カテゴリ:滝野川/王子/赤羽( 66 )

十条~赤羽/雑司が谷/南池袋  階段めぐりリターンズ

今回は東十条駅をスタートして、赤羽駅を目指した。
まあ、いつもと大差ないコースだが。
さっそく何か見えてきたぞ。
c0080357_23181395.jpg
扉に蛇口……。
裏側はどうなっているんだろう。
c0080357_23194021.jpg
「水がらみ」で今度は井戸を発見。
内部が見える、珍しいスケルトンタイプ。
c0080357_23200381.jpg
撮影ポイントは中十条、十条仲原、上十条、西が丘そして赤羽西。
住宅と住宅の間の長〜い階段。
どんどん上ると――、
c0080357_23202619.jpg
こんなに狭くなっている。
c0080357_23204122.jpg
かつて「どんぐり山」と呼ばれていた高台。
今は駐車場だが、雑木林の名残がある。
木立の間から一帯の高低差がよく分かる。
c0080357_23212624.jpg
玄関だけ残った家屋跡。
c0080357_23215196.jpg
どんぐり山の下の「遊鯉園坂」。
坂の下に戦前まで、川魚を出す料亭があったという。
c0080357_23220455.jpg
坂の“断面図”。
高低差の激しい街だが、こういう風景はめったにお目にかかれない。
c0080357_23222158.jpg
で、この坂を上っていく。
2週間ほど前にも訪れた場所だ。
自動車は入れない。
c0080357_23224619.jpg
坂の街は暮らしやすいのか、ネコは頻繁に見かける。
c0080357_23230253.jpg
手前にユズ
そして、階段。
c0080357_23231993.jpg
ここにもユズ
そして冬空。
c0080357_23233218.jpg
眼下を見る。
c0080357_23234792.jpg
こちらは別の場所から。
中央の雑木林は、先ほどの「どんぐり山」だ。
c0080357_23235905.jpg
最強寒波襲来で路面に氷が張っている。
c0080357_23240963.jpg
長い階段。
年寄りにはキツいだろうな。
いや、おらもキツかった。
c0080357_23245118.jpg
以下、おまけ。
今月の優秀作品です。
バスで赤羽から池袋に移動し、雑司が谷の路地で再会しました。
2年ほど前も掲示してあった。
c0080357_23250636.jpg
路地を往く。
c0080357_23251818.jpg
c0080357_23252974.jpg
c0080357_23253990.jpg
鬼子母神にて。
c0080357_23255114.jpg
c0080357_23260253.jpg
かつての南池袋公園。
ちょっと見ぬ間に激変していて、驚いた。
汗臭かった男たちも、煙草の煙も、すべて消えた。
c0080357_23261151.jpg

[PR]
by muffin-man | 2017-01-16 23:26 | 滝野川/王子/赤羽

赤羽/十条  新春階段めぐり

写真仲間と赤羽西から上十条、十条仲原にかけての凸凹地帯を歩きました=3日(火)。

[PR]
by muffin-man | 2017-01-03 23:23 | 滝野川/王子/赤羽

谷中/中十条/十条仲原/赤羽西/上十条/赤羽  階段、坂道、高低差

猫好きの写真仲間が行方不明だ。
なので、彼がよく野良猫を撮りに来た谷中霊園に他の同志と訪れた。
ひょっとして、どこかで撮影しているのではないか、と。
が、どこにもいなかった。
c0080357_21513537.jpg
仕方ないので、霊園の外れで階段を撮った。
界隈はここ数年で激変した。
c0080357_21515827.jpg
東十条~赤羽方面へと移動した。
中十条。
この階段を上るのは難しそうだ。
c0080357_21523010.jpg
c0080357_21524604.jpg
若宮八幡神社の布袋様。
c0080357_21532520.jpg
清水坂公園(十条仲原)に魅力的な橋が架かっている。
c0080357_21535596.jpg
民家と民家の隙間から望む十条仲原と赤羽西の住宅街。
c0080357_21543011.jpg
クリーニング店の看板が、なぜか階段のてっぺんに。
c0080357_21544348.jpg
下りてみると、こんな風景。
ここは 以前にも訪れたことがあるが、手すりが新しくなっていた。
c0080357_21554519.jpg
今度は赤羽西の「水車の坂」から見下ろす。
c0080357_21564729.jpg
十条仲原に戻ると、好物の三叉路が見えてきた。
「この先道幅狭し 通り抜け出来ません」と二カ所で警告している。
c0080357_21571946.jpg
上十条。
車は絶対に無理。
c0080357_21573821.jpg
さらに進むと、ジメッと湿っぽい。
階段もある。
階段や坂が入り組んでいて、まさに迷宮だ。
c0080357_21575322.jpg
上りきったばかりなのに、今度は下り坂。
c0080357_21580756.jpg
と思いきや、微妙な上り坂が続いている。
十条や赤羽の坂は歩き尽くしたと思っていたが、とんでもない、まだまだ未踏の地だらけだ。
c0080357_21585188.jpg
激しい高低差の街を抜け出ると、十条仲原で出合いました。
造立は享保年間(1716~36年)。
c0080357_21590613.jpg
界隈をぶらぶら。
c0080357_21592429.jpg
鉢植えの野菜?が自転車にカゴに大事そうに入っている。
c0080357_21594347.jpg
こういう風景は少なくなった。
自分の街は自分たちできれいにする。
c0080357_22000120.jpg
さあ、赤羽の繁華街に突入。
おらも簡単なお手伝いで高収入といきたいもんだ。
c0080357_22001439.jpg
カラオケ店だろうか。
朝5時まで営業しているそうだ。
c0080357_22004377.jpg
子供向けゲーム機。
その名も「ハエハエ カ・カ・カ」。
名付け親は、昭和世代のおやじに違いない。
北島選手も笑ってるぞ。
c0080357_22005865.jpg
わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!

[PR]
by muffin-man | 2016-09-04 22:12 | 滝野川/王子/赤羽

北区志茂  草刈正雄の夏

荒川の赤水門(旧岩淵水門)で「草刈の碑」なるものを発見。
「農民魂は先づ草刈から」とある。
建立は60年近く前の昭和32年(1957)。
c0080357_17491837.jpg

なんと戦前、荒川を挟んで「全日本草刈選手権大会」が行われたという。
碑はそれをしのんで建てられた。
「鎌を競う選手四万余名、熱戦各二時間にわたり、両岸に観衆あふれ……」と碑文にある。
何をもって勝ち負けとするのか書いてないが、河川敷に4万人ってスゴすぎる。
草刈正雄もビックリですな。
c0080357_17493069.jpg

夏だねえ。
c0080357_17494751.jpg

c0080357_1750234.jpg

ああ、夏だ。
草刈正雄の夏。
c0080357_17501253.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-07-03 17:51 | 滝野川/王子/赤羽

王子/北区岸町/中十条/滝野川  アジサイ祭り

今年も飛鳥山公園裏にやって来ました=本日5日(日)
「さくら新道」という「昭和」な飲み屋街だったが、2012年1月の火事で大半が焼失してしまった
その前から、アジサイや桜を撮ってきた。
木造の老朽化した飲み屋と花々が詩的で、いつも心が躍った。
c0080357_19231273.jpg

c0080357_19245562.jpg

ここ数年は見物客が大勢押し寄せてかしましく、祭りのようになってしまった。
まあ、しかし、ここは大東京。
人が多すぎる!なんて文句を言っても始まらん。
c0080357_19251376.jpg

c0080357_19254961.jpg

こちらは「接写祭り」開催中。
c0080357_19262618.jpg

では、おらも。
c0080357_19264360.jpg

昼飯はラーメンかな、と思ったが、いやいや、ここは久しぶりに駅前の「平澤かまぼこ」でビール&おでんといこう。
うんまいの~。
焼酎のお湯割りも追加だ。
c0080357_19265918.jpg

c0080357_19271581.jpg

c0080357_19272914.jpg

腹が満たされたところで、赤羽方面に向かってテクテク歩く。
有名な名主の滝公園。
c0080357_19275021.jpg

c0080357_1928156.jpg

JRの沿線を行く。
c0080357_1928123.jpg

こちら、3年前に発見した湧き水
下水じゃないよ。
c0080357_19282660.jpg

この小さな池も湧き水で満たされている。
近所のおじいさんの話だと、50年以上前には、すでにこんこんと湧いていたそうだ。
澄んでいるが、飲み水としては使ったことがないという。
c0080357_19285346.jpg

さらに行くと、八幡山児童遊園。
子供の姿はなく、遊具もこのように使えなくなっている。
これじゃ宇宙へ飛び立てないじゃないか。
c0080357_1929782.jpg

ベンチも雑草におおわれている。
というか、柵との距離が近すぎないか。
c0080357_19291811.jpg

おまけ。
滝野川の三叉路にたたずむ庚申塔。
c0080357_19292829.jpg


わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-06-05 19:35 | 滝野川/王子/赤羽

都立赤塚公園/中野区弥生町/赤羽  また来年

風雨の強い日もあったが、今年の桜は頑張った。
とはいえ、さすがにそろそろ終幕。
ここ都立赤塚公園でも、すっかり葉桜になってる。
スカッと晴れ渡った日は数えるほどだったね=以下、4月9日(土)。
c0080357_11581175.jpg

新緑の季節が始まった。
早いね。
c0080357_11582013.jpg

c0080357_11583690.jpg

こちらは、実家に近い神明氷川神社(中野区弥生町)。
c0080357_1158439.jpg

c0080357_11585159.jpg

赤羽北から赤羽台の桜並木=以下、本日10日(日)。
c0080357_1159081.jpg

ソメイヨシノに代わり、八重桜が咲き始めた。
c0080357_11592868.jpg

この桜並木は、いつもタイミングが合わず、ピークを撮り損ねてしまう。
来年こそ。
c0080357_11594061.jpg

ヤナギも青々と。
c0080357_11595624.jpg

赤羽駅近くの飲み屋街。
右の店は有名なモツ焼き屋だ。
いつも並んでいるので、くじけて入ったことがない。
c0080357_120499.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-04-10 12:02 | 滝野川/王子/赤羽

飛鳥山公園/都立赤塚公園  花冷え

飛鳥山公園では、花壇の向こうに桜=24日(木)撮影。
といっても、ソメイヨシノではなく、早咲きの小彼岸桜(こひがんざくら)。
c0080357_2358451.jpg

桜かどうかも不明。
鮮やかな色だね。
c0080357_2358154.jpg

花見シーズンに向け、園内ではすでに仮設トイレや提灯なども設営されていたが、全体的にはまだまだこんな状態。
c0080357_23583664.jpg

仕方ないから、象でも撮るか。
デカくて、リアルだね。
それにしても、寒い。
今日は真冬並みだってよ。
c0080357_23584758.jpg

こちらは都立赤塚公園。
2分咲き。
都内の開花状況は、まだら模様だね。
c0080357_23591628.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2016-03-25 00:01 | 滝野川/王子/赤羽

駒込/王子/赤塚公園  三叉路の12体

三叉路に建つ「十二地蔵」。
左右のどちらに進んでも染井霊園に通じている。
三叉路に地蔵が多いのは、なぜなのだろう。
c0080357_206013.jpg

北区の公式サイトには、享保15(1730)年の大火による犠牲者の冥福を祈るために建てられた、とあるが、この年に江戸に大火の記録はない。
享保2年(1717年)1月、100人以上の死者を出した小石川の火事のことだろうか。
地蔵は上下に6体ずつ計12体彫り込まれているが「12」の意味は不明だ。
c0080357_2061315.jpg

左右の道は、裏手のこの路地でつながっている。
c0080357_2065830.jpg

あてどもなく歩く。
王子駅そばの音無橋。
この後、明治通り沿いの「東京ラーメン つなふじ」にて、ラーメン&半チャーハン650円を食す。
ふと入った店だが、どちらもうまし。かなり幸せな気分になる。
c0080357_207760.jpg

こちらは都立赤塚公園。
黄葉のピークまで間もなくだね。
向こうの道がビミョーに坂になっている。
c0080357_2072367.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-11-23 20:10 | 滝野川/王子/赤羽

王子/西ケ原  雨の北部戦線

この日は写友たちと東京のはずれ、檜原村(ひのはらむら)に行く予定でしたが、あいにくの雨のため、断念。
なので、まず飲みました、王子駅前のおなじみ、立ち飲みの「平澤かまぼこ」で。
サッポロのラガーだど。
c0080357_1356478.jpg

見慣れた風景を撮りつつ、
c0080357_1357222.jpg

雨の「さくら新道」を行く。
3年前の1月に2棟が全焼してしまったこの小径で、よく撮らせてもらったものだ
c0080357_13571434.jpg

本郷通りから蝉坂 (せみざか)を下っていく。
c0080357_13572834.jpg

JR上中里駅近くにある上中里不動尊。
「睨みをきかす」とは、まさにこのことだね。
「享保初年御鎮座」とある。約300年前の1716年だ。
c0080357_13573744.jpg

再び本郷通りに戻り、旧古河庭園を訪れる。
街撮り好きのわしらにとっては、珍しい撮影場所と言える。
そこそこ紅葉している。
快晴だと紅葉が映えるのだろうが、雨降りゆえ訪れる人も多くなく、撮影しやすい。
c0080357_13575277.jpg

スマホをいじるでもなく、ゲームをするでもなく、紅葉を眺める男子高校生。
若者たちよ、何思う。
c0080357_1358252.jpg

c0080357_13582845.jpg

この後、雨で冷え切った体を温めるべく、ラブホに囲まれた鶯谷の中華「東瀛(とうえい)」で大いに飲み、食う。
相変わらず安くてうまいや。

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-11-15 14:05 | 滝野川/王子/赤羽

王子/町屋  希少物件あり

王子界隈をうろうろしていると、発見しました。
今や希少物件のゴミ箱。
以前、百人町でも見つけたことがあった。
c0080357_10544835.jpg

こんな流し台も希少だね。今でも現役かな。
ん? ここ、8年前も撮ったぞ。
c0080357_1055183.jpg

この日は上十条から歩いたので、のどが乾いた。
どこかにコンビニでもないか、と王子大坂を下っていると、目の前にセブンイレブンの看板。
が、店がない。
看板の矢印は何だ? 斜め下を向いているぞ。
c0080357_10553324.jpg

超狭小の階段。ここを下りると店なのか?
ちゃんと手すりが付いており、やさしい階段ではある。
c0080357_10554443.jpg

下りていくと、本当にセブンイレブンがあった(中央奥に階段)。
王子一帯は高低差が激しいので、好きな街の一つだ(おでんのうまい立ち飲み屋もあるし)。
c0080357_1056983.jpg

すぐ近くで、古そうな石柱を発見。
c0080357_10562149.jpg

「三本杉橋」と刻銘されている。
北区のサイトによると、かつてこのあたりに「上郷用水」が流れていた当時の親柱だそうだ。
街なかでふと遺構に出くわすと、うれしくなる。
c0080357_10563919.jpg

都電で町屋へ。
頭上を行くは京成線。
そう言えば、すぐ近くにあったユニークすぎる古本屋は消えて久しい。
c0080357_10565064.jpg

お帰りにゃん。
いやいや、我が家ではない。
c0080357_1057356.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-10-11 11:05 | 滝野川/王子/赤羽