<   2018年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

神田神保町  古書が誘う夜

古本まつりは夜が断然いい。
無数の古書が裸電球に照らされ、妖しく誘っている。
「早く手にとって、あなたのすぐそばに連れて行って」
とか妄想するわし。
c0080357_17522012.jpg
c0080357_17524390.jpg
c0080357_17530433.jpg
c0080357_18011183.jpg
靖国通り越しに反対側から見ると 、こんな感じ。
c0080357_17532735.jpg
                            
いつも夜は閉まっている店も、古本まつり期間中は開いているようだ。
c0080357_17540207.jpg
こちらはおなじみの店、おなじみの路地。
コーヒー飲んでいくか。
c0080357_17544829.jpg
さようなら、ジャニス。
お世話になりました。
c0080357_17550231.jpg
c0080357_17551646.jpg
c0080357_17552625.jpg

[PR]
by muffin-man | 2018-10-27 18:05 | 秋葉原/神田

札幌  紅葉ダム、プシュッー!

札幌郊外の豊平峡(ほうへいきょう)ダム。

訪れたのは先週ですが、こちらは紅葉がピークでした。


c0080357_13431033.jpg
放水の様子を真上から眺めると、こんな感じ。

プシュッー!とビールが弾けてるような。

c0080357_13445408.jpg

どことなく、おっさんの顔……。

c0080357_13453486.jpg
展望台へはこの無料リフトで上ります。
c0080357_13462307.jpg
c0080357_13463274.jpg

[PR]
by muffin-man | 2018-10-26 13:54 | おまけ

札幌  北大の秋

撮影したのは先週なので、紅葉はまだピークを迎えていなかった。
今頃が盛りなのかな。
c0080357_23434706.jpg
札幌農学校第2農場。
19世紀後半〜20世紀初めに建てられた施設が移転・改築された建築群だ。
c0080357_23442661.jpg
c0080357_23443501.jpg
c0080357_23461103.jpg
c0080357_23463627.jpg
9月の地震で、煙突の石がずれた。
c0080357_23465314.jpg
コテージふうのトイレ。
清潔に保たれ、しかもウォシュレットだった。
c0080357_23470777.jpg
第2農場を離れ、キャンパスのほぼ中央にある大野池。
c0080357_23472193.jpg
小さな川も流れている。
サクシュコトニ川。
c0080357_23473549.jpg
大学の変わらない風景。
c0080357_23480247.jpg
いつの間にかおしゃれなセイコーマートができていた。
セコマ、ここでも人気だ。
c0080357_23481656.jpg
c0080357_23482592.jpg
c0080357_23484253.jpg
c0080357_23485425.jpg
右手にはかつて、戦前に建てられた旧恵迪寮(けいてきりょう)があった。
18歳で東京からこの街へ来て暮らした学生寮も、夢のあと……。
c0080357_23490894.jpg

[PR]
by muffin-man | 2018-10-25 23:55 | おまけ

北海道むかわ町/日高町  紅葉率80%

レンタカーでワサワサと紅葉を撮りに行った=10月15日(月)。
この時季を北海道で過ごすなんて約30年ぶりだ。
やっぱり鮮やかさが断然違う。
といっても、まだ「紅葉率」8割程度かな。
c0080357_00054041.jpg
穂別ダム。
人造湖はちょっと悲しい。
c0080357_00055157.jpg
c0080357_00060080.jpg
紅葉する廃レストラン。
c0080357_00065986.jpg
c0080357_00084438.jpg
轟橋から。
眼下に見えるは沙流川(さるがわ)の支流。
c0080357_00090154.jpg
c0080357_00092210.jpg
熊(ヒグマ)は冬眠前のこの季節がヤバい。
c0080357_00103511.jpg
日高大橋から。
c0080357_00104911.jpg
ん? 岩内不動の滝とな?
c0080357_00110126.jpg
で、ずんずん行くが、それっぽいのは見えてこない。
c0080357_00111693.jpg
おお、これね。
ひっそりして、よろし。
c0080357_00113324.jpg
道路を挟んで反対側の「岩内園地」。
駐車場も東屋もあるが、ひとけが全くない。
c0080357_00153360.jpg
c0080357_00122072.jpg
ダイナミックな紅葉だが、電線がなあ……。
c0080357_00123589.jpg

[PR]
by muffin-man | 2018-10-23 00:21 | おまけ

北海道苫小牧市  美々川の秋

美々川(びびがわ)。
国道36号のペンケナイ橋から。
c0080357_22521671.jpg
秋がどんどん深まっていく。
c0080357_22550535.jpg
早く撮らないと、日が暮れる。
c0080357_22551876.jpg
一方、こちらは同じ美々川に架かる松美々橋から。
c0080357_22553049.jpg
唐突にカヌーポートが現れた。
実はカヌーを楽しむ川として知られている。
救命浮き輪も用意されている。
c0080357_22554245.jpg
c0080357_22555208.jpg

[PR]
by muffin-man | 2018-10-21 22:56 | おまけ

北海道厚真町  爪痕(つめあと)

災後約1カ月半の厚真町(あつまちょう)を訪れた。
山々の土砂崩れが遠くからでも確認できる。
c0080357_20013903.jpg
この道路は右側の土砂崩れで一時大量の土砂でふさがれた。
現在も復旧工事中。
c0080357_20014956.jpg
このように、ごっそりと崩れ、流れた。
町内のいたるところに、こんな風景が。
c0080357_20015611.jpg
大量の土砂は道路左側の農地にまで達した。
c0080357_20020366.jpg
アスファルトもずれてしまった。
c0080357_20022413.jpg
こちらは別の現場。
多くの木々が土砂に飲み込まれ、なぎ倒された。
c0080357_20021444.jpg
厚真町は紅葉の季節を迎えた。
町内には親戚が暮らしていた。
c0080357_20022941.jpg

[PR]
by muffin-man | 2018-10-21 20:06 | おまけ

新宿西口/中央公園  じわり、秋

動く歩道を急ぐ。
c0080357_17572866.jpg
急がない。
c0080357_17574356.jpg
西口の巨大な「穴」から空を見上げると、なぜか落ち着く。
それにしても、西口のビルは今どきにしては低いね。
c0080357_17575004.jpg
順序は逆だが、新宿中央公園。
開園50年だそうだ。
c0080357_17595954.jpg
ちょっと紅葉していた。
あんなに暑かった夏がウソのように、秋がじわりと。
ん? 塩害じゃないよね。
c0080357_18000777.jpg
c0080357_18001457.jpg
結構広いのは、現在の高層ビルが林立するエリアも含め元々は浄水場だったから。
c0080357_18002412.jpg
高層ビルが建ち並ぶ直前の浄水場跡地は、何もない原っぱだった。
よって、わしらはよく野球をしたもんだ。
もちろん、早い者勝ち。
c0080357_18003173.jpg
c0080357_18003967.jpg
c0080357_18004889.jpg



[PR]
by muffin-man | 2018-10-12 18:03 | 新宿/渋谷/原宿

歌舞伎町/新宿西口  「歌舞伎町ルート」を行け!

「歌舞伎町ルート」を試してみた。
緊張するね。
でも、実はこれ。
新宿西口から出ている京王の「新宿WEバス」の路線名だ。
ドラッグの密売ルートではもちろん、ない。
c0080357_19093826.jpg
西口周辺を回遊する超短距離の路線バス。
運賃100円。
コミュニティバスみたいなもんだね。
c0080357_19092484.jpg
皆様おなじみの風林会館の前など狭い道を通る。
今日はお巡りさんが多めだったな。
c0080357_19093053.jpg
c0080357_19100382.jpg
あっという間に西口に戻った。
観光バスではないから、乗降客がいなければどんどん先に進むのだ。
さて、布団干しっ放しだし、帰ろう。
c0080357_19094701.jpg

[PR]
by muffin-man | 2018-10-07 19:15 | 新宿/渋谷/原宿

西巣鴨  煙が腹にしみる

仕事帰り、たまたま入った焼きとんの店はなかなかの銘店だった。
あ、これは色鉛筆ではなく、箸ね、箸。
c0080357_23350968.jpg
創業100年超。最初は屋台でスタートしたそうだ。
c0080357_23352308.jpg
c0080357_23353902.jpg
「女と酒は二合まで」。
「二合」と「二号」をかけてるわけ。
「二号」って死語になりつつあるね。愛人のことだね。
昔はなぜか「さん付け」されたりして、実家の近くにもいたよ二号さん。
というか、愛人も1人だけならいいんかい!
c0080357_23355471.jpg
煙をタップリ浴びたメニューの横には古い住居表示板など。
c0080357_23360110.jpg
ここまでご覧になっていただいた読者の皆さんは、なぜ料理の写真がないのか不思議に思うでしょう。
そうなんです、ありません。
撮る前に食べてしまうからです。
待てない性分なんです。
なんか、撮ってるうちに冷めちゃうだろうとか、おいしさがどこかに逃げちゃうだろうとかハラハラしてしまいます。

煙がいい具合にしみてきたところで、さて、帰るか。
商店街を抜け、都電に乗って。
c0080357_23361166.jpg
c0080357_23361969.jpg
c0080357_23362570.jpg

[PR]
by muffin-man | 2018-10-02 23:41 | 滝野川/王子/赤羽