<   2013年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

取材中のブルースな私

今年は春先から『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』の撮影・取材に追われました。
この写真は、都内の某お稲荷様を取材中の私。
フィルムカメラで友人に撮ってもらいました。
間違ってカメラ以外のものも携行してしまったので、いろいろと大変だったよ。
c0080357_12551129.jpg
どちら様も、よいお年を。

[PR]
by muffin-man | 2013-12-29 12:58 | おまけ

千葉・勝浦  また行くよ

今年も何度か訪れた勝浦。 1月撮影の未掲載分をアップします。
まずは、遠見岬(とみさき)神社から遠望する勝浦漁港。
長い石段を雛人形が埋め尽くす「ビッグひな祭り」で知られる神社です。
c0080357_13204511.jpg

ここにも、ビルトイン型の祠(ほこら)。
c0080357_1321110.jpg

高台から下りて街を往くと、ふと路地に井戸があったり、
c0080357_132116100.jpg

昔ながらの郵便ポストがあったり、
c0080357_1321318.jpg

そして、ここ松の湯。
この時の旅は、ここの湯につかるのが目的の一つだった。 つげ義春の漫画に出てきそうな銭湯だね。 
真冬なのに、勝浦はポカポカしていた。 また行くよ。
c0080357_13214282.jpg

自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
[PR]
by muffin-man | 2013-12-26 13:26 | おまけ

千葉・鋸山4  「お穴」からこんにちは

自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』でも触れましたが、稲荷神社には、このような「お穴」があったりします。
それは全て、全国の稲荷神社の総本宮、京都の伏見稲荷神社につながっている、とされています。
この狐像は「お穴」からまさに飛び出してきた瞬間を表現したものと思われます。
ひょっこり顔を覗かせる狐と、ジャンプ一番の狐――柔和なお顔ともども素晴らしい造形です。
c0080357_12351988.jpg

岩壁に祠(ほこら)がビルトインされています。
いずれも10月28日、鋸山(のこぎりやま)の乾坤(けんこん)稲荷で。
c0080357_12353897.jpg

[PR]
by muffin-man | 2013-12-21 12:49 | おまけ

千束/今戸  初冬の下町

この日は、写真仲間と忘年会。
その前に、千束を歩き――、
c0080357_1353923.jpg

今戸でコロッケを買い食いし――、
c0080357_1355318.jpg

クリスマスツリー仕様の東京スカイツリーを撮ったりしながら、本所吾妻橋のモツ焼き「稲垣」へ向かったのでした。
c0080357_136712.jpg

自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。

     

        
[PR]
by muffin-man | 2013-12-15 13:07 | 浅草

埼玉・寄居  五百羅漢・その2

山道を行けども行けども、羅漢さま。
c0080357_236274.jpg

思索にふける羅漢さま。
が、右眉のあたりに虫が……。
c0080357_2364945.jpg

そり残しなし。
c0080357_237715.jpg

鼻筋ピッ! イケメンだね。
c0080357_2372583.jpg

偶然なのか、誰かが置いたのか、カラスウリが彩りを添えている。
c0080357_2374190.jpg

時に、崩落して。
c0080357_238645.jpg

また来ますよ。
c0080357_2382574.jpg

自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
        
[PR]
by muffin-man | 2013-12-13 19:00 | おまけ

埼玉・寄居  五百羅漢・その1

少林寺に行きました。といっても、拳法関係ではありません。
お山にいらっしゃる羅漢さまを撮りに出かけました。
c0080357_11444680.jpg

こうして、山道に幾体も。
c0080357_1145725.jpg

何がおかしいのか……。
c0080357_11452233.jpg

ふと見ると、笹ヤブの陰にいらっしゃったりする。
c0080357_11453958.jpg

肩こったり、
c0080357_11455733.jpg

絶望したり、
c0080357_11461775.jpg

埋もれていたり。
c0080357_11463942.jpg

最寄り駅は、秩父鉄道・波久礼(はぐれ)駅。
c0080357_11474344.jpg

田舎の愛らしい駅舎です。
c0080357_11475751.jpg

自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
      
[PR]
by muffin-man | 2013-12-11 11:52 | おまけ

中野区弥生町/上十条/池袋本町  三叉路のナゾ

地蔵堂というのは、なぜか、このように三叉路に建っていることがある。
まずは、寛政8年(1796)造立の「向台の地蔵尊」=中野区弥生町。
大正期初めまで続いた念仏講の人々が造ったという。
c0080357_10435350.jpg

こちらも三叉路に建つ「姥ヶ橋(うばがはし)延命地蔵尊」=北区上十条。
8月には縁日が開かれる。
c0080357_1044767.jpg

さらに。
池袋本町の「子育地蔵尊」。
不思議です。なぜ、三叉路なのか。
c0080357_10442341.jpg

三叉路に建つ地蔵は、都内には他にもあります。
自著『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』で触れてみました。
[PR]
by muffin-man | 2013-12-09 10:46 | 滝野川/王子/赤羽

本、書きました

こんな本を書きました。
提供写真以外は全てわたしが撮影しました。
地蔵もキツネも笑う。 詳しい内容は、こちら
お手元に、ぜひ!
c0080357_12224999.jpg

[PR]
by muffin-man | 2013-12-04 23:26 | おまけ