<   2014年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

茨城・稲敷  竹林と桜花の五百羅漢

五百羅漢がいらっしゃると聞き、JR常磐線と路線バスを乗り継ぎ、瑞祥院にお邪魔しました=代休の本日31日(月)。
寺の裏山に安置されているいう。 ふもとの階段で迎えて下さった。
c0080357_19471937.jpg

鬱蒼と、竹林。
ここを抜けると頂上で、そこに羅漢さんが……見えてきた。
c0080357_19473035.jpg

わ、さすがにスゴい数。
c0080357_19474658.jpg

整然と。
c0080357_19494113.jpg

竹林に向かって。
c0080357_1949539.jpg

東京都心は昨日、桜が満開となったが、ここではまだ6分咲き。
c0080357_1950129.jpg

それでも、羅漢をやさしく彩る。
c0080357_19501011.jpg

えへへ。
c0080357_19501841.jpg

小野川が望める。 その先は霞ヶ浦だ。
直線距離だと、上野から約56キロ。
というと近そうだが(実際、チャリでもこの距離なら楽チン)、あくまでそれは机上の話。
実際には、JR常磐線・土浦駅からバスで延々50分もかかった。
c0080357_1950259.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-03-31 19:52 | おまけ

赤塚公園/飛鳥山公園/上野公園  けなげに満開

東京都心で桜が満開となったそうです=本日30日(日)。
時折激しくなる風雨の中、けなげに咲いてるよ。
まずは赤塚公園(板橋区)。
c0080357_16595785.jpg

つぼみも濡れそぼり。
c0080357_1701479.jpg

飛鳥山公園。
若者たちが、シートを屋根代わりにして花見に果敢に挑戦してました。
c0080357_1703019.jpg

公園から王子駅を望む。
c0080357_1704755.jpg

逆に、王子駅ホームから「さくら新道」。
一昨年の火災で飲み屋の大半が焼失してしまった。
ほぼ同じ場所から撮った2008年春の写真は、こちら
c0080357_171654.jpg

ところ変わって、上野公園。
最悪の天気なのに、大変な人出。 みんな待ちきれないんだね。
c0080357_1712055.jpg

不忍池。
手前の濃いピンクの木は「陽光桜」。
それにしても、罪な風雨だ。 花びらだけでなく、つぼみもいっぱいちぎれ飛んでいたよ。
c0080357_1713710.jpg

最後に、鶯谷駅構内。
「客引き」とか「スカウト」って、こっち関係(リンク先の2枚目)かもな。
c0080357_1715089.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-03-30 17:10 | 花/虫90㍉マクロ

千葉・富津  続・戦争遺跡を見に行く

久しぶりに富津公園を訪れました。
北側の海沿いに歩くと、お、正面のあれは?!
c0080357_126529.jpg

戦中、「観測壕」「監視所」と呼ばれた構造物です。
左側が入口で、右側および奥に開けられた横長の穴は「銃眼」といい、この穴から銃砲器の試射の様子を観測したそうだ。
c0080357_1262546.jpg

内部から銃眼を見る。
c0080357_1263727.jpg

前回は、こちらまでは足を向けなかったので、この観測壕を撮るのは初めてです。
それにしても、波打ち際からこんなに近い。
c0080357_1265054.jpg

戦前の遺構なので、コンクリートも鉄筋もボロボロ。
が、潮風にさらされた場所でも、これだけの状態を21世紀の今日まで保っていることにむしろ驚く。
c0080357_12721.jpg

富津岬の突端にある展望台から西側を望む。
左上の海上に見えるのが第1海堡(かいほう)。
明治期の半ば、外国の軍艦から首都を防衛するため、人工の島に造られた砲台です。
c0080357_127234.jpg

このあたりは遠浅のため、第一海堡まで歩いて渡るツワモノもいるようだ。
c0080357_1273142.jpg

先ほどの場所に戻り、周囲を捜索すると、枯れ草に埋もれてもう1基。
「ボウズ」と言われるタイプの観測壕です。
c0080357_127435.jpg

入口側に回ると、こんな感じ。
階段状になっていますが、階段ではありません。
c0080357_127566.jpg

内部は荒れています。
c0080357_128543.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-03-20 01:31 | おまけ

中野新橋  みんな待ってる

神田川沿いの舗道に、たった1本、早咲きの桜が満開でした=ペンタックスOptioⅠ-10使用。
通りかかった人はみんな足を止めて見入ったり、スマホで撮影したり、春を待ち焦がれています。
c0080357_21245319.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-03-15 21:25 | 新宿/渋谷/原宿

埼玉・飯能  山頂でUFOを待つ

天覧山(てんらんざん)に登りました。標高195メートル。手軽なハイキングコースです。
が、途中、こんな狭くて歩きにくい場所も。
c0080357_1125227.jpg

十六羅漢などが、山道沿いおわします。
c0080357_1126448.jpg

岩壁に、観音像や地蔵もいらっしゃる。
幾体も、木漏れ日に映し出されて。
c0080357_11264017.jpg

崩壊した肩から上を、あとから新たに造ったのだろう。
見るからにアンバランスだが、それがかえって信仰心の厚さを物語っている。
c0080357_11292278.jpg

あっという間に頂上。
飯能市街地と、地平線の左側に東京スカイツリーがかすかに見える。

実は、ここは三島由紀夫『美しい星』(1962年)の冒頭に登場する。
自ら宇宙人と信じる家族が冬の深夜、天覧山の頂上で「数機の空飛ぶ円盤」の登場を待つ、という設定だ。
若い頃読んだときは「三島流SF」などと言われていたように思うが、今読み返すと、SFでも何でもなく、異色の文明論だね。
残念なことに、羅漢については一言も触れていない(登山ルートは作品執筆当時も今も変わっていないはずだが)。
c0080357_1129428.jpg


わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-03-12 11:34 | おまけ

市川/松戸  春はどこに来た?

代休の本日、市川市国府台まで撮影に出かけたついでに=3日(月)。
早咲きの河津桜ですな。
c0080357_1754498.jpg

江戸川の土手から松戸方面を望む。
いつも思うが、ここが東京・大手町から直線でたったの13キロとはね。
c0080357_1755559.jpg

東京湾はすぐそこだ。
おらはこの土手が好きでの。
c0080357_17551553.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-03-03 17:57 | おまけ

埼玉・久喜  平成羅漢

文永2年(1265)創建の定福院。
歴史の古さもさることながら「平成羅漢」の寺として知られているそうです。
なんと、自分の手で羅漢を彫ってしまおうという人たちが集まるのだ。
まずは、石に下絵を描くことから始まる。
c0080357_1232291.jpg

彫る、彫る、彫る。
c0080357_1253816.jpg

活動は26年前に始まり、これまで造られた羅漢さんは実に800体超。
こちら、羅漢さんの集会だね。
ウクライナ、どうなるのか。
c0080357_1262735.jpg

境内には庵(いおり)もある。
茶を飲んだり、餅を焼いたりと、囲炉裏を囲んで一息入れるのが、皆さんのもう一つのお楽しみです。
c0080357_1264212.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!

リコー学部・学外展「女神と4人の従者たち」、根津でやってるよ!
[PR]
by muffin-man | 2014-03-02 03:51