<   2006年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

西新宿  紅葉する空き家

前回の投稿から約40日経った、現在の西新宿8丁目です。
この間、ツタはさらに増殖し、すっかり紅葉していました。
界隈は、ひと気がさらに消えてしまったような。
c0080357_2132315.jpg

スナップ、スナップ写真  自然写真、ネイチャー写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-11-30 21:36 | 新宿/渋谷/原宿 | Comments(15)

銀座  電話は京橋、住所は木挽町→銀座東→銀座

銀座2丁目の畳屋さんです。
写真を撮らせてもらおうと、郵便受けのインタホンを何度か押し、待つこと数分。
ようやく出てきたのは、80歳は超えてそうなおじいさん。 昼寝中だったようで、眠そうにしていました。
お休みのところ、下らない用事で起こしてしまい、ごめんなさい。
c0080357_2129149.jpg

スナップ、スナップ写真  街頭写真  にほんブログ村 写真ブログへ

More
[PR]
by muffin-man | 2006-11-29 21:32 | 銀座/有楽町/日比谷/京橋 | Comments(22)

明石町  アーバンライフを四季折々に彩る 憩いのリバーサイド

マンションの折込チラシをマネてみました。
撮り手の感情を排した、力のない、きれいだが無表情なカット。 そして、ちゃちなキャッチコピー。
どう? チミも1部屋なんてシミッたれたこと言わず、いっそ、まるごと1棟。
c0080357_6353627.jpg

勝鬨橋から佃大橋に向かう隅田川沿いです。
マンション群の裏側から眺めた夜景は、こちら
風景写真  身近な自然  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-11-29 06:39 | 築地/豊海町/豊洲/佃/葛西 | Comments(10)

新宿  ゴールデン街で写真に酔う

バー 『 アガジベベー 』に、カメラマンの根岸基弘さんの写真展 『 はやぶさ人生 』 を観に行きました。
幼い頃から女性としての肉体に違和感を持ち続けてきたトランスジェンダー、はやぶささん(31)の日常を1年間に渡って記録しています。
被写体との“距離”が極めて短い、力のある写真に酔いしれました。
その横では、元同僚がバーボンを麦茶のように豪快に飲み続けた挙げ句……。
c0080357_20564018.jpg

写真展は30日(木)まで。アガジベベーは、ゴールデン街まねき通り。
スナップ、スナップ写真  デジタル一眼レフカメラ  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-11-28 21:08 | 新宿/渋谷/原宿 | Comments(8)

愛宕  ガケ下の我が家・昼篇

虎ノ門3丁目と隣接した愛宕1丁目。 愛宕山のまさにふもとです。
愛宕神社に続く坂道には、『 ガケ地危険 』 と書かれた看板もあります。
東京のど真ん中には、真鍮の蛇口もあれば、ガケもあります。
c0080357_2074375.jpg

『 夜篇 』 は、こちら ( リンク先の写真をクリックし続けると拡大するよ )。
愛宕神社の階段から転げ落ちてみたい人には、こんな写真も。
風景写真  スナップ、スナップ写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-11-27 20:14 | 虎ノ門/愛宕/増上寺 | Comments(18)

虎ノ門  鈍く輝け! 昭和の蛇口

ここも、虎ノ門3丁目。
愛宕山のふもとには、長屋や路地が残っています。
彼はその片隅で人知れず、鈍く輝いていました。
c0080357_16522279.jpg

※シグマ50㍉DGマクロ F2.8/-0.7補正/ISO200/WBオート/手持ち
スナップ、スナップ写真  デジタル一眼レフカメラ  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-11-26 16:55 | 虎ノ門/愛宕/増上寺 | Comments(18)

虎ノ門  秋の東京・田舎めぐり

秋の一日、山あいの町で若い女性が路線バスをノンビリ待っている――というわけではありません。
ここは東京のど真ん中、虎ノ門3丁目。 JR新橋駅も霞が関も、目と鼻の先です。
背景の紅葉は、愛宕山です。
c0080357_19474976.jpg

風景写真  スナップ、スナップ写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-11-25 19:52 | 虎ノ門/愛宕/増上寺 | Comments(24)

勝どき  洋子 赤ちゃんの時の着物――思い出がさすらう

古い家具などの粗大ゴミであふれる長屋。
シャッターを切る時、ちょっと切なくなります。
住民たちの思い出が、居所を失い、路地をさすらっています。
c0080357_142982.jpg

c0080357_1423667.jpg

2枚目の写真は、臨時に設けられたゴミ置き場で撮った。
右下の衣装ケースの横に、小さな紙が貼ってある。
よく見ると、こう書かれている。

『 おばあさんの着物  男物の着物  洋子 赤ちゃんの時の着物など 』
(原文はカタカナと漢字。 名前は改変)

おばあさんは今も元気だろうか。 洋子ちゃんは健やかに育っただろうか――などと、想像を巡らしてしまう。
家族の新たな思い出が生まれんことを――と願いつつ、またシャッターを切る。

何てポエジーなおいら。
んが……、家具を片づけていた初老の男性は、
『 新しいマンションに住むのに、こんな小汚いタンスじゃ不似合いだよ、あはは 』
と、あっさり。 ぎゃふん!
スナップ、スナップ写真  街頭写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-11-25 01:47 | 築地/豊海町/豊洲/佃/葛西 | Comments(12)

勝どき  消える 『 最後の長屋 』

都内に残された、最大にして最後の長屋を10カ月ぶりに訪れました。
路地で待っていたのは、粗大ゴミの山でした=23日(木)撮影。
c0080357_18224640.jpg

食器棚を運び出していた初老の男性に聞くと、来春までに一帯が取り壊されるため、住民たちが引っ越しの準備をしているのだという。
長屋を含む勝どき1丁目8~10番地は、4年後の2010年9月までに、54階建ての高層マンションに生まれ変わるそうだ。
戦後、東京都からの払い下げで誕生し、バブル期の地上げの嵐にも耐えた、“長屋の中の長屋”。
4年後、住民たちは再びこの街に戻るが、今度はピカピカの高層マンションに住むことになる。

初老の男性が、つぶやいた。
『 何人戻って来ることができるかねえ。 年寄りばかりだから 』
東京からまた一つ、『 昭和 』 が消えていく。
スナップ、スナップ写真  デジタル一眼レフカメラ  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-11-23 18:28 | 築地/豊海町/豊洲/佃/葛西 | Comments(20)

湊  放置プレーされたドラえもんたち

隅田川沿いの空き地に、ぶら下がっていました。
まわりは人の気配すらありません。
風雨にさらされた様子もなく、ついさっき、誰かが置いていったような印象です。
となると、放置プレー以外に考えられません。
c0080357_23362780.jpg

スナップ、スナップ写真  風景写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-11-22 23:47 | 築地/豊海町/豊洲/佃/葛西 | Comments(12)