タグ:大塚 ( 13 ) タグの人気記事

JR大塚駅  都電アジサイまつり・その1

本日18日(木)撮影。
アジサイの色は刻々と変わってしまうので、今日撮った写真は今日のうちにアップします。
c0080357_22475315.jpg


↓ まだまだ続くよ。 この下は、東池袋&南池袋 ↓

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2009-06-18 22:49 | 都電

大塚  路地のそのまた奥の春

久しぶりに大塚先儒 (せんじゅ) 墓所を訪れました=26日(水)。
池袋サンシャインシティから直線距離でわずか1キロ余――路地のそのまた奥に、江戸期からの儒学者が葬られています。
昨秋訪れた際は深閑としていましたが、春を迎えてもやはりひっそりとしていました。
c0080357_0251460.jpg

サクラが落葉すると一転、こんな風景になります。

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2008-03-28 00:29 | 大塚/池袋

大塚  “ストーンサークル”の正体

大塚先儒墓所を再訪しました。
墓石のうしろにある“ストーンサークル”の正体が分かりました。
先月17日の投稿では、『 ベンチか、花壇か? 』 と書いてしまいましたが、とんでもない。
c0080357_22124441.jpg

これは、土まんじゅうだったのです。 儒学者がこの下に葬られているわけです。
『 土が高く盛られていないじゃないか 』
と思われるでしょうが、関係者の話によると、長い年月の間に沈下してしまったそうです。
不明を恥じるばかりです。 訂正を兼ねて最近の写真をアップさせて頂きます。

永井荷風は、戦前にここを訪れた際、
日比谷公園の如くに改修せられたり
と書きましたが、当時の資料写真を見ると、石畳などが整然と敷かれ、この風景からは想像できないほど確かに公園然としていました。
その石畳は、落葉と土の層の下に埋もれているはずです。
ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2007-11-28 22:20 | 大塚/池袋

大塚  昭和な、あまりに昭和な

武蔵野も好いけど、おいらはやっぱり、この街をウロウロするのが好きです。
以前にも訪れたことのある涸れ井戸。
c0080357_16124940.jpg

旧町名に、『 防護団 』……。 昭和も昭和、戦前の物件です。
c0080357_1613635.jpg

戦前、全国各地に 『 警防団 』 という民間自治組織がありました。 消防活動や灯火管制、交通整理、防毒、救護などの活動にあたりました。
戦前・戦中を舞台にした映画などで、国民服を着て町内会の人たちにあれこれと指示するオッサンが出てきたりしますが、あの人たちです。 
その前身が、この 『 防護団 』。 軍部の指導下、民間防空団体として結成された組織だそうです。 『 後援会 』 とありますが、下部組織のことでしょうか。
ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2007-11-23 16:16 | 大塚/池袋 | Comments(23)

大塚  紅葉前夜祭だ、マルガリ~タ!

紅葉にはまだ1カ月前後あります。
んじゃ、前夜祭代わりに1分刈りだ!――と、10カ月ぶりに理容オハラさんへ。
c0080357_2474871.jpg

女将さんにヤクルトタフマンをご馳走になりました。
サッパリ頭にドリンク剤。 よっしゃ、いっちょ来ーい!
……すいません、ただの強がりです。
c0080357_2482095.jpg

散髪から帰ると、カミさんは今回も、丸一日口をきいてくれませんでした。
なにゆえ、婦女子は男子の丸刈りが嫌いなのか。
カミさんには内緒だが、『 必殺仕置人 』 の準主役・念仏の鉄の坊主頭が理想です。
ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2007-10-23 02:52 | 大塚/池袋 | Comments(18)

大塚  儒者捨場 (じゅしゃすてば) を見に行く

この街は何度も訪れていますが、ここだけは何となく避けていました。
儒者捨場――言葉の響きからして、おどろおどろしい。
正式には、『 大塚先儒 (せんじゅ) 墓所 』。 江戸時代の儒学者が葬られている墓地です。
写真・右の鉄扉を開けて入ります。
c0080357_1842838.jpg

訪れる人もなく、深閑としています。
c0080357_1842262.jpg

墓所の起こりは、1670 (寛文10) 年だそうです。
c0080357_18424353.jpg

井戸とは思えません。 ストーンサークルでもないでしょうが……。
c0080357_1842599.jpg

儒学者だけでなく、子供の墓も。
c0080357_1843152.jpg

例によって、永井荷風はここも訪れています。
『 断腸亭日乗 』 1937 (昭和12年) 3月26日付から。

大塚坂下町儒者捨場を見る。 往年荒涼たりしさま今はなくなりて、日比谷公園の如くに改修せられたり。 路傍に鉄の門を立て石の柱に先儒墓地と刻したり。 境内に桜を植えたるなど殊に不愉快なり。

この記述を読む限り、荷風はここを何度か訪れているようです。
かつては荷風好みの 『 荒涼たりしさま 』 だったのが、今や、『 日比谷公園の如くに 』 なってしまった――と、嘆いています。
が、ご覧のように、人々が集い憩うような場所とはとても思えません。
ひょっとしたら、あの“ストーンサークル”は、ベンチか花壇だった?

それにしても、このところ、どんどんジジ臭いブログになってます。
ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2007-10-17 18:49 | 大塚/池袋 | Comments(22)

大塚  再訪・階段の街

春日通り沿いのビルの陰をひょいと入ると、こんな階段がいくつも延びています。
まわりの家々にも、小さな階段がついていたりします。
そして、階段を下りると、縦横に走る路地――。
c0080357_20482712.jpg

そんな街を、荷風先生はナンと60年以上も前に発見してます。
どんな街撮り者も、路地王・荷風の前には到底かないません。
荷風ゆかりの写真もこの街で撮ったので、近くアップします。
ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2007-09-16 20:51 | 大塚/池袋 | Comments(28)

大塚  さらば昭和81年

昭和14(1939)年開業の 『 理容オハラ 』 でマルガリ~タ!してもらいました。
この店には護国寺のお坊さんも来るそうで、長さ6㍉が彼らの髪の“標準仕様”のようです。
負けちゃいかん!と、1㍉にしてもらいました。 髪が指に刺さるくらいカリカリです。
愛想の好い女将さんに刈ってもらって、グースカ寝てしまいました。
ついでに鏡に向かって、『 さらば、昭和81年 』 と、ポーズをとってみました。
c0080357_2215954.jpg

これにて、今年は終了。 新年は、元日にスタートします。
って、あさってじゃん。 飲んだくれて投稿できるのか、おいら。
スナップ、スナップ写真  街頭写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-12-30 22:11 | 大塚/池袋 | Comments(68)

大塚  夕暮れに沈む5丁目“階段の街”

階段のてっぺんから大塚5丁目を撮影。正面の森は、豊島ケ丘御陵です。
撮影位置は、春日通りに面した孤高のトタン家屋 (元は酒屋? 回りに自販機あり) の横を入ったところです。入ってすぐ右手のビル1階には、珠算教室があります。
――と書くと、分かる人には分かってしまう、愛すべき“階段の街”です。
ちなみに、この階段よりも不忍通り寄りです。
c0080357_1935980.jpg

昨15日(日)は午前中、西新宿のペンタックスフォーラムで、愛機のCCDクリーニングをしてもらうとともに、来月発売のK10Dをいじりまくる。エエなあ~、K10D。
で、昼前に秋葉原に出撃し、3時間余ウロウロした後、御徒町へ。その後、ここ大塚5丁目まで移動した。MTBは自粛し、移動には都営交通の1日乗り放題券(700円)を利用した。
一応、体を気遣って、早めに帰宅しようとしたら、途中で、とんでもなく美しい 『地震雲』 を発見! しかし、状況的に撮影できず……。
左肩も完治したわけではないので、まあ、こんな日もあるさ――と、珍しく殊勝にゴーインホームだ。
スナップ、スナップ写真  ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-10-16 19:40 | 大塚/池袋 | Comments(22)

大塚  階段の街

またも、大塚5丁目。
『大塚坂下町』というのが旧町名だそうで、なるほど、こうした階段がいくつかあります。
階段の上をやや行くと、マンションが建ち並んでいます。初めて見た時、その巨大な壁が、カフカの『城』を連想させました。
近くには、昭和の田舎もあります。
c0080357_0171624.jpg

スナップ、スナップ写真  街頭写真
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-09-08 00:20 | 大塚/池袋 | Comments(15)