2017年 05月 05日 ( 2 )

埼玉・寄居  五百羅漢・初夏篇その2

新緑が濃くなってきた=快晴の子どもの日(金)撮影。
c0080357_21332580.jpg
深山に羅漢さま、ひっそりと。
c0080357_21334999.jpg
山田はん、頭になんか付いてはりますよ。
c0080357_21341034.jpg
あら、いやだ。
c0080357_21342995.jpg
あー、鳥の糞はもう勘弁してください。
c0080357_21344334.jpg
ツタがからまっちゃって。
誰か助けて。
c0080357_21345842.jpg
ところで、靴はいらんかね。
c0080357_21353285.jpg
うーん。
c0080357_21355103.jpg
後ろ姿・その1
c0080357_21361307.jpg
後ろ姿・その2
c0080357_21362442.jpg
後ろ姿・その3
c0080357_21363892.jpg
剃り残しなし。
c0080357_21365294.jpg
五百羅漢にお別れして、少林寺の参道を下っていくと、ツツジが満開だった。
ドラちゃんもいい味出してる。
c0080357_21370815.jpg
参道の端まで来て、ふと見ると、立派な庚申塔があった。
c0080357_21372404.jpg
どれどれと、一角に足を踏み入れると、いたるところに庚申塔が。
c0080357_21391300.jpg
小さな丘が見えてきた。
頂上に巨石と、何やら碑がある。
近くまで上ってみよう。
c0080357_21393870.jpg
デカい。
しかも、微妙なバランスを保っているようで、大地震の際は大変なことになるような気がするんだが。
おしまい。
c0080357_21402743.jpg

[PR]
by muffin-man | 2017-05-05 21:42 | おまけ

埼玉・寄居  五百羅漢・初夏篇その1

少林寺の五百羅漢を拝みたくて、3年半ぶりに訪れた=快晴の子どもの日(金)。
最寄り駅の秩父鉄道・波久礼(はぐれ)駅。
「クマに注意!!」のチラシが置いてあった。
五百羅漢への登山道はここから約2.5キロ先だ。
c0080357_19493323.jpg
自生の藤がちょっとしたトンネルを作っている。
c0080357_19500499.jpg
こちらは丹精された藤。
板塀からあふれ、影をつくっている。
c0080357_19495434.jpg
噴火? 山火事?
いいえ、ただの飛行機雲です。
手前は1954年(昭和29)竣工の円良田湖(つぶらだこ)。ダムです。
c0080357_19502698.jpg
登山道を上り、頂から下っていくと、いらっしゃるいらっしゃる=以下、順不同。
c0080357_19511072.jpg
c0080357_19514662.jpg
難しい顔の羅漢さまがいるかと思えば、
c0080357_19520678.jpg
心和む表情の羅漢さまも。
c0080357_19523464.jpg
c0080357_19522599.jpg
c0080357_19524916.jpg
林の陰にもおわします。
c0080357_19531384.jpg
あー、肩こった。
c0080357_19534426.jpg
あたしも。
c0080357_19544227.jpg
あたしゃ腕が。
c0080357_19542823.jpg
わたしなんざ、心の臓がキリキリと……。
c0080357_19553181.jpg
子ども、できちゃった。
c0080357_19554541.jpg
みなさん、大変ね。
つづくよ。
c0080357_19560428.jpg

[PR]
by muffin-man | 2017-05-05 20:01 | おまけ