人気ブログランキング |

カテゴリ:虎ノ門/愛宕/増上寺( 23 )

虎ノ門5丁目  街灯は残った

この街を訪れた目的は一つ、八幡神社の玉垣を確認することだ。
これは2007年に撮影した「壺屋(つぼや)」の玉垣。
c0080357_23081350.jpg
わしは永井荷風の長年の愛読者なんだが、荷風は一時、この界隈に愛妾お歌さんを囲っていたことがある。
それがどこにあるのかを探しに行って見つけたのが、上の写真の玉垣。
『断腸亭日乗』の昭和2(1927)年10月14日付の日記に妾宅の場所を示している。
「菓子屋壺屋の裏にある貸家」
その壺屋の玉垣がこれだったのだ。
ところが、いつの間にかすっかり新調され「壺屋」の名が消えていた。
残念だが、まあ、仕方ないよね。
c0080357_23093992.jpg
神社の階段を上り参拝。
裏手に階段があったはずなので、下りてみる。
この鬱蒼とした感じは、以前訪れたときのまま。
ちなみに荷風とお歌さんもこの神社を訪れている。
c0080357_23102254.jpg
c0080357_23104977.jpg
ああ、だが、下りきると、かつての民家が一掃されていた。
2007年に訪れた時も再開発され、立ち退きが進んでいたので、むしろそのスピードは遅いとも言えるのか。
c0080357_23111186.jpg
かつては、こんなだった。
2007年当時で昭和な風景が丸ごと残っていた。
空き家が目立ってはいたが。
c0080357_23084052.jpg
c0080357_23125134.jpg
路地には必ず傘に下にこのネコがいた。
c0080357_23131927.jpg
民家の軒先にも。
c0080357_23133786.jpg
2019年の現実に戻ろう。
がれきに混じって何かいるよ
気づいた?
c0080357_23140971.jpg
地蔵さんだ。
相当古そうな石像とともに打ち捨てられている。
c0080357_23145414.jpg
c0080357_23151210.jpg
激変する虎ノ門5丁目だが、変わらぬものを発見した。
この街灯。
現在(写真上)と2007年(同下)の姿です。
階段を上り下りする住民など今や皆無だろうと思われるが、ちゃんと灯っている。
c0080357_23154188.jpg
c0080357_23160128.jpg
以下、昔の写真。
こちらは虎ノ門3丁目。
このアパートなんて、ご丁寧に「港区芝西久保巴町112番地」と旧町名で表示されていた。
c0080357_23172398.jpg
c0080357_23173375.jpg
ここにもネコ。
そして階段がいくつも。
超都心部なのに、懐かしい東京がそこここにあった。
c0080357_23175629.jpg
c0080357_23180461.jpg
今はない……。

※壺屋は以前、実際に取材させていただいたことがある。変遷を経て、現在は本郷にあります。壺形最中、とても上品でおいしい!

by muffin-man | 2019-05-17 23:27 | 虎ノ門/愛宕/増上寺

愛宕  崖の上の「昭和」

愛宕から虎ノ門にかけての高低差は、ご存じの通り。
この細道はすでに崖の上です。
c0080357_019543.jpg

崖下は虎ノ門です。
愛宕も虎ノ門も、高層ビルばかりじゃありません。
c0080357_0192955.jpg

小さな階段が現れました。
c0080357_0195285.jpg

上ってみると、おや、「昭和」な風景が。
c0080357_0201268.jpg

ああ、住んだこともないのに、懐かしい。
日だまりが暖かく。
c0080357_0202893.jpg

界隈ではよく撮りました。
6年前に撮ったのは、こんな風景です。
右のカテゴリの「虎ノ門/愛宕/増上寺」も、どうぞ。

小説(電子書籍) 『陶酔ガム工場』も併せて、どうぞ。 iPhoneやiPadでも読めるよ。
arakawa2011をフォローしましょう

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
by muffin-man | 2012-11-30 00:30 | 虎ノ門/愛宕/増上寺

芝公園  都心の秋

写真では分かりませんが、ギンナンが鈴なりでした。
c0080357_231802.jpg

小説(電子書籍) 『陶酔ガム工場』も併せて、どうぞ。 iPhoneやiPadでも読めるよ。
arakawa2011をフォローしましょう

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
by muffin-man | 2012-11-23 19:00 | 虎ノ門/愛宕/増上寺

虎ノ門/芝公園/浜松町  撮らせろ、ニャン吉

久しぶりに、ホントに久しぶりに、ちゃんと街撮りに出かけました(酒なし)=11日(水)。
まずは、再開発の進む虎ノ門。 解体されず、そのままの民家も(無人ですが)。
c0080357_21583634.jpg

遊べや風車、この子らと。
c0080357_21585031.jpg

昭和の路地裏に踏み入ってみる。
c0080357_21591359.jpg

浜松町2丁目と海岸1丁目を結ぶ港町架道橋。
JR東海道本線などが上を走ってます。
c0080357_21592661.jpg

くぐってみる価値あり。
この先には撮るべき何ものもないが。
c0080357_21593864.jpg

小説(電子書籍) 『陶酔ガム工場』も併せて、どうぞ。 iPhoneやiPadでも読めるよ。
arakawa2011をフォローしましょう

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
by muffin-man | 2012-01-11 22:03 | 虎ノ門/愛宕/増上寺

虎ノ門  路地再訪

この界隈を訪れるのは何年ぶりだろう。
どんどん高層マンションに変貌していく中で、変わらぬ風景もある。
c0080357_17481778.jpg

c0080357_17483417.jpg

街の一角には、どことなく「妾宅」っぽい(と、勝手においらが思い込んでいる)、小体でいかにも「昭和」な民家が健在でした。

arakawa2011をフォローしましょう

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
by muffin-man | 2011-07-22 17:49 | 虎ノ門/愛宕/増上寺

芝公園  まわれ、春!

サクラ満開の増上寺にて。
といっても、3年前に撮った写真です (以前もアップしたかも)。
c0080357_23311939.jpg

夜はこんな感じでした。
いずれも、PENTAX ist-DS使用。
c0080357_23314397.jpg

先日、鼻血が出ました。 30年ぶりに、ドバッと。
この2カ月ほど、会社とネカフェの往復だったせいだね、こりゃ。

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
by muffin-man | 2009-03-31 23:34 | 虎ノ門/愛宕/増上寺

虎ノ門  妾宅 (しょうたく) に落葉雨の如し

永井荷風の日記 『 断腸亭日乗 』 の1927(昭和2)年11月18日付――。

晴れて風あり、 西ノ窪八幡宮の落葉紛々 (ふんぷん) として雨の如し

その西ノ窪八幡宮=西久保八幡神社が、ここ=13日(日)撮影。
c0080357_23495837.jpg

この年、荷風は元・芸妓と懇 (ねんご) ろになり、西久保八幡町 (現・虎ノ門5丁目) に妾宅を借り、頻繁に通うようになりました。
引用したのは、前夜から妾宅に泊まった時の記述です。
この神社はちょっとした小山の上にあり、妾宅はそのふもとにありました。
よって、落葉が雨のように舞い散ったわけです。

境内の井戸跡。
モーターで汲み上げていたのは、やはり高い場所ゆえでしょうか。
c0080357_23502242.jpg

荷風の妾宅については昨年、こんな写真も撮りました。
次回は、再び佃シリーズに戻ります。
ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
by muffin-man | 2008-01-15 23:55 | 虎ノ門/愛宕/増上寺

愛宕/滝野川/湊  東京アンソ路地・その3

たまにやってます、路地の寄せ集め (アンソロジー)。
先ずは、愛宕。
桜田通りからひょいと入ると、ほ~ら、森の息吹が。
c0080357_21411998.jpg

お次は、北区滝野川。
質屋の入口だけピョンと飛び出しているうえ、ここはナンと4差路。
複雑な路地で、真上から空撮しない限り全貌は分かりません。
c0080357_21413847.jpg

最後は、中央区湊 (みなと)。
シンと静まり返った路地の奥に、ほら、何かある。
c0080357_21415689.jpg

もはや役目を終えたのか、ひっそりとたたずんでいます。
c0080357_21421239.jpg

アンソ路地の 『 その1 』 は、こちら。 でもって、『 その2 』 は、ここです。 よかったら、ご覧下さい。
スナップ、スナップ写真  街頭写真  にほんブログ村 写真ブログへ
by muffin-man | 2007-06-04 21:46 | 虎ノ門/愛宕/増上寺 | Comments(38)

虎ノ門  大接近!荷風先生の妾宅 (しょうたく)

荷風先生が妾 (めかけ) のお歌さんを囲っていた妾宅を探しに、虎ノ門に出かけました。
『 断腸亭日乗 』 昭和2年10月14日付によると、妾宅は桜田通り沿いの八幡神社の近くで、
『 菓子屋壺屋 (つぼや) の裏にある貸家 』
だったといいます。 キーワードは、『 壺屋 』 です。
c0080357_21354374.jpg

が、何せ戦前のこと、それらしい和菓子屋など見あたりません。
ここは、神社の裏手。 違うアングルで、3月30日にも撮りました。
c0080357_21381043.jpg

近くの畳店のご主人に、壺屋について尋ねると、ナンとご存じで、
『 戦争で砂糖が手に入らなくなり、店を畳んで、昭和15~16年に引っ越しましたよ。 でも、神社に名前が残っているはず 』
と言います。
早速、神社を訪れると、正面の階段の中腹に――、
c0080357_21385563.jpg

壺屋は、桜田通り沿いの三菱東京UFJ銀行 (写真・左下) のあたりにあったそうです。
『 壺屋の裏 』 が妾宅。 つまり、この銀行の裏手のはずです。
でも、あのあたりは何度か訪れたことがあるような……。
c0080357_21392594.jpg

行ってみると、やっぱり。 この写真は、今年1月撮影。
一帯は、再開発が進み、空き家が目立ちます。
界隈は大空襲で焼亡しており、この家が妾宅だったわけではありませんが、すぐ近くにあったことは間違いありません。
c0080357_2140476.jpg

まあ、だからどうだというわけではありませんが。
スナップ、スナップ写真  街頭写真  にほんブログ村 写真ブログへ
by muffin-man | 2007-06-03 21:48 | 虎ノ門/愛宕/増上寺 | Comments(32)

虎ノ門  上品な路地

地下鉄・神谷町駅あたりから六本木方面に上ってみました。
現在は町会事務所となっている木造家屋ですが、このレンガは一体……。
c0080357_21224433.jpg

坂をどんどん上っていくと、立派な邸宅が。
でも、空き家のようです。
c0080357_2123076.jpg

頂上付近に着きました。
木戸のある民家。 高台の路地はさすがに上品です。
c0080357_21231347.jpg

スナップ、スナップ写真  ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
by muffin-man | 2007-04-12 21:28 | 虎ノ門/愛宕/増上寺 | Comments(29)