<   2006年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ホジホジし続け200年。 そして、今日もホジホジ

偉大なるミュージシャン、フランク・ザッパ(1940~~93年)の作品に “ The Booger Man ” (鼻クソ男) というのがあります。 あ、いえ、それだけの話です。
でも、ザッパと五百羅漢――バカバカしくも深遠な?世界が共通している、と思うのは……おいらだけですね。
c0080357_19533794.jpg

※喜多院(埼玉県川越市)で今年7月(PhotoXP既出) タム90㍉マクロとか
スナップ、スナップ写真  デジタル一眼レフカメラ  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-10-30 19:58 | おまけ | Comments(16)

戸田競艇場  男たち、戦い終えて

荒川に隣接する戸田競艇場(埼玉県戸田市)。
勝負を終えた男たちが引き上げていきます。
c0080357_21304639.jpg

※10月8日撮影
スナップ、スナップ写真  街頭写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-10-29 21:33 | 家路 | Comments(20)

雑司が谷  創業225年の駄菓子屋、ここにあり

鬼子母神の境内です。
店のおばちゃんによると、1781年にアメ屋として開業したのが始まりだそうです。 実に2世紀以上もの歴史を刻む駄菓子屋ということになります。 建物そのものは、その後建て替えられたものの、専門家に調べてもらったところ、それでも明治以前の建築だそうです。
子供よりも大人が、懐かしがって麩菓子などを買ってました。おいらは、冷えたラムネで一休み。
たぶん、今まで何度も被写体になっているのでしょうが、店のたたずまいが美しかったので、つい一枚。
c0080357_23162322.jpg

※シグマ50㍉DGマクロ/一脚
スナップ、スナップ写真  デジタル一眼レフカメラ  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-10-28 23:17 | 大塚/池袋 | Comments(12)

特写! エイリアンの撮影に成功!

ほらね。
東京の写真は、ちょいとお休み。 喜多院(埼玉県川越市)の 『 五百羅漢 』 です。
c0080357_21362098.jpg

※今年7月撮影(PhotoXP既出)/タムロンSP AF 90㍉ F2.8 Di マクロ/一脚
スナップ、スナップ写真  ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-10-27 21:48 | おまけ | Comments(25)

西新宿  もう昭和81年だよ。そろそろ手を下ろしてもいい?

これも8丁目の再開発エリア。
2人の服装から推察するに、昭和40年代の看板でしょうか。 何となく、高度成長の爛熟期という匂いがします。
(西新宿シリーズ、とりあえず終わり)
c0080357_22422949.jpg

《 昭和の男たち 》
キム・イルこと大木金太郎が、ソウル市内の病院で亡くなった。享年77歳。
この名前を聞いてピンと来る人は間違いなく、『 昭和の男 』 だ。
ガキの頃、“黒い魔神”ことボボ・ブラジルとの壮絶な頭突き合戦をリアルタイムでテレビで観て、興奮した。 翌朝、中学校の教室で、校庭で、廊下で、バカ男子たち(含むおいら)はガツンガツン頭突きし合った。

ファイター吉村道明と組んだタッグも好きだった。 吉村が4の字固めで1本取ると、次は大木の原爆頭突きでキメる。 毎回こんなパターンだったように記憶する。
試合前のハデなパフォーマンスなど、ない。 イケメンも若手もいない。 レスラーは皆、『 デカいおやじ 』 だった。 外国の覆面レスラーは、いつもなぜか国籍不明と紹介された。
試合の合間のリングは、三菱電機の電気掃除機 『 風神 』 で綺麗に掃除された。『 それなら掃除機でなくてモップだろう 』 と子供心に思いながらも、『 三菱はスポンサーだかんな 』 と妙に納得していた。
シンプルな得意技や試合パターン、国籍不明、風神……昭和のプロレスは、分かりやすく物語化された 『 芸 』 だった。 みんな、デカいおやじたちの芸に酔った。
我らが大木金太郎は、皮肉にも得意技の後遺症で、もう10数年も療養生活を送っていた、という。
スナップ、スナップ写真  街頭写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-10-26 22:48 | 新宿/渋谷/原宿 | Comments(19)

西新宿  最後のロックバー

同じ西新宿でも、8丁目ではなく、今回は7丁目。
思いもしませんでした。とっくに閉店したバーの“残りカス”があるなんて。
“最後のロックバー”こと 『 コモンストック 』。
1991年のオープン以来トレードマークだったサングラスの 『 火ダルマ 』 =写真左=は、あの頃と変わらず、路地をジッと見つめています。
c0080357_21452357.jpg

主に70年代のロックLPをかけるその店は、おいらと同世代で、卒業した小学校も近い2人組が始めた。連中とは店で初めて知り合ったのに、まるで同級生のように、その夜のうちに 『 おれ・おまえ 』 で呼び合うようになった。

酒のつまみは、大音量で流れるロックだ。テーブルの上に、チラシの裏などを利用した粗末なリクエストカードと鉛筆が置いてあった。
デュアン・オールマンのスライドギターが大好きだったので、オールマンブラザーズバンドの“ One Way Out ”や“ Statesboro Blues ”、さらにエリック・クラプトンとのギターバトルも油っこい“ Have You Ever Loved A Woman ”なんてのをよくリクエストした。ボブ・ディランの“ Like A Rolling Stone ”もスタジオ盤とライブ盤を交互に注文したもんだ。
どれも自宅にある、ということなど関係ない。ドカンと股間を震わす音で聴くことに意味があるのだ。

その後は、仕事の事情などで足が遠のいた。2000年になってから、久しぶりに行ってみると、違う店になっていた。
数年前、神保町駅で“同級生”の1人を見かけた。声をかけようとしたら、彼は気づかずに三田行きの地下鉄に乗り込み、そのまま行ってしまった。

同級生のおまえら、聴いているか、70年代のロック。
おいらは聴いてるぞ。こうして今だって、オールマンブラザーズバンドの“ Mountain Jam ”を。
スナップ、スナップ写真  ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-10-24 21:50 | 新宿/渋谷/原宿 | Comments(23)

西新宿  『 やすこ 』 が消えた

12年間支えられ可愛がっていただきましたが、この度、開発退去の為、7月29日にて閉店させていただきます  ありがとうございました
お客様各位  やすこ

再開発が進む西新宿8丁目の元・飲み屋です。界隈では、こんな貼り紙を至る所で見かけます。
c0080357_20122028.jpg

閉店のことを何も知らず、半年ぶりくらいに訪れた客は驚いたろうね。会社の送別会だったりしたら、目も当てられない。例えば、こんな感じ――。
        ×        ×        ×

雑派商事・西新宿営業所の田中さん(60)は、めでたく本日、定年を迎え、なじみの居酒屋で送別会が行われた。アルバイトの紅一点エリちゃん(21)から花束を手渡され、照れ笑いを浮かべる田中さん。小所帯ながら職場を束ねる山田所長(48)も、型通りながら挨拶して、労をねぎらった。
定刻通りに会は終了し、さあ2次会はどうしようか、そう言えば決めてなかったな、と幹事役が迷っていると、山田所長が、
『 オレの店に行くか。ボトルにまだいっぱい酒残っているはずだ 』
ふだんは一人だけで飲みに行き、『 オレ流・男の隠れ家 』と心中密かに得意がっていた、西新宿8丁目のあの店。でも、今夜は田中さんの特別な日だ。隠れ家を開放して、お祝いしよう。
あ、しまった。前に行った時、酔った勢いで、名前代わりにボトルに『 新宿夕焼け番長 』なんて書いちまった。

ところが、みんなを引き連れ、数カ月ぶりに界隈を訪れると、あたりが暗い。ひと気もない。そうして、店の前まで来ると、『 閉店 』の貼り紙が……。山田所長、驚いて、別の店を探すが、ここも閉店、あそこも閉店。
やがて、田中さんは、
『 店も閉店、私も閉店か。ははは 』
と、乾いた笑いを残しつつ、暗闇の路地に一人消えていくのだった。悄然と立ち尽くすしかない山田所長以下数名。
その時、エリちゃんがハッと顔を上げて、言った。
『 所長のボトル、どうなっちゃったんでしょう?! 』
山田所長は思った。
どうでもいいよ。
スナップ、スナップ写真  街頭写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-10-23 20:17 | 新宿/渋谷/原宿 | Comments(20)

秋葉原  あきば食堂にフラれる

空きっ腹でパーツ街を歩いていると、ちょいと入った横丁に、いい感じの看板を発見。
ん? 『定』 の字が変だ。まあ、いいか。
なになに、しそとんかつ定食600円に、ロースとんかつ定食850円、えっと、あとは……どうでもいいけど、汚ねえ字だな。
しかし、こういう無造作な店のほうがかえって美味かったりするのよ。季節はずれの朝顔が、爽やかだね。よし、今日の昼メシは、ここで決まり!
と、左横を見ると……休みじゃん! 看板、しまっとけっての!
c0080357_1832264.jpg

というわけで、ここ 『あきば食堂』 の食後リポートは、いずれまた。看板のメニュー(すべて定食)を再録すると――、
チキンかつ600円/ホタテフライ600円/アジフライ600円/カツカレー650円
このほか、判読不能メニューとして――、
×焼き肉700円  かれ××600円
※22日(日)撮影
スナップ、スナップ写真  街頭写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-10-22 18:08 | 秋葉原/神田 | Comments(16)

西新宿  とりあえず自然に還る西新宿8丁目

空き屋だらけの路地に、カメラのシャッター音だけが響きます。
一帯では再開発が進み、住民が次々に引っ越し、店も閉まり、ひと気がありません。
蔦が民家を静かに飲み尽くそうとしていますが、それもたぶん束の間。 やがて、重機の轟音が鳴り響くことでしょう。
c0080357_17495857.jpg

Rambler5439さんの 『今日も黄昏気分』 では、このエリアを定点観測しています。
おいらも勝手にコラボして今後、数枚アップします。
スナップ、スナップ写真  ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-10-21 17:55 | 新宿/渋谷/原宿 | Comments(20)

秋葉原  親分、上機嫌

この街で30年間、『親分』 しているそうです。
『若い頃は高砂部屋にいた』 と言い、右手でポーズをとってくれました。
『320円くれよ~』 と言うので、モデル代にしては半端だなと思ったら、ウイスキーの小瓶を買うんだそうです。足下の造花はナゾです。
アキバで街撮りする際は、先ず駅前で親分の姿を探します。元気そうな顔を拝見すると、なぜか活力が出ます。
c0080357_21151781.jpg

※今年6月撮影
スナップ、スナップ写真  街頭写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-10-19 21:18 | 秋葉原/神田 | Comments(24)