<   2008年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

日比谷公園/築地  光、春めく

暖かくなってきました。 日比谷公園です。
1年に2度あるかないかの、SS優先 (1/800)。 逆光なので、ゴーストを噴水の飛沫で隠そうと試みましたが、ムダでした。
まあ、それも春の光ってことで。
c0080357_17193914.jpg

隅田川べりにて。 勝鬨橋と下流です。
同じ逆光でも、こちらはゴーストなし。 野球帽のつばをレンズの上にかざし、大きなフード代わりにしました。
でも、この“つばフード方式”、結構難しいんです。
右手にカメラ、左手に野球帽という不安定な姿勢のため、ブレがちになるうえ、どんなに気をつけていても、ファインダー視野率の関係で、つばが写り込むことがあります。
c0080357_1157625.jpg

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2008-02-29 11:59 | 銀座/有楽町/日比谷/京橋 | Comments(12)

鍛冶町  スポットライト

飲み屋と飲み屋の間の狭~い路地。
そこだけポッと陽が当たり……。
c0080357_023750.jpg

路地の奥にも何匹かいました (が、ご覧のように明暗がキツ過ぎて、奥は黒くツブれてしまいました)。
この路地だけでなく、街全体が“野良ネコ天国”です。

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2008-02-28 00:25 | 秋葉原/神田

板橋・赤塚公園  濡れて冷たい

たまには、こんな写真も。
c0080357_13582698.jpg

にょろにょろ。
c0080357_13584438.jpg

2週間以上前に撮りました。 寒かったな~。
c0080357_1359840.jpg

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2008-02-27 14:00 | 赤塚公園

東向島  向島映画劇場

神社の玉垣を見るのが好きで、今回は白髭神社を訪れました。
『 向島映画劇場 』 ――戦後のものと思われます。 向島にも東向島にも現在、映画館はありません。
白髭神社には、昭和20~30年代に寄進されたと思われる玉垣が多く、『 玉の井カフェー協同組合 』 と刻まれた玉垣もあります。
境内には、永井荷風の母方の祖父・鷲津毅堂の碑もあり、荷風もしばしば訪れました。
c0080357_23473995.jpg

残念ながら、『 玉の井カフェー協同組合 』 の玉垣は、かなり摩滅しており、おいらの腕では撮影できませんでした。

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2008-02-25 23:52 | 東向島/京島/墨田/向島/文花

南千住  大ばか“ご祝儀野郎”

ジョイフル三ノ輪の商店街からひょいと入った路地です。
c0080357_1995949.jpg

夜は、こうなります (別角度から別の日に撮影)。

ある日、ここで写真を撮っていると、2人組の若い女性に後ろから、
「これ、最後なんです。 よかったら、買っていただけないですか」
と、声をかけられました (下に続く↓↓)。
c0080357_19101991.jpg

振り向くと、彼女たちの手には、イチゴとキウイが1パックずつ。
三ノ輪界隈で商売していると言い、値段を聞くと、1,000円。
んん~、としばし考えましたが、でも、これも何かの縁とばかりに、
「こちとら、いつもこの街で撮らせてもらって、世話になりっ放しだ。 よしきた、ネエさん、ご祝儀だ!」
と、言葉遣いがいつの間にか“気っぷのいい下町っ子”になり、気前よく買ってしまいました (本当にそう言ったのです)。 寅さんか、おいら。

んが、帰宅して、カミさんに見せると、
「バッカじゃないの! こんなの、どう転んでも1,000円しないよ!」
と、呆れ顔。 追い打ちを掛けるように、
「な~にがご祝儀よ。 慣れないことすんじゃないの!」
そう、確かに、慣れないことをしてしまいました。
イチゴ1パックとキウイ1パックで計1,000円。 大ばか野郎です。
でも……、一度でいいから街なかで口にしてしてみたかったんですよ、「ご祝儀」。

それにしても、ネエちゃんたちに手もなくやられたね、おいら。 まだまだ修行不足だ。

※投稿後に気づきましたが、おネエちゃんたちと2枚目の写真・後方の青果屋とは関係ありません。
ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2008-02-24 19:18 | 三ノ輪/南千住/東日暮里/下谷 | Comments(28)

大手町  夕暮れ限定セクシータイム

ふだんは味も素っ気もないビル群ですが、この時間帯、ちっとは色っぽくなります。
大手濠越しに三井物産などを望む。
c0080357_20493297.jpg

先日、寒風吹き荒ぶ東向島~南千住を一日歩いて、風邪を引いてしまいました。 もう寝ます。
レス、少々お待ち下さい。 すいません。
ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2008-02-21 20:55 | 神保町/水道橋/千鳥ヶ淵

南千住  瓦斯タンク朦朧 (もうろう) として

南千住にある東京ガスのガスタンクを、隅田川越しに遠望しました。
永井荷風の日記 『 断腸亭日乗 』 1937(昭和12)年7月7日付に、このガスタンクを遠望した記述があります (もちろん、建て替えられていますが)。

裏手の屋根上に出でて見るに、立ちつづく屋根のはずれに石浜の瓦斯タンク朦朧 (もうろう) として影の如く、南千住辺の燈火東雲の空の下に明滅す。
c0080357_1882977.jpg

荷風は、前年の玉の井通いに続き、今度は吉原を熱心に取材してます。
夏の夜、吉原の妓楼の屋根に上り、南千住方面を見渡したのが、この一文。
写真は、荷風の視線とは反対側から見た風景です。
荷風の文中に 「石浜」 とありますが、写真中央をよ~く見ると、「石浜神社」 の社殿が写ってます。

それにしても、何とまあ、ただのガスタンクでさえ荷風の目を通すと絵画に大変身してしまいます。
荷風は、セメントと鉄でできた無機質な建造物が大嫌いでしたが (例えば、木造の橋から架け替えられた鉄橋など)、それが風景に溶け込んでいる場合は、話は全く別。
三島由紀夫は、荷風を
「最も下品なものを最も美しく描く」
と評しましたが、瓦斯タンクの文章は、まさにその好例です。
そう言えば、『 墨東綺譚 』 では、玉の井のドブもヤブ蚊も美しく描かれていますね。
ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2008-02-19 18:16 | 三ノ輪/南千住/東日暮里/下谷 | Comments(18)

赤羽  春待つ路地

日曜日のため、飲み屋は軒並み閉まり、北風が吹きまくってました。
本日17日(日)撮影。
c0080357_21514375.jpg

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2008-02-17 21:53 | 滝野川/王子/赤羽 | Comments(20)

赤羽  暖簾が誘う、路地裏で

我が家までバス一本で帰れるのに、いまだにこの街で飲んだことがありません。
もっとも最終バスは、赤羽発10時半。 ちと厳しい。
「外で写真ばかり撮って、寒いだろ? 四の五の言ってないで、熱燗で暖まっていきなよ」
ああ、暖簾が誘ってる……。
c0080357_993955.jpg

赤羽と王子の 「さくら新道」 は、城北エリアにおける 「一度は飲んでおきたい街」 だな。
って、“居酒屋めぐりブログ”か、「東京雑派」は。
ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2008-02-16 09:15 | 滝野川/王子/赤羽 | Comments(18)

京都  しるこ屋慕情

先週の香港に続き、今度は京都へ行きました。
店の中では、渚ゆう子が美味しそうに汁粉 (しるこ) を食べてました。
c0080357_21412935.jpg

本当は、神田須田町です。

『 京都慕情 』 も好きだったけど、『 京都の恋 』 はもっと好きだったな。
アマゾンで買おうかな、ゆう子の再発CD。
ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2008-02-14 21:46 | 秋葉原/神田 | Comments(18)