カテゴリ:赤塚公園( 38 )

都立赤塚公園  新緑求めて

先週に続き都立赤塚公園(板橋区)を訪れた=23日(日)。
早くも新緑の季節。
c0080357_16573647.jpg
c0080357_16580547.jpg
木陰に山吹草。
本当に、ここが23区内とは思えない。
c0080357_16591627.jpg
c0080357_16593675.jpg
c0080357_17000540.jpg
c0080357_17002749.jpg


[PR]
by muffin-man | 2017-04-23 17:00 | 赤塚公園

都立赤塚公園  初夏の便り

ソメイヨシノのピークが過ぎたと思ったら、早くもニリンソウの季節が訪れた=16日(日)。
c0080357_13090679.jpg
ここ都立赤塚公園(板橋区)では、崖下に群落をつくり、とても都内とは思えない光景を楽しめる。
※写真の左側が鬱蒼とした崖になっている。
c0080357_13092872.jpg



[PR]
by muffin-man | 2017-04-16 13:14 | 赤塚公園

都立赤塚公園  花散らしの雨

人影もなく、桜の絨毯になってました=9日(日)。
c0080357_19225714.jpg


[PR]
by muffin-man | 2017-04-09 19:24 | 赤塚公園

都立赤塚公園  肉の香りで思い出す

紅葉を求めに赤塚公園(板橋区)を歩いていると、肉の焼けるおいしい香りが漂ってきた。
決められたエリアでBBQが許可されているのだが、その香りでまた思い出してしまった。
亡母ら家族と10年以上前に、BBQを楽しんだことがある。
c0080357_17333091.jpg

母も父も、まだ旺盛に食べ、飲んでいたな。
c0080357_17335114.jpg

おらはセッティングから後始末までやらなければならないので、ひたすら忙しかったが。
c0080357_1734284.jpg

[PR]
by muffin-man | 2016-11-20 17:34 | 赤塚公園

都立赤塚公園ほか  オアシス

この公園の南側には原生林のような森があったり、崖や湧水があったりして、いい感じなのだ。
特に新緑の季節はオアシスだね。
c0080357_1854558.jpg

c0080357_1855565.jpg

c0080357_18552049.jpg

公園の周辺でも、23区内とは思えない風景にお目にかかれる。
私道っぽい石段が突然現れ、
c0080357_18553170.jpg

上ってみると、行き止まりかと思いきや、
c0080357_18554051.jpg

今度は下りの階段が現れる。
一帯の激しい高低差がおらを魅了する。
c0080357_18555389.jpg

路傍のシャガ(アヤメ科)を撮りつつ行くと、土の坂道の片側が竹林になっていて、
c0080357_1856032.jpg

c0080357_18562921.jpg

タケノコ!
c0080357_18563823.jpg

こんな看板で注意喚起するほど、ニョキニョキ生えているのだ。
c0080357_18564829.jpg

ぐるぐると歩きまわり、坂道を下りていくと、向こうに大きなケヤキが見えてきた。
さあ、帰ろうか。
c0080357_18565790.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-04-24 18:58 | 赤塚公園

都立赤塚公園  今年もニリンソウ

すでに新緑。
季節がめぐるのが毎年早く感じる。
c0080357_18413058.jpg

崖沿いの湿地にニリンソウが群生している。
黄色いのはヤマブキソウ。
c0080357_1842719.jpg

c0080357_18422322.jpg

可憐だね。
虫もやって来た。
c0080357_18423175.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-04-17 18:43 | 赤塚公園

横十間川/小名木川/仙台堀川  春の光

川沿いに歩いてみた=25日(金)。
横十間川に架かる大島橋。その橋脚。
c0080357_2138942.jpg

小名木川と交わる小名木川クローバー橋から。
c0080357_21384266.jpg

c0080357_21392891.jpg

c0080357_21393759.jpg

c0080357_21394831.jpg

仙台堀川沿いに北上する。
c0080357_21395871.jpg

桜まつりが21日から開かれているが、まだ1分も咲いていない。
c0080357_2140660.jpg

一方、こちらは都立赤塚公園。
5分も咲いていないが、青空をバックにすると、華やかに見える。
c0080357_21401527.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-03-25 21:41 | 赤塚公園

都内各所  曼珠沙華、満開

先週の今ごろはまだ1分咲きだったのに、もうこんなになっていた=本日20日(日)。
c0080357_16293321.jpg

上から見ると、こんな感じ(花のエリアには足を踏み入れてません)。
c0080357_16162353.jpg

すごいね、よく見ると、球根がびっしり。
これから、まだまだ咲くよ。
c0080357_16163276.jpg

すぐ近くでは、こんな光景が。
ネットフェンスの向こうからこちら側に茎が伸びている。
曼珠沙華は繊細な姿をしているが、エネルギッシュにどこにでも咲く。
それにしても、近所の人だろうか、倒れないようにロープを渡して丹精してくれて、やさしいね。
c0080357_16175858.jpg

こちらは赤塚公園。
真っ赤な曼珠沙華は遠くからでも分かる。
c0080357_16181030.jpg

こんなふうに小さな群落を作っていた。
c0080357_16182386.jpg

さらば、夏。
振り返ってみると、今夏は猛暑が長続きせず、さほど過酷ではなかったな。
c0080357_16184570.jpg

毎年訪れるここも満開だ。
c0080357_16185372.jpg

秋空にケイトウ。
c0080357_1619149.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-09-20 16:31 | 赤塚公園

都内各所  曼珠沙華1分(未満)咲き

曼珠沙華はまだかいな、とうろうろしてみました。
赤塚公園で見つけた!
たった数輪だが、崖沿いに。
c0080357_934078.jpg

おっと、間違えて梅林に迷い込んでしまった。
c0080357_9341058.jpg

よく行く某所の群生地。
傾斜地を真横から撮っているので、こういう絵柄になる。
満開になると一面が真っ赤に染まるが、まだ数えるほどだった。
c0080357_9342196.jpg

別の場所でも発見。
ぐっと寄ってみた。
左隣で弧を描いているのはミズヒキだろうか。
c0080357_9343383.jpg

ん? ギンナンがもう実っている。
c0080357_9344333.jpg

今度は、ごく微かに匂ってきだぞ。
そう、この時期になると漂い始める、あの香り――金木犀。
よく見ると、まだ蕾(つぼみ)なのに、うす~く香りを放っている。
金木犀はトイレの芳香剤を連想するので苦手なんだが、これくらい微かだと好いね。
香水と同じで、ほんのりと。
c0080357_9345558.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-09-14 09:38 | 赤塚公園

板橋・赤塚公園  ニリンソウ群落

今が盛りのニリンソウ。
自生地としては都内最大という。
c0080357_12262841.jpg

すごいね。
c0080357_12263847.jpg

案内板によると、1978年に自然観察会のグループによって群落が発見され、以来、ボランティアが長年にわたり保護・保全活動を続けてきて、この姿があるそうだ。
c0080357_12264651.jpg

キンポウゲ科。
花びらに見えるのは、実は萼(がく)が発達して大きくなったもの。
1カ所から2~3輪の茎を伸ばすので、ニリンソウの名がついた。
c0080357_12265670.jpg

この写真からも、3輪伸びている様子が分かる。
c0080357_1227434.jpg

可憐だね。
ニリンソウは板橋区の花であり、区のマスコットキャラクター「りんりんちゃん」のモチーフでもある。
ちなみに、自生地は立ち入り禁止。
最後の3枚は、柵の近くに咲いていた花を一脚&マクロレンズで撮ったんだが、久しぶりのアクロバットな撮影で、エラく疲れた。
c0080357_12271567.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-04-15 12:34 | 赤塚公園