タグ:花 ( 191 ) タグの人気記事

雑司が谷/赤塚公園  噴火口問題

久しぶりに肛門を見てもらった。
とても恥ずかしいポーズで。
いや、医者に診てもらったのだ。
c0080357_9202938.jpg

痔主だ。
高校時代、痔を理由に北海道への修学旅行を休んだ。
大学に入ってからも、何度か病院に駆け込んだ。
まだウォシュレットなどない時代、洗面器に湯を張って洗ったこともある。
c0080357_9204627.jpg

卒業後は静かにしてくれていたが、ここ数年、“噴火活動”がなぜか活発になってきた。
痛い、というより、かゆい。
かゆみはどんどん増し、職場で仕事していても火口および周辺がムズムズするようになった。
さすがにヤバいと思い、ネットで病院を探し、行った。
c0080357_920567.jpg

痔ではなかった。
診察すること、わずか1分弱、「あー、湿疹のひどいやつですね」と言われた。
いや、どっちでもいい。
症状は若い頃と変わらないんだから。
処方された軟膏を塗ったところ、かゆみはとりあえず治まった。
どうか、このまま暴れずにいてくれますように。
以上、写真=いずれも4日(金)撮影=とは全く関係ない話でした。
c0080357_921791.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-12-05 09:22 | 大塚/池袋

駒込/王子/赤塚公園  三叉路の12体

三叉路に建つ「十二地蔵」。
左右のどちらに進んでも染井霊園に通じている。
三叉路に地蔵が多いのは、なぜなのだろう。
c0080357_206013.jpg

北区の公式サイトには、享保15(1730)年の大火による犠牲者の冥福を祈るために建てられた、とあるが、この年に江戸に大火の記録はない。
享保2年(1717年)1月、100人以上の死者を出した小石川の火事のことだろうか。
地蔵は上下に6体ずつ計12体彫り込まれているが「12」の意味は不明だ。
c0080357_2061315.jpg

左右の道は、裏手のこの路地でつながっている。
c0080357_2065830.jpg

あてどもなく歩く。
王子駅そばの音無橋。
この後、明治通り沿いの「東京ラーメン つなふじ」にて、ラーメン&半チャーハン650円を食す。
ふと入った店だが、どちらもうまし。かなり幸せな気分になる。
c0080357_207760.jpg

こちらは都立赤塚公園。
黄葉のピークまで間もなくだね。
向こうの道がビミョーに坂になっている。
c0080357_2072367.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-11-23 20:10 | 滝野川/王子/赤羽

秋の奥多摩/青梅/西早稲田  紅葉はまだピークじゃない

1年ぶりに秋の奥多摩路をサイクリング=代休の5日(木)。
今回も奥多摩駅そばの「TREKKLING」でクロスバイクを借りる。
運良く快晴だわい。行くど!
c0080357_23241192.jpg

自転車を漕ぎ始めて間もなく、白丸トンネル(青梅街道)の脇を走る旧道に数馬隧道(かずまずいどう)が現れる。
素掘りのトンネルだ。
c0080357_23243367.jpg

車両通行禁止のため、自転車でゆっくりと隧道を抜けると――、
c0080357_23244433.jpg

本日は「数馬の切り通し」を訪れたいと思っていた。
このあたりのようなのだが、これは入口だろうか。
手すりは旧道沿いに意味もなくあるだけで、石の階段沿いにはない。
かなり急で危険な道なき道を行くはめに。
c0080357_2325036.jpg

ずいぶん高いところまで上ってきた。
手すりがあるので目的地は近いのか、と思いきや、この先は行き止まりだった。
仕方ないので、山道を戻る。
c0080357_23272552.jpg

薄暗い山中を行く。
不安になってきた。
c0080357_23273893.jpg

お、案内板があったぞ。
切り通しの開削は元禄の頃、と書かれている。
さらに「向かい側に宝暦年間の供養碑がある」という。
向かい側だと?
c0080357_23275542.jpg

振り返ると、おお、これぞ供養碑。
そして、この先が数馬の切り通しか?
c0080357_23281495.jpg

おお、まさに!
c0080357_23282485.jpg

反対側から撮ると、こんな感じ。
c0080357_23283349.jpg

で、来たときの道と異なる道を下りていくと、こんな道しるべが。
なんだよ、要するに本来の入口ではないところから入ったわけか。
それにしても、平日のせいか、ここまで誰一人すれ違うことなく来た。
c0080357_2329092.jpg

気を取り直して、メシにしよう。
ロケーション抜群でよく行った「アースガーデン」はいつの間にか、蕎麦などのメニューが消え「お肉カフェ」に変身したとのことなので、釜飯に変更。
青梅街道沿いの「鳩の巣釜めし」にて、きのこ釜めしセット1,500円などを注文。
うまいっ! ボリュームも文句なし。また来るでござんすよ。
c0080357_23291320.jpg

数馬橋から多摩川を望む。
c0080357_2330396.jpg

雲仙橋から遠望できるはJR青梅線。
c0080357_23301918.jpg

雲仙橋を渡ってしばらく行くと、こんなところに庚申塔。
路地の入口に、きれいに祀られていた。
c0080357_23303078.jpg

何だかよく分からん花の壁の前にて。
c0080357_23303768.jpg

御岳橋上から。
今年の紅葉は例年より早い、とみていたが「紅葉度」は意外にも6~7割といったところか。
全く色づいていないカエデも少なくなかった。
c0080357_2330491.jpg

御嶽駅近くで。
何度も通っても好い田舎道だ。
c0080357_2331421.jpg

柚がいたるところに。
c0080357_23311035.jpg

澤乃井園そばの楓橋。
昨年11月8日に撮った写真は、こちら
ほぼ同じ時期だが、昨秋のほうが紅葉が深い。
それでも、今年も奥多摩の秋を満喫したね。
c0080357_23311947.jpg

でもって、青梅駅へひたすらペダルを漕いだ。
駅近くにはこんな店々が並んでいる。
c0080357_23312887.jpg

c0080357_23313734.jpg

電車の中で爆睡しながら高田馬場まで戻り、西早稲田へテクテク歩く。
明治通り沿いで赤提灯に誘われ、本日終了。
c0080357_23314724.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-11-05 23:35 | おまけ

飯給駅/上総鶴舞駅  秋の小湊鉄道

写真仲間が集まり、久しぶりの遠足です。
お着物で参戦の写ガールに、わしらおっさんたちは狂喜乱舞。
さて、彼女が車窓越しに手を振っている、この鉄道は――、
c0080357_11245718.jpg

ご存じ、小湊鉄道。
3年前にも乗った。2年前にも乗った。
c0080357_11251940.jpg

今回もフリー乗車券を使った。
c0080357_11253197.jpg

沿線に広がる秋の田園風景。
と言いたいところだが、青々としているね。
c0080357_11253988.jpg

飯給(いたぶ)駅。
案山子(かかし)がお出迎え。
c0080357_11263645.jpg

まるで小屋のような駅舎。
無人駅です。
駅のまわりは桜の木が多い。春は観光客やカメラ野郎たちでにぎわうんだろうね。
c0080357_11265327.jpg

ここもまた田園。
c0080357_1127199.jpg

ホームから外れたところに、黒い板塀で囲われた一角が。
何だろう。
c0080357_11271785.jpg

中に入ると、中央に白い物件がある。
写ガールに座ってもらった。
c0080357_1129231.jpg

トイレなのだ。
気持ちいいほど青空に映える便器。
c0080357_11291389.jpg

近くの白山神社では、柿がもう色づいている。
都内より早いね。
c0080357_112947100.jpg

撮ったり、撮られたり。
c0080357_1129581.jpg

すっかり秋だね。
c0080357_11301348.jpg

陽だまりの美女。
c0080357_11302798.jpg

上総鶴舞(かずさつるまい)駅に移動。
曼珠沙華は終わっていたが、コスモスが満開だった。
c0080357_11303791.jpg

c0080357_11305192.jpg

待合室に掲げられたポスター。
いちはら観光PR特使の五木あきらさん。有名人だそうだ。
いや、注目してほしいのは彼女ではなく、右上の緑色の物体。
カエルです。
c0080357_1131752.jpg

なぜか、この駅にはカエルが多い。
近くに池や沼なんて見当たらないのに。
c0080357_11312046.jpg

ギンナンならいっぱい落ちていたが。
c0080357_11312938.jpg

この駅も無人駅。
c0080357_11314672.jpg

ホームにて。
c0080357_11321651.jpg

遠足終了。
JRで都心部に戻り、大久保駅近くの「としちゃん」で反省会。
こちらは沖縄焼きそば(手前、500円)とオムソバ(600円)。
次の遠足は、紅葉の檜原村(ひのはらむら)に決定。
c0080357_1132255.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-10-04 11:40 | おまけ

都内各所  曼珠沙華、満開

先週の今ごろはまだ1分咲きだったのに、もうこんなになっていた=本日20日(日)。
c0080357_16293321.jpg

上から見ると、こんな感じ(花のエリアには足を踏み入れてません)。
c0080357_16162353.jpg

すごいね、よく見ると、球根がびっしり。
これから、まだまだ咲くよ。
c0080357_16163276.jpg

すぐ近くでは、こんな光景が。
ネットフェンスの向こうからこちら側に茎が伸びている。
曼珠沙華は繊細な姿をしているが、エネルギッシュにどこにでも咲く。
それにしても、近所の人だろうか、倒れないようにロープを渡して丹精してくれて、やさしいね。
c0080357_16175858.jpg

こちらは赤塚公園。
真っ赤な曼珠沙華は遠くからでも分かる。
c0080357_16181030.jpg

こんなふうに小さな群落を作っていた。
c0080357_16182386.jpg

さらば、夏。
振り返ってみると、今夏は猛暑が長続きせず、さほど過酷ではなかったな。
c0080357_16184570.jpg

毎年訪れるここも満開だ。
c0080357_16185372.jpg

秋空にケイトウ。
c0080357_1619149.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-09-20 16:31 | 赤塚公園

都内各所  曼珠沙華1分(未満)咲き

曼珠沙華はまだかいな、とうろうろしてみました。
赤塚公園で見つけた!
たった数輪だが、崖沿いに。
c0080357_934078.jpg

おっと、間違えて梅林に迷い込んでしまった。
c0080357_9341058.jpg

よく行く某所の群生地。
傾斜地を真横から撮っているので、こういう絵柄になる。
満開になると一面が真っ赤に染まるが、まだ数えるほどだった。
c0080357_9342196.jpg

別の場所でも発見。
ぐっと寄ってみた。
左隣で弧を描いているのはミズヒキだろうか。
c0080357_9343383.jpg

ん? ギンナンがもう実っている。
c0080357_9344333.jpg

今度は、ごく微かに匂ってきだぞ。
そう、この時期になると漂い始める、あの香り――金木犀。
よく見ると、まだ蕾(つぼみ)なのに、うす~く香りを放っている。
金木犀はトイレの芳香剤を連想するので苦手なんだが、これくらい微かだと好いね。
香水と同じで、ほんのりと。
c0080357_9345558.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-09-14 09:38 | 赤塚公園

不忍池/千葉市内  梅雨明け

不忍池のハスはまだまだだね。
c0080357_1832486.jpg

というか、朝早く来ないと開花してないそうだ。
c0080357_18325717.jpg

仕方なく、葉っぱを撮ってみる。
c0080357_1833974.jpg

ところ変わって、千葉市内の夕暮れ。
♪か~えり道のブル~♪ なんてね、ストリート・スライダーズの名曲を口ずさんでみる。
c0080357_18332355.jpg

駅前の銀だこで、軽く。
c0080357_18333676.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-07-20 18:38 | 上野/アメ横/御徒町

田端/板橋区蓮根  真っ赤に染まる

本当に久しぶりに自転車でウロウロした。
田端の東覚寺は相変わらず真っ赤だ。
c0080357_1935743.jpg

赤い札が隙間なくペタペタと。
c0080357_19352450.jpg

札の下に隠れているのは、この方々です。
自分の患部と同じ部位に札を貼り、治癒祈願をする。
ドラゴンボールで言えば「魔封波」だね。
c0080357_19353765.jpg

めでたく治癒できたら、お礼に草鞋(わらじ)を奉納する。
それにしても、7年前にお邪魔した時と違い、お堂は新築され、門前の道路も拡幅されていた。
c0080357_19355771.jpg

チャリでウロウロといっても、バシバシ撮ったというわけでもない。
ところ変わって、板橋・蓮根の氷川神社。
ひっそりとした境内に、紫陽花がこんもりと。
c0080357_19363427.jpg

壮大な願い事だな。
ひと様の絵馬をじっくり見る、という悪趣味がおらにはある。
ムシキングはとても微笑ましいが、こちらは切実だ。
c0080357_19364631.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-06-14 19:44 | 滝野川/王子/赤羽

紫陽花  秘密の花園

今日も紫陽花を撮りに出かけた。
c0080357_18351636.jpg

といっても、23区。すぐそばだ。
c0080357_18353679.jpg

あまり知られていない、自分だけの「秘密の花園」。
c0080357_1836775.jpg

近所の人でさえ、たぶん知らない。
c0080357_1836173.jpg

いや、花園というほどでもない。
c0080357_18363796.jpg

花の数は少ない。株は、たかだかこの3~4倍ほど。
c0080357_1837138.jpg

でも、それで十分。
ふと振り返ると、本格カメラじいさんが“順番待ち”しているということもないしな。
c0080357_18373712.jpg

ひっそりと咲いて、ひっそりと枯れていく。
そして、おらは一人ひっそりと撮って、帰る。
c0080357_18375534.jpg

紫陽花は撮り飽きないね。
ありがとう、紫陽花。
c0080357_18381514.jpg

ところで、紫陽花の近くで見つけたこいつは何だろう。
どんな花が咲くのか。
c0080357_1839982.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-06-13 18:42 | 花/虫50㍉マクロ

赤羽西/十条仲原/中十条/王子/大塚ほか  紫陽花@坂と階段の街

梅雨の一日、紫陽花を求めて、坂と階段の街を歩きました=代休の本日10日(水)。
先ずは赤羽西。
c0080357_21112781.jpg

c0080357_21114814.jpg

坂を上り下りして、香取神社。
戦災復興記念碑は昭和35(1960)年建立。
c0080357_21124423.jpg

街を見下ろしながら、ぐだぐだ中のニャン吉。
c0080357_21131258.jpg

水車の坂。
大昔は、この下に水車があったそうだ。
c0080357_21153113.jpg

c0080357_21154240.jpg

今回、赤羽から十条にかけて歩いたのは、この階段を再訪するため。
2年前に初めて訪れ、紫陽花の季節はさぞかし美しい階段なんだろう、と期待したのだが……、
紫陽花の花、少なすぎ。
c0080357_2116108.jpg

よく見ると、葉は繁茂しているのだが、なぜか花芽が少なく、また茎ごと摘まれた痕もあった。
c0080357_21162639.jpg

2年前に比べ、手すりが新設され、階段そのものもコンクリが新しくなっていた。
でも、鬱蒼とした様子は変わりない。
c0080357_21163916.jpg

さらに歩くと、マンションの横に、もっと鬱蒼とした階段。
森閑としている。
高尾山か。
c0080357_21165558.jpg

頂上にたどり着き、振り返ると、右側に赤い鳥居が見えた。
行ってみよう。
c0080357_2117729.jpg

若宮八幡神社。
そうだ、何年か前に違う階段から来たことがある。
c0080357_21172353.jpg

ここにも紫陽花。
c0080357_21173475.jpg

清水坂に下り、環七を越えて、ここ王子稲荷神社。
平日なのに、結構な人出だった。
c0080357_21174688.jpg

でもって、さくら新道。
ほんの数年前までは、平日だと閑散としていたのに、ここもまた人出多し。
いつからにぎやかになったんだろう。
c0080357_2118366.jpg

c0080357_21181123.jpg

どうやって撮っても人が写り込んでしまう。
なので、マクロレンズ投入。
c0080357_21182325.jpg

c0080357_2119449.jpg

c0080357_21184728.jpg

c0080357_21194059.jpg

さて、坂と階段ってことで、王子から都電に乗って、久しぶりに大塚5丁目を訪れる。
紫陽花の代わりに、「マルフク」。
c0080357_21203441.jpg

この井戸、以前は枯れていたが、防災用井戸として、再生されていた。
c0080357_21204566.jpg

最後は、紫陽花の巨木を。
まだ満開ではないが。
c0080357_2120883.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-06-10 21:34 | 滝野川/王子/赤羽