カテゴリ:花/虫50㍉マクロ( 18 )

神代植物公園  キラキラネーム・サボテン篇

食虫植物を見に行こうと、神代植物公園の大温室を訪れました。
ウツボカズラの仲間です。
落とし穴のような「壺」に虫が落ちると、二度と出てこれない……。
c0080357_232549.jpg

こちらは、サラセニア科。
やはり落とし穴方式で捕虫する。
とはいえ、彼らは決して虫を主食としているわけではなく、基本は光合成により生きているそうだ。
c0080357_2331773.jpg

大温室は今年5月、リニューアルしたばかりだ。
ランとか、
c0080357_2333382.jpg

c0080357_2334572.jpg

ベゴニアとか。
c0080357_2335668.jpg

熱帯スイレン室というエリアもあり、パラグアイオニバスや、
c0080357_2342121.jpg

リンジーウッズという品種を堪能できる。
きれいだね。
c0080357_2343689.jpg

だが、本日最大の収穫は、食虫植物や美しい花々ではなかった。
サボテンに魅了された。
これは、マミラリア・ペレスデラロサエ。
この品種に和名はないようだが……、
c0080357_235291.jpg

ぶっ飛んだ和名のサボテンもある。
こちら、「大福丸」。
大福に似ているからなのか?
口に入れた途端、あんこの代わりに無数のトゲに刺されまくるぞ。
c0080357_2372978.jpg

「亀甲牡丹」(きっこうぼたん)。
これは分かりやすい。
頭と足を引っ込めたガメラだね。
c0080357_2374372.jpg

だが、これは絶対に分からん。
その名も「かぐや姫」。
デンジャラスなかぐや姫だ。
c0080357_238065.jpg

「青乱雲」。
積乱雲ではなく「青乱雲」。
赤なのに、青なのだ。
上の赤い部分と下のミスマッチ感がスゴい。
c0080357_238399.jpg

「入鹿」(いるか)。
案内板をよく見ると、学名に「eruca」の文字が。
地を這うように生長するという、気味の悪いサボテンだ。
c0080357_239319.jpg

サボテンと言えば大体こんな形状を連想するが、和名は「益荒丸」(ますらまる)。
「立派な男」を意味する「益荒男」(ますらお)から命名したのだろうか。
そういえば、この反り具合が……。
c0080357_2392780.jpg

「白刺金鯱」。
……読めない。
c0080357_2394180.jpg

本日最強の読めないサボテン。
「碧瑠璃鸞鳳玉綴化」。
サボテンの和名ってのは、ある意味、キラキラネームのようだ。
c0080357_2310164.jpg

[PR]
by muffin-man | 2016-12-28 23:13 | 花/虫50㍉マクロ

紫陽花  秘密の花園

今日も紫陽花を撮りに出かけた。
c0080357_18351636.jpg

といっても、23区。すぐそばだ。
c0080357_18353679.jpg

あまり知られていない、自分だけの「秘密の花園」。
c0080357_1836775.jpg

近所の人でさえ、たぶん知らない。
c0080357_1836173.jpg

いや、花園というほどでもない。
c0080357_18363796.jpg

花の数は少ない。株は、たかだかこの3~4倍ほど。
c0080357_1837138.jpg

でも、それで十分。
ふと振り返ると、本格カメラじいさんが“順番待ち”しているということもないしな。
c0080357_18373712.jpg

ひっそりと咲いて、ひっそりと枯れていく。
そして、おらは一人ひっそりと撮って、帰る。
c0080357_18375534.jpg

紫陽花は撮り飽きないね。
ありがとう、紫陽花。
c0080357_18381514.jpg

ところで、紫陽花の近くで見つけたこいつは何だろう。
どんな花が咲くのか。
c0080357_1839982.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-06-13 18:42 | 花/虫50㍉マクロ

都内某所  つぼみちゃん

桜のつぼみが膨らんできた=本日17日(火)。
東日本大震災から4年。
当時も今も、桜は何もなかったかのように満開の季節を迎えようとしている。
c0080357_1862185.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2015-03-17 18:03 | 花/虫50㍉マクロ

国営昭和記念公園  ヒマワリと夏雲と

炎暑の中、ヒマワリ畑を見に行きました。
初めての国営昭和記念公園(立川)。
丘の向こうがヒマワリ畑だそうです。行ってみよう。
c0080357_1747820.jpg

やあ、スゴいな。
c0080357_17474877.jpg

「キッズスマイル」という品種で、草丈は1~1.5メートル程度。
小さいゆえに、倒伏しにくいという。
c0080357_1748462.jpg

ヒマワリが英語でsun flowerって、分かりやすいよね。
c0080357_17481556.jpg

ヒマワリ畑を上ってくると、こんな木陰が。
ヤケドしそうに暑いのに、緑陰は気持ちいいよ。
c0080357_17483528.jpg

この公園は広すぎるので、夏はレンタサイクルでまわるのがベター。
こちらは「みんなの原っぱ」。
真ん中には巨木がドーンとね。
c0080357_17492266.jpg

c0080357_1749432.jpg

c0080357_1750068.jpg

いたるところに「顔」も。
c0080357_1751275.jpg

c0080357_17511879.jpg

これは「ハート」か。
というか……、
穴があったら入れたい。
c0080357_17513427.jpg

わたしが書いた『東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり』では、都心部にたたずむ地蔵や狐像を、お守りする人々と共に写真で紹介しています。
よろしかったら、お手元に1冊!
[PR]
by muffin-man | 2014-08-07 17:54 | 花/虫50㍉マクロ

農園  落花生、刺さる!

久しぶりの「区民農園便り」、今回は落花生です。
3カ月前の南房総チャリツアーの際に、九十九里浜白子ユースホステルでいただいた落花生が育っています。
c0080357_12192699.jpg

↑ 花芽から伸びた子房柄(しぼうへい)が土に突き刺さっているところです。
子房柄はさらに土中で伸び続け、尖端が膨らんで、お馴染みの殻付きの実に。
枝豆などのように、枝にぶら下がって実るのではないんですね。

↓ これは落花生の花=7月15日撮影。
c0080357_12195030.jpg

タネをまいたのが遅かったので、収穫は来月に入ってからでしょうか。
ちなみに本場・千葉では、砂地でスクスク生長してました。
arakawa2011をフォローしましょう

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2012-09-15 21:00 | 花/虫50㍉マクロ

農園  大根力

久しぶりに畑に行くと、大根のタネをまいた畝沿いに亀裂を発見。
発芽していました。
2日前の大雨で重くなった土を力強く押しのけて。
c0080357_1226322.jpg

arakawa2011をフォローしましょう

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2011-08-28 12:27 | 花/虫50㍉マクロ

梅雨の華  「 いい汗 」は臭い

三脚&リモコンも使って久しぶりに真剣に撮り、
「 いい汗かいたな~ 」
と、それなりに満足して帰宅すると、高校生の娘が一言、
「 汗くさいよ、お父さん 」
c0080357_22355580.jpg

2年ぶりくらいにシグマ50㍉DG MACRO使用。
南池袋の都電沿線のアジサイも咲き始めたかな。

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2009-06-07 22:37 | 花/虫50㍉マクロ

スイセン  ちょっとフェチ

ふふふ、女性のパンストの足に日が当たっているかのようです。
数カ月ぶりに花を撮って、興奮してしまいました。
もろ逆光(夕日)です=8日(月)撮影。
c0080357_17143313.jpg

シグマ50㍉DGマクロ/三脚
花の写真  自然写真、ネイチャー写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2007-01-08 17:18 | 花/虫50㍉マクロ | Comments(26)

コスモス  総重量4.7㌔で行ってみよう

秋晴れの荒川河川敷にて。
撮影データ:シグマ50㍉F2.8 DGマクロ/三脚/リモコン/PLフィルタ(なのに白トビ)

今回は、マウンテンバイク(MTB)の “撮影サイクリング” で携行する機材について書きます。
皆さんの普段の撮影スタイルも、ぜひ教えて下さい。
c0080357_6285486.jpg

携行する機材は、大きく分けてミニリュックと三脚の2つ。三脚を付属のビニルバッグに入れて肩に掛け、脇の下にぶら下げる。その上からリュックを背負う。こうすると、三脚バッグのヒモが肩で固定され、走行中も安定する。

リュックには、ペンタックスistDSにレンズ2~3本を先ず収納。そもそも持っているレンズなんて、
▽上記シグマのレンズ
▽ペンタックスDA18-55㍉F3.5-5.6(ist DSのキットレンズ)
▽シグマ55-200㍉F4-5.6DC
▽タムロンSP AF90㍉F2.8Diマクロ
――これが全て。『今日はどのレンズにするか』と、あれこれ悩む余地などなし。
これに、▽一脚用の自由雲台 ▽PLフィルタ ▽リモコン ▽予備の電池 ▽SDカード数枚 ▽ブロア ▽薄いメモ帳&ペン ▽財布 ▽折りたたみ式ミニレフ板(状況により)などを詰め込む。
さらに外側のポケットには、▽一脚 ▽文庫版1/3万首都圏地図(昭文社) ▽携帯電話などを差し込む。
自宅の体重計で測ったところ、三脚も含め総重量は4.7㌔(最大時)。MTBに荷台を取り付け、機材をくくり付けた方が楽チンなんだろうが、MTBに荷台ってカッチョ悪いんだよなあ。それに、4.7㌔程度なら慣れるよ。
おっと、忘れちゃいけない、リュックの取っ手にはタオルを巻き付ける。カメラやメガネはもちろん、汗だって、口のまわりに着いたラーメンのツユだってゴシゴシ拭いちゃうもんね。

ただ、自転車野郎にはなりきれん。体のラインがクッキリ出るハデなシャツにパンツ、ヘルメットや靴までは手が出ない。イカしてて憧れるけど、まあ、目的は撮影だかんね。
よって、今どきの季節なら、フツーのシャツに短パン、帽子、運動靴(ほぼ全部ユニクロ製)という正しい “休日のおやじスタイル”。これでどこまでも行っちゃうよ!
と、言いたいところだけれど、MTBは夏期休業。遠出したはいいものの、帰ってこなければならないからね。真夏の暑さには、からきし弱いのよ、おいら。
花の写真  マクロ専科  自然写真、ネイチャー写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-09-26 06:33 | 花/虫50㍉マクロ | Comments(16)

イヌキクイモ  天高く!荒川

秋の空に向かって元気よく咲いているのは、イヌキクイモです。河原など結構どこにでも咲いています。コスモスにちょっと似ていますが、大ぶりで丈も高いので、あまり見向きされない花です。
MTBで北千住に向かう途中、荒川河川敷で撮影=16日(土)。
c0080357_7134272.jpg

隅田川と違い、情緒の欠けらもないのが荒川の特徴。川に架かる橋も、クソつまんない橋ばかりで、まるで絵にならない。取り柄と言えば、ひたすら、『だだっ広い』ってことだけ。
そもそも荒川は、都下の洪水を防ぐために大正から昭和にかけて造られた『荒川放水路』だからだ。当時のビッグプロジェクトなわけで、荒川沿いの街では今でも、この川のことを『放水路』と呼ぶ人も少なくない。
でも、23区にあって、この『だだっ広さ』は気持ちいい。MTBでどこまでも行けちゃうよ、と言いたいところだけど、実際は、東京湾まで行こうとして、途中で断念したこと何度もあり。行きはよいよいだけど、帰ってこなきゃならんしね。ケツが痛くなるんだな、MTBって。
花の写真  身近な自然  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-09-19 07:19 | 花/虫50㍉マクロ | Comments(16)