2018年 01月 28日 ( 1 )

栃木県足利市/群馬県桐生市  失われた飲み屋街・その3

JR両毛線・桐生駅で下車し、北口をズンズン行くと、チェーン店っぽい弁当屋があった。
東京を出発したのが早朝だったので早くも腹が減った。
で、メニュー表を見ると――???
恐る恐る「じゅんじ」330円を注文する。
c0080357_11530601.jpg
これだ。
おかずは、ちくわ1本を4つに切っただけなのだが、タレが鰻の風味に似て、大変うまし。
c0080357_11531992.jpg
ここで食べた。
上毛電鉄上毛線の始発・西桐生駅の待合室。
美しく、清潔な駅舎に感激しながら、おいしくいただきました。
c0080357_11533730.jpg
c0080357_11534784.jpg
エネルギーを充填したところで、さあ行くぞ!
と、いきなり現れた、廃自販機。
以後われわれ一行は、次々と廃自販機に遭遇することになる。
c0080357_11540922.jpg
c0080357_11542194.jpg
路地も豊富だ。
ネコともそこら中で遭遇する。
c0080357_11544462.jpg
窓辺のニャン吉。
c0080357_11551064.jpg
住宅街と飲み屋街が混在する一角に出た。
こちらは料亭か。
c0080357_11552489.jpg
飲み屋ビルは入口がご覧のありさま。
廃業した店も多い。
c0080357_11554331.jpg
ハイヒールのオブジェが印象的だが、ここもやってない。
c0080357_11560827.jpg
古くて立派だ。
c0080357_11562497.jpg
やっているのかやってないのか不明な店も多い。
c0080357_11565169.jpg
モップでふきふき、白雪姫。
c0080357_11570370.jpg
スナック「non-no」。
ロゴが酷似している……。
c0080357_11574945.jpg
看板すら消えた店の前を過ぎていくと、ちょっとイカしたビルの前に出た。
c0080357_11580338.jpg
c0080357_11581540.jpg
「カナマル小道」なるビル1階の通路を行く。
c0080357_11583009.jpg
途中、こんな看板があったりする。
三業(芸者屋と料理屋、待合)や二業は知っているが「八業」とは一体?……
c0080357_11584384.jpg
「カナマル小道」を突き抜けると――、
すっかり蔦に覆われた「ナイトクラブ姫」。
c0080357_11585435.jpg
こんなになってる。
もはや荒野だ。
スナック荒野。
c0080357_11590749.jpg
ズンズン行くと、好い感じにクネッた路地に出た。
c0080357_11592452.jpg
傾いた廃自販機。
「UCCラムネード」は手書きだ。
サンプルの缶が沈み込んでる。
c0080357_11595243.jpg
c0080357_12000846.jpg
泉町国際通り。
織物産業で潤った街。
カネが落ちれば、飲み屋街ができあがるが、今や廃業した店も多い。
c0080357_12002352.jpg
こちらの店は非常に気になる。
破れ窓から覗くと、丸窓に豆タイルの柱……。
c0080357_12003553.jpg
c0080357_12005101.jpg
そして「個室空間」とは?……
c0080357_12011022.jpg
地主は怒っているぞ。
c0080357_12012453.jpg
錆びきったトタンの壁がアートにも見えなくもない電気屋。
軒先には「ナショナル」の古いロゴと炊飯器のイラスト。
c0080357_12013608.jpg
c0080357_12015636.jpg
まだまだつづくよ。

[PR]
by muffin-man | 2018-01-28 12:02 | おまけ