タグ:檜原村 ( 6 ) タグの人気記事

檜原村  また来たよ

写真仲間とともに、檜原村(ひのはらむら)の神戸岩(かのといわ)を約半年ぶりに訪れた=5月1日(日)。
路線バスの停留所から撮り歩きしつつ行く。
圧倒的な新緑が心地いい。
c0080357_984415.jpg

道中、川音が絶えない。
c0080357_992121.jpg

c0080357_994686.jpg

ハロー、不細工なリス君。
この看板は健在だ。
c0080357_910037.jpg

杉木立、そして湧水。
c0080357_9101431.jpg

c0080357_9104061.jpg

「右 神戸岩」とある。
この道標は初めて見た。
残念ながら、いつ頃建立されたか不明。
c0080357_911664.jpg

これも初めて出合った。
「ツキノワグマの狩猟自粛について」とある。
生息数が激減する恐れがあるので、狩猟を自粛しましょう――だそうだ。
つまり、出没するのだ。
c0080357_9112141.jpg

見えてきた。
左右に屹立しているのが神戸岩。
c0080357_9114387.jpg

3回目の今回は神戸隧道(ずいどう=トンネル)から回る。
盛んにシャッターを切る同志。
c0080357_912374.jpg

さあ、岩沿いのチェーンを伝って、行くよ。
毎回思うが、まるで岩の裂け目だね。
c0080357_9124358.jpg

c0080357_913189.jpg

c0080357_9132283.jpg

c0080357_9142515.jpg

でも、今回一番驚いたのは、向こうに見える母子連れ。
若いお母さんが男児1人だけでなく、赤ちゃんをおんぶしているのだ。
見ていて、ハラハラドキドキだったよ。
c0080357_9143633.jpg

さて、お次は再び路線バスに乗って、払沢(ほっさわ)の滝に向かう。
途中、こんにゃくをいただく。
うまし!
c0080357_915073.jpg

遊歩道の先に――、
c0080357_9155921.jpg

かつての郵便局を利用した、キュートな土産店。
c0080357_9161635.jpg

到着。
ひんやりとして気持ちいい。
真冬に訪れた時は、ひんやりなんてもんじゃなかったが。
c0080357_9163289.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-05-08 09:25 | おまけ

檜原(ひのはら)村  紅葉する!大岩壁

通称「気づきベル」。
ふだんはクロスバイクに付けている、サビついた鈴が今回の旅のお伴。
「熊よけ鈴」の代用品として、チャリンチャリン鳴らしながら行くのだ。
なにせ、東京のはずれのここ檜原村ではツキノワグマが目撃されているそうだから。
c0080357_18391520.jpg

目指すは、2カ月半前に初めて来た神戸岩(かのといわ)。
紅葉の時季に必ずまた来ようと思っていたが、タイミングが合わず、ようやく代休の本日19日(木)、再訪することができた。
路線バスを下りるなり、北秋川沿いの紅葉が出迎えてくれた。
c0080357_1840642.jpg

朽ちかけた小屋が点在している。
何だろうね。
上流にマス釣り場があるが、この小屋は、海岸で言えば番屋のようなものかな。
って、テキトーだが。
c0080357_18405019.jpg

残念ながら曇り空なので、鮮やかさに欠けるが、まあまあだ。
前回も、ほぼ同じ位置から撮影した。
c0080357_18411892.jpg

神戸岩まで道のりでは、小さな滝や川の水音がずっと響いている。
c0080357_2085091.jpg

c0080357_184278.jpg

「神戸」と書いて「かのと」って、フツー読めないよ。
c0080357_18422017.jpg

ほら、神戸岩が向こうに見えてきた。
c0080357_18432854.jpg

左右に屹立する岩壁。これぞ深山幽谷。
この渓谷に、北秋川の支流・赤井沢が流れている。
眼下に急流を見ながら、渓谷を行くのがスリリングで楽しい。
c0080357_18443840.jpg

振り返ると、落葉の道。
c0080357_18445827.jpg

さあ、行こう。
2カ月半前は、この神戸隧道(ずいどう=トンネル)で先回りして岩壁沿いに戻ってきたが、今回は――、
c0080357_18455395.jpg

正面から行く。
あの梯子(はしご)を伝って。
c0080357_18461220.jpg

この梯子ね。
c0080357_18472065.jpg

まず、こうして下ってから、梯子を登る。
雨上がりなので、足下も梯子もすべるすべる。
c0080357_18473825.jpg

これよ、これ。
岩壁の向こうに紅葉――と想像していた風景が目の前に現れた。
杉林でなくて、よかった。
これを見たかったのさ。
c0080357_18484954.jpg

右側のチェーンを伝って行く。
チェーンも濡れていて、危ない。
が、それもまたよし、神戸岩。
c0080357_18493740.jpg

愛してるよ、神戸岩。
c0080357_18501265.jpg

c0080357_1851921.jpg

あっという間に踏破(というほどでもない)。
先ほどの神戸隧道から戻る。
c0080357_18512438.jpg

んじゃ、帰ろう。
帰り道、不細工なリス君に遭遇。
次に来るのは来年の新緑の頃かな。
c0080357_18513725.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-11-19 18:59 | おまけ

檜原(ひのはら)村  チビる!大岩壁

檜原村を先月に続き再訪した。
島を除く、都内で唯一の「村」。
「チビりそうな岩がある」と地元の人に教えられていたためで、向かったのは神戸岩(かのといわ)。
JR武蔵五日市駅前のコンビニには、早くも薪(まき)が並んでいた。
この光景、約15キロ北西の奥多摩駅近くのコンビニでも見たことがある。
c0080357_97387.jpg

西東京バスに揺られること約30分、神戸岩入口の停留所に到着。
ここから、ほぼ神戸川沿いに上り坂の舗装路を行く。
c0080357_974239.jpg

間もなく、小さな滝が現れた。
滝というほどではないかもしれないが、まあ、いいさね。
c0080357_983555.jpg

あれやこれやを撮りつつ、行く。
c0080357_991893.jpg

c0080357_993585.jpg

そして、滝。
c0080357_9101482.jpg

また、滝。
c0080357_910301.jpg

さらに、滝。
うんざりするほど、滝、滝、滝なのだよ。
c0080357_911289.jpg

杉木立の道を行くと――、
c0080357_9114810.jpg

こんなところにも湧水が豊かに落ちていく。
道は常に清流とともにある。
せせらぎが絶えず聞こえ、ちょっと夢のような道行きだ。
c0080357_912758.jpg

人にも車にもほとんどすれ違うことなく、
c0080357_9142574.jpg

c0080357_9143727.jpg

目的地の神戸岩に到着した。
大した距離ではないと思うが、ゆるゆると撮り歩いたので、バス停から1時間かかった。
右手に見えるのが神戸岩(の一部)のようだ。
c0080357_9151964.jpg

好い感じに古びた橋が架かっている。
完成は昭和32(1957)年。関係ないが、前回の東京五輪の7年も前だ。
神戸岩へは橋の手前から入れるようだが、あえて、このまま橋を渡ってみる。
c0080357_9155413.jpg

うわ~、隧道(ずいどう=トンネル)が現れた。
おらの大好物である。
おらのヤル気スイッチ、オン!
さあ、行ってみよう。
c0080357_9163024.jpg

さほど長くはないが、明かりが皆無なので、距離感がつかめない。
出口がややカーブしており、見通しも悪い。
写真もピンボケですな。
c0080357_9164493.jpg

隧道を抜けると、神戸岩。
こちらは、その反対側だね。
おいおい、岩伝いにチェーンが向こうまで渡されているよ。
しかも、途中の道がグンと狭くなっている。
「チビりそうな岩」とは、このことか。
いや、実際、チビりそうだ。
でも、行くど。
c0080357_918750.jpg

ここにも、滝。
だが、次第に余裕がなくなってきた。
c0080357_918351.jpg

だって、これだぜ。
両脚で立つのがやっとの幅しかないところもあり、しかも、ツルツルして滑る。
c0080357_9194183.jpg

それでも、頑張って振り返り、何とかシャッターを押す。
全て右手だけで撮っている(左手はチェーンを握りっ放し)ので、ピンボケ写真を量産中。
c0080357_920404.jpg

おのずと目に入る急流。
そして、激しい水音。
視覚と聴覚、さらに嗅覚(水や土、苔の匂い)すらキリキリと刺激され、クラクラする。
c0080357_9205945.jpg

ここで解説。
檜原村観光協会発行の資料によると、神戸岩はこの沢をはさんで向かい合う大岸壁のこと。
高さは、左が100メートル、右は80メートルで、岸壁の奥行きは60メートル。
名前の由来は、下流から見ると「戸岩(岩戸=岩の扉)」が開きかけているような姿に見え、この延長線上に神社(大嶽神社)があるため、ここを神域の出入り口と見立て、神域の戸岩=神戸岩となった――とする説が有力という。
c0080357_9222062.jpg

ここが最大の難所。
なんと、チェーンが一部ないのだ。
ここでも足下は容赦なくツルツルしており、おっさんビビりまくり。
よって、これまたピンボケ。
c0080357_9225360.jpg

まだまだ続く。
奥行き60メートルというと一見短そうだが、実に長く感じる。
c0080357_9232139.jpg

たどって来た道を、また振り返る。
下流からだと、確かに岩戸に見える。
c0080357_924785.jpg

上の写真の横位置ショット。
どなたがチェーンを取り付けたのか知らないが、おらには大変な偉業に思える。
c0080357_925134.jpg

ようやくゴールだ。
でも、神戸岩は最後までやさしくない。
ハシゴが雨で濡れてるじゃないか。
く~っ、目まいがする。
c0080357_9252840.jpg

やっとの思いで、ゴール。
振り返ると、ハシゴが何だか心許なく、改めてビビる。
いや、でも、楽しかった。
ありがとう、神戸岩。
c0080357_9254775.jpg

さて、ここからは一転、平和な写真に戻ります。
神戸岩入口のバス停まで戻り、今度は払沢(ほっさわ)の滝に向かった。
地蔵がお出迎え。
c0080357_927643.jpg

この店で豆腐料理を食べたかったが、休みだった。
c0080357_9271422.jpg

途中を大幅に省略し、これが払沢の滝。
岩に腰かけている中央の人で、滝の大きさがお分かりだろう。
c0080357_9273911.jpg

滝見物を終えて、とっとと帰る。
バスは1時間に1本あるかないかなので、あまりノンビリできんのよ。
で、西日暮里の「花家」にて、ビールといつものラーメン、そしてデザートにあんみつ。
大好きな千葉・館山産のテングサを使った寒天が、たまらん!
猫がつまみ食いしているような写真になってしまったが。
c0080357_9274929.jpg

※「聖坂を往く・その2」は次回アップします。

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-09-04 09:52 | おまけ

檜原(ひのはら)村  旧分校の夏・その3

一見トイカメラ風。実は、ジオラマ。
閉校の際、児童と教職員が記念に作ったもので、校内に展示されている。
よくできてるね。
c0080357_1423493.jpg

廊下の壁には児童の習字作品などの他、昔の写真も貼られている。
おらは、この1枚に目が釘付けとなり、涙ぐんじまった。
押しくらまんじゅうをしているのだろうか、きれいな女の先生と児童が生き生きとして、幸せそうだ。
作者も撮影年月日も不明。撮り手は凄腕と見た。
c0080357_14235023.jpg

冬は雪が降り積もる。
昨年の雪害では奥多摩町の一部地区と同様に、数日間「陸の孤島」と化したという。
c0080357_1424373.jpg

こちらは給食風景。
児童も教員も全員でテーブルを囲んだ。
給食は村内のセンターから運ばれてきた。
c0080357_14241511.jpg

紹介が前後するが、教室は1階ではなく、2階にある。
校舎が完成したのは、今よりも貧しかったはずの昭和34(1959)年。
なのに、優雅で美しい。
c0080357_14243760.jpg

教室です。
c0080357_14245262.jpg

c0080357_14253127.jpg

c0080357_14251412.jpg

お気づきだろうか、妙なオブジェが飾られているのを。
廊下にも、この通り(カマキリだね)。
いずれも児童の力作だ。
c0080357_14255796.jpg

そろそろ引き揚げようか。
ありがとう、数馬分校。
そして、学校を大事に管理している地元の方々に感謝いたします。
ここまできれいに残しておくのは、大変なご苦労があればこそです。
さて、最後の1枚は、帰りのバス停で見かけたバス会社の看板。
「自由乗降」といって、一部区間では停留所以外にも好きなところで乗り降りできる、というシステムだ。
そう言えば、行きの車中で1人のおばあさんが「××でお願いします」と運転手に声をかけて、停留所ではない場所で堂々と降りていった。
その時は「おいおい、道路運送法違反だろう」と思ったが、そういうことだったのだ。
自由乗降は昭和54(1979)年から運営していると書かれているが、おらが昔住んでいた北海道にもこんな仕組みはなかった(と思う)=『旧分校の夏』終わり。
c0080357_14261887.jpg

以下、おまけ。
つげ義春『貧困旅行記』所収の『奥多摩貧困行』=昭和60(1985)年=に、つげの息子が小学校の遠足で数馬分校(と思われる)学校を見学した、との記述がある。
つげ自身も、その19年前の昭和41(1966)年に数馬に泊まったといい「秘境」と称している。
おらにしたら、今でも秘境に近い。

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-08-07 11:57 | おまけ

檜原(ひのはら)村  旧分校の夏・その2

16年前の1999年に閉校した数馬(かずま)分校。
校舎は解体されず、そっくり残された。
ほら、まるで夏休みの教室のようだ。
児童の姿は見えないのに、どこかに気配を感じる。
ここもまた、東京都内です。
c0080357_144865.jpg

窓の外は、むせかえるような緑。
ここまで湧き水の音が聞こえる。
教室を抜ける風が心地いい。
c0080357_1442025.jpg

涼しいはずだ。標高686メートル。
東京スカイツリー(634メートル)より高い。
c0080357_1445148.jpg

ピアノは、ちゃんと音を奏でる。
ここは職員室。
閉校後、ピアノはよその教室からここに移設された。
c0080357_1451159.jpg

廊下にはオルガン。
c0080357_1452679.jpg

マリンバ。
c0080357_1454144.jpg

職員室の黒板。
閉校した3月の行事予定が書かれたままになっている。
閉校時の児童数は、3~6年生で計7人だった。
c0080357_1455463.jpg

チョークがひっそりと眠っていた。
このチョークで先生や児童が最後に書いたのは、どんな文字や図形なんだろう。
c0080357_14689.jpg

ああ、もっと偉人伝を読んでいたら、おらはちゃんとしたオッサンになれただろうか。
c0080357_1485632.jpg

カレンダーも1999年4月のまま。
ああ、そうだ、おらはあの頃……いや、オッサンのしみったれた思い出話などやめておこう。
左横にあるのは、黒板消しクリーナーです。
c0080357_1462497.jpg

縄跳び、水道……。
c0080357_148598.jpg

c0080357_1482026.jpg

c0080357_148456.jpg

この表彰状と写真はすごいよ。
なんと、前回の東京五輪(1964年)で、分校から聖火ランナーを輩出した時のものだ。
ミソつきまくりの2020年東京五輪とは異なり、当時の東京五輪に寄せる日本人の期待や夢や希望は半端なかっただろう。
この少年はもちろん、家族や担任の先生にとっても、とてつもない栄誉だったと思う。
c0080357_14101439.jpg

学校には実に多くの貼り紙がある、ということに今回気づかされた。
驚いたのは、これ。
卒業生がどこに住んでいるか、が一目で分かる地図なのだ。
それも、明治44(1911)年以降の卒業生を、生家ごとに示した労作だ。
田舎ゆえ同じ姓が多いため、分かりやすく屋号も記されている。
その中に「猿畑」とか「猿屋鋪」といった屋号が散見される。
聞けば、実際に一帯には猿が生息し、今でも校舎の屋根に上っていたりするそうだ。
c0080357_14105990.jpg

ツキノワグマも出るぞ。
こちらは、数馬停留所の待合所に貼ってあった注意書き=つづく。
c0080357_14112282.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-08-06 11:10 | おまけ

檜原(ひのはら)村  旧分校の夏・その1

児童が亡くなったわけではありません。
にっちょく、です。
ここ檜原村立檜原小学校数馬(かずま)分校では、16年前の1999年に閉校したまま時が止まっています。
東京都内です。
c0080357_22144640.jpg

最寄り駅は、JR五日市線の終点・武蔵五日市駅。
都心からだと遠いぞ。
c0080357_22154330.jpg

島を除くと都内では唯一の「村」へは、1時間に1本あるかないかの路線バスに乗る。
延々1時間も揺られ、ようやく目的地の数馬に着いた。
涼やかなせせらぎが聞こえる。
やがて多摩川に合流する北秋川がバス停の下の渓谷を流れているのだ。
c0080357_22162436.jpg

さあ、歩こう。
街道を少し下ると、入口があった。
c0080357_22165442.jpg

正式には「数馬分校記念館」という。
c0080357_2217680.jpg

鬱蒼とした坂を登っていく。
子供たちの通学路だったんだね。
都心より涼しくて、気持ちいい。ここでも川音が聞こえる。
c0080357_22172597.jpg

北秋川に流れ込む湧き水だ。
c0080357_2218723.jpg

着いた。
向こうにサッカーのゴールが見える。
c0080357_22182910.jpg

こんにちは、分校。
開校は明治7(1874)年。
この校舎に改築されたのは昭和34(1959)年だから、半世紀以上も前の建物なのだ。
c0080357_22185511.jpg

こちらは、校庭の隅から撮った1枚。
c0080357_2219776.jpg

鉄棒も滑り台も、閉校した当時のまま残されている。
c0080357_22192371.jpg

c0080357_22194321.jpg

サッカーゴールの後ろの綱登り、すごい高さだね。
地元の人の手作りだそうだ。
c0080357_22195697.jpg

玄関からおじゃまします。
c0080357_2220785.jpg

下駄箱も、長靴も当時のまま。
長靴は近くで農作業学習の時に使ったそうだ。
ではでは、校舎の中をじっくりと見学させてもらいます=次回につづく。
c0080357_22201923.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-08-04 22:25 | おまけ