タグ:飲み屋 ( 100 ) タグの人気記事

練馬区北町/板橋区上板橋、常盤台  旧川越街道を往く

おっと、ここは真昼の新宿ゴールデン街か?
c0080357_20444396.jpg

c0080357_2044573.jpg

旧川越街道の練馬「きたまち商店街」にある小さな飲み屋街です。
刃物屋の横を入ると現れる。
以前もアップしたね。
さあ、旧川越街道をずんずん往くよ。
c0080357_20453776.jpg

今度は「北町アーケード ショッピングセンター」が現れた。
c0080357_20454856.jpg

ふふふ、ここも好い感じ。
c0080357_2046027.jpg

小動物も絶賛販売中。
c0080357_20461897.jpg

浅間神社。
「下練馬(北町)の富士塚」として知られているそうだ。
さっそく富士登山にチャレンジだ。
c0080357_20463199.jpg

登山道には、お猿さんもいれば、天狗もいる。
c0080357_20464987.jpg

c0080357_2047356.jpg

あっという間に頂上だ。
標高37.76メートル。
江戸期に築造され、明治期と戦前の2度の修復工事を経て昨年、「平成の大改修」が行われた。
c0080357_20471559.jpg

旧川越街道と環八通りがクロスする場所に建つ「下練馬の大山道道標(みちしるべ)」。
宝暦3(1753)年造立。
c0080357_20474226.jpg

「北一商店街」。
c0080357_20475488.jpg

商店街を歩きながら、ふと横を見ると……向こうに何かある。
c0080357_20481575.jpg

ん? おい。
c0080357_20483323.jpg

うわっ、祠(ほこら)!
道の真ん中に!
c0080357_20485577.jpg

後ろ姿。
四つ辻のど真ん中にある。
どうにも危なっかしいが、どの車両もスピードを落としていくので、案外、事故はないのかもしれん。
c0080357_20491067.jpg

消化器が置いてある。
使えるのか?
というか、そもそも何のため?
c0080357_20495484.jpg

祠は馬頭観音を祀っている。
観音様の建立は文化12(1815)年。
道路事情や周辺の再開発などで祠が移設されるのは、決して珍しくない。
この祠が移設されずにここにある、というのは何かのっぴきならない事情があるのだろうか。
c0080357_20505682.jpg

観音様は摩耗が激しく尊顔を拝めない。
誰が置いたか、手前の馬の像との奇妙なコントラストが可笑しい。
それにしても、三叉路に建つ地蔵堂はよく見てきたが、道の真ん中というのは初めてだ。
c0080357_2051861.jpg

旧川越街道に戻り、さらに行くと、今度はあれ。
c0080357_20512346.jpg

庚申塔だね。
刻銘が判じにくいが、元文4(1739)年の造立だろうか。
c0080357_20515466.jpg

ケヤキの大木を望む。
c0080357_2052626.jpg

「上板南口銀座商店街」に入った。
お、深紅の幟(のぼり)が見えるぞ。
c0080357_20522245.jpg

「子育地蔵尊」。
お堂には2体の地蔵が安置されているが、貞亨5(1688)年造立というから、古い。
c0080357_20523370.jpg

そろそろ昼メシでも、とウロウロしていると、現れました、よさげな路地が。
c0080357_20524830.jpg

おっと、おら好みの看板が誘ってるよ。
メンチとコロッケの定食が550円。安いな。
c0080357_2053058.jpg

気づくと、「船底」という店ですでに注文していた。
熱々のメンチとコロッケ、うまし。ご飯も味噌汁の具も多し。
さらに、手作りつくね煮込み450円も追加で注文。
これまた、うまし。
ふと入った店で安くて美味しいものをいただくと、幸せな気分になるね。
必ずまた来ます。
c0080357_20531281.jpg

店を出て川越街道を渡ると、マンションの角に庚申塔を発見。
c0080357_20532010.jpg

これ、ちょっと変わっている。
青面金剛(手がいくつもある像)は邪鬼を踏みつけているのが一般的なパターンなのだが……、
c0080357_20533242.jpg

この邪鬼(茶色いアメ玉が載っている)は右手で頭を支えているような、くつろいだポーズを取っている。
たわけ者め。
c0080357_20533962.jpg

再び川越街道を渡り、東武東上線・ときわ台駅方面を目指すと、地蔵堂が見えてきた。
マンションとマンションの狭間に、ひっそりと。
c0080357_20535263.jpg

「平安地蔵」といい、造立は江戸の昔ではなく、戦後の昭和23(1948)年。
昭和20年6月10日の空襲で、一帯は死者269人を数える、板橋区では最大の惨事となった。
地蔵は、故人の供養と悲劇を繰り返すまいという誓いの下、地元有志が建立したという。
大きい地蔵が大人、小さい地蔵が子供を表現しているそうだ。
c0080357_205425.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-02-08 21:01 | 杉並/三鷹/練馬

巣鴨/百人町  生マッコリでさよなら2015年

JR巣鴨駅でディランを発見。
来春、来日するんだね。
行こうかな、と思いながらよく見ると、SS席が2万5000円。
以前行ったときよりずいぶん高くなっているような気が……。
c0080357_8562960.jpg

新宿で買い物をしたり、写真を撮ったりした後は、ここ新大久保のコリアンタウンの「春川ダックカルビ」。
屋台風なのがいいね。
ひところより活気が失せたと言われるが、とんでもない。すごい人出だったよ。
c0080357_8584172.jpg

生マッコリはヤカンで飲む。
微炭酸がおいしいのだ。
c0080357_8585611.jpg

次々とさばかれる鶏の足。
ここは鶏料理が名物だそうです。
c0080357_8591241.jpg

別の店の前に置いてある「マッコリ君」。
彼もヤカンを手にしている。
それにしても、不細工だね。
c0080357_8592546.jpg

はちみつホットクを路上で食べていたら、はちみつをマフラーにベッタリと垂らしてしまった。
店の人に「はちみつが垂れるから気をつけてね」と言われたのに……。
c0080357_8593727.jpg

宝くじにご利益ありという皆中稲荷神社。
2016年が好い年でありますように。
c0080357_8594861.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-12-31 09:04 | 新宿/渋谷/原宿

館山  紅葉狩りのつもりが……

房総半島は関東の中でも紅葉が遅いと聞き、出かけました。
JR内房線車中の朝食は、これ、「トンかつ弁当」と「常春の国 房州 菜の花弁当」。
小さいので、男らしく一気食いだ。
それにしても、どうよ、この昭和なパッケージ。
c0080357_23231158.jpg

紅葉狩りといっても、これといった目的地があるわけではなく、何となく館山駅から路線バスに乗り、4月にも訪れた「安房自然村」に向かう。
撮影には目もくれず、ひたすら温泉につかる。
こちらは、1つ手前の布良(めら)停留所。
c0080357_911178.jpg

その後、3年前の房総チャリンコ旅でも来た「あさみ」にて昼食。
c0080357_23232678.jpg

刺身定食、うんまいど。
c0080357_23233579.jpg

またしても紅葉を無視して、犬石停留所で美女を撮らせてもらう。
こういう田舎の停留所は好いよ。
c0080357_23234686.jpg

そこの君、悔い改めよ!
いや、おらもだが。
その隣の「まさかのときは三和仏商」は最後の写真にも出てくる。
c0080357_23235516.jpg

停留所から見た空は澄んでいた。
c0080357_2324365.jpg

館山駅前のバス待合室。
ほら、ここにも「まさかのときは……」の看板が。
ほんでもって結局、この日の紅葉写真はゼロ。
温泉と刺身定食で満足してしまった一日だった。
c0080357_23241143.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-12-07 23:29 | おまけ

王子/西ケ原  雨の北部戦線

この日は写友たちと東京のはずれ、檜原村(ひのはらむら)に行く予定でしたが、あいにくの雨のため、断念。
なので、まず飲みました、王子駅前のおなじみ、立ち飲みの「平澤かまぼこ」で。
サッポロのラガーだど。
c0080357_1356478.jpg

見慣れた風景を撮りつつ、
c0080357_1357222.jpg

雨の「さくら新道」を行く。
3年前の1月に2棟が全焼してしまったこの小径で、よく撮らせてもらったものだ
c0080357_13571434.jpg

本郷通りから蝉坂 (せみざか)を下っていく。
c0080357_13572834.jpg

JR上中里駅近くにある上中里不動尊。
「睨みをきかす」とは、まさにこのことだね。
「享保初年御鎮座」とある。約300年前の1716年だ。
c0080357_13573744.jpg

再び本郷通りに戻り、旧古河庭園を訪れる。
街撮り好きのわしらにとっては、珍しい撮影場所と言える。
そこそこ紅葉している。
快晴だと紅葉が映えるのだろうが、雨降りゆえ訪れる人も多くなく、撮影しやすい。
c0080357_13575277.jpg

スマホをいじるでもなく、ゲームをするでもなく、紅葉を眺める男子高校生。
若者たちよ、何思う。
c0080357_1358252.jpg

c0080357_13582845.jpg

この後、雨で冷え切った体を温めるべく、ラブホに囲まれた鶯谷の中華「東瀛(とうえい)」で大いに飲み、食う。
相変わらず安くてうまいや。

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-11-15 14:05 | 滝野川/王子/赤羽

秋の奥多摩/青梅/西早稲田  紅葉はまだピークじゃない

1年ぶりに秋の奥多摩路をサイクリング=代休の5日(木)。
今回も奥多摩駅そばの「TREKKLING」でクロスバイクを借りる。
運良く快晴だわい。行くど!
c0080357_23241192.jpg

自転車を漕ぎ始めて間もなく、白丸トンネル(青梅街道)の脇を走る旧道に数馬隧道(かずまずいどう)が現れる。
素掘りのトンネルだ。
c0080357_23243367.jpg

車両通行禁止のため、自転車でゆっくりと隧道を抜けると――、
c0080357_23244433.jpg

本日は「数馬の切り通し」を訪れたいと思っていた。
このあたりのようなのだが、これは入口だろうか。
手すりは旧道沿いに意味もなくあるだけで、石の階段沿いにはない。
かなり急で危険な道なき道を行くはめに。
c0080357_2325036.jpg

ずいぶん高いところまで上ってきた。
手すりがあるので目的地は近いのか、と思いきや、この先は行き止まりだった。
仕方ないので、山道を戻る。
c0080357_23272552.jpg

薄暗い山中を行く。
不安になってきた。
c0080357_23273893.jpg

お、案内板があったぞ。
切り通しの開削は元禄の頃、と書かれている。
さらに「向かい側に宝暦年間の供養碑がある」という。
向かい側だと?
c0080357_23275542.jpg

振り返ると、おお、これぞ供養碑。
そして、この先が数馬の切り通しか?
c0080357_23281495.jpg

おお、まさに!
c0080357_23282485.jpg

反対側から撮ると、こんな感じ。
c0080357_23283349.jpg

で、来たときの道と異なる道を下りていくと、こんな道しるべが。
なんだよ、要するに本来の入口ではないところから入ったわけか。
それにしても、平日のせいか、ここまで誰一人すれ違うことなく来た。
c0080357_2329092.jpg

気を取り直して、メシにしよう。
ロケーション抜群でよく行った「アースガーデン」はいつの間にか、蕎麦などのメニューが消え「お肉カフェ」に変身したとのことなので、釜飯に変更。
青梅街道沿いの「鳩の巣釜めし」にて、きのこ釜めしセット1,500円などを注文。
うまいっ! ボリュームも文句なし。また来るでござんすよ。
c0080357_23291320.jpg

数馬橋から多摩川を望む。
c0080357_2330396.jpg

雲仙橋から遠望できるはJR青梅線。
c0080357_23301918.jpg

雲仙橋を渡ってしばらく行くと、こんなところに庚申塔。
路地の入口に、きれいに祀られていた。
c0080357_23303078.jpg

何だかよく分からん花の壁の前にて。
c0080357_23303768.jpg

御岳橋上から。
今年の紅葉は例年より早い、とみていたが「紅葉度」は意外にも6~7割といったところか。
全く色づいていないカエデも少なくなかった。
c0080357_2330491.jpg

御嶽駅近くで。
何度も通っても好い田舎道だ。
c0080357_2331421.jpg

柚がいたるところに。
c0080357_23311035.jpg

澤乃井園そばの楓橋。
昨年11月8日に撮った写真は、こちら
ほぼ同じ時期だが、昨秋のほうが紅葉が深い。
それでも、今年も奥多摩の秋を満喫したね。
c0080357_23311947.jpg

でもって、青梅駅へひたすらペダルを漕いだ。
駅近くにはこんな店々が並んでいる。
c0080357_23312887.jpg

c0080357_23313734.jpg

電車の中で爆睡しながら高田馬場まで戻り、西早稲田へテクテク歩く。
明治通り沿いで赤提灯に誘われ、本日終了。
c0080357_23314724.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-11-05 23:35 | おまけ

飯給駅/上総鶴舞駅  秋の小湊鉄道

写真仲間が集まり、久しぶりの遠足です。
お着物で参戦の写ガールに、わしらおっさんたちは狂喜乱舞。
さて、彼女が車窓越しに手を振っている、この鉄道は――、
c0080357_11245718.jpg

ご存じ、小湊鉄道。
3年前にも乗った。2年前にも乗った。
c0080357_11251940.jpg

今回もフリー乗車券を使った。
c0080357_11253197.jpg

沿線に広がる秋の田園風景。
と言いたいところだが、青々としているね。
c0080357_11253988.jpg

飯給(いたぶ)駅。
案山子(かかし)がお出迎え。
c0080357_11263645.jpg

まるで小屋のような駅舎。
無人駅です。
駅のまわりは桜の木が多い。春は観光客やカメラ野郎たちでにぎわうんだろうね。
c0080357_11265327.jpg

ここもまた田園。
c0080357_1127199.jpg

ホームから外れたところに、黒い板塀で囲われた一角が。
何だろう。
c0080357_11271785.jpg

中に入ると、中央に白い物件がある。
写ガールに座ってもらった。
c0080357_1129231.jpg

トイレなのだ。
気持ちいいほど青空に映える便器。
c0080357_11291389.jpg

近くの白山神社では、柿がもう色づいている。
都内より早いね。
c0080357_112947100.jpg

撮ったり、撮られたり。
c0080357_1129581.jpg

すっかり秋だね。
c0080357_11301348.jpg

陽だまりの美女。
c0080357_11302798.jpg

上総鶴舞(かずさつるまい)駅に移動。
曼珠沙華は終わっていたが、コスモスが満開だった。
c0080357_11303791.jpg

c0080357_11305192.jpg

待合室に掲げられたポスター。
いちはら観光PR特使の五木あきらさん。有名人だそうだ。
いや、注目してほしいのは彼女ではなく、右上の緑色の物体。
カエルです。
c0080357_1131752.jpg

なぜか、この駅にはカエルが多い。
近くに池や沼なんて見当たらないのに。
c0080357_11312046.jpg

ギンナンならいっぱい落ちていたが。
c0080357_11312938.jpg

この駅も無人駅。
c0080357_11314672.jpg

ホームにて。
c0080357_11321651.jpg

遠足終了。
JRで都心部に戻り、大久保駅近くの「としちゃん」で反省会。
こちらは沖縄焼きそば(手前、500円)とオムソバ(600円)。
次の遠足は、紅葉の檜原村(ひのはらむら)に決定。
c0080357_1132255.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-10-04 11:40 | おまけ

東葛西/亀有  だらだら撮るよ

「ふふ、素敵なオーバーで通勤の私。まだちょっと暑いが」
c0080357_10563169.jpg

「お母様、さっきからあそこのおじさんが写真機を向けてるの。いやだわ」
「そう言いながら、あなた、微妙に小首かしげてポーズ取ってるわよ」
c0080357_10564131.jpg

というわけで、久しぶりに写真仲間とともに、東葛西の地下鉄博物館(上2枚の写真)、そして、だらだらと亀有へ=5日(土)。
コッペパン専門のこちらの店。美味しゅうござんした。
c0080357_10565417.jpg

でも当然、それだけでは物足りず、仲町商店会にて、ねぎま105円。
c0080357_105788.jpg

こちらは亀有食品市場。
すごい活気でした。
c0080357_10572188.jpg

1957年創業「ニュー幌馬車」で一休み。
美しき写ガールが腰をかがめて激撮しております。
c0080357_10573345.jpg

その写ガールを激撮するおっさんたち。
c0080357_105812.jpg

日暮れが早くなった。
ピンクが妖しい。
この後は、北千住で一杯やりました。
c0080357_1058121.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-09-12 11:00 | 築地/豊海町/豊洲/佃/葛西

千葉・銚子  銚子電鉄で灯台を見に行く。

ふと犬吠埼(いぬぼうさき)灯台を見に行こうと思い立った、銚子電鉄に乗って。
銚子駅でJRから銚電に乗り換え、終点から2つ手前の犬吠駅で下車する。
高校生の頃の元旦に、銚電で犬吠埼に行ったことがある。その時も、ふいに、だった。
わたしの人生は昔も今も、「思いつき」ばかりだ。
c0080357_1028020.jpg

犬吠駅の周囲にはこんな風景が広がっている。
かつては「灯台前」という駅名だったんだね。
「灯台前」というには、灯台まで距離があるが。
c0080357_1028841.jpg

今回利用したのは、自由に乗り降りできる1日乗車券(620円)。
名物・ぬれ煎餅がついてくるよ。
c0080357_10281599.jpg

10分ほど歩くと、犬吠埼灯台。
灯台はやっぱり青空に映える。
c0080357_102823100.jpg

灯台のまわりは散策路として整備されている。
大きなヘビが前を横切っていったよ。
受付の女性によると、ウサギも生息しているという。
c0080357_10285450.jpg

入口の前のポストも白い。
若かった頃の妻に、絵はがきを出してみたくなる。
「この次は君と来たい」とかテキトーなこと書いて。
c0080357_102935.jpg

海を見るのは、この夏初めてだ。
千葉はどこも好いね。
c0080357_10291768.jpg

灯台に別れを告げ、再び銚電に乗り、終点の外川(とかわ)で下車。
c0080357_10293010.jpg

引退した車両が出迎えてくれる。
c0080357_102938100.jpg

待合室の旅客運賃表がいい味出している。
c0080357_10294711.jpg

外川駅を後にして、海辺を目指す。
電柱に直に駅名が書いてある。
c0080357_1029568.jpg

地元の不動産事情などをチェックしつつ――、
c0080357_1030498.jpg

やっぱり、ビール。
定食がうまかったよ~(写真撮り忘れ)。
途中の古びた駅をもっと撮りたかったが、時間調整が上手くいかず、断念。
また、今度な。
c0080357_10301664.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-08-16 10:39 | おまけ

千葉・勝浦  岬めぐり

写友とともに、久しぶりに勝浦を訪れる。
朝市。
c0080357_10404585.jpg

串焼きをパクつく写友たち。
おらは、カツオ串焼き300円をいただく。うまし。
c0080357_10413792.jpg

駅前のスナック。
海の街らしく「深海魚」だ。
「万上焼酎トライアングル」が懐かしい。
c0080357_10415371.jpg

「和風スナック 涼」。
どう見ても、フツーの民家だが……。
c0080357_1042155.jpg
遠見岬(とみさき)神社を詣でる。
c0080357_1041453.jpg

再び朝市会場。
朝飯、というか昼飯。
プーさんのぬいぐるみが目印の「居楽屋 奈美」に入る。
c0080357_1042972.jpg

奮発して1450円の定食をいただく。
うまくて失神しそうだった。
c0080357_10421895.jpg

銭湯。
2年前に訪れた時から、看板が新しくなっていた。
c0080357_10422857.jpg

勝浦駅の1つ隣、鵜原(うばら)駅で下車し、いよいよ岬めぐりスタート。
ホームで撮影中の写ガール。
c0080357_10423950.jpg

入り江には小さな漁港がいくつかある。
ガールにポーズを取ってもらった。
c0080357_10424980.jpg

こんな隧道(ずいどう=トンネル)も、たくさんある。
c0080357_1043325.jpg

といっても、個人的にはもう何度目かの岬めぐりなので、実は今回、大して撮ってない。
c0080357_10431430.jpg

かつうら海中公園の展望塔。
c0080357_10432399.jpg

リアス式の海岸線を下っていくと、こんな風景に出合える。
足もとには、もの凄い数のフナムシがザザザッと、まるで人影のように這いずり、ガールの悲鳴絶えず。
c0080357_10433786.jpg

途中は大幅に割愛。
夕飯は「ニュー福屋」にて勝浦タンタン麺630円と生ビール。うまし!
勝浦はタンタン麺の街でもある。
c0080357_10434885.jpg

ところで、店の若い女性と話していたら、彼女の学生の友人が毎日、勝浦から京王井の頭線・明大前まで通学しているという。
毎日、だよ。
c0080357_10435841.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-05-24 10:50 | おまけ

千葉・館山  布良に遊ぶ

館山の布良(めら)を、JR 内房線と路線バスで訪れました=代休の30日(木)。
海よりまず温泉に、と向かったのが、ここ、安房自然村の「不老山 薬師温泉」。
洞窟が入口。いきなり旅心をかき立ててくれるね。
c0080357_11293055.jpg

ところどころに明かりがあるので、不自由ではないが、本当にこの奥に温泉があるのか?
c0080357_11302434.jpg

と思ったら、ここからは土足禁止。
靴を脱ぎ、貴重品などをロッカーに入れて、さらに行くと――、
c0080357_11304896.jpg

お、見えてきた。
向こうが、洞窟と接した建屋部分だ。
c0080357_113106.jpg

到着。
洞窟から来ると、どこでも見かけるフツーの風景に、ちょっと面食らう。
c0080357_11311222.jpg

露天風呂がある。
先ほどの洞窟は天然のものではなく、1973年に掘削されたそうだ。
c0080357_11323323.jpg

タテ構図も。
c0080357_11324066.jpg

さあ、温泉の後は食事だ。
宴会場で食べるんだよ。
昭和の香り満点だね。
c0080357_11325236.jpg

注文したのは、くじら陶板焼き定食。
ステーキみたいで、すごいボリュームだった。
くじらを食べたのは久しぶりだ。
温泉と定食のセットで1,500円(それぞれ別の料金でも楽しめる)。
c0080357_11325875.jpg

実は洞窟ではなく、こちらの方から入った。
c0080357_1133820.jpg

この玄関は今は使われていないようだ。
c0080357_11334155.jpg

腹も満たされ、お肌もツルツルになったところで、近くの山の展望台に向かう。
途中、振り返ると「いやいやえん」に出てくるような森が。
ハクビシンに出合ったよ。地元の人によると、森にはイノシシもいるという。
c0080357_113404.jpg

展望台。
よく晴れた日は、富士山が遠望できるそうだが、残念。
c0080357_113487.jpg

が、午後から青空が広がってきた。
阿由戸(あゆど)の浜。
このあたりは、3年前にも自転車で来た(珍しく動画付き)
青木繁が明治37(1904)年、ここを舞台に「海の幸」を描いたこともで知られ、浜を望む丘には記念碑もあり、彼が滞在した漁師頭の民家も残されている。
館山は洲崎も好いが、布良も好い。
c0080357_11341643.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-05-01 11:39 | おまけ