人気ブログランキング |

寿  今日初めて東京の地を踏むなり

かっぱ橋道具街を撮り歩いたわけではありません。
菊屋橋 (現・台東区寿、元浅草) を訪ねました。 ここもまた永井荷風と縁があります。
c0080357_2310164.jpg

省線にて浅草駅に至り三ノ輪行電車にて菊屋橋より公園に入る。 罹災後三年今日初めて東京の地を踏むなり。
『 断腸亭日乗 』 1948 (昭和23) 年1月9日付

荷風の記念すべき戦後の街歩き再開初日の記述です。
大空襲罹災後の荷風は、岡山などを流浪した末、千葉・市川に移り住み、この日ようやく東京を再訪しました (正確には敗戦後、数日間だけ帰京したが)。
荷風が真っ先に向かった街は、銀座でも玉の井でもなく、浅草。
ここで言う 『 公園 』 とは「浅草公園」で、浅草寺を中心とした一帯です。

文中にある 『 省線 』 に当時、浅草駅はなく、浅草橋駅の誤りと思われます。
一方、『 電車 』 =都電は、都庁前 (当時は有楽町)と三ノ輪橋を結ぶ31系統があり、途中、浅草橋や菊屋橋などを経由していました。
つまり、市川方面から省線でやって来た荷風は、浅草橋駅前で市電に乗り換え、菊屋橋の電停で下車、そしてここから浅草まで歩いた、というわけです。

以後、荷風は戦前以上に浅草、正確に言うと浅草六区に足繁く通い、ストリップ劇場の踊り子たちと親しくなっていきます。
この夏は、荷風のそんな足跡をたどっています。

なお、菊屋橋の地名は昭和30年代の町名変更で消失しましたが、ご覧の通り、浅草通り沿いに交差点の名前として残っています。

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
by muffin-man | 2008-07-30 23:19 | 浅草
<< 浅草  オペラ館跡を訪ねる 百人町/西新宿  ふるさとで飲む >>