タグ:路地 ( 249 ) タグの人気記事

羽田  詣でる

多摩川に突き出て建つ五十間鼻(ごじゅっけんばな)無縁仏堂。
もともとは関東大震災や東京大空襲などで漂着した水難者を供養するために建てられたという。
c0080357_17282623.jpg

昨夏に撮った千葉・岩船地蔵の堂(朱色の建物)を連想させる。
こちらは太平洋に突き出ている。
c0080357_17284336.jpg

五十間鼻無縁仏堂までは、このように護岸から行くことができる。
遠くに見えるのは羽田空港。
c0080357_1728558.jpg

近づいてみよう。
c0080357_1729620.jpg

c0080357_17291892.jpg

c0080357_1735389.jpg

引き潮なのか、堂の裏手はこうなっている。
c0080357_1729284.jpg

近くに見える大きな鳥居。
これこそは羽田空港の大鳥居で、かつてターミナルビル前の駐車場になぜかそびえていた光景を覚えている人も多いだろう。
空港の拡張に伴い平成11(1999)年、現在地に移設された。
c0080357_17294929.jpg

大鳥居のそばのバス停がシュールだ。
空港の一角とはいえ「空港入口」というのは無理があるだろう。 ここからはターミナルビルに行けんぞ。
じいさん、ひなたぼっこをしているのかと思いきや、やがて川崎行きのバスがやって来て、乗っていった。
c0080357_17321274.jpg

ところ変わって、こちらは近くの穴守稲荷神社。
おらは1年ほど前、『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』という本を出したが、紙幅の都合で、東京南部までは書けなかった。
c0080357_17322463.jpg

やあ、立派なお狐様だ。
c0080357_17323161.jpg

境内の一隅には、無数の小鳥居が奉納されている。
c0080357_17324266.jpg

c0080357_17325669.jpg

これは見事な白狐様だ。
c0080357_1733585.jpg

[PR]
by muffin-man | 2015-01-10 17:35 | 北品川/芝浦

秋葉原  正月も変わりなし

お正月も、この街はいつもと変わりない。
いや、人混みはいつもより激しい。
c0080357_9222714.jpg

ほら、正月らしさゼロ。
c0080357_9223623.jpg

ほら、ほら。
みんな、正月から何を買いに来たんだろう。
そういうおらも、何しに来たんだか。
c0080357_9224684.jpg

でも、この小径を曲がり、
c0080357_923042.jpg

さらに、路地に入っていけば、少しは正月気分が。
c0080357_923155.jpg

鳥居が見えてくる。
c0080357_924676.jpg

花房神社。
参拝しよう。
昨冬の雪の日に撮った写真は、こちら
c0080357_9292935.jpg

小さな小さな境内には、こんな紙が下がっている。
奉納された供物だろう。
金銭のほかにも「うどん」や「カップメン」なんてのもあるね。
c0080357_9242893.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-01-05 09:31 | 秋葉原/神田

西日暮里/谷中/入谷/鶯谷  台地を行く

山登りをしました。
といっても、ご存じ、道灌山(どうかんやま)。
西日暮里駅の裏手(西側)です。
c0080357_941810.jpg

あっという間に頂上に着き、南下して諏方神社を詣でる。
こちらは、神社脇の地蔵坂。 西日暮里駅が見える。
アジサイの季節に撮った写真は、これ
c0080357_9412645.jpg

谷中霊園。 ネコと墓と洗濯物なのだ。
c0080357_9414179.jpg

台地からJR側を望む。
空が広い。 一帯に惹かれるのは、こんな開放感を味わえるからです。
c0080357_941513.jpg

霊園の端にポツンと、十字架が刻まれた墓石。
明治期のものだ。
c0080357_942926.jpg

尾根から下り、入谷へ向かう。
昨年、本を書いた時に取材した太郎稲荷大神。
c0080357_9424945.jpg

民家にはさまれた参道を行く。
c0080357_943479.jpg

いくつも掲げられた額装写真は、近所の人たちのバス旅行の記念だ。
ある時期まで毎年続き、盛況だったという。
c0080357_9431799.jpg

こんなところに、夏の名残が。
c0080357_9432936.jpg

美しき鶯谷の冬。
何棟ものホテルで、何組ものカップルが今ごろ……。
さて、帰って、ひとっ風呂浴びて、ビール飲もう。
c0080357_9434041.jpg

自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、太郎稲荷大神をはじめ、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-12-24 09:48 | 根津/谷中/千駄木

目白台/雑司が谷/百人町  ぶらぶら晩秋

いつもの写真仲間と撮り歩きました。
まずは、写ガール@富士見坂。
愛機は白のペンタックスK-x。 おらと同じ、数少ないペンタ派なのだ。
c0080357_9401760.jpg

都内に数ある富士見坂の、ここは文京区目白台。
左は日無坂(ひなしざか)で、こちらは階段状になっている。
「Y字路」っぷりが見事だね。
それにしても、坂の下までずっと置かれているコーン。 急坂の途中に駐車してしまうヤツがいたんだろうな。
c0080357_9402670.jpg

順序が逆になってしまったが、この日は雑司が谷をスタート。
ご存じ、鬼子母神堂の駄菓子屋「上川口屋」。
写友たちの横で、小さな姉妹が楽しそうに駄菓子を選んでいる。
c0080357_9433691.jpg

こっちの男の子は、参道の落葉を一所懸命掃き集めている。
えらいね。
c0080357_9434798.jpg

鬼子母神堂を後にして、ぶらぶら。
都電荒川線の踏切で撮影する2人。
c0080357_9435627.jpg

路地で、晩秋を撮る。
c0080357_9441142.jpg

路地に掲げられた「優秀作品」。
おらより達筆だ。
c0080357_9442278.jpg

本日のナゾ物件。
相当昔に作られた下宿人たちの表札だろうか。
c0080357_9443273.jpg

豆腐屋のツイン煙突。
c0080357_9451665.jpg

ガール、石畳を行く。
c0080357_9452568.jpg

少女たちの長い影が伸び。
c0080357_9453243.jpg

旧宣教師館。
100年以上も前の明治40年(1907)築。
c0080357_9454261.jpg

ポーズをとらされているガール。
c0080357_9455223.jpg

階段の影が初冬だね。
c0080357_946070.jpg

旧宣教師館から今度は新宿方面に向かう。
空き家の階段が途中でなくなっている。
c0080357_946947.jpg

本日は忘年会も兼ねており、百人町のここ「としちゃん」で。
沖縄の料理と泡盛が売りだ。
路地の一角にある、写ガールなじみの店という。
c0080357_9462425.jpg

沖縄の郷土料理「スクガラス」というそうだ。
塩漬けにしたアミアイゴという小魚が、豆腐に乗っている。
おおざっぱに例えると、アンチョビみたいなものかな。 うまいぞ。
わしらは男どもは初めて訪れたのだが、いや~、好い店でした。
ガール、よくぞ見つけたり。
c0080357_9463564.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-12-09 09:54 | 大塚/池袋

R17 Revisited  Desolation Row

国道17号の街を数年ぶりに再訪した。
左側に見える。
c0080357_23243447.jpg

廃墟の店々に紅葉が始まった。
c0080357_23244765.jpg

何年か前に比べ、荒廃がさらに進んでいる。
近づいてみると――、
c0080357_232579.jpg

店の中も草々に覆われ、ガラスを破らんばかり。
しかも、いつ頃のものなのか、枯れ葉と2層になってしまっている。
c0080357_23252247.jpg

美容室。
扉はもはや完全に閉まらないようだ。
公衆電話は不通だろうか。
ひょっとしたら、行ったこともない異国につながり、聞いたこともない言葉が受話器から流れるかもな。
c0080357_23253792.jpg

隣は化粧品店。
c0080357_23254829.jpg

いつのものなのだろう。
ガラス越しに見ると、店の中は商品であふれている。
c0080357_2326170.jpg

さようなら。
c0080357_2326138.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-11-30 23:37 | 滝野川/王子/赤羽

砂町銀座/白河/錦糸町  雨の街で食い、飲む

久しぶりに登場、ショートヘアに変身していっそう美しくなった我らが写ガール。
何をしているところなのか、というと……、
一番下の写真をご覧下さい。
c0080357_10285794.jpg

久しぶりにカメラ仲間が集まり、砂町銀座に繰り出した。
あいにくの雨だが、まずは「鳥光」の焼き鳥に発泡酒で、昼前から勢いをつける。
c0080357_1029814.jpg

ここね。
一番高い「特別焼き鳥」は180円。 房州(千葉県)の地鶏だそうで、柔らかくて美味。
c0080357_10291660.jpg

商店街をブラブラ行く。
洋菓子屋のショーケースは純白の光を放っていた。
c0080357_10293276.jpg

昔は実家(中野)近くの商店街にも、いろんな店があったもんだ。
c0080357_10294837.jpg

c0080357_1030950.jpg

濡れるので気をつけて下さい。
c0080357_1030201.jpg

雨の中、子供がじっと待っている。
この商店街には子供が多い。
c0080357_10303420.jpg

c0080357_10304851.jpg

ひょいと路地に入ると、モノトーンの世界。
c0080357_10305642.jpg

昼メシは、ここ「銀座軒」。
上海焼きそば800円をいただく。
c0080357_10318100.jpg

店の扉には、こんな貼り紙。
c0080357_10311747.jpg

店の横にはニンニクなどが吊されてた。
c0080357_10312791.jpg

一方、こちらはコーヒーの麻袋を利用したコーヒー屋の広告。
c0080357_10313936.jpg

その店「カフェパリドール」で食後のコーヒーを飲む。
ブレンド300円と安いうえに、すんごく美味しい。
なぜか店内には青江三奈の『伊勢佐木町ブルース』や黒沢年男の『時には娼婦のように』などの昭和歌謡が静かに流れている。 好い雰囲気だ。
c0080357_1031561.jpg

砂町銀座を後にして、深川江戸資料館を見物しようということになり、清澄白河駅に向かう。
霊巌寺境内のイチョウが色づいていた。
今年は紅葉が早いね。
c0080357_1032631.jpg

でもって、わたしらとしては珍しく、錦糸町駅前のカラオケ屋へ。
途中、駄菓子屋に寄り、写ガールはストローで膨らませるバルーン(チューブ入り)を買い、カラオケ屋で次々と膨らせて遊んでいた。
写ガール、歌うまし。
c0080357_10321650.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-11-02 10:38 | おまけ

台東  図書館の帰り道

台東区中央図書館からの帰途、久しぶりにこの街を歩く。
路地をいくつか曲がり――、
c0080357_1153786.jpg

トタンの鮮紅にハッとして、見る。
c0080357_11531850.jpg

灰色の中に1点グリーン。
c0080357_11532695.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-10-17 11:53 | 浅草

茅場町~日本橋  謎の地下通路

東京メトロ東西線・茅場町駅の西改札。
ここから日本橋駅に通じる地下通路があるということ知ってた?
兜町に仕事場があった昔、たまたま発見しました。
左奥にちょこっと見えるのが、それ。
c0080357_2251531.jpg

ここから始まる。
ちょうど永代通りの直下を貫いています。
茅場町から日本橋までの地下通路って、どれほど需要があるんだろう。
c0080357_22521075.jpg

通路がさらに深くなっているのは、この上を首都高速都心環状線が走っているためだろう。
人、ほとんど歩いてないね、都心の真ん中なのに。
ちなみに茅場町と日本橋駅は乗り換え駅ではないので、別料金。
c0080357_22524150.jpg

殺風景すぎる、潔いまでに。
なぜ、ここに地下通路が……。
場所柄、証券マンならいつも利用しているだろう、と思いきや、昔、何人かに尋ねたところ、知らない人のほうが多かった。
つまり、この通路を歩くメリットはあまりない、ということでもあるわけだね。
c0080357_2253641.jpg

振り返ると、こんな感じ。
やっぱり、人……いない。
c0080357_22532467.jpg

茅場町からここまで、わずか約170メートル。
日本橋駅が見えてきた。
c0080357_22534117.jpg

通路を抜けると、目の前は都営浅草線・日本橋駅の西馬込方面行きの改札。
フツーに乗降客がいて、フツーに見かける風景だね。
それまでの風景とのギャップがすさまじい。
c0080357_2254436.jpg

改札から振り返る。
何度見ても、この地下通路だけ、ひとけがない。
この通路について東京メトロに確認したが、資料が残っていないという。
c0080357_22542441.jpg

地上に出ると、江戸橋1丁目の交差点。
c0080357_22545097.jpg

再び地下に戻る。
日本橋側の地下通路は3層に分かれ、東西線および銀座線の日本橋駅へと通じている。
ここはB3。
ご存じのように、日本橋側の地下通路はごくフツーに人の往来が激しい
c0080357_2255867.jpg

最後はこうして呉服橋の交差点近くに出る。
茅場町の改札からは延べ約580メートル。
もう一つ謎がある。
ここから大手町駅の地上出口までは目と鼻の先なのに、こちらはなぜか地下でつながっていないのだ(諸説あるが)。
c0080357_22553342.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、暑い盛りの散歩のお伴に!
[PR]
by muffin-man | 2014-07-18 23:00 | 日本橋/人形町

船堀  夏こそカレーだ、ケロケロ!

江戸川区船堀に、ある変わった食べ物を供養する塚だか塔があると聞いて、やって来ました。
食べ物の塚というと、有名なのはここ、築地の波除(なみよけ)稲荷神社。
土地柄、「すし塚」とか、
c0080357_19302123.jpg

「玉子塚」がドーンと。
業界関係者(組合)が、仕事で使う食材などに感謝して建てたもので、ほほえましくも、仕事への愛が伝わってくる。
さすが、築地=いずれも2007年撮影。
c0080357_19303416.jpg

さて、今回訪れたのは、こちら、船堀の法龍寺。
それは門前にある、という。
c0080357_1930591.jpg

「大東亜戦争……」とある。明らかにこれではない。
c0080357_1931954.jpg

手前は地蔵、真ん中は庚申塔。
近づいてみよう。
c0080357_19312912.jpg

なかなか立派な像容だ。庚申塔の青面金剛(しょうめんこんごう)像も保存状態がいい。
が、やはりこれらではない。
どこよ、その塚だか塔って。
c0080357_19314391.jpg

もしかしたら、隣のこれか?
ん? 一番上に丸く描かれているのは……、
c0080357_19315469.jpg

カエルだ!
ケロケロ!
c0080357_1932168.jpg

文字は朽ちているが、かろうじて「食用蛙……」と読める。
なんと、食用カエルの供養塔なのだ。
かつて一帯はハス田や水田ばかりで、食用カエルが自然繁殖し、輸出するほどだった。
戦後も食材として供されたことから、昭和27年(1952)に「東京都食用蛙組合」により、供養塔が建てられたという。
東京都食用蛙組合……。もし組合員のバッジがあるとしたら、当然、カエルをデザインしただろうね、ケロ。
c0080357_19323975.jpg

ところで、食用カエルとはウシガエルのことで、牛よりも低音で「モ~モ~」鳴く。
高校時代、房総半島をチャリで野宿しながら回った時、夜の田んぼでやたら鳴いていたのを今でも覚えている。
このウシガエル、おらは食べたことはないが、大昔はカレーの具材としても重宝された。
20年以上前、札幌農学校(現・北海道大学)時代の学生寮のメニューにレシピが書かれているのを、実際に確認したことがある。
「カエルカレー」だね。リンゴと蜂蜜、それにウシガエル。秀樹、感激!


わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-07-17 19:35 | おまけ

下谷  入谷朝顔市

20年ぶりくらいに行ってみた。
おネエさん、粋だね。
オリンパスのカメラおやじ(左)がバシャバシャ撮る撮る。
あ、ペンタックスおやじのおらもだが。
c0080357_1853267.jpg

すでに午後だったので、満開の花々は、なし。 当たり前だ。
1鉢2000円。
というと一見高そうだが、実は1鉢に4株植えられ、しかもツルは太く、総延長2メートル以上もある。 大変おトクなのよ。
帰宅後、よせばいいのに別の鉢に植え替えたんだが、2メートルどころか、とんでもなく長く、大変だった。
c0080357_1853525.jpg

小学校低学年の夏休み直前、子供たちは学校で育てた朝顔をウチに持ち帰る。
が、たいてい、8月に入ると水やりを忘れ、すっかり枯らしてしまう。
そして晩秋、ふと見ると、しっかりとタネが実っていたりするのだ。
c0080357_185428.jpg

コンテナで次々に鉢が運び込まれる。
8日(火)までです。
c0080357_1854165.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-07-06 18:57 | 三ノ輪/南千住/東日暮里/下谷