タグ:千葉 ( 40 ) タグの人気記事

千葉・館山  布良に遊ぶ

館山の布良(めら)を、JR 内房線と路線バスで訪れました=代休の30日(木)。
海よりまず温泉に、と向かったのが、ここ、安房自然村の「不老山 薬師温泉」。
洞窟が入口。いきなり旅心をかき立ててくれるね。
c0080357_11293055.jpg

ところどころに明かりがあるので、不自由ではないが、本当にこの奥に温泉があるのか?
c0080357_11302434.jpg

と思ったら、ここからは土足禁止。
靴を脱ぎ、貴重品などをロッカーに入れて、さらに行くと――、
c0080357_11304896.jpg

お、見えてきた。
向こうが、洞窟と接した建屋部分だ。
c0080357_113106.jpg

到着。
洞窟から来ると、どこでも見かけるフツーの風景に、ちょっと面食らう。
c0080357_11311222.jpg

露天風呂がある。
先ほどの洞窟は天然のものではなく、1973年に掘削されたそうだ。
c0080357_11323323.jpg

タテ構図も。
c0080357_11324066.jpg

さあ、温泉の後は食事だ。
宴会場で食べるんだよ。
昭和の香り満点だね。
c0080357_11325236.jpg

注文したのは、くじら陶板焼き定食。
ステーキみたいで、すごいボリュームだった。
くじらを食べたのは久しぶりだ。
温泉と定食のセットで1,500円(それぞれ別の料金でも楽しめる)。
c0080357_11325875.jpg

実は洞窟ではなく、こちらの方から入った。
c0080357_1133820.jpg

この玄関は今は使われていないようだ。
c0080357_11334155.jpg

腹も満たされ、お肌もツルツルになったところで、近くの山の展望台に向かう。
途中、振り返ると「いやいやえん」に出てくるような森が。
ハクビシンに出合ったよ。地元の人によると、森にはイノシシもいるという。
c0080357_113404.jpg

展望台。
よく晴れた日は、富士山が遠望できるそうだが、残念。
c0080357_113487.jpg

が、午後から青空が広がってきた。
阿由戸(あゆど)の浜。
このあたりは、3年前にも自転車で来た(珍しく動画付き)
青木繁が明治37(1904)年、ここを舞台に「海の幸」を描いたこともで知られ、浜を望む丘には記念碑もあり、彼が滞在した漁師頭の民家も残されている。
館山は洲崎も好いが、布良も好い。
c0080357_11341643.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-05-01 11:39 | おまけ

千葉・いすみ  海辺の地蔵堂

享保年間(1716~36)の流行り神仏の一つ、「岩船地蔵」が、ここ千葉県いすみ市の岩船地区にあると聞いて、出かけました。
当時、栃木の岩船山をスタートした人々が「練り」を仕立てて新潟や埼玉、山梨などを次々とリレー方式で村送りし、その先々で記念に建てられたという岩船地蔵。
千葉には三浦半島から海路渡ってきたそうだ=『歴史探索の方法 岩船地蔵を追って』(福田アジオ)から。

最寄りは、JR外房線・浪花(なみはな)駅。 無人駅です。
c0080357_2374250.jpg

駅から歩くこと約2.7キロ。
途中、「これぞニッポン」的な風景に出合う(実際には耕作放棄地も少なくない)。
c0080357_2375898.jpg

好いね、隧道(ずいどう=トンネル)
勝浦もそうだが、外房は隧道が多い。
c0080357_238953.jpg

ほら、ここなんて素掘りだよ。
山をそのままくり抜いてる。
c0080357_2382958.jpg

こちらはもっとスゴい。
素掘りの隧道の先に民家がある。
c0080357_2384297.jpg

今度は、路傍のちょっと高いところに庚申塔。
それにしても、見知らぬ土地の2.7キロは長いね。
c0080357_2385490.jpg

ようやく漁港に出た。 岩船地蔵はすぐ近くのはずだ。
c0080357_239925.jpg

向こうに、それらしき屋根が見える。 行ってみよう。
c0080357_2392213.jpg

お、これが岩船地蔵なのか?!
うしろは便所だ。 それも有料。
「管理費として一回に付き二〇円頂きます」と書かれている。 赤いのが料金箱ね。
c0080357_239392.jpg

本物の岩船地蔵は、あの赤いお堂に安置されている。
が、残念なことに、8月の祭礼時以外は本尊を拝顔できないそうだ。 無念!
また、縁起を書いた案内板によると、地蔵は木造で、室町期の作という。
ん? 享保年間じゃないの?
案内板には、栃木や新潟と並ぶ「日本三岩船地蔵」の一つ、とあるのだが……。
※前掲『歴史探索の方法』は、ここの岩船地蔵について詳述していない。
c0080357_23102116.jpg

c0080357_23104024.jpg

こちらは、お堂の横に建つ(岩船地蔵ではない)地蔵。
c0080357_23105363.jpg

合点がいかぬまま裏手に回ると、堤防の内側に巨岩、そしてその上に木が。
シュールな風景だ。
c0080357_23111047.jpg

階段を下りると、お、アキちゃん、久しぶり。
そういえば、隣の御宿町は海女(あま)で有名だ。
c0080357_2311248.jpg

岩船地蔵の真相も分からず、ご本尊も拝めなかったが、海辺に建つ真っ赤なお堂は好い。
c0080357_23113935.jpg

さて、海岸沿いを歩くと、絶壁の下に出た。
c0080357_23114886.jpg

うわっ、岩壁が崩落している。
地蔵を見た後なので、賽(さい)の河原をイメージしてしまうよ。
c0080357_23115892.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-05-12 23:24 | おまけ

柴又/江戸川/下矢切  五月万歳

秋葉原に買い物に行くつもりが、ふと気づくと、柴又にいました。
c0080357_2211278.jpg

帝釈天題経寺の玉垣に、寅さんやさくら、おばちゃんの名が。
昭和50年(1975)造立。「男はつらいよ」シリーズ第1作公開の6年後だ。
c0080357_21541514.jpg

さて、江戸川へズンズンと。
荒川も好きだが、江戸川も好いよ。
c0080357_2212258.jpg

桟橋(写真・中央)から矢切の渡しに乗って、江戸川を超えよう。
大人200円。
c0080357_22121971.jpg

c0080357_22123487.jpg

川面を渡る風が気持ちいい。
五月万歳!だね。
c0080357_22124620.jpg

対岸(千葉県松戸市下矢切)の桟橋は、こんな感じ。
c0080357_21574611.jpg

土手へ。
c0080357_2213477.jpg

土手から下って現れるは、キャベツ畑。
そうそう、こんな風景を見に来たのよ。
田んぼもある。 ちなみに3年前は、こんな感じだった。
c0080357_22131981.jpg

さあ、そろそろ秋葉原に向かうか。
再び桟橋まで来ると、向こうから来る渡しに何と自転車が乗ってる。
乗船客が少ない時はOKだそうだ。
c0080357_2213507.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-05-10 22:06 | おまけ

千葉・富津  続・戦争遺跡を見に行く

久しぶりに富津公園を訪れました。
北側の海沿いに歩くと、お、正面のあれは?!
c0080357_126529.jpg

戦中、「観測壕」「監視所」と呼ばれた構造物です。
左側が入口で、右側および奥に開けられた横長の穴は「銃眼」といい、この穴から銃砲器の試射の様子を観測したそうだ。
c0080357_1262546.jpg

内部から銃眼を見る。
c0080357_1263727.jpg

前回は、こちらまでは足を向けなかったので、この観測壕を撮るのは初めてです。
それにしても、波打ち際からこんなに近い。
c0080357_1265054.jpg

戦前の遺構なので、コンクリートも鉄筋もボロボロ。
が、潮風にさらされた場所でも、これだけの状態を21世紀の今日まで保っていることにむしろ驚く。
c0080357_12721.jpg

富津岬の突端にある展望台から西側を望む。
左上の海上に見えるのが第1海堡(かいほう)。
明治期の半ば、外国の軍艦から首都を防衛するため、人工の島に造られた砲台です。
c0080357_127234.jpg

このあたりは遠浅のため、第一海堡まで歩いて渡るツワモノもいるようだ。
c0080357_1273142.jpg

先ほどの場所に戻り、周囲を捜索すると、枯れ草に埋もれてもう1基。
「ボウズ」と言われるタイプの観測壕です。
c0080357_127435.jpg

入口側に回ると、こんな感じ。
階段状になっていますが、階段ではありません。
c0080357_127566.jpg

内部は荒れています。
c0080357_128543.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-03-20 01:31 | おまけ

市川/松戸  春はどこに来た?

代休の本日、市川市国府台まで撮影に出かけたついでに=3日(月)。
早咲きの河津桜ですな。
c0080357_1754498.jpg

江戸川の土手から松戸方面を望む。
いつも思うが、ここが東京・大手町から直線でたったの13キロとはね。
c0080357_1755559.jpg

東京湾はすぐそこだ。
おらはこの土手が好きでの。
c0080357_17551553.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-03-03 17:57 | おまけ

千葉・勝浦  また行くよ

今年も何度か訪れた勝浦。 1月撮影の未掲載分をアップします。
まずは、遠見岬(とみさき)神社から遠望する勝浦漁港。
長い石段を雛人形が埋め尽くす「ビッグひな祭り」で知られる神社です。
c0080357_13204511.jpg

ここにも、ビルトイン型の祠(ほこら)。
c0080357_1321110.jpg

高台から下りて街を往くと、ふと路地に井戸があったり、
c0080357_132116100.jpg

昔ながらの郵便ポストがあったり、
c0080357_1321318.jpg

そして、ここ松の湯。
この時の旅は、ここの湯につかるのが目的の一つだった。 つげ義春の漫画に出てきそうな銭湯だね。 
真冬なのに、勝浦はポカポカしていた。 また行くよ。
c0080357_13214282.jpg

自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
[PR]
by muffin-man | 2013-12-26 13:26 | おまけ

千葉・鋸山4  「お穴」からこんにちは

自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』でも触れましたが、稲荷神社には、このような「お穴」があったりします。
それは全て、全国の稲荷神社の総本宮、京都の伏見稲荷神社につながっている、とされています。
この狐像は「お穴」からまさに飛び出してきた瞬間を表現したものと思われます。
ひょっこり顔を覗かせる狐と、ジャンプ一番の狐――柔和なお顔ともども素晴らしい造形です。
c0080357_12351988.jpg

岩壁に祠(ほこら)がビルトインされています。
いずれも10月28日、鋸山(のこぎりやま)の乾坤(けんこん)稲荷で。
c0080357_12353897.jpg

[PR]
by muffin-man | 2013-12-21 12:49 | おまけ

千葉・鋸山3  千五百羅漢

鋸山(のこぎりやま)の山道に、無数の羅漢が並んでいる。
その名も、千五百羅漢。
c0080357_12321928.jpg

c0080357_12323695.jpg

苔と一体化していたり、
c0080357_1233980.jpg

今にもカッと黒目をむきそうだったり、
c0080357_1233261.jpg

シェーカーを振るバーテンダーだったり、
c0080357_12334285.jpg

女子もいる。
c0080357_12335831.jpg

素堀の小さな隧道がいくつも。 やがて――、
c0080357_12344034.jpg

小さな滝にたどり着く。 その下に――、
c0080357_12345851.jpg

羅漢ではなく、なぜか、不動明王。
c0080357_12351357.jpg

さようなら。 またお邪魔させてもらいます。
c0080357_1235341.jpg

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2013-11-03 12:38 | おまけ

千葉・鋸山2  山中におわします

ここ鋸山(のこぎりやま)は、江戸期から建築用資材として「房州石」が切り出され、結果、こうした奇観を楽しめる。
切り通しを進むと――、
c0080357_11483040.jpg

こうなっている。
スゴいね、カンボジア奥地の寺院みたいだ(行ったことないが)。
c0080357_1150980.jpg

そこにおわしますのが「百尺観音」。
6年がかりで昭和41年(1966)に完成した。
やっぱりカンボジアっぽい。
c0080357_11494154.jpg

こちらは中腹に座す大仏。
もともとは天明3年(1783)に造られたのだが、崩壊してしまったため、昭和44年(1969)に復元されたという。
ところで、ここで撮影中に若いカップルから、大仏を背景にツーショット撮影を頼まれた。
手渡されたコンデジで撮影しながら驚いたね。
このカメラ、カップルだけでなく、大仏の顔も「顔認識」していたよ。
c0080357_11504367.jpg

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2013-10-30 21:00 | おまけ

千葉・鋸山1  秋晴れ

内房の鋸山(のこぎりやま)。 20年ぶりです。
ごぞんじ、山頂展望台の「地獄のぞき」。 撮ってるだけでハラハラするね。
c0080357_2253445.jpg

この日は、対岸の横須賀・久里浜港から東京湾フェリーで渡ってきました。
昨年6月の南房総チャリツアーの際も乗りました。
c0080357_225569.jpg

山頂展望台にて。
猿が鋸山にもいるとは知らなかった。
内陸の山中に生息している、とは聞いているが(高速道沿いにも『サルに注意』の標識がある)。
c0080357_2263520.jpg

途中の行程を省略して、ここはJR保田駅近くの路地(下山後)。
c0080357_2214585.jpg

山中の写真は次回以降に、つづく。
ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2013-10-28 22:09 | おまけ