<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

高田馬場  ロック&メン

店内に流れるドゥービー・ブラザーズの“Long Train Runnin'”。
壁には、頭脳警察やジミヘン、外道のポスターや色紙。
c0080357_22454694.jpg

ロックバーなのか? それともロック喫茶? いや、ロック喫茶は今やありえん。
あ、今度はニッティ・グリッティ・ダート・バンドの“Jambalaya”が流れてきたぞ。
一体、何の店なのだ。
c0080357_22461022.jpg

わおっ! まさか?!
c0080357_2246343.jpg

ラーメン「千代作」である。
ここは高田馬場駅そばの「さかえ通り商店街」。
なになに? 看板の 「ストーンズプレート」って、どんな料理なんだろう。
お、サンタナが聞こえてきた。
c0080357_22473155.jpg

で、おらが注文したのはこれ、冷たいつけ麺大盛り750円。
c0080357_2248195.jpg

どんなつけ麺かというと、表の看板を見よ。
うまいぞ! 酸味と辛みが効いていて、夏にピッタリだ。

2カ月ほど前、たまたま通りかかった時、店内からピンクフロイド“The Wall”の1曲が聞こえてきて腰を抜かしそうになったのだが(だって、ラーメン屋にピンクフロイドだよ)、今回、入ってみた。
ご主人は、おらと同い年の気さくな人で、ロックミュージシャンもよく訪れるそうだ。
また行きますよ。
c0080357_22494510.jpg

ところで、わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-06-27 22:56 | 新宿/渋谷/原宿

青戸/立石  友を見舞う

急きょ入院することになった写友のお見舞いに行きました。
その帰り、他の同志たちとともにテクテクと。
窓という窓が簾(すだれ)や日除けで覆われた集合住宅、そしてかたわらに、ネコ。
c0080357_0384848.jpg

わしら写真好きは、いかなる時もカメラを手放さない。
ここ立石はご存じ「鳥房」の、アブラがたっぷり染みた窓。
c0080357_039114.jpg

路地で見つけた店。
「揚げ物のミックス」を「アベノミクス」と読ませる強引さが好いね。
いや、よく見ると「アベのミツクス」だ。
c0080357_039135.jpg

退院して元気を取り戻したら、みんなでまた飲みましょうや。
ちなみに以前、この界隈で撮ったネコは、この子たち
c0080357_0392415.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-06-25 00:40 | 北千住/立石/堀切

白山/向丘/根津/西日暮里  アジサイ、ネコ&写ガール  

写ガール、熱心に何を撮ってるのか。
c0080357_2251331.jpg

これか。
c0080357_2253437.jpg

それとも、これ?
c0080357_2254963.jpg

あるいは、この立て札?
「立入禁止(ネコを除く)」と書いてあります。
c0080357_226373.jpg

正解はニャン吉。
そして、ここはアジサイで知られる白山神社。
アジサイはピークを過ぎてました。無念。
c0080357_2263133.jpg

写ガール、本日はドカンとニコンF4!
フィルムカメラだど。重いど。
c0080357_2265035.jpg

白山神社を後にして、やって来たのは近くの大円寺。
焙烙(ほうろく)地蔵といい、病気を治癒してくれるありがたいお地蔵さんなのだ。
それにしても、ナマ足が素敵すぎて、おらのカメラ、シャッターがうまく押せん。
c0080357_227539.jpg

団子坂に向かって、大観音通りを行く。
c0080357_2271983.jpg

c0080357_2273544.jpg

谷根千に到着。
ガール、路地を行く。
c0080357_227477.jpg

ガール、井戸を撮る。
c0080357_228830.jpg

谷中銀座でメンチカツなどを肴に冷酒を飲った後は、ここ、ご存じ「夕焼けだんだん」。
ガール、ここでもネコを撮る。
c0080357_2282766.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
上記・焙烙地蔵も詳述しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-06-17 22:13 | 根津/谷中/千駄木

奥多摩/青梅  滝をめざす

約半年ぶりの奥多摩サイクリング。
気持ちいい初夏の風――のはずが、真夏並みに暑かったよ。
今回は三ツ釜の滝をめざします。
c0080357_11404396.jpg

青梅街道から外れ、山間の道を上っていく。
c0080357_11405394.jpg

わたし好みのこんな隧道(ずいどう=トンネル)や、
c0080357_11411045.jpg

天狗の現れそうな杉林を抜け、
c0080357_11412467.jpg

岩盤を伝う冷たい水で首をぬぐう。
が、汗は引かない。
c0080357_11413584.jpg

上る、上る。
まだ遠い。
疲れたので、とっくに「押し歩き」だ。
c0080357_11415293.jpg

まだ……。
c0080357_1142280.jpg

上り坂を行くこと1時間余。
へろへろになりながら、滝への入口に到着しました。
なんと、半年前にも見かけた、あの不思議な「モノレール」が、こんなところにも。
レールが草の陰からちょっとだけ覗いてます。
かつては山の上に人が住んでいたのだろうか。
c0080357_12504513.jpg

さて、ここを渡ってしばらく行くと――、
c0080357_11421744.jpg

どーん! 三ツ釜の滝。
冷たい風が吹き渡り、心地いいね。
c0080357_11431247.jpg

c0080357_11432814.jpg

では、道を戻り、いつものようにJR青梅駅を目指そう。
数馬峡(かずまきょう)橋から多摩川を望む。 遠くに、JR青梅線の橋脚。
c0080357_11441236.jpg

昼メシは、これまたいつものように御嶽駅前の東峯園で。
c0080357_11442127.jpg

多摩川ではカヌーの練習をしていたよ。
c0080357_11443279.jpg

青梅線の沿線風景は、なかなか好い。
c0080357_11444246.jpg

多摩川と、手前は青梅街道。
あの青梅街道が、ここではこんなにユルいぞ。
c0080357_1145029.jpg

再び、青梅線。
c0080357_11452956.jpg

青梅市沢井の地蔵堂。
赤黒くサビたトタン屋根がたまらん。
c0080357_11453716.jpg

海禅寺(かいぜんじ)。創建は寛正年間(1460~1466年)。
c0080357_11454783.jpg

多摩書房。
ご主人に取材した同志によると、店は半世紀以上も前の1957年(昭和32)建築という。
2年前に訪れた時は、時節柄、日食関係の本がいっぱい並んでいた。
c0080357_11455822.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-06-02 00:09