取られるのをひっそり待つ古書が愛おしいね。
c0080357_23052361.jpg
c0080357_23053896.jpg
c0080357_23060061.jpg
c0080357_23061503.jpg
こんなのも売ってる。
                       
c0080357_23064893.jpg
こちらは半常設の店(時に車庫だったりする)だが、期間中は夜もやってるようだ。
c0080357_23071260.jpg
よっ、ポール。
c0080357_23083745.jpg
神保町からお茶の水にかけてはロック関係もある。
ジャニスはなくなってしまったが。
c0080357_23082132.jpg
おなじみの餃子屋。
c0080357_23091336.jpg
最近できた店か。
ラーメン450円。
惹かれるな。今度、行こう。
c0080357_23094125.jpg
くまちゃん、こんばんは。
c0080357_23100784.jpg

by muffin-man | 2019-11-01 23:12 | 神保町/水道橋/千鳥ヶ淵

北海道・小樽  ごぶさたしてました

積丹(しゃこたん)に向かう途中、30年ぶりに小樽で寄り道しようと、おんぼろレンタカーのナビを「小樽駅」にセットしたところ――、
ばかナビに案内されたのは朝里(あさり)駅そばの海岸線。
マルフク、キリスト、函館本線。
c0080357_10564555.jpg
ここからどうしろと。
c0080357_10565676.jpg
30年ぶりとは言え、実際にはナビを使わずとも小樽駅には行ける。
駐車場に止めて、ブラブラしていると、隠れマルフク。
c0080357_10571031.jpg
こちらは伊藤整の小説に出てくる家屋。
小樽には古い建物が多く残っている。
c0080357_10572459.jpg
c0080357_10574153.jpg
学生時代、小樽を訪れるとたまに寄った喫茶「光」。
今やすっかり有名になった。
c0080357_10590430.jpg
商店街に、なぜか拓郎。
それも、古いのばかり。
c0080357_10592586.jpg
今回行きたかったのが、ここ喫茶「叫児楼」(きょうじろう)。
「光」よりも頻繁に寄り、恋人とスパゲティを食べた。
あのツタに覆われた建物だ。
c0080357_10594957.jpg
が、無念。休みだった(左のツタ物件ね)。
c0080357_11001814.jpg
消火栓が無造作に設置されている。
c0080357_11013243.jpg
c0080357_11015084.jpg
看板も味がある。
c0080357_11020890.jpg
c0080357_11022467.jpg
路地と階段。
東京っぽい。
3枚目の灯油タンクを除くと。
c0080357_11025082.jpg
c0080357_11030710.jpg
c0080357_11032265.jpg
店舗兼住宅。
3階建ては今も健在だ。
c0080357_11042684.jpg



by muffin-man | 2019-08-17 11:08 | おまけ

那覇  路地を往く、ちょっとだけ

ごぞんじ、シーサー。
c0080357_21024915.jpg
雨の路地裏。
c0080357_21031192.jpg
おっと、この建物は……、
c0080357_21034068.jpg
この丸窓は…
c0080357_21040958.jpg
はげた看板を見ると「寿司弁当」とあります。
想像していた建物ではないようで。
c0080357_21053337.jpg
同じ寿司でも、ところ変わって、こちらは大東そばと大東寿司のセット。
南大東島の名物だそうで、きわめて独特、きわめてうまし。
c0080357_21060485.jpg
c0080357_21063846.jpg

南大東島は沖縄本島の東360キロ。
南大東島はNHKの天気概況に出てくる。
真夜中にラジオの天気概況を聴いていると、まだ見ぬ島の想像が膨らむ。
いつか必ず行ってみたい。
c0080357_21070539.jpg


by muffin-man | 2019-06-21 21:09 | おまけ

那覇  豪雨のアーケード街に興奮

仕事で訪れた那覇。
その合間、遅い昼メシをとろうと、アーケードの商店街をひょいと入ったところ、一瞬で魅せられました。
その色。
c0080357_11295323.jpg
その匂い。
「平和通り」や「市場中央通り」など商店街ごとに名前は異なるが、それぞれの商店街がつながり、錯綜しているため、よそ者のわしにとっては迷路そのもの。
それが快感なのよ。
c0080357_11314207.jpg
c0080357_11460368.jpg
豪雨。
わし、ますます興奮。
天井の雨漏りがひどく、バケツをあちこちで見た。
が、どれもあふれていた。
c0080357_11322451.jpg
c0080357_11324068.jpg
c0080357_11365909.jpg
c0080357_11373980.jpg
c0080357_11380298.jpg
やたら洋品店が多い。
土産物のTシャツ屋も。
c0080357_11382310.jpg
c0080357_11384409.jpg
c0080357_11391424.jpg
ときおり古本屋と出合う。
自転車や地元産の野菜も売っている。
c0080357_11393938.jpg
c0080357_11395976.jpg
人混みを外れると、こんな風景が待っている。
c0080357_11402899.jpg
c0080357_11404742.jpg
完全に迷子状態。
それにしても那覇、スゴい。

c0080357_11414475.jpg
c0080357_11420742.jpg
c0080357_11422930.jpg
c0080357_11425023.jpg
「立売」とは?
c0080357_11431113.jpg
「ビリヤード壺」に「ルーレット壺」。
入ってみたかったが、時間がなく断念。
「玉突」の漢字のデザインや「ルーレット」の「レ」の字が素敵だ。
c0080357_11435234.jpg
ビミョーなカーブ。
「この先どうなってるんだろう」感がたまらん。
c0080357_11441159.jpg
そして、この店でソーキそば大盛り(650円、だったかな)を食す。
いなり寿司大の豚肉がゴロンゴロンと惜しげもなく入っていて、疲れた体に染みこむね。
c0080357_11443909.jpg

by muffin-man | 2019-06-20 11:47 | おまけ

神田駿河台/猿楽町  鐘が鳴る

大正10(1921)年創立の文化学院。
昨年閉校したが、昔日の面影を残してくれた。
c0080357_23402992.jpg
c0080357_23415385.jpg
c0080357_23405384.jpg
c0080357_23423391.jpg
c0080357_23425967.jpg
すぐ近くの女坂。
c0080357_23433074.jpg
階段の途中から自宅に出入りできる。うらやましい。
c0080357_23441985.jpg
c0080357_23453081.jpg
JR御茶ノ水駅方面に戻る。
と、突然、鐘の音が鳴り響いてきた。
ニコライ堂の鐘の音だ。
界隈は10代の頃から何度も何度も歩いているのに、初めて聞いた。
c0080357_23474013.jpg
このビルも昔からある。
なぜか、ふと思い出した。
高校生の頃、御茶ノ水駅でキセルがばれ、駅務室でコッテリ怒られたことを(当時はまだ有人の改札だった)。
c0080357_23484377.jpg

by muffin-man | 2019-05-21 23:59 | 神保町/水道橋/千鳥ヶ淵

虎ノ門5丁目  街灯は残った

この街を訪れた目的は一つ、八幡神社の玉垣を確認することだ。
これは2007年に撮影した「壺屋(つぼや)」の玉垣。
c0080357_23081350.jpg
わしは永井荷風の長年の愛読者なんだが、荷風は一時、この界隈に愛妾お歌さんを囲っていたことがある。
それがどこにあるのかを探しに行って見つけたのが、上の写真の玉垣。
『断腸亭日乗』の昭和2(1927)年10月14日付の日記に妾宅の場所を示している。
「菓子屋壺屋の裏にある貸家」
その壺屋の玉垣がこれだったのだ。
ところが、いつの間にかすっかり新調され「壺屋」の名が消えていた。
残念だが、まあ、仕方ないよね。
c0080357_23093992.jpg
神社の階段を上り参拝。
裏手に階段があったはずなので、下りてみる。
この鬱蒼とした感じは、以前訪れたときのまま。
ちなみに荷風とお歌さんもこの神社を訪れている。
c0080357_23102254.jpg
c0080357_23104977.jpg
ああ、だが、下りきると、かつての民家が一掃されていた。
2007年に訪れた時も再開発され、立ち退きが進んでいたので、むしろそのスピードは遅いとも言えるのか。
c0080357_23111186.jpg
かつては、こんなだった。
2007年当時で昭和な風景が丸ごと残っていた。
空き家が目立ってはいたが。
c0080357_23084052.jpg
c0080357_23125134.jpg
路地には必ず傘に下にこのネコがいた。
c0080357_23131927.jpg
民家の軒先にも。
c0080357_23133786.jpg
2019年の現実に戻ろう。
がれきに混じって何かいるよ
気づいた?
c0080357_23140971.jpg
地蔵さんだ。
相当古そうな石像とともに打ち捨てられている。
c0080357_23145414.jpg
c0080357_23151210.jpg
激変する虎ノ門5丁目だが、変わらぬものを発見した。
この街灯。
現在(写真上)と2007年(同下)の姿です。
階段を上り下りする住民など今や皆無だろうと思われるが、ちゃんと灯っている。
c0080357_23154188.jpg
c0080357_23160128.jpg
以下、昔の写真。
こちらは虎ノ門3丁目。
このアパートなんて、ご丁寧に「港区芝西久保巴町112番地」と旧町名で表示されていた。
c0080357_23172398.jpg
c0080357_23173375.jpg
ここにもネコ。
そして階段がいくつも。
超都心部なのに、懐かしい東京がそこここにあった。
c0080357_23175629.jpg
c0080357_23180461.jpg
今はない……。

※壺屋は以前、実際に取材させていただいたことがある。変遷を経て、現在は本郷にあります。壺形最中、とても上品でおいしい!

by muffin-man | 2019-05-17 23:27 | 虎ノ門/愛宕/増上寺

巣鴨  56年間スナック

駒込から山手線沿いに歩いていくと、遭遇した。
巣鴨駅南口一番街の一角に、スナックが長屋式に連なっている。
その1つ「BAR コバ」。
c0080357_09015134.jpg
扉に「56年間…ありがとうございました」。
56年間というと、開店は1963(昭和38)年ということになる。
スゴいな、前回の東京五輪の前年だよ。
界隈はさぞ賑わったことだろうな。
c0080357_09020414.jpg
c0080357_09021199.jpg
だが、間もなく解体されるようだ。
c0080357_09032435.jpg
c0080357_09040740.jpg
c0080357_09034937.jpg
c0080357_09041951.jpg
一方、長屋の向かい側には現役の店もある。
巣鴨駅では何度も乗り降りしているが、この界隈は訪れたことがなかった。
c0080357_09042916.jpg

当機は間もなく離陸態勢に入ります。
シートベルトをしっかりとお締めください。
c0080357_09043725.jpg

by muffin-man | 2019-03-31 09:08 | 滝野川/王子/赤羽

板橋区志村  何事にも表と裏がある

10年ほど前、チャリでこのあたりを通った時、石仏みたいなのを目撃した。
記憶をたどりたどり行くと――、
c0080357_15375004.jpg
確か、こんな壁沿いに……。
c0080357_15380283.jpg
あれか!
c0080357_15381198.jpg
まさに!
c0080357_15381833.jpg
庚申塔だったのね。
c0080357_15384164.jpg
青面金剛さまはちゃんと邪鬼を踏んでる。
だが、ここは駐車場。
裏から見ると――、
c0080357_15383146.jpg
こんな感じ。
広大な駐車場なので、いつかはマンションかショッピングセンターとして生まれ変わるのだろうが、この庚申塔はその時どうなっているのだろう。
c0080357_15411574.jpg
都営三田線・志村坂上駅のあたりまで行ってみる。
やきとり「路地」の向こうは銭湯になってる。
c0080357_15385907.jpg
逆から見ると、こんな感じ。
c0080357_15390669.jpg
チャリで何度も通っているのに、気づかなかった。
志村坂上、なかなかいい。
c0080357_15391505.jpg
c0080357_15392296.jpg
うまかったよ。また来ます。
c0080357_15392921.jpg

by muffin-man | 2019-02-17 15:42 | 滝野川/王子/赤羽