人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 9 )

奥多摩/青梅  滝をめざす

約半年ぶりの奥多摩サイクリング。
気持ちいい初夏の風――のはずが、真夏並みに暑かったよ。
今回は三ツ釜の滝をめざします。
c0080357_11404396.jpg

青梅街道から外れ、山間の道を上っていく。
c0080357_11405394.jpg

わたし好みのこんな隧道(ずいどう=トンネル)や、
c0080357_11411045.jpg

天狗の現れそうな杉林を抜け、
c0080357_11412467.jpg

岩盤を伝う冷たい水で首をぬぐう。
が、汗は引かない。
c0080357_11413584.jpg

上る、上る。
まだ遠い。
疲れたので、とっくに「押し歩き」だ。
c0080357_11415293.jpg

まだ……。
c0080357_1142280.jpg

上り坂を行くこと1時間余。
へろへろになりながら、滝への入口に到着しました。
なんと、半年前にも見かけた、あの不思議な「モノレール」が、こんなところにも。
レールが草の陰からちょっとだけ覗いてます。
かつては山の上に人が住んでいたのだろうか。
c0080357_12504513.jpg

さて、ここを渡ってしばらく行くと――、
c0080357_11421744.jpg

どーん! 三ツ釜の滝。
冷たい風が吹き渡り、心地いいね。
c0080357_11431247.jpg

c0080357_11432814.jpg

では、道を戻り、いつものようにJR青梅駅を目指そう。
数馬峡(かずまきょう)橋から多摩川を望む。 遠くに、JR青梅線の橋脚。
c0080357_11441236.jpg

昼メシは、これまたいつものように御嶽駅前の東峯園で。
c0080357_11442127.jpg

多摩川ではカヌーの練習をしていたよ。
c0080357_11443279.jpg

青梅線の沿線風景は、なかなか好い。
c0080357_11444246.jpg

多摩川と、手前は青梅街道。
あの青梅街道が、ここではこんなにユルいぞ。
c0080357_1145029.jpg

再び、青梅線。
c0080357_11452956.jpg

青梅市沢井の地蔵堂。
赤黒くサビたトタン屋根がたまらん。
c0080357_11453716.jpg

海禅寺(かいぜんじ)。創建は寛正年間(1460~1466年)。
c0080357_11454783.jpg

多摩書房。
ご主人に取材した同志によると、店は半世紀以上も前の1957年(昭和32)建築という。
2年前に訪れた時は、時節柄、日食関係の本がいっぱい並んでいた。
c0080357_11455822.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
by muffin-man | 2014-06-02 00:09

根津/根岸/下谷/南千住  先っぽだけさ

文京つつじまつりでにぎわう根津神社=代休の本日22日(火)。
10年ぶり、いや、20年近く訪れてなかったかもしれん。
c0080357_17423797.jpg

平日なのに、人出もすごい。
c0080357_17424983.jpg

やあ、お狐さまだ。
顔が崩れている。
c0080357_1743638.jpg

こちらは庚申塔(こうしんとう)の青面金剛(しょうめん・こんごう)。
それにしても、腹減った。
c0080357_1743447.jpg

言問通りから鶯谷駅方面へ行く途中にも、つつじ。
藤も咲き始めている。 ピークには家屋全体が甘い香りに包まれるんだろうね。
余計なお世話だが、蜂もいっぱい寄ってくるんじゃなかろうか。
c0080357_10122397.jpg

鶯谷駅近くの、いつもの安そば屋。 ここは意外な実力派なのだ。
鴨南せいろ550円、うまし。
c0080357_17441030.jpg

さて、一休みしようか。
なーに、先っぽだけさ、5分もかからん。
c0080357_17443117.jpg

で、あっという間に終わり、金杉通りを三ノ輪方面へ向かう。
道路沿いに靴下が干してあったよ。
c0080357_17451292.jpg

三島神社。
これはたぶん、願掛けで奉納されたミニお狐さまだろう。
c0080357_17452960.jpg

金杉通りと昭和通りが合流するあたり。
ビールでも飲みたいな、などと思って歩いていると、ん? 吉野家の左の壁に看板が。
c0080357_1746746.jpg

地蔵? 参道入口?
c0080357_17463027.jpg

矢印の先が、この路地。 狭すぎる!
が、確かに「地蔵菩薩」と書かれた幟(のぼり)がある。
とにかく、行ってみよう。
c0080357_17471553.jpg

参道(右)を抜けると、おお、立派なお堂だ。
ここは薬王寺の一角。 もちろん、正面の入口もある。
c0080357_17473564.jpg

お地蔵さんも立派だね。
「背面(うしろむき)地蔵尊」というのだそうだ。 江戸期の造立(由来は省略)。
c0080357_17475354.jpg

さて、地蔵を後にして、久しぶりに南千住の井戸を見に行く。
界隈は井戸が何基もある。
この井戸にかつてポンプはなく、なんと、バケツで水を汲んでいた
c0080357_1748174.jpg

んじゃ、都電で王子に出て、立ち飲み屋でビール&おでんだ。
c0080357_17483167.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
by muffin-man | 2014-04-22 18:00

板橋区徳丸  さよなら、春

今年の桜は、ピークが短かったんじゃなかろうか=6日(日)夕刻撮影。
この巨木もあっという間に満開になり、あっという間に散りつつある。
c0080357_2128341.jpg

春は短い。
c0080357_21281764.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
by muffin-man | 2014-04-09 22:25

埼玉・久喜  平成羅漢

文永2年(1265)創建の定福院。
歴史の古さもさることながら「平成羅漢」の寺として知られているそうです。
なんと、自分の手で羅漢を彫ってしまおうという人たちが集まるのだ。
まずは、石に下絵を描くことから始まる。
c0080357_1232291.jpg

彫る、彫る、彫る。
c0080357_1253816.jpg

活動は26年前に始まり、これまで造られた羅漢さんは実に800体超。
こちら、羅漢さんの集会だね。
ウクライナ、どうなるのか。
c0080357_1262735.jpg

境内には庵(いおり)もある。
茶を飲んだり、餅を焼いたりと、囲炉裏を囲んで一息入れるのが、皆さんのもう一つのお楽しみです。
c0080357_1264212.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!

リコー学部・学外展「女神と4人の従者たち」、根津でやってるよ!
by muffin-man | 2014-03-02 03:51

奥多摩  紅葉、間に合った! その2

山あいの「むかし道」をズンズン行く写ガールら同志たち。
c0080357_23121113.jpg
おっと、こんなところにも地蔵が。
c0080357_23123102.jpg
ここにも。
c0080357_23125199.jpg
さらに、ここにも。
写ガールの白ペンタが奉納(仮)されました。
c0080357_23130822.jpg
今度は、路傍に地元産ユズ。
c0080357_23132721.jpg
向こうに見えるは「その1」で紹介した廃線跡の橋梁。
地元の古老によると、奥多摩湖=小河内(おごうち)ダム=を造る際に使った資材運搬用の鉄路で、1952(昭和27)年~1957(昭和32)年に運行されていたそうです。
つまり、廃路となって半世紀以上たつわけです。

一方、手前から延びているレールは、この山奥に住んでいる人を運ぶための専用軌道。
古老によると、その名も「モノレール」。
ガソリンで動く小さな車両がレールの上を上り下りするという、ワンダーランドな乗り物だ。
「むかし道」沿いでは、この軌道が何カ所か敷設されている。
乗ってみたい!
c0080357_23134055.jpg
こちらは、青梅街道から。
また来るよ、奥多摩。
c0080357_23135551.jpg

by muffin-man | 2013-11-25 12:58

千葉・勝浦  リアスの海

1月の小旅行以来4カ月ぶりに勝浦の鵜原(うばら)を再訪した。
こちらは勝場漁港。
c0080357_9572975.jpg

あれに見えるは、かつうら海中公園の海中展望塔。
c0080357_9574438.jpg

岬伝いに上り下りを繰り返し、尾根から下ってくると、ここにたどり着いた。
c0080357_958751.jpg

複雑なリアス式海岸ならではの風景が、迫る。
「いいね!」を押して下さい。 ないけど。
c0080357_958264.jpg

ザッパ~ン!
c0080357_958428.jpg

生け簀(す)……?
c0080357_9585834.jpg

さらに岬めぐりを続け、鵜原海水浴場まで下りる。
すると、道の先に隧道(ずいどう)が。
勝浦はいたるところに隧道があるが、これは4カ月前には気づかなかったね。
c0080357_959147.jpg

天井が低く、軽トラが辛うじて通れるほどの道幅。
素堀りなのだろう、壁はコンクリで塗り固められておらず、触れると砂がサラサラと落ちる。
ところどころ明かりがあるだけで、足下もデコボコして、非常に危ない。
c0080357_9593128.jpg

ようやく抜け出た。 出口は夏草に覆われていた。 そんでもって、周囲を歩くと――、
なんと、最初に訪れた勝場漁港に出た。
つまり、岬の一部を貫通する隧道なのだ。
c0080357_9594655.jpg

また勝浦が好きになったよ。
ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
by muffin-man | 2013-05-11 21:00

浅草  マウンテンな夜 & 忘年会のお知らせ

純喫茶「マウンテン」にて、korotyan27さんとクリームあんみつを食しました。
実は、その前に酒を飲んでました。 忘年会の打ち合わせです。
でもって、今回は忘年会のお知らせです。↓↓
c0080357_12394284.jpg

忘年会のお知らせ
街撮りブロガーが集まり、年忘れしようという企画です。
12月13日(土)に浅草近くの大衆居酒屋で開きます (チェーン店じゃないよ)。
おいらとkorotyan27さんが呼びかけ人で、すでに数人が出席見込みです。
年末の夜を一緒にワイワイしませんか。
焼き鳥がとんでもなくデカく、美味い店です。

ご希望の方は、非公開コメントを下さい。
人数を確定して店に伝えなければならないため、非公開コメントは今月30日(日)正午締め切りとさせて下さい。
また、すんませんが、今回はブロガーの方に限定させて下さい。

―― 記 ――
日時:12月13日(土)午後6~9時
 ※「その前にマウンテンであんみつ食べたい! 街撮りしたい!」という方、お付き合いいたします。
場所:浅草・吾妻橋近くの店(参加される方には直接連絡します)
予算:3,500円程度

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
by muffin-man | 2008-11-16 12:45 | Comments(19)

神田神保町  黙ってギターを弾いてちょんまげ

仕事納めの帰りがけ、ディスクユニオン神保町店で、偉大なる故フランク・ザッパの“ Trance-Fusion ”なる新譜を購入。
死してなお、膨大な音源から新譜がリリースされ続ける巨人ザッパ。
新譜は、16曲計61分37秒。 どれもこれも手抜きなしの特盛りツユだく状態だ。
店員さん、お代わり!
c0080357_2040467.jpg

『 投稿予定 』、早くも変更しました。 本当は違うものを撮ろうと思ってカメラ持参で会社に行ったんだけど。
この写真は、思い切り加工しています。
スナップ、スナップ写真  街頭写真  にほんブログ村 写真ブログへ
by muffin-man | 2006-12-28 20:40 | Comments(24)

西新宿  怒れる昭和の清掃部

絶滅寸前の、『 何故……か 』 という言葉。
疑問形だけど、実は命令形。 『 この辺りを汚すな! 』 と。
今や、じいさん専用の感すらある“昭和の言葉”です。
ここも西新宿8丁目。 青梅街道沿いのコンビニです。
c0080357_18115030.jpg

こちらは、婦人部。 足立区です。
c0080357_18154933.jpg
スナップ、スナップ写真  デジタル一眼レフカメラ  にほんブログ村 写真ブログへ
by muffin-man | 2006-12-02 18:18 | Comments(18)