タグ:秋葉原 ( 28 ) タグの人気記事

秋葉原  正月も変わりなし

お正月も、この街はいつもと変わりない。
いや、人混みはいつもより激しい。
c0080357_9222714.jpg

ほら、正月らしさゼロ。
c0080357_9223623.jpg

ほら、ほら。
みんな、正月から何を買いに来たんだろう。
そういうおらも、何しに来たんだか。
c0080357_9224684.jpg

でも、この小径を曲がり、
c0080357_923042.jpg

さらに、路地に入っていけば、少しは正月気分が。
c0080357_923155.jpg

鳥居が見えてくる。
c0080357_924676.jpg

花房神社。
参拝しよう。
昨冬の雪の日に撮った写真は、こちら
c0080357_9292935.jpg

小さな小さな境内には、こんな紙が下がっている。
奉納された供物だろう。
金銭のほかにも「うどん」や「カップメン」なんてのもあるね。
c0080357_9242893.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-01-05 09:31 | 秋葉原/神田

日比谷公園/銀座/秋葉原  大雪の土曜日

日比谷公園、ひっそり閑。
ふだんとは別の顔を見せてくれるよ=本日8日(土)。
c0080357_155890.jpg

日比谷公会堂もモヤ~ンと。
c0080357_1563521.jpg

松屋銀座。
春は遠いのか。
c0080357_1565388.jpg

三原小路。
石畳が冷たく濡れて。
c0080357_1573987.jpg

ところ変わって、秋葉原。
東京中が大雪でモヤ~ン。
c0080357_158577.jpg

さすがに、人通りが少ないね。
c0080357_1585168.jpg

いつもは平日でもにぎわっている裏道も、こんな感じ。
c0080357_1592016.jpg

それでも、何を求めてくるのか、家族連れも。
c0080357_1595458.jpg

狭い狭い路地にある稲荷神社でお参りして、帰りました。
c0080357_15101482.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-02-08 15:11 | 銀座/有楽町/日比谷/京橋

一ツ橋  あれが、都心に!

やや、あれは……、
c0080357_1031676.jpg

ロボット……デカい。
だが、顔が見事に「昭和」だ。
c0080357_10311999.jpg

自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。よろしかったら、お手元に。
[PR]
by muffin-man | 2014-01-09 10:32 | 神保町/水道橋/千鳥ヶ淵

上野公園  早くも満開

花の色が濃いので、ソメイヨシノではなく、河津桜かもね=本日26日(月)。
c0080357_2271175.jpg

小説(電子書籍) 『陶酔ガム工場』も併せて、どうぞ。 iPhoneやiPadでも読めるよ。
arakawa2011をフォローしましょう

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2012-03-26 22:08 | 上野/アメ横/御徒町

秋葉原  靴音響く

靴音が、やけに響く。 人々のおしゃべりも容易に聞き取れる。
静かで、そして、暗い。
c0080357_21582980.jpg

賑々しいアナウンスや音楽、電子音が消えました。
派手派手しいネオンの灯火も消えました。

永井荷風の 『断腸亭日乗』 に、やはり静かで暗い東京が描かれています。
昭和18年 (1943) 7月23日付――、

花川戸より新橋行の市電に乗る。 夜はまだ八時過なるに沿道の商店大方戸を閉したれば街上暗黒、鼻をつままれてもわからぬ程なり (中略) 銀座通は尾張町あたり露店の燈火かすかに散歩の人影を照すのみ。 電車もさして混雑せず麻布谷町にて降るまで腰かけていられたるも不思議というべし。

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2011-03-24 22:00 | 秋葉原/神田

外神田  暑気払いの夜

御徒町ガード下のご存じ「かっぱ」で軽く飲んだ後、秋葉原へ=本日21日(金)。
20時5分。 今夜はハシゴ酒もせず、地味で健康的な夜だ。
c0080357_234118.jpg

あ、お嬢さん、こんばんは。
c0080357_2353945.jpg

センサーが発報するぞ。
c0080357_234432.jpg

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2010-05-21 23:07 | 秋葉原/神田

神田淡路町  街の裂け目

ニコライ堂=3日(水)。
驚いたね、以前はここからは見えなかったはず。
c0080357_211456.jpg

外堀通りから見えました(右に行くと昌平橋~秋葉原方面)。
神田淡路町の再開発に伴い、ビルなどが次々に解体され、街に“裂け目”ができたわけだ。
c0080357_2121280.jpg

でも、フェンスの内側にはやがて41階建てのビルが建つので、ここからニコライ堂を拝めるのも時間の問題。
このように、東京では束の間、思わぬ風景に出くわす。
おいらは、これを勝手に、「街の裂け目」と呼んでます。
西新宿のここは、最も美しい裂け目でした。

なお、フェンスの内側は、つい最近までこんな風景でした。

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2010-03-04 02:19 | 秋葉原/神田

日本堤/外神田ほか  路上で緊縛プレー

仕事を終え、日本堤のいつもの店へGO!=16日(土)。
18時02分 まずはアツアツのカキフライをば。
c0080357_1443432.jpg


18時26分 お次は鳥鍋。 これで1人前だってんだから、気前の良さにもほどがある。
c0080357_1445780.jpg


21時24分 サトイモ煮やマグロ刺身、ポテトサラダなどなどを平らげた後、この日最後の大物、チャーハンへ。
        この間、2本目のキンミヤもすでに残り少なし。
c0080357_1452375.jpg


22時25分 結局、2人で2本飲み尽くし、日比谷線で秋葉原へ。
        見上げると、冬の寒空にコスプレショップ。
        きわどいやつを相棒にプレゼントだ。 あばよ、この次はラブリーに頼むぜ。
c0080357_145468.jpg


22時45分 1人になると、自然と足は昌平橋のたもとへ。
c0080357_146621.jpg


22時51分 神田淡路町を通り抜けようとしたところ、街ごと再開発のフェンスに覆われ、このありさま。
        「昭和」な街並みが消えるのは寂しいが、それも東京の宿命。
        向こうのフェンスでは若い男女が抱き合っていた (無念。撮れず)。
        こんなところで乳繰り合うなんて、70年代の東京っぽくて素敵だぞ、あんたたち。
c0080357_1462818.jpg


23時02分 靖国通りに出ると、雪で出来たクマ公が緊縛プレーの真っ最中。
        終電まで1時間以上もあるので、ショットバーに寄り、焼酎のお湯割りを注文するが――、
        「 おい、薄いぞ、これ 」
c0080357_1464773.jpg

日本堤では好きなだけ濃くしてお湯割りを楽しんだが、グラスで出てくるお湯割りや水割りは、同じ東京でも西より東のほうが絶対に濃いね。
新宿とかで飲むと、ほとんど水ってことが、ままある。
濃い・薄いの境界線は東京のどこなのか――酒飲みの旅はヘドを飲み込みながら続く。
ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2010-01-17 01:58 | 三ノ輪/南千住/東日暮里/下谷

外神田  木枯らし鉄橋

なぜか、昌平橋のたもとが好きだ=先月30日撮影。
c0080357_16115433.jpg

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2009-12-19 16:13 | 秋葉原/神田

外神田  鉄人の夜

昌平橋交差点=30日(月)。
ほら、ヤツがやって来る、鉄人28号が。
c0080357_22395831.jpg

神田の取材および撮影は、これにて完全終了。
素材集めが終われば、原稿は9割方できたようなものだ。
締め切りは今週末とまだまだ先だし、しかも20枚ぽっちだから、楽勝だね、こりゃ。
んじゃ、焼酎でも飲むとするか。

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2009-12-01 00:23 | 秋葉原/神田