カテゴリ:おまけ( 169 )

埼玉・寄居  五百羅漢・初夏篇その2

新緑が濃くなってきた=快晴の子どもの日(金)撮影。
c0080357_21332580.jpg
深山に羅漢さま、ひっそりと。
c0080357_21334999.jpg
山田はん、頭になんか付いてはりますよ。
c0080357_21341034.jpg
あら、いやだ。
c0080357_21342995.jpg
あー、鳥の糞はもう勘弁してください。
c0080357_21344334.jpg
ツタがからまっちゃって。
誰か助けて。
c0080357_21345842.jpg
ところで、靴はいらんかね。
c0080357_21353285.jpg
うーん。
c0080357_21355103.jpg
後ろ姿・その1
c0080357_21361307.jpg
後ろ姿・その2
c0080357_21362442.jpg
後ろ姿・その3
c0080357_21363892.jpg
剃り残しなし。
c0080357_21365294.jpg
五百羅漢にお別れして、少林寺の参道を下っていくと、ツツジが満開だった。
ドラちゃんもいい味出してる。
c0080357_21370815.jpg
参道の端まで来て、ふと見ると、立派な庚申塔があった。
c0080357_21372404.jpg
どれどれと、一角に足を踏み入れると、いたるところに庚申塔が。
c0080357_21391300.jpg
小さな丘が見えてきた。
頂上に巨石と、何やら碑がある。
近くまで上ってみよう。
c0080357_21393870.jpg
デカい。
しかも、微妙なバランスを保っているようで、大地震の際は大変なことになるような気がするんだが。
おしまい。
c0080357_21402743.jpg

[PR]
by muffin-man | 2017-05-05 21:42 | おまけ

埼玉・寄居  五百羅漢・初夏篇その1

少林寺の五百羅漢を拝みたくて、3年半ぶりに訪れた=快晴の子どもの日(金)。
最寄り駅の秩父鉄道・波久礼(はぐれ)駅。
「クマに注意!!」のチラシが置いてあった。
五百羅漢への登山道はここから約2.5キロ先だ。
c0080357_19493323.jpg
自生の藤がちょっとしたトンネルを作っている。
c0080357_19500499.jpg
こちらは丹精された藤。
板塀からあふれ、影をつくっている。
c0080357_19495434.jpg
噴火? 山火事?
いいえ、ただの飛行機雲です。
手前は1954年(昭和29)竣工の円良田湖(つぶらだこ)。ダムです。
c0080357_19502698.jpg
登山道を上り、頂から下っていくと、いらっしゃるいらっしゃる=以下、順不同。
c0080357_19511072.jpg
c0080357_19514662.jpg
難しい顔の羅漢さまがいるかと思えば、
c0080357_19520678.jpg
心和む表情の羅漢さまも。
c0080357_19523464.jpg
c0080357_19522599.jpg
c0080357_19524916.jpg
林の陰にもおわします。
c0080357_19531384.jpg
あー、肩こった。
c0080357_19534426.jpg
あたしも。
c0080357_19544227.jpg
あたしゃ腕が。
c0080357_19542823.jpg
わたしなんざ、心の臓がキリキリと……。
c0080357_19553181.jpg
子ども、できちゃった。
c0080357_19554541.jpg
みなさん、大変ね。
つづくよ。
c0080357_19560428.jpg

[PR]
by muffin-man | 2017-05-05 20:01 | おまけ

千葉・館山  春への扉

久しぶりに館山を訪れた。
海沿いの家の扉を開けよう。
c0080357_22490513.jpg
風紋が描かれた砂丘を行く。
c0080357_22492328.jpg
春の海が見えてきた。
c0080357_22494892.jpg
c0080357_22500530.jpg
フラワーラインに菜の花
といっても、すでに最終盤。
このように花は伸びきり、沿道では刈り取りも始まっていた。
c0080357_22501437.jpg
こちら「ファミリー市場」にて、えぼ干物定食1,000円。
フワフワでうまし。
c0080357_22502561.jpg
夏が待ちきれなくて、靴だけ脱いで泳ぎに行ったんだね。
c0080357_22503510.jpg
駅前の老舗「館山中村屋」のロシアケーキ。
おいしいっ!
館山には何度も行っているが、この店は初めて。
絶対にまた行く!
c0080357_22505047.jpg

[PR]
by muffin-man | 2017-03-13 22:51 | おまけ

埼玉県和光市白子/板橋区成増  晩秋の湧水・洞窟・切り通し

成増の隣町・白子(しらこ)に洞窟がある、と聞き、久しぶりに愛チャリ「あらかわ6号」で出かけてみました。

[PR]
by muffin-man | 2016-12-04 17:18 | おまけ

成田山  紅葉狩り

成田山の紅葉が素晴らしい、と聞き、出かけた。
広大な境内には、噴水付きの庭園もある。
c0080357_1147882.jpg

c0080357_11472670.jpg

c0080357_11473765.jpg

池がいくつもある。
晴れていたら、紅葉が水面に映っているのだろうが、この日はあいにくの曇り空。
c0080357_11474675.jpg

深山幽谷っぽい。
c0080357_11475458.jpg

そして、帰りは参道沿いの鰻屋にて鰻丼を。
母が亡くなってションボリしていたので、エネルギーを充填しないと。
c0080357_1148331.jpg

駅まで寄り道しながら行くと、笹に占拠された家屋が。
c0080357_11482144.jpg

笹でガラス窓が割れそうだ。
c0080357_11483578.jpg

[PR]
by muffin-man | 2016-11-22 11:51 | おまけ

トマム/美瑛  北海道観光おまけ

鉢植えの向こうは、今回泊まった宿。
夜はジンギスカンをいただいた。
c0080357_00092389.jpg
富良野のブドウ畑。
これからワインになるんだよ。
c0080357_00093768.jpg
c0080357_00095446.jpg
ところ変わって、こちら厚真(あつま)町の親戚宅。
農家です。
ハウスの中はというと……、
c0080357_00104037.jpg
ご覧の通り。
c0080357_00105637.jpg
これもスイカ。
ベルベッドで出来てるような不思議な皮。
c0080357_00110995.jpg
近くのメルヘンなカフェ。
c0080357_00112189.jpg
c0080357_00113495.jpg
最後はウトナイ湖。
さようなら、北海道の夏。
c0080357_00114821.jpg
わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!

[PR]
by muffin-man | 2016-08-24 00:12 | おまけ

トマム/美瑛  北海道観光その3

前回の雲海から一転して、今度はお花畑。
美瑛町の「四季彩の丘」です。
彼方に見えるは十勝岳。
c0080357_20151461.jpg
c0080357_20183419.jpg
ルピナスや金魚草、サルビア、マリーゴールドなどが、この土地特有の丘を彩る。
c0080357_20154436.jpg
c0080357_20160933.jpg
トラクターが牽く、こんな乗り物も。
c0080357_20163375.jpg
c0080357_20164869.jpg
富良野のラベンダー畑は北海道に住んでいた頃に何度か訪れたことがあるが、ここは初めて。
なんかもう、人生観が変わっちゃうね。
c0080357_20173785.jpg
c0080357_20182052.jpg
c0080357_20181179.jpg
c0080357_20175678.jpg
わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!

[PR]
by muffin-man | 2016-08-21 20:19 | おまけ

トマム/美瑛  北海道観光その2 sanpo

数年前から話題の「雲海テラス」に行ってみた。
ゴンドラで山の上を目指す。
早朝にもかかわらず、出発口には長蛇の列ができていた。
c0080357_08485635.jpg
ブラボー!
雲海だ。
c0080357_08493959.jpg
現地ではガイドさんが雲海ができる仕組みなどを説明してくれる。
この日の雲海は100点満点どころか、天候などの状況がよくて「150点」だそうだ。
c0080357_08560282.jpg
次第に晴れてきた。
c0080357_08571103.jpg
c0080357_08573694.jpg
こちらは「雲海テラス」。
ホテルの宣材でおなじみの場所だ。
c0080357_08575070.jpg
午前7時10分すぎ、タワーホテルの全容が見下ろせるほど晴れ渡ってきた。
c0080357_08580081.jpg
「その3」は近日アップします。
次回は一転して、お花畑です。
わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!

[PR]
by muffin-man | 2016-08-21 09:00 | おまけ

トマム/美瑛  北海道観光その1

第2の故郷・北海道で珍しく観光しました。
でも、その前に胃をガソリン満タンにしておかないとね。
これ、北海道限定のソフトドリンク&ビール。
中でも「カツゲン」は道民のソウルフードならぬソウルドリンク。
「濃いヤクルト」って感じだよ。
c0080357_19242562.jpg
山間にタワーホテルが見えてきたよ。
c0080357_19201117.jpg
目的地ではないところに迷い込んでしまった。
キュートでメルヘンなホテルだなあ。
c0080357_19202585.jpg
と思いきや、雑草が生えまくってて、様子がヘンだぞ。
c0080357_19204487.jpg
あれれ、廃墟だ。
c0080357_19211343.jpg
c0080357_19210074.jpg
c0080357_19212866.jpg
c0080357_19214139.jpg
「その2」は近日アップ。
わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-08-18 19:26 | おまけ

松戸/巣鴨/湯島  アジサイを愛で、印度カレーを食す

千葉・松戸にある本土寺(ほんどじ)のアジサイがスゴい、と聞き、初めて訪れました。
c0080357_23105573.jpg

いや、ホント、スゴい数。
c0080357_23112084.jpg

c0080357_23124833.jpg

c0080357_2313240.jpg

c0080357_231321100.jpg

c0080357_23133528.jpg

もっとも、参拝客も多い。
c0080357_2313521.jpg

菖蒲池もある。盛りは過ぎたが。
c0080357_2314632.jpg

c0080357_23142420.jpg

仲良し3人組。
c0080357_23144425.jpg

参道沿いのそば屋。
手打ちで美味しゅうございました。
c0080357_23145478.jpg

アジサイを満喫し終え、なぜか巣鴨に移動。
ちんどん屋さんがポーズをつくってくれました。
うしろは都電荒川線の庚申塚停留場。
c0080357_23151667.jpg

そして本日の仕上げは、デリー上野店のカレー。
創業はなんと昭和31年(1956)。
やっぱり美味いよ!
c0080357_23153097.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-06-12 23:27 | おまけ