人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

池袋駅西口  池袋の炭団(たどん)

あれが前から気になってる。
「池袋の炭団(たどん)」と勝手に命名した、あれ。
あ−、炭団ってのは石炭や木炭の粉末を団子状に固めた燃料のことですね。
c0080357_20143556.jpg
こいつ。
文字通り、地下街などの火災で排煙されるのだろうか。
だが、これを目にするたびに、ときおり誰かが地上を監視しているのではないか、と思ってしまう。
c0080357_20145359.jpg
ここから。
c0080357_20150252.jpg
全体の形状は、千葉・富津に今なお残されている旧日本陸軍の戦争遺跡に少し似ている。
「観測壕」または「監視所」と呼ばれたこの施設。
こっちはもっと炭団だ=2013年撮影。
c0080357_20151870.jpg
銃眼を通して内部から銃砲器の試射を観測したという。
まるで大友克洋の「AKIRA」に出てきた「炭団」だな。
c0080357_20152762.jpg
池袋の写真に戻ると、炭団の上にはこんな注意書きが。
酔っ払いが乗ったりするんだろうな。
c0080357_20154242.jpg
さらに、すぐ横の地下街に下りる階段の壁にも穴が開けられている。
ここからも煙がモクモクと出てきたりするのだろうか。
c0080357_20154984.jpg

by muffin-man | 2018-11-25 21:59 | 大塚/池袋

南大塚/東池袋/南池袋  大塚ほそ道

巣鴨から池袋まで歩く。
廃ホテルの前を通り過ぎ、ホテル街の坂道を下りて、まずは隣の大塚駅を目指す。
c0080357_19492073.jpg
c0080357_19495137.jpg
古い喫茶店や病院の前を通り、
c0080357_19500238.jpg
c0080357_19501021.jpg
「家庭料理まきしま」に昭和を感じつつ、
c0080357_19503198.jpg
JR大塚駅前に到着し、さらに行くと見えてくる空蝉(うつせみ)橋。
眼下を行くは山手線・内回り。
c0080357_19511667.jpg
橋のたもとからJR沿いに小径(こみち)が延びている。
細い!
これが、わたしが勝手に「大塚ほそ道」を呼んでる小径だ。
c0080357_19513367.jpg
少し広くなるのも束の間――、
c0080357_19515724.jpg
また狭くなり、小さな階段も現れる。
ずんずん行くよ。
c0080357_19521933.jpg
右は山手線。
この小径は車内からも見える。
c0080357_19524047.jpg
大きなサクラの木。
根がアスファルトを押し上げて地割れしている。
c0080357_19525642.jpg
JR沿いの小径はこのへんで終わり、住宅街に入る。
でも、やっぱり路地。
ちなみに、とっくに東池袋に入っている。
c0080357_19531482.jpg
※以下2枚はブリーチバイパス2使用
c0080357_19533837.jpg
c0080357_19535088.jpg
再び路地を行く。
c0080357_19541246.jpg
c0080357_19542400.jpg
その後、池袋駅前で献血をして、南池袋へと歩む。
このあたりは久しぶりだ。
涸れ井戸が2つ。
c0080357_19544578.jpg
c0080357_19545687.jpg
c0080357_19550652.jpg
都電・雑司ヶ谷停留場そば
沿線は再開発が進んでおり、以前アジサイがきれいだった無人の踏切のあたりもサラ地になっていた。
c0080357_19552899.jpg
c0080357_19553522.jpg
雑司が谷霊園は紅葉がそろそろ盛りだ。
c0080357_19555335.jpg
c0080357_19560173.jpg
荷風先生の墓所に詣でて、本日の撮影歩きは終了。
c0080357_19561770.jpg

by muffin-man | 2018-11-18 20:02 | 大塚/池袋

埼玉・西川口/川越  フォトジェニさん全員集合

写真仲間と久しぶりの撮影ぶらぶら歩き。
まずはJR西川口駅前の「やきとり次郎」で朝食代わりのビール&焼き鳥を充填し、
飲み屋街などを歩く。
「Bar 魔の巣」などが入る雑居ビル。
外観も凝っているが、
c0080357_22490807.jpg

よく見ると1階入口の天井や、
c0080357_22493027.jpg

ふだんは目に入らないバルコニーの隅々にまで見事な意匠が施されている。
今どきはこんなゴージャス系の雑居ビルは少なくなったよね。
どこもピカピカなだけで。
c0080357_22494743.jpg

突然ですが、チャリで疾走する女子高生たち。
10人くらいが連なって目の前を去っていきました。
c0080357_22500363.jpg

マンションの注意書き。
単なるカラスのイラストだけでは飽きたらず、カラスが敢えてはみ出すように貼
り付けられ、作り手の狙いを強調している。
魔の巣のビルといい、はみ出しカラスといい、恐るべし西川口のデザイン感覚。
c0080357_22502225.jpg

あなたの心 癒させて
「パブクラブ ケイコ」の誘い文句にグッとくる。
c0080357_22504442.jpg

こんなところにゴッドファーザー。
ずいぶんごぶさたしてました。
c0080357_22510823.jpg

「八」の時だけ辛うじて読み取れる。
昔は八百屋だったのだろうか。
c0080357_22513029.jpg

秋が深まっていくねえ。
なかなかフォトジェニックな西川口であった。
c0080357_22514417.jpg

電車に乗って、観光地・川越に移動しました。
神社のでっかい看板。
戌年も残り1カ月半か。
c0080357_22521195.jpg

七五三。
きれいだね。
それとは別に、ここ川越では着物姿の若者が目立った。
c0080357_22522580.jpg

額縁の中のカフェ。
c0080357_22523764.jpg

の木のあるガラス店。
入口横の小さな螺旋(らせん)階段が魅力的だ。
c0080357_22530268.jpg


by muffin-man | 2018-11-12 22:54 | おまけ

杉並区和田/中野区中野  路地のその先

初めて中野区弥生町「美よし」で赤魚定食600円をいただき、陶然としながら歩くと、二手に分かれた道を発見。
右手は路地がずっと続いていると確信し、行く。
車が入れない路地なんてゾクゾクするな。
c0080357_17160637.jpg
c0080357_17163489.jpg
ほら、好い感じ。
秋深し。かさかさと枯れ葉の乾いた音が聞こえる。
c0080357_17170788.jpg
すごいね。
根っこがコンクリを内側から破壊しつつある。
c0080357_17172522.jpg
c0080357_17173893.jpg
こっちは民家の基礎部分。
レンガが踊ってるようだ。
c0080357_17175802.jpg
あれ、舗装されてない。
だが、構わん。
路地好きのわしは進み往くのみ。
c0080357_17182312.jpg
ありゃ、ダメだこりゃ。
c0080357_17185861.jpg
食えば 路地はこの先 行き止まり
c0080357_17191652.jpg
この路地に来る前に発見した風景。
何だか分かる?
c0080357_17194311.jpg
馬や鳥のモニュメントが柵の外側にあるよ。
c0080357_17200128.jpg
JRの線路沿いに高円寺方面へ歩く。
一本檜稲荷神社。
だが、杉だ。
c0080357_17202824.jpg
c0080357_17215879.jpg
すぐ近くの高級そうな焼き鳥屋。
タレがしたたってるね。
c0080357_17221527.jpg

by muffin-man | 2018-11-10 17:29 | 家路