<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

巣鴨/百人町  生マッコリでさよなら2015年

JR巣鴨駅でディランを発見。
来春、来日するんだね。
行こうかな、と思いながらよく見ると、SS席が2万5000円。
以前行ったときよりずいぶん高くなっているような気が……。
c0080357_8562960.jpg

新宿で買い物をしたり、写真を撮ったりした後は、ここ新大久保のコリアンタウンの「春川ダックカルビ」。
屋台風なのがいいね。
ひところより活気が失せたと言われるが、とんでもない。すごい人出だったよ。
c0080357_8584172.jpg

生マッコリはヤカンで飲む。
微炭酸がおいしいのだ。
c0080357_8585611.jpg

次々とさばかれる鶏の足。
ここは鶏料理が名物だそうです。
c0080357_8591241.jpg

別の店の前に置いてある「マッコリ君」。
彼もヤカンを手にしている。
それにしても、不細工だね。
c0080357_8592546.jpg

はちみつホットクを路上で食べていたら、はちみつをマフラーにベッタリと垂らしてしまった。
店の人に「はちみつが垂れるから気をつけてね」と言われたのに……。
c0080357_8593727.jpg

宝くじにご利益ありという皆中稲荷神社。
2016年が好い年でありますように。
c0080357_8594861.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-12-31 09:04 | 新宿/渋谷/原宿

クリスマスプレゼント、自分に

間もなく終了する『春画展』。
前期も後期も鑑賞したが、まだまだ食い足りん!と、図録も買ってしまった。
厚さ6センチ、4000円。
自分へのクリスマスプレゼントだ。
c0080357_21474433.jpg

月岡雪鼎(つきおか・せってい)。
この人の春画(の複製ながら)を手元に置いておきたいと思ったのだ。
とりわけこの1枚は、女の髪の乱れた様子や、男と女の指の絡み具合がたまらん。
女の着物がキュートだが、お歯黒を施しているから、人妻だね。
写していない下半身は、もちろんエグい。
メリークリスマス!
c0080357_21475686.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-12-20 21:50 | おまけ

日本堤/千束/浅草  2時から飲む

写真仲間が集まり、忘年会。
日本堤のご存じ「丸千葉」に、開店と同時の午後2時スタート。
相変わらず、安くてうまい。大将も元気いっぱいだ。
2時スタートだと、いくらでも飲めるね、うしし。
c0080357_11532526.jpg

たらふく飲み、食べた後は、土手通りを越え、吉原大門から吉原エリアに向かう。
c0080357_11533939.jpg

吉原神社に立ち寄る。
こちら、「お穴さま」。
c0080357_11535097.jpg

さらに、吉原弁財天本宮(吉原神社飛び地境内)を訪れる。
c0080357_1154213.jpg

写ガールの美しい立ち姿にため息を漏らしつつ、
c0080357_1154343.jpg

グイッと寄って、さらに1枚撮らせてもらう。
目がセクシーだね。
c0080357_11545056.jpg

食い足りなかったわけではないのだが、今度はおやつだ。「三島屋」だ。
もんじゃ焼きやタコ焼き、焼きそば、今川焼きをいただく。
別腹だね。
c0080357_115559.jpg

解散し、おらは一人浅草寺を歩く。
まだ午後8時前。仲見世の夜は早い。
c0080357_1155159.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-12-14 11:59 | 三ノ輪/南千住/東日暮里/下谷

百人町  ミントはまだ香っているか

久しぶりに西武新宿線沿いの小径を歩いた。
「おとめ荘」の看板が新しくなっている。
隣のゴミ箱は以前のままだ。
昭和的にいうと「護美箱」な。
c0080357_172136100.jpg

山手線側に行くと、こんな路地が残っている。
c0080357_17214963.jpg

何と、井戸も。
歌舞伎町に最も近い井戸と思われる。
しかも、ちゃんと使われているようだ。
c0080357_1722182.jpg

こちらは路上に蛇口あり(ただし、栓なし)。
シンクが破壊されている。
c0080357_1722146.jpg

王子様とお姫様の壁画で、ラブホ街っぽく(というわけではない)。
c0080357_17222851.jpg

天使も舞う。
「あはは」
c0080357_1722407.jpg

とっくに閉鎖されたロッテ新宿工場。
すぐ近くの母校の高校では、この工場から流れてくるミント(ガム)やチョコレートの匂いが年中すごかった
閉鎖された工場の前で目をつぶり、深呼吸してみると、ミントがかすかに香ったような気がしたが、記憶が勝手に反応しただけだろう。
c0080357_1723171.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-12-12 17:30 | 新宿/渋谷/原宿

館山  紅葉狩りのつもりが……

房総半島は関東の中でも紅葉が遅いと聞き、出かけました。
JR内房線車中の朝食は、これ、「トンかつ弁当」と「常春の国 房州 菜の花弁当」。
小さいので、男らしく一気食いだ。
それにしても、どうよ、この昭和なパッケージ。
c0080357_23231158.jpg

紅葉狩りといっても、これといった目的地があるわけではなく、何となく館山駅から路線バスに乗り、4月にも訪れた「安房自然村」に向かう。
撮影には目もくれず、ひたすら温泉につかる。
こちらは、1つ手前の布良(めら)停留所。
c0080357_911178.jpg

その後、3年前の房総チャリンコ旅でも来た「あさみ」にて昼食。
c0080357_23232678.jpg

刺身定食、うんまいど。
c0080357_23233579.jpg

またしても紅葉を無視して、犬石停留所で美女を撮らせてもらう。
こういう田舎の停留所は好いよ。
c0080357_23234686.jpg

そこの君、悔い改めよ!
いや、おらもだが。
その隣の「まさかのときは三和仏商」は最後の写真にも出てくる。
c0080357_23235516.jpg

停留所から見た空は澄んでいた。
c0080357_2324365.jpg

館山駅前のバス待合室。
ほら、ここにも「まさかのときは……」の看板が。
ほんでもって結局、この日の紅葉写真はゼロ。
温泉と刺身定食で満足してしまった一日だった。
c0080357_23241143.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-12-07 23:29 | おまけ

雑司が谷/赤塚公園  噴火口問題

久しぶりに肛門を見てもらった。
とても恥ずかしいポーズで。
いや、医者に診てもらったのだ。
c0080357_9202938.jpg

痔主だ。
高校時代、痔を理由に北海道への修学旅行を休んだ。
大学に入ってからも、何度か病院に駆け込んだ。
まだウォシュレットなどない時代、洗面器に湯を張って洗ったこともある。
c0080357_9204627.jpg

卒業後は静かにしてくれていたが、ここ数年、“噴火活動”がなぜか活発になってきた。
痛い、というより、かゆい。
かゆみはどんどん増し、職場で仕事していても火口および周辺がムズムズするようになった。
さすがにヤバいと思い、ネットで病院を探し、行った。
c0080357_920567.jpg

痔ではなかった。
診察すること、わずか1分弱、「あー、湿疹のひどいやつですね」と言われた。
いや、どっちでもいい。
症状は若い頃と変わらないんだから。
処方された軟膏を塗ったところ、かゆみはとりあえず治まった。
どうか、このまま暴れずにいてくれますように。
以上、写真=いずれも4日(金)撮影=とは全く関係ない話でした。
c0080357_921791.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-12-05 09:22 | 大塚/池袋