<   2014年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

R17 Revisited  Desolation Row

国道17号の街を数年ぶりに再訪した。
左側に見える。
c0080357_23243447.jpg

廃墟の店々に紅葉が始まった。
c0080357_23244765.jpg

何年か前に比べ、荒廃がさらに進んでいる。
近づいてみると――、
c0080357_232579.jpg

店の中も草々に覆われ、ガラスを破らんばかり。
しかも、いつ頃のものなのか、枯れ葉と2層になってしまっている。
c0080357_23252247.jpg

美容室。
扉はもはや完全に閉まらないようだ。
公衆電話は不通だろうか。
ひょっとしたら、行ったこともない異国につながり、聞いたこともない言葉が受話器から流れるかもな。
c0080357_23253792.jpg

隣は化粧品店。
c0080357_23254829.jpg

いつのものなのだろう。
ガラス越しに見ると、店の中は商品であふれている。
c0080357_2326170.jpg

さようなら。
c0080357_2326138.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-11-30 23:37 | 滝野川/王子/赤羽

赤塚公園(板橋)  黄葉、案外スゴい

ここ赤塚公園が「紅葉の名所」と呼ばれたことはありません。
が、結構な実力派なのです。
このように登山道もあります。 登ってみましょう。
c0080357_1123942.jpg

なかなかのもんだね。
c0080357_11232485.jpg

麓(ふもと)に再び下りると――、
c0080357_11234478.jpg

BBQを楽しむ人たち。
ここでは毎年撮っている。
c0080357_11235923.jpg

いずれも数日前に撮影。
ペンタックスの古いコンデジ、Optio l-10を使いました。
c0080357_11241244.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-11-27 22:00 | 赤塚公園

国営昭和記念公園  今度は紅葉だ

3カ月ぶりに国営昭和記念公園を訪れました。
夏はヒマワリが満開だったが、この季節は紅葉が美しい。
ゲートの近くにはイチョウ並木。
c0080357_11575775.jpg

「水鳥の池」と周辺も紅葉している。
c0080357_11581228.jpg

c0080357_11582672.jpg

今回もレンタサイクルで広大な園内をまわる。
c0080357_11583752.jpg

「みんなの原っぱ」の大ケヤキ。
デカいね。
右下の親子が、あんなに小さい。
これは夏に来た時も撮った。
c0080357_11585599.jpg

「こもれびの里」の農家。
干し柿がまだフレッシュっぽい。
c0080357_1159963.jpg

穴があったら入れたいリターンズ。
c0080357_11592182.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-11-22 08:00 | おまけ

等々力  とても23区とは思えない

等々力渓谷をあとにし、この日の目的地に向かう。
ここは……、
c0080357_11281265.jpg

東京23区。
c0080357_11282735.jpg

世田谷区等々力。
うそではありません。
c0080357_1128398.jpg

こんにちは。
はじめまして。
c0080357_1129034.jpg

緩やかな傾斜地に、野仏が点々と。
ここは、千葉・鋸山(のこぎりやま)の千五百羅漢でもなければ、埼玉・寄居(よりい)の五百羅漢でもない。
くどいけれど、23区だ。
c0080357_11302153.jpg

で、どこかというと、御岳山古墳(みたけさん・こふん)。
目黒通り(写真・手前)沿いの、こんもりしたところが、古墳。
5世紀後半~6世紀半ばの築造という。
c0080357_113139.jpg

おじゃましますよ。
c0080357_1131436.jpg

路傍の観音像や地蔵は江戸期のものだ。
数えてみると、32体あった。
あっという間に、頂上が見えてきた。
c0080357_1132424.jpg

頂上には祠(ほこら)が。
c0080357_11321398.jpg

祠には不動明王像。
ごく近年のものだろう。
c0080357_11322032.jpg

頂上から見た風景。
ほとんど深山の趣だ。
c0080357_11323044.jpg

正面の目黒通りも、古墳からはなかなか見通せない。
それほど鬱蒼としている。
c0080357_11324149.jpg

さようなら。
c0080357_11324923.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-11-18 22:00 | おまけ

等々力  渓谷を行く

「とても23区内とは思えない風景がある」
と聞いて、出かけました。
それは、今回紹介する等々力渓谷ではありません。
等々力渓谷は寄り道しただけでした。
渓谷の上に、有名な「ゴルフ橋」という大変珍しい名前の橋が架かっています。
c0080357_22565421.jpg

その橋上から下を覗くと――、
うわ~、なんと、等々力渓谷もまた「とても23区内とは思えない風景」じゃないか。
渓谷だよ、渓谷。 23区内で、世田谷で、け・い・こ・く。
c0080357_2257426.jpg

ゴルフ橋下の遊歩道に下りてみる。
ぶは~、この風景、奥多摩かっての。
先週行ったばかりだよ。
c0080357_2258195.jpg

静かに、時に激しくほとばしる谷沢川(やざわがわ)。
やがて多摩川に合流します。
c0080357_22585027.jpg

c0080357_2259051.jpg

頭上に橋が見えてきた。
青梅線。
じゃなくて、なんと、環八通りが通っているのだ。
環八が渓谷をまたいでいるとは知らなかったね。
c0080357_22591637.jpg

遊歩道の脇のいたるところから、湧き水がチョロチョロと谷沢川に注いでいる。
c0080357_22593520.jpg

川の両脇はこんな感じ。
湧き水はこんなところからひっそりとしみ出ている。
もうなにもかもワイルドすぎる。
c0080357_22595257.jpg

やがて、祠(ほこら)が見えてきた。
ん? あれは……、
c0080357_2301137.jpg

いや、このカップルではなく、その向こう――、
c0080357_2302963.jpg

滝!
23区に滝!
c0080357_2305072.jpg

「不動の滝」と言います。
案内板によると、古来から滝に打たれて行をする人々が各地から訪れている、というが、今でも来るのだろうか。
c0080357_2312510.jpg

感動しながら横の石段を上ると、そこは等々力不動尊。
c0080357_2314765.jpg

境内には展望台がある。
が、木々が鬱蒼としているため、谷沢川は見えない。
それにしても、寄り道にしては大変美しい風景を見せてもらった。
このあと、本命の「とても23区内とは思えない風景」に出合うのだが、それはまた次回。
c0080357_2315486.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-11-14 23:10 | おまけ

奥多摩  紅葉の多摩川を行く

今回は、いつものレンタサイクルは利用せず、多摩川沿いを歩く。
青梅線・軍畑(いくさばた)駅で下車。 健脚家たちが準備体操に余念がない。
c0080357_13513797.jpg

そんな本格的なハイカーたちとは別方向へ、わしら写真仲間はダラダラ歩き出す。
正面は青梅街道。
c0080357_13515330.jpg

青梅街道から多摩川へと下る石段。
鬱蒼としてきて、ゾクゾクする。
c0080357_13522135.jpg

やあ、紅葉している。
あいにくの曇り空だが、紅葉狩りのタイミングとしてはまずまずだ。
川沿いに設けられている遊歩道を、上流の御岳(みたけ)方面へとズンズン行く。
c0080357_1354753.jpg

遊歩道といっても、野趣に富んでいる。
c0080357_1354406.jpg

最初に出合った橋は、楓橋(かえでばし)。
一帯ではカヌーやカヤックが盛んで、ここにも数人の人たちがいる。
c0080357_1355194.jpg

まだ朝の10時半。 ふふふ、モーニングコーヒー代わりに一杯。
橋のたもとに地元の小澤酒造がやっている「澤乃井園」で、わさび漬けとともにいただく。
c0080357_13552035.jpg

酒を楽しみながら紅葉を愛でる。
このまま死んでもいいや、と思ったりする。
c0080357_13553250.jpg

ほろ酔い加減で楓橋を渡ると、この看板。
なぜか、ところどころ平仮名だが、こんなところに出没するのかね、痴漢。
c0080357_13554530.jpg

ゴ~ン!と、鐘の音が一帯に響くので、見に行くと、寒山寺(かんざんじ)の鐘。
c0080357_13555554.jpg

昭和5(1930)年に落慶。
初代の鐘は戦中に供出され、昭和40(1965)年になって再建されたそうだ。
c0080357_13564513.jpg

さあ、再び上流へ向かおう。
c0080357_1357052.jpg

モミジが苔の岩に落葉して。
c0080357_1357249.jpg

山ガール、後ろ姿がキュートだね。
c0080357_13573729.jpg

レンタサイクルでまわると気づかないが、多摩川沿いでは結構多くの人々が秋を楽しんでいる。
c0080357_13575551.jpg

ボルダリング(bouldering、フリークライミングの一種)に熱中する若者たちも大勢見かけた。
c0080357_13583647.jpg

御嶽駅に近づくと、渓谷にへばりつくように建物がいくつも現れる。
こちらは、紅葉に一部覆われている。
c0080357_13584860.jpg

神路橋(かみじばし)から多摩川を望む。
御嶽駅までは、グルッとあえて遠回り。
c0080357_135957.jpg

で、いきなりですが、吉祥寺・ハーモニカ横丁。
御嶽駅前でいつもの中華屋で遅い昼メシを食べ、あれやこれやした後、吉祥寺まで戻り、居酒屋で反省会を開いたのでした。
c0080357_13592053.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-11-09 14:06 | おまけ

日比谷公園  秋の霊峰登山

日比谷公園には「山」がある。
「三笠山」という立派な名前の霊峰が。
明治36年製の水飲み場の横に、人知れず「登山道」の入口。
c0080357_19525536.jpg

急峻な登山道を行く。
本格的な装備が必要なほど険しい。
c0080357_1953664.jpg

岩場は崩落の恐れあり。
ナメてかかると、大変よろしくないことになる。
ここから先はベテランでないと登れない。
c0080357_19533289.jpg

しかも途中、こんな危険な生物が待ち構えている。
そう言えば、大昔『かまきり夫人の告白』という五月みどり主演のエロ映画があった。
夫人とナニした男たちはみんな破滅していく、というおぞましくもチープな物語だ。
c0080357_19534664.jpg

ようやく頂上に着いた。
大災害の痕跡だろうか、巨木が枯死したまま残されている。
c0080357_1954013.jpg

頂上に山小屋などない。
下界のはるか向こうに、日比谷のビル群。
「ヤッホー!」と叫ぶと、見事なやまびこが聞こえた。
三笠山を堪能したところで、さて、下山しよう。
c0080357_1954151.jpg

ふもとはすっかり秋だね。
c0080357_19543249.jpg

c0080357_19545033.jpg

c0080357_1955443.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-11-04 20:03 | 銀座/有楽町/日比谷/京橋

砂町銀座/白河/錦糸町  雨の街で食い、飲む

久しぶりに登場、ショートヘアに変身していっそう美しくなった我らが写ガール。
何をしているところなのか、というと……、
一番下の写真をご覧下さい。
c0080357_10285794.jpg

久しぶりにカメラ仲間が集まり、砂町銀座に繰り出した。
あいにくの雨だが、まずは「鳥光」の焼き鳥に発泡酒で、昼前から勢いをつける。
c0080357_1029814.jpg

ここね。
一番高い「特別焼き鳥」は180円。 房州(千葉県)の地鶏だそうで、柔らかくて美味。
c0080357_10291660.jpg

商店街をブラブラ行く。
洋菓子屋のショーケースは純白の光を放っていた。
c0080357_10293276.jpg

昔は実家(中野)近くの商店街にも、いろんな店があったもんだ。
c0080357_10294837.jpg

c0080357_1030950.jpg

濡れるので気をつけて下さい。
c0080357_1030201.jpg

雨の中、子供がじっと待っている。
この商店街には子供が多い。
c0080357_10303420.jpg

c0080357_10304851.jpg

ひょいと路地に入ると、モノトーンの世界。
c0080357_10305642.jpg

昼メシは、ここ「銀座軒」。
上海焼きそば800円をいただく。
c0080357_10318100.jpg

店の扉には、こんな貼り紙。
c0080357_10311747.jpg

店の横にはニンニクなどが吊されてた。
c0080357_10312791.jpg

一方、こちらはコーヒーの麻袋を利用したコーヒー屋の広告。
c0080357_10313936.jpg

その店「カフェパリドール」で食後のコーヒーを飲む。
ブレンド300円と安いうえに、すんごく美味しい。
なぜか店内には青江三奈の『伊勢佐木町ブルース』や黒沢年男の『時には娼婦のように』などの昭和歌謡が静かに流れている。 好い雰囲気だ。
c0080357_1031561.jpg

砂町銀座を後にして、深川江戸資料館を見物しようということになり、清澄白河駅に向かう。
霊巌寺境内のイチョウが色づいていた。
今年は紅葉が早いね。
c0080357_1032631.jpg

でもって、わたしらとしては珍しく、錦糸町駅前のカラオケ屋へ。
途中、駄菓子屋に寄り、写ガールはストローで膨らませるバルーン(チューブ入り)を買い、カラオケ屋で次々と膨らせて遊んでいた。
写ガール、歌うまし。
c0080357_10321650.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-11-02 10:38 | おまけ