タグ:野良ネコ ( 50 ) タグの人気記事

赤羽  階段・ネコ・再び階段

写真仲間とともに、赤羽西の階段や坂を上り下りしました。
今年3度目の赤羽西。
やさしい毛色のネコが階段でゴロゴロしていた。
c0080357_23491951.jpg
c0080357_23493438.jpg
この階段は初めて。
上ってみると――、
c0080357_23481982.jpg
ひゃあ、好い小径。
c0080357_23483100.jpg
片側が崖になっている。
よって「崖路地」と勝手に命名。
c0080357_23484926.jpg
心落ち着く路幅、高低差、そして緑。
近所の人々がうらやましい。
c0080357_23485962.jpg
狭い!
c0080357_23502815.jpg
ずんずん行く。
こんなに狭いのに、行く手が分岐している。
c0080357_23504141.jpg
どこまでも狭い。
c0080357_23505196.jpg
防火用水のコンクリが壁に埋まっている?
c0080357_23505846.jpg
ホント、どこに行っても階段と坂道。
c0080357_23510881.jpg
そして、再び路地。
雨でぬかるんだときのためか、鉄板が渡してある。
c0080357_23512693.jpg
こんな看板も見つけた。
c0080357_23511697.jpg

[PR]
by muffin-man | 2017-09-25 23:56 | 滝野川/王子/赤羽

中野区本町/田端/西日暮里/千駄木/谷中  インフル明け

先月半ば以降、風邪を引き、治ったかなと思いきや今度はインフルエンザに感染するなど散々だった。
が、ようやく回復し、久しぶりにカメラを手に歩く。
まずは実家(中野)に立ち寄った帰りの神田川沿い=11日(土)。
河津桜だね。
c0080357_23191485.jpg
神田川沿いに、こんな看板が。
この日は新大久保まで歩いた。
c0080357_23200505.jpg
翌12日(日)は王子から三ノ輪まで。
住宅街に田端不動尊。
明治45年に遷座したものの、空襲で焼失したため、昭和44年(1969)に再建されたそうだ。

c0080357_23203164.jpg
同じ道沿いに、かなり古い街路灯を見つけた。
c0080357_23210679.jpg
そのまま進むと道灌山通りにぶつかり、よみせ通りの入口に至る。
通り沿いに延命地蔵尊。
c0080357_23212434.jpg
谷中霊園に、いつものように猫。
c0080357_23213929.jpg
「最強の寒波」が続く今冬だが、2カ月もすれば、あの桜も満開になる。
c0080357_23215595.jpg

[PR]
by muffin-man | 2017-02-12 23:25 | 根津/谷中/千駄木

十条仲原/上十条/中十条/南千住  路地から路地へ

一仕事終えた後、写真仲間と合流して再び十条界隈を訪れた。
まずは腹ごしらえ。
以前から気になっていた十条仲原の「玉屋」を訪れる。
c0080357_23173728.jpg
中国のかつてのトップも大好きだったってこと?
どういう意味なのか確認するの忘れた。
c0080357_23181303.jpg
その担々麺780円をいただいた。
相棒はラーメン&カレーライスのセット。
c0080357_23190401.jpg
間違えた。
こっち。
c0080357_23184083.jpg
JR十条駅界隈の路地をひとめぐりして、
c0080357_23203320.jpg
今度は都電で三ノ輪へ移動した。
c0080357_23194241.jpg
路地から、
c0080357_23200530.jpg
路地へ。
c0080357_23205619.jpg
そして、路地。
c0080357_23211040.jpg
ジョイフル三ノ輪のさかい食品三ノ輪店で、餃子(8個300円)をいただく。
激しくうまし。
c0080357_23213702.jpg
ニャン吉登場。
c0080357_23222880.jpg
わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!


[PR]
by muffin-man | 2016-09-11 23:22 | 三ノ輪/南千住/東日暮里/下谷

西巣鴨/春日/神田神保町  ブラジルへGO!

仕事前の本日のゴール地点はブラジルに決めた。ビバ!

[PR]
by muffin-man | 2016-03-09 01:36 | 神保町/水道橋/千鳥ヶ淵

王子/町屋  希少物件あり

王子界隈をうろうろしていると、発見しました。
今や希少物件のゴミ箱。
以前、百人町でも見つけたことがあった。
c0080357_10544835.jpg

こんな流し台も希少だね。今でも現役かな。
ん? ここ、8年前も撮ったぞ。
c0080357_1055183.jpg

この日は上十条から歩いたので、のどが乾いた。
どこかにコンビニでもないか、と王子大坂を下っていると、目の前にセブンイレブンの看板。
が、店がない。
看板の矢印は何だ? 斜め下を向いているぞ。
c0080357_10553324.jpg

超狭小の階段。ここを下りると店なのか?
ちゃんと手すりが付いており、やさしい階段ではある。
c0080357_10554443.jpg

下りていくと、本当にセブンイレブンがあった(中央奥に階段)。
王子一帯は高低差が激しいので、好きな街の一つだ(おでんのうまい立ち飲み屋もあるし)。
c0080357_1056983.jpg

すぐ近くで、古そうな石柱を発見。
c0080357_10562149.jpg

「三本杉橋」と刻銘されている。
北区のサイトによると、かつてこのあたりに「上郷用水」が流れていた当時の親柱だそうだ。
街なかでふと遺構に出くわすと、うれしくなる。
c0080357_10563919.jpg

都電で町屋へ。
頭上を行くは京成線。
そう言えば、すぐ近くにあったユニークすぎる古本屋は消えて久しい。
c0080357_10565064.jpg

お帰りにゃん。
いやいや、我が家ではない。
c0080357_1057356.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-10-11 11:05 | 滝野川/王子/赤羽

赤羽西/十条仲原/中十条/王子/大塚ほか  紫陽花@坂と階段の街

梅雨の一日、紫陽花を求めて、坂と階段の街を歩きました=代休の本日10日(水)。
先ずは赤羽西。
c0080357_21112781.jpg

c0080357_21114814.jpg

坂を上り下りして、香取神社。
戦災復興記念碑は昭和35(1960)年建立。
c0080357_21124423.jpg

街を見下ろしながら、ぐだぐだ中のニャン吉。
c0080357_21131258.jpg

水車の坂。
大昔は、この下に水車があったそうだ。
c0080357_21153113.jpg

c0080357_21154240.jpg

今回、赤羽から十条にかけて歩いたのは、この階段を再訪するため。
2年前に初めて訪れ、紫陽花の季節はさぞかし美しい階段なんだろう、と期待したのだが……、
紫陽花の花、少なすぎ。
c0080357_2116108.jpg

よく見ると、葉は繁茂しているのだが、なぜか花芽が少なく、また茎ごと摘まれた痕もあった。
c0080357_21162639.jpg

2年前に比べ、手すりが新設され、階段そのものもコンクリが新しくなっていた。
でも、鬱蒼とした様子は変わりない。
c0080357_21163916.jpg

さらに歩くと、マンションの横に、もっと鬱蒼とした階段。
森閑としている。
高尾山か。
c0080357_21165558.jpg

頂上にたどり着き、振り返ると、右側に赤い鳥居が見えた。
行ってみよう。
c0080357_2117729.jpg

若宮八幡神社。
そうだ、何年か前に違う階段から来たことがある。
c0080357_21172353.jpg

ここにも紫陽花。
c0080357_21173475.jpg

清水坂に下り、環七を越えて、ここ王子稲荷神社。
平日なのに、結構な人出だった。
c0080357_21174688.jpg

でもって、さくら新道。
ほんの数年前までは、平日だと閑散としていたのに、ここもまた人出多し。
いつからにぎやかになったんだろう。
c0080357_2118366.jpg

c0080357_21181123.jpg

どうやって撮っても人が写り込んでしまう。
なので、マクロレンズ投入。
c0080357_21182325.jpg

c0080357_2119449.jpg

c0080357_21184728.jpg

c0080357_21194059.jpg

さて、坂と階段ってことで、王子から都電に乗って、久しぶりに大塚5丁目を訪れる。
紫陽花の代わりに、「マルフク」。
c0080357_21203441.jpg

この井戸、以前は枯れていたが、防災用井戸として、再生されていた。
c0080357_21204566.jpg

最後は、紫陽花の巨木を。
まだ満開ではないが。
c0080357_2120883.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-06-10 21:34 | 滝野川/王子/赤羽

西日暮里/谷中/入谷/鶯谷  台地を行く

山登りをしました。
といっても、ご存じ、道灌山(どうかんやま)。
西日暮里駅の裏手(西側)です。
c0080357_941810.jpg

あっという間に頂上に着き、南下して諏方神社を詣でる。
こちらは、神社脇の地蔵坂。 西日暮里駅が見える。
アジサイの季節に撮った写真は、これ
c0080357_9412645.jpg

谷中霊園。 ネコと墓と洗濯物なのだ。
c0080357_9414179.jpg

台地からJR側を望む。
空が広い。 一帯に惹かれるのは、こんな開放感を味わえるからです。
c0080357_941513.jpg

霊園の端にポツンと、十字架が刻まれた墓石。
明治期のものだ。
c0080357_942926.jpg

尾根から下り、入谷へ向かう。
昨年、本を書いた時に取材した太郎稲荷大神。
c0080357_9424945.jpg

民家にはさまれた参道を行く。
c0080357_943479.jpg

いくつも掲げられた額装写真は、近所の人たちのバス旅行の記念だ。
ある時期まで毎年続き、盛況だったという。
c0080357_9431799.jpg

こんなところに、夏の名残が。
c0080357_9432936.jpg

美しき鶯谷の冬。
何棟ものホテルで、何組ものカップルが今ごろ……。
さて、帰って、ひとっ風呂浴びて、ビール飲もう。
c0080357_9434041.jpg

自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、太郎稲荷大神をはじめ、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-12-24 09:48 | 根津/谷中/千駄木

南砂/猿江/猿江恩賜公園  おらにビールを

取材の合間に撮影したど=8日(火)
沖縄・九州は台風で大変だってのに、ここ東京は久しぶりに快晴。
が、蒸し暑い。 眠くなるわな。
c0080357_21393351.jpg

お、増えた。
c0080357_21394558.jpg

小名木川と横十間川が交わる小名木川クローバー橋から。
大学のボート部だろうか。
どこから来て、どこまで戻るんだろう。
c0080357_214036.jpg

小名木川沿いをちょっとだけ北上すると、釜屋堀子育地蔵堂。
堂内には、かつて近くにあった五百羅漢寺への方向を示す「五百らかん道標」=文政12(1829)年造立=などが安置されている。
で、さらに北上する。
c0080357_21404714.jpg

ところ変わって、北海道。
ポプラだね、この木々。
c0080357_21401649.jpg

こちらは、有名な北海道大学のポプラ並木=2003年秋撮影。
c0080357_21411054.jpg

なんてね。
2枚前とこの写真は、猿江恩賜公園で撮影。
東京スカイツリーが見えます。
それにしても、のど渇いた。 とっとと取材を終えて、チメたいビール飲みたい!
c0080357_21414576.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-07-08 21:41 | 築地/豊海町/豊洲/佃/葛西

青戸/立石  友を見舞う

急きょ入院することになった写友のお見舞いに行きました。
その帰り、他の同志たちとともにテクテクと。
窓という窓が簾(すだれ)や日除けで覆われた集合住宅、そしてかたわらに、ネコ。
c0080357_0384848.jpg

わしら写真好きは、いかなる時もカメラを手放さない。
ここ立石はご存じ「鳥房」の、アブラがたっぷり染みた窓。
c0080357_039114.jpg

路地で見つけた店。
「揚げ物のミックス」を「アベノミクス」と読ませる強引さが好いね。
いや、よく見ると「アベのミツクス」だ。
c0080357_039135.jpg

退院して元気を取り戻したら、みんなでまた飲みましょうや。
ちなみに以前、この界隈で撮ったネコは、この子たち
c0080357_0392415.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-06-25 00:40 | 北千住/立石/堀切

白山/向丘/根津/西日暮里  アジサイ、ネコ&写ガール  

写ガール、熱心に何を撮ってるのか。
c0080357_2251331.jpg

これか。
c0080357_2253437.jpg

それとも、これ?
c0080357_2254963.jpg

あるいは、この立て札?
「立入禁止(ネコを除く)」と書いてあります。
c0080357_226373.jpg

正解はニャン吉。
そして、ここはアジサイで知られる白山神社。
アジサイはピークを過ぎてました。無念。
c0080357_2263133.jpg

写ガール、本日はドカンとニコンF4!
フィルムカメラだど。重いど。
c0080357_2265035.jpg

白山神社を後にして、やって来たのは近くの大円寺。
焙烙(ほうろく)地蔵といい、病気を治癒してくれるありがたいお地蔵さんなのだ。
それにしても、ナマ足が素敵すぎて、おらのカメラ、シャッターがうまく押せん。
c0080357_227539.jpg

団子坂に向かって、大観音通りを行く。
c0080357_2271983.jpg

c0080357_2273544.jpg

谷根千に到着。
ガール、路地を行く。
c0080357_227477.jpg

ガール、井戸を撮る。
c0080357_228830.jpg

谷中銀座でメンチカツなどを肴に冷酒を飲った後は、ここ、ご存じ「夕焼けだんだん」。
ガール、ここでもネコを撮る。
c0080357_2282766.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
上記・焙烙地蔵も詳述しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-06-17 22:13 | 根津/谷中/千駄木