人気ブログランキング |

カテゴリ:おまけ( 189 )

神威岬  岬を歩む

初めて訪れた北海道積丹町の神威(かむい)岬。
灯台のある先っぽが見通せないほど遠い。
c0080357_20523325.jpg
歩くこと20分、ようやく神威岬灯台が見えてきた。
ずっと向こうの白黒の建造物ね。
c0080357_20544273.jpg
足元にご注意ください。
c0080357_20525768.jpg
やっと到着。
初点灯は1888(明治21)年8月25日。間もなく131歳だ。
それでも北海道内では最古ではなく、古さでは5番目だそうだ。
c0080357_20553801.jpg
崖上のハマナスの実(ローズヒップ)。
c0080357_20562874.jpg
ここにも戦争遺跡。
1942(昭和17)年完成の電磁台(電波探知塔)の遺構で、かつて無線塔1基とレーダー3基が建っていたという。
c0080357_20570013.jpg

by muffin-man | 2019-08-19 20:58 | おまけ

北海道・小樽  ごぶさたしてました

積丹(しゃこたん)に向かう途中、30年ぶりに小樽で寄り道しようと、おんぼろレンタカーのナビを「小樽駅」にセットしたところ――、
ばかナビに案内されたのは朝里(あさり)駅そばの海岸線。
マルフク、キリスト、函館本線。
c0080357_10564555.jpg
ここからどうしろと。
c0080357_10565676.jpg
30年ぶりとは言え、実際にはナビを使わずとも小樽駅には行ける。
駐車場に止めて、ブラブラしていると、隠れマルフク。
c0080357_10571031.jpg
こちらは伊藤整の小説に出てくる家屋。
小樽には古い建物が多く残っている。
c0080357_10572459.jpg
c0080357_10574153.jpg
学生時代、小樽を訪れるとたまに寄った喫茶「光」。
今やすっかり有名になった。
c0080357_10590430.jpg
商店街に、なぜか拓郎。
それも、古いのばかり。
c0080357_10592586.jpg
今回行きたかったのが、ここ喫茶「叫児楼」(きょうじろう)。
「光」よりも頻繁に寄り、恋人とスパゲティを食べた。
あのツタに覆われた建物だ。
c0080357_10594957.jpg
が、無念。休みだった(左のツタ物件ね)。
c0080357_11001814.jpg
消火栓が無造作に設置されている。
c0080357_11013243.jpg
c0080357_11015084.jpg
看板も味がある。
c0080357_11020890.jpg
c0080357_11022467.jpg
路地と階段。
東京っぽい。
3枚目の灯油タンクを除くと。
c0080357_11025082.jpg
c0080357_11030710.jpg
c0080357_11032265.jpg
店舗兼住宅。
3階建ては今も健在だ。
c0080357_11042684.jpg



by muffin-man | 2019-08-17 11:08 | おまけ

那覇  路地を往く、ちょっとだけ

ごぞんじ、シーサー。
c0080357_21024915.jpg
雨の路地裏。
c0080357_21031192.jpg
おっと、この建物は……、
c0080357_21034068.jpg
この丸窓は…
c0080357_21040958.jpg
はげた看板を見ると「寿司弁当」とあります。
想像していた建物ではないようで。
c0080357_21053337.jpg
同じ寿司でも、ところ変わって、こちらは大東そばと大東寿司のセット。
南大東島の名物だそうで、きわめて独特、きわめてうまし。
c0080357_21060485.jpg
c0080357_21063846.jpg

南大東島は沖縄本島の東360キロ。
南大東島はNHKの天気概況に出てくる。
真夜中にラジオの天気概況を聴いていると、まだ見ぬ島の想像が膨らむ。
いつか必ず行ってみたい。
c0080357_21070539.jpg


by muffin-man | 2019-06-21 21:09 | おまけ

那覇  豪雨のアーケード街に興奮

仕事で訪れた那覇。
その合間、遅い昼メシをとろうと、アーケードの商店街をひょいと入ったところ、一瞬で魅せられました。
その色。
c0080357_11295323.jpg
その匂い。
「平和通り」や「市場中央通り」など商店街ごとに名前は異なるが、それぞれの商店街がつながり、錯綜しているため、よそ者のわしにとっては迷路そのもの。
それが快感なのよ。
c0080357_11314207.jpg
c0080357_11460368.jpg
豪雨。
わし、ますます興奮。
天井の雨漏りがひどく、バケツをあちこちで見た。
が、どれもあふれていた。
c0080357_11322451.jpg
c0080357_11324068.jpg
c0080357_11365909.jpg
c0080357_11373980.jpg
c0080357_11380298.jpg
やたら洋品店が多い。
土産物のTシャツ屋も。
c0080357_11382310.jpg
c0080357_11384409.jpg
c0080357_11391424.jpg
ときおり古本屋と出合う。
自転車や地元産の野菜も売っている。
c0080357_11393938.jpg
c0080357_11395976.jpg
人混みを外れると、こんな風景が待っている。
c0080357_11402899.jpg
c0080357_11404742.jpg
完全に迷子状態。
それにしても那覇、スゴい。

c0080357_11414475.jpg
c0080357_11420742.jpg
c0080357_11422930.jpg
c0080357_11425023.jpg
「立売」とは?
c0080357_11431113.jpg
「ビリヤード壺」に「ルーレット壺」。
入ってみたかったが、時間がなく断念。
「玉突」の漢字のデザインや「ルーレット」の「レ」の字が素敵だ。
c0080357_11435234.jpg
ビミョーなカーブ。
「この先どうなってるんだろう」感がたまらん。
c0080357_11441159.jpg
そして、この店でソーキそば大盛り(650円、だったかな)を食す。
いなり寿司大の豚肉がゴロンゴロンと惜しげもなく入っていて、疲れた体に染みこむね。
c0080357_11443909.jpg

by muffin-man | 2019-06-20 11:47 | おまけ

埼玉・西川口/川越  フォトジェニさん全員集合

写真仲間と久しぶりの撮影ぶらぶら歩き。
まずはJR西川口駅前の「やきとり次郎」で朝食代わりのビール&焼き鳥を充填し、
飲み屋街などを歩く。
「Bar 魔の巣」などが入る雑居ビル。
外観も凝っているが、
c0080357_22490807.jpg

よく見ると1階入口の天井や、
c0080357_22493027.jpg

ふだんは目に入らないバルコニーの隅々にまで見事な意匠が施されている。
今どきはこんなゴージャス系の雑居ビルは少なくなったよね。
どこもピカピカなだけで。
c0080357_22494743.jpg

突然ですが、チャリで疾走する女子高生たち。
10人くらいが連なって目の前を去っていきました。
c0080357_22500363.jpg

マンションの注意書き。
単なるカラスのイラストだけでは飽きたらず、カラスが敢えてはみ出すように貼
り付けられ、作り手の狙いを強調している。
魔の巣のビルといい、はみ出しカラスといい、恐るべし西川口のデザイン感覚。
c0080357_22502225.jpg

あなたの心 癒させて
「パブクラブ ケイコ」の誘い文句にグッとくる。
c0080357_22504442.jpg

こんなところにゴッドファーザー。
ずいぶんごぶさたしてました。
c0080357_22510823.jpg

「八」の時だけ辛うじて読み取れる。
昔は八百屋だったのだろうか。
c0080357_22513029.jpg

秋が深まっていくねえ。
なかなかフォトジェニックな西川口であった。
c0080357_22514417.jpg

電車に乗って、観光地・川越に移動しました。
神社のでっかい看板。
戌年も残り1カ月半か。
c0080357_22521195.jpg

七五三。
きれいだね。
それとは別に、ここ川越では着物姿の若者が目立った。
c0080357_22522580.jpg

額縁の中のカフェ。
c0080357_22523764.jpg

の木のあるガラス店。
入口横の小さな螺旋(らせん)階段が魅力的だ。
c0080357_22530268.jpg


by muffin-man | 2018-11-12 22:54 | おまけ

札幌  紅葉ダム、プシュッー!

札幌郊外の豊平峡(ほうへいきょう)ダム。

訪れたのは先週ですが、こちらは紅葉がピークでした。


c0080357_13431033.jpg
放水の様子を真上から眺めると、こんな感じ。

プシュッー!とビールが弾けてるような。

c0080357_13445408.jpg

どことなく、おっさんの顔……。

c0080357_13453486.jpg
展望台へはこの無料リフトで上ります。
c0080357_13462307.jpg
c0080357_13463274.jpg

by muffin-man | 2018-10-26 13:54 | おまけ

札幌  北大の秋

撮影したのは先週なので、紅葉はまだピークを迎えていなかった。
今頃が盛りなのかな。
c0080357_23434706.jpg
札幌農学校第2農場。
19世紀後半〜20世紀初めに建てられた施設が移転・改築された建築群だ。
c0080357_23442661.jpg
c0080357_23443501.jpg
c0080357_23461103.jpg
c0080357_23463627.jpg
9月の地震で、煙突の石がずれた。
c0080357_23465314.jpg
コテージふうのトイレ。
清潔に保たれ、しかもウォシュレットだった。
c0080357_23470777.jpg
第2農場を離れ、キャンパスのほぼ中央にある大野池。
c0080357_23472193.jpg
小さな川も流れている。
サクシュコトニ川。
c0080357_23473549.jpg
大学の変わらない風景。
c0080357_23480247.jpg
いつの間にかおしゃれなセイコーマートができていた。
セコマ、ここでも人気だ。
c0080357_23481656.jpg
c0080357_23482592.jpg
c0080357_23484253.jpg
c0080357_23485425.jpg
右手にはかつて、戦前に建てられた旧恵迪寮(けいてきりょう)があった。
18歳で東京からこの街へ来て暮らした学生寮も、夢のあと……。
c0080357_23490894.jpg

by muffin-man | 2018-10-25 23:55 | おまけ

北海道むかわ町/日高町  紅葉率80%

レンタカーでワサワサと紅葉を撮りに行った=10月15日(月)。
この時季を北海道で過ごすなんて約30年ぶりだ。
やっぱり鮮やかさが断然違う。
といっても、まだ「紅葉率」8割程度かな。
c0080357_00054041.jpg
穂別ダム。
人造湖はちょっと悲しい。
c0080357_00055157.jpg
c0080357_00060080.jpg
紅葉する廃レストラン。
c0080357_00065986.jpg
c0080357_00084438.jpg
轟橋から。
眼下に見えるは沙流川(さるがわ)の支流。
c0080357_00090154.jpg
c0080357_00092210.jpg
熊(ヒグマ)は冬眠前のこの季節がヤバい。
c0080357_00103511.jpg
日高大橋から。
c0080357_00104911.jpg
ん? 岩内不動の滝とな?
c0080357_00110126.jpg
で、ずんずん行くが、それっぽいのは見えてこない。
c0080357_00111693.jpg
おお、これね。
ひっそりして、よろし。
c0080357_00113324.jpg
道路を挟んで反対側の「岩内園地」。
駐車場も東屋もあるが、ひとけが全くない。
c0080357_00153360.jpg
c0080357_00122072.jpg
ダイナミックな紅葉だが、電線がなあ……。
c0080357_00123589.jpg

by muffin-man | 2018-10-23 00:21 | おまけ

北海道苫小牧市  美々川の秋

美々川(びびがわ)。
国道36号のペンケナイ橋から。
c0080357_22521671.jpg
秋がどんどん深まっていく。
c0080357_22550535.jpg
早く撮らないと、日が暮れる。
c0080357_22551876.jpg
一方、こちらは同じ美々川に架かる松美々橋から。
c0080357_22553049.jpg
唐突にカヌーポートが現れた。
実はカヌーを楽しむ川として知られている。
救命浮き輪も用意されている。
c0080357_22554245.jpg
c0080357_22555208.jpg

by muffin-man | 2018-10-21 22:56 | おまけ

北海道厚真町  爪痕(つめあと)

災後約1カ月半の厚真町(あつまちょう)を訪れた。
山々の土砂崩れが遠くからでも確認できる。
c0080357_20013903.jpg
この道路は右側の土砂崩れで一時大量の土砂でふさがれた。
現在も復旧工事中。
c0080357_20014956.jpg
このように、ごっそりと崩れ、流れた。
町内のいたるところに、こんな風景が。
c0080357_20015611.jpg
大量の土砂は道路左側の農地にまで達した。
c0080357_20020366.jpg
アスファルトもずれてしまった。
c0080357_20022413.jpg
こちらは別の現場。
多くの木々が土砂に飲み込まれ、なぎ倒された。
c0080357_20021444.jpg
厚真町は紅葉の季節を迎えた。
町内には親戚が暮らしていた。
c0080357_20022941.jpg

by muffin-man | 2018-10-21 20:06 | おまけ