タグ:花 ( 197 ) タグの人気記事

都内各所  曼珠沙華、満開

先週の今ごろはまだ1分咲きだったのに、もうこんなになっていた=本日20日(日)。
c0080357_16293321.jpg

上から見ると、こんな感じ(花のエリアには足を踏み入れてません)。
c0080357_16162353.jpg

すごいね、よく見ると、球根がびっしり。
これから、まだまだ咲くよ。
c0080357_16163276.jpg

すぐ近くでは、こんな光景が。
ネットフェンスの向こうからこちら側に茎が伸びている。
曼珠沙華は繊細な姿をしているが、エネルギッシュにどこにでも咲く。
それにしても、近所の人だろうか、倒れないようにロープを渡して丹精してくれて、やさしいね。
c0080357_16175858.jpg

こちらは赤塚公園。
真っ赤な曼珠沙華は遠くからでも分かる。
c0080357_16181030.jpg

こんなふうに小さな群落を作っていた。
c0080357_16182386.jpg

さらば、夏。
振り返ってみると、今夏は猛暑が長続きせず、さほど過酷ではなかったな。
c0080357_16184570.jpg

毎年訪れるここも満開だ。
c0080357_16185372.jpg

秋空にケイトウ。
c0080357_1619149.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-09-20 16:31 | 赤塚公園

都内各所  曼珠沙華1分(未満)咲き

曼珠沙華はまだかいな、とうろうろしてみました。
赤塚公園で見つけた!
たった数輪だが、崖沿いに。
c0080357_934078.jpg

おっと、間違えて梅林に迷い込んでしまった。
c0080357_9341058.jpg

よく行く某所の群生地。
傾斜地を真横から撮っているので、こういう絵柄になる。
満開になると一面が真っ赤に染まるが、まだ数えるほどだった。
c0080357_9342196.jpg

別の場所でも発見。
ぐっと寄ってみた。
左隣で弧を描いているのはミズヒキだろうか。
c0080357_9343383.jpg

ん? ギンナンがもう実っている。
c0080357_9344333.jpg

今度は、ごく微かに匂ってきだぞ。
そう、この時期になると漂い始める、あの香り――金木犀。
よく見ると、まだ蕾(つぼみ)なのに、うす~く香りを放っている。
金木犀はトイレの芳香剤を連想するので苦手なんだが、これくらい微かだと好いね。
香水と同じで、ほんのりと。
c0080357_9345558.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-09-14 09:38 | 赤塚公園

不忍池/千葉市内  梅雨明け

不忍池のハスはまだまだだね。
c0080357_1832486.jpg

というか、朝早く来ないと開花してないそうだ。
c0080357_18325717.jpg

仕方なく、葉っぱを撮ってみる。
c0080357_1833974.jpg

ところ変わって、千葉市内の夕暮れ。
♪か~えり道のブル~♪ なんてね、ストリート・スライダーズの名曲を口ずさんでみる。
c0080357_18332355.jpg

駅前の銀だこで、軽く。
c0080357_18333676.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-07-20 18:38 | 上野/アメ横/御徒町

田端/板橋区蓮根  真っ赤に染まる

本当に久しぶりに自転車でウロウロした。
田端の東覚寺は相変わらず真っ赤だ。
c0080357_1935743.jpg

赤い札が隙間なくペタペタと。
c0080357_19352450.jpg

札の下に隠れているのは、この方々です。
自分の患部と同じ部位に札を貼り、治癒祈願をする。
ドラゴンボールで言えば「魔封波」だね。
c0080357_19353765.jpg

めでたく治癒できたら、お礼に草鞋(わらじ)を奉納する。
それにしても、7年前にお邪魔した時と違い、お堂は新築され、門前の道路も拡幅されていた。
c0080357_19355771.jpg

チャリでウロウロといっても、バシバシ撮ったというわけでもない。
ところ変わって、板橋・蓮根の氷川神社。
ひっそりとした境内に、紫陽花がこんもりと。
c0080357_19363427.jpg

壮大な願い事だな。
ひと様の絵馬をじっくり見る、という悪趣味がおらにはある。
ムシキングはとても微笑ましいが、こちらは切実だ。
c0080357_19364631.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-06-14 19:44 | 滝野川/王子/赤羽

紫陽花  秘密の花園

今日も紫陽花を撮りに出かけた。
c0080357_18351636.jpg

といっても、23区。すぐそばだ。
c0080357_18353679.jpg

あまり知られていない、自分だけの「秘密の花園」。
c0080357_1836775.jpg

近所の人でさえ、たぶん知らない。
c0080357_1836173.jpg

いや、花園というほどでもない。
c0080357_18363796.jpg

花の数は少ない。株は、たかだかこの3~4倍ほど。
c0080357_1837138.jpg

でも、それで十分。
ふと振り返ると、本格カメラじいさんが“順番待ち”しているということもないしな。
c0080357_18373712.jpg

ひっそりと咲いて、ひっそりと枯れていく。
そして、おらは一人ひっそりと撮って、帰る。
c0080357_18375534.jpg

紫陽花は撮り飽きないね。
ありがとう、紫陽花。
c0080357_18381514.jpg

ところで、紫陽花の近くで見つけたこいつは何だろう。
どんな花が咲くのか。
c0080357_1839982.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-06-13 18:42 | 花/虫50㍉マクロ

赤羽西/十条仲原/中十条/王子/大塚ほか  紫陽花@坂と階段の街

梅雨の一日、紫陽花を求めて、坂と階段の街を歩きました=代休の本日10日(水)。
先ずは赤羽西。
c0080357_21112781.jpg

c0080357_21114814.jpg

坂を上り下りして、香取神社。
戦災復興記念碑は昭和35(1960)年建立。
c0080357_21124423.jpg

街を見下ろしながら、ぐだぐだ中のニャン吉。
c0080357_21131258.jpg

水車の坂。
大昔は、この下に水車があったそうだ。
c0080357_21153113.jpg

c0080357_21154240.jpg

今回、赤羽から十条にかけて歩いたのは、この階段を再訪するため。
2年前に初めて訪れ、紫陽花の季節はさぞかし美しい階段なんだろう、と期待したのだが……、
紫陽花の花、少なすぎ。
c0080357_2116108.jpg

よく見ると、葉は繁茂しているのだが、なぜか花芽が少なく、また茎ごと摘まれた痕もあった。
c0080357_21162639.jpg

2年前に比べ、手すりが新設され、階段そのものもコンクリが新しくなっていた。
でも、鬱蒼とした様子は変わりない。
c0080357_21163916.jpg

さらに歩くと、マンションの横に、もっと鬱蒼とした階段。
森閑としている。
高尾山か。
c0080357_21165558.jpg

頂上にたどり着き、振り返ると、右側に赤い鳥居が見えた。
行ってみよう。
c0080357_2117729.jpg

若宮八幡神社。
そうだ、何年か前に違う階段から来たことがある。
c0080357_21172353.jpg

ここにも紫陽花。
c0080357_21173475.jpg

清水坂に下り、環七を越えて、ここ王子稲荷神社。
平日なのに、結構な人出だった。
c0080357_21174688.jpg

でもって、さくら新道。
ほんの数年前までは、平日だと閑散としていたのに、ここもまた人出多し。
いつからにぎやかになったんだろう。
c0080357_2118366.jpg

c0080357_21181123.jpg

どうやって撮っても人が写り込んでしまう。
なので、マクロレンズ投入。
c0080357_21182325.jpg

c0080357_2119449.jpg

c0080357_21184728.jpg

c0080357_21194059.jpg

さて、坂と階段ってことで、王子から都電に乗って、久しぶりに大塚5丁目を訪れる。
紫陽花の代わりに、「マルフク」。
c0080357_21203441.jpg

この井戸、以前は枯れていたが、防災用井戸として、再生されていた。
c0080357_21204566.jpg

最後は、紫陽花の巨木を。
まだ満開ではないが。
c0080357_2120883.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-06-10 21:34 | 滝野川/王子/赤羽

千葉・市川  バラの香りにむせかえる

江戸川にほど近い里見公園。
バラが見ごろです。
c0080357_919558.jpg

この日は京成線を柴又駅で下車し、柴又帝釈天をお参りしてから、江戸川に向かいました。
河川敷で缶ビールを飲みながらボーッとした後「矢切の渡し」で千葉側(松戸)に渡ったのでした。
この季節は何度も訪れている
5月は好いよ
c0080357_9201079.jpg

土手沿いに下ると、ここ里見公園。
園内はバラの香りで靄(もや)っていたよ。
c0080357_9202079.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-05-24 09:24 | おまけ

アジサイ/トケイソウ  0.5分咲き

王子さくら新道にて。
ガクアジサイです。
c0080357_18133038.jpg

上から見ると、こんな感じ。
なんだか神経細胞の模型みたいだね。
c0080357_18134166.jpg

c0080357_18135588.jpg

横から見る。
c0080357_1814829.jpg

今回はすべて90ミリマクロレンズを使用。
というのも、まだ1分咲きにも満たない「0.5分咲き」程度なのだ。
c0080357_18142243.jpg

これも圧縮効果でいっぱい咲いているように見えるだけ。
c0080357_18143183.jpg

さて、ところ変わって、こんな奇妙な花を発見。
トケイソウというそうです。
c0080357_1814582.jpg

横から見る。
映画『未知との遭遇』(1978年)に登場した「マザーシップ」(巨大UFO)を連想する。
c0080357_1815883.jpg

下のは、つぼみ。
c0080357_18151933.jpg

まさに開花せんとするところ(右下)。
先端の黒いのが触角に似ている。エグいな。
完全に開花する前に、外界の様子をうかがっていたりして。
c0080357_18153453.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-05-21 18:18 | 花/虫90㍉マクロ

上野桜木/谷中  崖上の初夏

寛永寺の八重桜です。
c0080357_183057.jpg

満開。
見事だね。
c0080357_1831452.jpg

おまけに、もう1枚。
八重桜も「春の花」なのだろうが、どうも「初夏の花」というイメージだ。
ソメイヨシノがすっかり散ってしまった後に、主役が交代するかのように登場するからだろうな。
c0080357_1832534.jpg

谷中は天王寺の地蔵堂。
新緑の季節だね。影も何となく初夏っぽい。
c0080357_183406.jpg

谷中霊園の大銀杏。
秋には、こんなになるよ
c0080357_1835114.jpg

寛永寺も谷中霊園も、崖の上にある。
崖上の街では、しばしば階段に出くわす。
c0080357_184413.jpg

ほら、ここにも。
c0080357_1842011.jpg

この六角堂は、いつ建ったのだろう。
少なくとも2年前にはなかった。
c0080357_1843046.jpg

眼下を走るは、山手線や京浜東北線など。
手前の桜が満開の頃や秋の写真は、こちら(4枚手前のリンク先と同じです)。
c0080357_1844568.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-04-18 18:17 | 根津/谷中/千駄木

板橋・赤塚公園  ニリンソウ群落

今が盛りのニリンソウ。
自生地としては都内最大という。
c0080357_12262841.jpg

すごいね。
c0080357_12263847.jpg

案内板によると、1978年に自然観察会のグループによって群落が発見され、以来、ボランティアが長年にわたり保護・保全活動を続けてきて、この姿があるそうだ。
c0080357_12264651.jpg

キンポウゲ科。
花びらに見えるのは、実は萼(がく)が発達して大きくなったもの。
1カ所から2~3輪の茎を伸ばすので、ニリンソウの名がついた。
c0080357_12265670.jpg

この写真からも、3輪伸びている様子が分かる。
c0080357_1227434.jpg

可憐だね。
ニリンソウは板橋区の花であり、区のマスコットキャラクター「りんりんちゃん」のモチーフでもある。
ちなみに、自生地は立ち入り禁止。
最後の3枚は、柵の近くに咲いていた花を一脚&マクロレンズで撮ったんだが、久しぶりのアクロバットな撮影で、エラく疲れた。
c0080357_12271567.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-04-15 12:34 | 赤塚公園