人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

神威岬  岬を歩む

初めて訪れた北海道積丹町の神威(かむい)岬。
灯台のある先っぽが見通せないほど遠い。
c0080357_20523325.jpg
歩くこと20分、ようやく神威岬灯台が見えてきた。
ずっと向こうの白黒の建造物ね。
c0080357_20544273.jpg
足元にご注意ください。
c0080357_20525768.jpg
やっと到着。
初点灯は1888(明治21)年8月25日。間もなく131歳だ。
それでも北海道内では最古ではなく、古さでは5番目だそうだ。
c0080357_20553801.jpg
崖上のハマナスの実(ローズヒップ)。
c0080357_20562874.jpg
ここにも戦争遺跡。
1942(昭和17)年完成の電磁台(電波探知塔)の遺構で、かつて無線塔1基とレーダー3基が建っていたという。
c0080357_20570013.jpg

by muffin-man | 2019-08-19 20:58 | おまけ

西新宿  愛される「新宿の目」

いつからこんなに人気者になったの?
c0080357_22154855.jpg
c0080357_22160512.jpg
それにしても西新宿、変わらんね。
c0080357_22163050.jpg

by muffin-man | 2019-08-18 22:17 | 新宿/渋谷/原宿

北海道・小樽  ごぶさたしてました

積丹(しゃこたん)に向かう途中、30年ぶりに小樽で寄り道しようと、おんぼろレンタカーのナビを「小樽駅」にセットしたところ――、
ばかナビに案内されたのは朝里(あさり)駅そばの海岸線。
マルフク、キリスト、函館本線。
c0080357_10564555.jpg
ここからどうしろと。
c0080357_10565676.jpg
30年ぶりとは言え、実際にはナビを使わずとも小樽駅には行ける。
駐車場に止めて、ブラブラしていると、隠れマルフク。
c0080357_10571031.jpg
こちらは伊藤整の小説に出てくる家屋。
小樽には古い建物が多く残っている。
c0080357_10572459.jpg
c0080357_10574153.jpg
学生時代、小樽を訪れるとたまに寄った喫茶「光」。
今やすっかり有名になった。
c0080357_10590430.jpg
商店街に、なぜか拓郎。
それも、古いのばかり。
c0080357_10592586.jpg
今回行きたかったのが、ここ喫茶「叫児楼」(きょうじろう)。
「光」よりも頻繁に寄り、恋人とスパゲティを食べた。
あのツタに覆われた建物だ。
c0080357_10594957.jpg
が、無念。休みだった(左のツタ物件ね)。
c0080357_11001814.jpg
消火栓が無造作に設置されている。
c0080357_11013243.jpg
c0080357_11015084.jpg
看板も味がある。
c0080357_11020890.jpg
c0080357_11022467.jpg
路地と階段。
東京っぽい。
3枚目の灯油タンクを除くと。
c0080357_11025082.jpg
c0080357_11030710.jpg
c0080357_11032265.jpg
店舗兼住宅。
3階建ては今も健在だ。
c0080357_11042684.jpg



by muffin-man | 2019-08-17 11:08 | おまけ