タグ:羅漢 ( 8 ) タグの人気記事

埼玉・寄居  五百羅漢・初夏篇その2

新緑が濃くなってきた=快晴の子どもの日(金)撮影。
c0080357_21332580.jpg
深山に羅漢さま、ひっそりと。
c0080357_21334999.jpg
山田はん、頭になんか付いてはりますよ。
c0080357_21341034.jpg
あら、いやだ。
c0080357_21342995.jpg
あー、鳥の糞はもう勘弁してください。
c0080357_21344334.jpg
ツタがからまっちゃって。
誰か助けて。
c0080357_21345842.jpg
ところで、靴はいらんかね。
c0080357_21353285.jpg
うーん。
c0080357_21355103.jpg
後ろ姿・その1
c0080357_21361307.jpg
後ろ姿・その2
c0080357_21362442.jpg
後ろ姿・その3
c0080357_21363892.jpg
剃り残しなし。
c0080357_21365294.jpg
五百羅漢にお別れして、少林寺の参道を下っていくと、ツツジが満開だった。
ドラちゃんもいい味出してる。
c0080357_21370815.jpg
参道の端まで来て、ふと見ると、立派な庚申塔があった。
c0080357_21372404.jpg
どれどれと、一角に足を踏み入れると、いたるところに庚申塔が。
c0080357_21391300.jpg
小さな丘が見えてきた。
頂上に巨石と、何やら碑がある。
近くまで上ってみよう。
c0080357_21393870.jpg
デカい。
しかも、微妙なバランスを保っているようで、大地震の際は大変なことになるような気がするんだが。
おしまい。
c0080357_21402743.jpg

[PR]
by muffin-man | 2017-05-05 21:42 | おまけ

埼玉・寄居  五百羅漢・初夏篇その1

少林寺の五百羅漢を拝みたくて、3年半ぶりに訪れた=快晴の子どもの日(金)。
最寄り駅の秩父鉄道・波久礼(はぐれ)駅。
「クマに注意!!」のチラシが置いてあった。
五百羅漢への登山道はここから約2.5キロ先だ。
c0080357_19493323.jpg
自生の藤がちょっとしたトンネルを作っている。
c0080357_19500499.jpg
こちらは丹精された藤。
板塀からあふれ、影をつくっている。
c0080357_19495434.jpg
噴火? 山火事?
いいえ、ただの飛行機雲です。
手前は1954年(昭和29)竣工の円良田湖(つぶらだこ)。ダムです。
c0080357_19502698.jpg
登山道を上り、頂から下っていくと、いらっしゃるいらっしゃる=以下、順不同。
c0080357_19511072.jpg
c0080357_19514662.jpg
難しい顔の羅漢さまがいるかと思えば、
c0080357_19520678.jpg
心和む表情の羅漢さまも。
c0080357_19523464.jpg
c0080357_19522599.jpg
c0080357_19524916.jpg
林の陰にもおわします。
c0080357_19531384.jpg
あー、肩こった。
c0080357_19534426.jpg
あたしも。
c0080357_19544227.jpg
あたしゃ腕が。
c0080357_19542823.jpg
わたしなんざ、心の臓がキリキリと……。
c0080357_19553181.jpg
子ども、できちゃった。
c0080357_19554541.jpg
みなさん、大変ね。
つづくよ。
c0080357_19560428.jpg

[PR]
by muffin-man | 2017-05-05 20:01 | おまけ

茨城・稲敷  竹林と桜花の五百羅漢

五百羅漢がいらっしゃると聞き、JR常磐線と路線バスを乗り継ぎ、瑞祥院にお邪魔しました=代休の本日31日(月)。
寺の裏山に安置されているいう。 ふもとの階段で迎えて下さった。
c0080357_19471937.jpg

鬱蒼と、竹林。
ここを抜けると頂上で、そこに羅漢さんが……見えてきた。
c0080357_19473035.jpg

わ、さすがにスゴい数。
c0080357_19474658.jpg

整然と。
c0080357_19494113.jpg

竹林に向かって。
c0080357_1949539.jpg

東京都心は昨日、桜が満開となったが、ここではまだ6分咲き。
c0080357_1950129.jpg

それでも、羅漢をやさしく彩る。
c0080357_19501011.jpg

えへへ。
c0080357_19501841.jpg

小野川が望める。 その先は霞ヶ浦だ。
直線距離だと、上野から約56キロ。
というと近そうだが(実際、チャリでもこの距離なら楽チン)、あくまでそれは机上の話。
実際には、JR常磐線・土浦駅からバスで延々50分もかかった。
c0080357_1950259.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-03-31 19:52 | おまけ

埼玉・久喜  平成羅漢

文永2年(1265)創建の定福院。
歴史の古さもさることながら「平成羅漢」の寺として知られているそうです。
なんと、自分の手で羅漢を彫ってしまおうという人たちが集まるのだ。
まずは、石に下絵を描くことから始まる。
c0080357_1232291.jpg

彫る、彫る、彫る。
c0080357_1253816.jpg

活動は26年前に始まり、これまで造られた羅漢さんは実に800体超。
こちら、羅漢さんの集会だね。
ウクライナ、どうなるのか。
c0080357_1262735.jpg

境内には庵(いおり)もある。
茶を飲んだり、餅を焼いたりと、囲炉裏を囲んで一息入れるのが、皆さんのもう一つのお楽しみです。
c0080357_1264212.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!

リコー学部・学外展「女神と4人の従者たち」、根津でやってるよ!
[PR]
by muffin-man | 2014-03-02 03:51

箱根4  ポーズ!

羅漢さまは変幻自在。いろんなポーズをとってらっしゃる。
「あ、いらっしゃいませ」
c0080357_1222661.jpg

「グッジョブ!」
c0080357_12222768.jpg

「OK。上出来だよ」
c0080357_1223557.jpg

「いてて、耳かむなよ。血が出る、血が」
c0080357_12232034.jpg

サザエさんが驚いた時のポーズ。
c0080357_12233455.jpg

「よっ、聖火ランナーに選ばれた時に備えて練習じゃ」
c0080357_122432.jpg

「あわわ」
c0080357_12241531.jpg

気功の人。
c0080357_12242751.jpg

「いろんなポーズがあるね」
「そうだね」
c0080357_1224401.jpg

自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
[PR]
by muffin-man | 2014-01-23 17:00 | おまけ

箱根・その3  持つ!

羅漢さまは、時に正体不明のブツを持っていたりする。
何だろうね、これ。
c0080357_17263031.jpg

枕。
なわけないか。
c0080357_1726663.jpg

食べてる、食べてる。
よく見ると、左手に、もう一つ。
何を食べてるのか分からんが、食いしん坊バンザイ!だな。
c0080357_17273626.jpg

ぶはは、デカい雑巾だ。
絞りがいがあるね。
c0080357_1728087.jpg

縁起物か何かだろうか。
想像もつかん。
c0080357_17282596.jpg

これとか、
c0080357_1728393.jpg

これも、まったく不明。
c0080357_1729345.jpg

ふ、お手上げじゃ。
c0080357_17291790.jpg

あ、でも、これは簡単、iPadだよ。
昔のはずいぶん厚かったんだね。
c0080357_17293223.jpg

自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
[PR]
by muffin-man | 2014-01-21 11:22 | おまけ

箱根・その2  寝る!

お日さまポカポカ。
うつらうつら。
c0080357_1657263.jpg

ちょっと横になろう。
c0080357_16574249.jpg

おら、どこでも寝れちゃうよ。
c0080357_16582269.jpg

が、苦しい体勢ではある。
枕もないし。
c0080357_16583891.jpg

あれ、何だよ、どうも冷えると思ったら、雪が積もってるよ。
霜柱もスゴいな。
c0080357_1658556.jpg

仕方ない、そろそろ起きっぺ。
ああ、よく寝た~。
c0080357_16591755.jpg

自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
[PR]
by muffin-man | 2014-01-19 17:00 | おまけ

箱根・その1  似てる!

ド寒い冬の一日、箱根・長安寺まで足を運びました。
いらっしゃいましたよ、誰かに似ている羅漢さまが。
唐突ですが、レーニン。演説中ですな。
c0080357_16453822.jpg

どこから見ても、バカボンのパパ。
c0080357_1646863.jpg

こちらも、赤塚不二夫作品から。
おそ松くんに出てくるチビ太。
c0080357_16462437.jpg

「ディア・ハンター」の頃のロバート・デニーロ。
胸から観音様がお出になってます。
c0080357_1646362.jpg

雲に乗ったサイモンとガーファンクル。
だいぶ無理があるが。
c0080357_16464963.jpg

自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
[PR]
by muffin-man | 2014-01-17 16:50 | おまけ