浅草  チャールズ・ブコウスキー的人生

ストリップを観た帰りです。
この後、久しぶりに北千住で飲りました。
女の裸とビール、どっちも男の人生になくてはならんね。
c0080357_1022590.jpg

毎日クソ暑いけど、だからといって、田舎でリフレッシュしたいわけでなし、もとより田舎なし。
しょせん、「ビールがあればよし」の貧乏人生。 あと、つけ麺とね。

ふふふ、今日も午後から浅草へ。

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2008-08-15 10:10 | 浅草 | Comments(10)
Commented by kokoko1965 at 2008-08-15 13:16
なるほど・・・ 納得ですね・・・。
ぽち。
Commented by iza-nagi at 2008-08-15 23:23
お久しぶりです~!!
コメント復帰、お待ちしておりました(^^)
チャールズ・ブコウスキー、自伝の映画や小説になり
気になっていますが、まだ読んだ事はありません・・・・
あんな風に、アウトローに生きるのもカッコいいなぁ~なんて思っちゃいますね(笑)
Commented by てつお at 2008-08-16 00:29 x
一条さゆり。出てましたか?
アタシは小沢昭一的人生を目指してます。
Commented by マフィンマン at 2008-08-16 00:56 x
kokoko1965さん
とか何とか知ったようなことを言ってみたものの……、
おいらの人生に必要なのは、今やビールだけです。
どんどん欲望が消え失せ、心はすでに、「好々爺」です。
Commented by マフィンマン at 2008-08-16 00:57 x
iza-nagiさん
ご無沙汰しておりました。
ブコウスキーの 『 くそったれ!少年時代 』(河出文庫)は、おいらのバイブルです。
これ以上の青春小説はない、と思っています。かなりクセがありますが、おススメですよ。
Commented by マフィンマン at 2008-08-16 00:57 x
てつおさん
学生時代の80年代前半までは、50歳前後の女性も舞台に出ていました(と言っても、札幌ススキノの話です)が、最近は若い娘が中心のようです。
ススキノでは当時、客のふりしてライバル劇場に行き、客の入りをチェックする、という素晴らしいバイトをやってました。
「スパイバイト」と言われてました。
Commented by lanexang at 2008-08-18 23:29 x
大変ご無沙汰をしています。
以前、PENTAXデジカメ掲示板@PhotoXP板でお世話になりました、
ワンコロ_MZ3です。
ネットを巡回していたところ、懐かしいHNと数々の下町の写真を拝見させて頂きコメントさせて頂きました。
私も、昨年暮れから、細々ではありますがBLOGを始めましたので、
立ち寄ってみて下さい。
Commented by マフィンマン at 2008-08-20 10:58 x
lanexangさん
こちらこそご無沙汰しておりました。
このところ、「撮る」よりも「書く」ほうに忙しく、実はあまり撮り歩いてないんですよ。
夏に弱いってのもあるんですが。
のちほど伺いますね。
Commented by Rambler5439 at 2008-08-20 19:25 x
大学2年(留年したので3年目)のとき、クラスが一緒のうえ寮で2年近く同室だった友人が、ストリッパーのオッカケになり、オネエさんの世話をしながら半年ほど全国を行脚するという出来事がありました。その友人に連れられ、なんどか楽屋を訪ねたことがありますが、気だてのいい姐さんたちばかりでした。友人は今でも酔うたびに「あのころの暮らしに戻りたい」とこぼします。
Commented by マフィンマン at 2008-08-20 22:54 x
Rambler5439さん
ご友人、スゴいですね。
つい最近、ある劇場主に聞いた話では、
「昔も今も、客を楽屋入りさせることなんて、ない。戦後間もない頃、荷風さんが楽屋まで入ることができたのは、祝儀を弾んだり、踊り子をメシに誘ったから。何せ、踊り子はみんな貧しく、みんな腹を空かせていたからね」
 とのことでした。
<< 千住  バッタリ! 雑司が谷  鉄路灼かれて >>