タグ:花 ( 191 ) タグの人気記事

荒川/江戸川/荒川  70キロ限界説

3週続けて愛チャリ「あらかわ6号」を駆り、荒川河川敷に繰り出した=本日22日(日)。
この日は、本当に久しぶりに走行距離が70キロを超えた。
が、おらの体力ではこのへんが限界だ。
それに、距離を稼ごうとすると、風景がろくに目に入らず、結果、撮影の機会が激減する。
c0080357_21393954.jpg

千住の「虹の広場」に埋め込まれた「荒川の生きものたち」のタイル。
ザッパじゃないよ、サッパだよ。
汽水域に生息し、酢漬けが美味だそうだ。

ところで、今日の東京の最高気温は29度。
でも、真夏と違って湿気がないので、風が気持ちいい。
c0080357_2139531.jpg

四ツ木橋から水戸街道をひたすら行き、江戸川を目指す。
新葛飾橋を渡り、千葉県側に出ると、風景が一変する。
おなじみ松戸市の矢切(やきり)に広がる麦畑。
この「一変する風景」を今日も見たくて、ペダルを漕いできた。
c0080357_2140984.jpg

でもって、江戸川左岸(千葉県側)をどんどん東京湾方面へ行く。
あとはテキトーにチャリを漕ぎ、葛西橋から荒川に戻る。
平井運動公園ではポピーが満開だ。
うしろにわずかに見えるのはJR総武線。
c0080357_21402135.jpg

c0080357_21404134.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-05-22 21:44 | 荒川

都立赤塚公園ほか  オアシス

この公園の南側には原生林のような森があったり、崖や湧水があったりして、いい感じなのだ。
特に新緑の季節はオアシスだね。
c0080357_1854558.jpg

c0080357_1855565.jpg

c0080357_18552049.jpg

公園の周辺でも、23区内とは思えない風景にお目にかかれる。
私道っぽい石段が突然現れ、
c0080357_18553170.jpg

上ってみると、行き止まりかと思いきや、
c0080357_18554051.jpg

今度は下りの階段が現れる。
一帯の激しい高低差がおらを魅了する。
c0080357_18555389.jpg

路傍のシャガ(アヤメ科)を撮りつつ行くと、土の坂道の片側が竹林になっていて、
c0080357_1856032.jpg

c0080357_18562921.jpg

タケノコ!
c0080357_18563823.jpg

こんな看板で注意喚起するほど、ニョキニョキ生えているのだ。
c0080357_18564829.jpg

ぐるぐると歩きまわり、坂道を下りていくと、向こうに大きなケヤキが見えてきた。
さあ、帰ろうか。
c0080357_18565790.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-04-24 18:58 | 赤塚公園

都立赤塚公園  今年もニリンソウ

すでに新緑。
季節がめぐるのが毎年早く感じる。
c0080357_18413058.jpg

崖沿いの湿地にニリンソウが群生している。
黄色いのはヤマブキソウ。
c0080357_1842719.jpg

c0080357_18422322.jpg

可憐だね。
虫もやって来た。
c0080357_18423175.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-04-17 18:43 | 赤塚公園

都立赤塚公園/中野区弥生町/赤羽  また来年

風雨の強い日もあったが、今年の桜は頑張った。
とはいえ、さすがにそろそろ終幕。
ここ都立赤塚公園でも、すっかり葉桜になってる。
スカッと晴れ渡った日は数えるほどだったね=以下、4月9日(土)。
c0080357_11581175.jpg

新緑の季節が始まった。
早いね。
c0080357_11582013.jpg

c0080357_11583690.jpg

こちらは、実家に近い神明氷川神社(中野区弥生町)。
c0080357_1158439.jpg

c0080357_11585159.jpg

赤羽北から赤羽台の桜並木=以下、本日10日(日)。
c0080357_1159081.jpg

ソメイヨシノに代わり、八重桜が咲き始めた。
c0080357_11592868.jpg

この桜並木は、いつもタイミングが合わず、ピークを撮り損ねてしまう。
来年こそ。
c0080357_11594061.jpg

ヤナギも青々と。
c0080357_11595624.jpg

赤羽駅近くの飲み屋街。
右の店は有名なモツ焼き屋だ。
いつも並んでいるので、くじけて入ったことがない。
c0080357_120499.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-04-10 12:02 | 滝野川/王子/赤羽

館山  磯玉登場

春を味わいに洲埼(すのさき)灯台を訪れた。
3年ぶりだが、もう何度も来ているので、久しぶりという気がしない。
凡庸な腕前ゆえ、以前撮ったアングルと同じになってしまう。
c0080357_23162748.jpg

c0080357_2317793.jpg

洲埼栄浦港が見える。
c0080357_23171687.jpg

観光地っぽくなく、ひなびた風情が残っている。
静かな路地。6年前も撮った
c0080357_23173394.jpg

海に続いている。
c0080357_23174814.jpg

ほら。
砂浜ではないので、足下はかなり滑る。
c0080357_23181253.jpg

振り返ると、洲埼灯台。
c0080357_23182816.jpg

再び灯台まで戻り、おなじみ森田屋商店で自家製ところてんをいただく。
近くの浜で採れたテングサが使われている。
今回は赤いゼリー付き。
ちなみに、グラスのイラストは、懐かしいサントリーのペンギン。
c0080357_23191178.jpg

こちらも地元産の、ひじき。
c0080357_23193671.jpg

店のおかあさんはいつも気前がよく、この日はこれをご馳走してくれた。
通称・磯玉(いそだま)。
正式にはクボガイというそうだ。
東京のスーパーなどでは見たことがない。
初めて食べた。うまい!
c0080357_23195595.jpg

手前がテングサ、奥がひじき。
c0080357_2320664.jpg

さて、幸せな気分になったところで、また歩きだそう。
矢尻の井戸。説明省略。
c0080357_23201597.jpg

青空と売地。
c0080357_23202364.jpg

廃屋となってしまった別荘?
c0080357_23203290.jpg

路傍の地蔵さんたちに立派な生花が手向けられていた。
やさしい人が住んでいるんだね。
c0080357_23204599.jpg

坂田(ばんだ)。
海水浴場がある。
c0080357_23214130.jpg

c0080357_23215990.jpg

c0080357_23221265.jpg

館山で死にたい。
c0080357_23222084.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-04-01 23:29 | おまけ

横十間川/小名木川/仙台堀川  春の光

川沿いに歩いてみた=25日(金)。
横十間川に架かる大島橋。その橋脚。
c0080357_2138942.jpg

小名木川と交わる小名木川クローバー橋から。
c0080357_21384266.jpg

c0080357_21392891.jpg

c0080357_21393759.jpg

c0080357_21394831.jpg

仙台堀川沿いに北上する。
c0080357_21395871.jpg

桜まつりが21日から開かれているが、まだ1分も咲いていない。
c0080357_2140660.jpg

一方、こちらは都立赤塚公園。
5分も咲いていないが、青空をバックにすると、華やかに見える。
c0080357_21401527.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-03-25 21:41 | 赤塚公園

飛鳥山公園/都立赤塚公園  花冷え

飛鳥山公園では、花壇の向こうに桜=24日(木)撮影。
といっても、ソメイヨシノではなく、早咲きの小彼岸桜(こひがんざくら)。
c0080357_2358451.jpg

桜かどうかも不明。
鮮やかな色だね。
c0080357_2358154.jpg

花見シーズンに向け、園内ではすでに仮設トイレや提灯なども設営されていたが、全体的にはまだまだこんな状態。
c0080357_23583664.jpg

仕方ないから、象でも撮るか。
デカくて、リアルだね。
それにしても、寒い。
今日は真冬並みだってよ。
c0080357_23584758.jpg

こちらは都立赤塚公園。
2分咲き。
都内の開花状況は、まだら模様だね。
c0080357_23591628.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-03-25 00:01 | 滝野川/王子/赤羽

一ツ橋  開花宣言

出勤途中に撮影。
しだれ桜。いつもソメイヨシノよりも開花がちょっと早い。
c0080357_8191519.jpg

こちらはソメイヨシノ=いずれも開花宣言が出た昨日21日(月)撮影。
c0080357_8192525.jpg

c0080357_8193935.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-03-22 08:21 | 花/虫90㍉マクロ

クリスマスプレゼント、自分に

間もなく終了する『春画展』。
前期も後期も鑑賞したが、まだまだ食い足りん!と、図録も買ってしまった。
厚さ6センチ、4000円。
自分へのクリスマスプレゼントだ。
c0080357_21474433.jpg

月岡雪鼎(つきおか・せってい)。
この人の春画(の複製ながら)を手元に置いておきたいと思ったのだ。
とりわけこの1枚は、女の髪の乱れた様子や、男と女の指の絡み具合がたまらん。
女の着物がキュートだが、お歯黒を施しているから、人妻だね。
写していない下半身は、もちろんエグい。
メリークリスマス!
c0080357_21475686.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-12-20 21:50 | おまけ

館山  紅葉狩りのつもりが……

房総半島は関東の中でも紅葉が遅いと聞き、出かけました。
JR内房線車中の朝食は、これ、「トンかつ弁当」と「常春の国 房州 菜の花弁当」。
小さいので、男らしく一気食いだ。
それにしても、どうよ、この昭和なパッケージ。
c0080357_23231158.jpg

紅葉狩りといっても、これといった目的地があるわけではなく、何となく館山駅から路線バスに乗り、4月にも訪れた「安房自然村」に向かう。
撮影には目もくれず、ひたすら温泉につかる。
こちらは、1つ手前の布良(めら)停留所。
c0080357_911178.jpg

その後、3年前の房総チャリンコ旅でも来た「あさみ」にて昼食。
c0080357_23232678.jpg

刺身定食、うんまいど。
c0080357_23233579.jpg

またしても紅葉を無視して、犬石停留所で美女を撮らせてもらう。
こういう田舎の停留所は好いよ。
c0080357_23234686.jpg

そこの君、悔い改めよ!
いや、おらもだが。
その隣の「まさかのときは三和仏商」は最後の写真にも出てくる。
c0080357_23235516.jpg

停留所から見た空は澄んでいた。
c0080357_2324365.jpg

館山駅前のバス待合室。
ほら、ここにも「まさかのときは……」の看板が。
ほんでもって結局、この日の紅葉写真はゼロ。
温泉と刺身定食で満足してしまった一日だった。
c0080357_23241143.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-12-07 23:29 | おまけ