永代  水路、あたかも路地の如し

大島川西支川。
ビミョーにカーブしている様子は、まるで路地。
旧深川区 (現在の江東区の一部) の時代から、いや、100年以上も前から流れ続けている水路です。
向こう側に架かっている緑色の橋は、永代通り。
c0080357_9415565.jpg

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2008-04-25 09:46 | 築地/豊海町/豊洲/佃/葛西 | Comments(12)
Commented by AABB at 2008-04-25 19:16 x
路地ですねえ。自分とこの張り出しを目一杯確保して、
人が通れなくなっても構わんとか。その辺は、お互いに
最低線は決めているのですかね。
Commented by haru-155 at 2008-04-25 20:04
今晩は!この微妙なカーブ、、なんとも言えませんね♪左のお洗濯物が効いてますね~!

都内の道は、渋滞しちゃうだろうし、、こんなふうに水路がしっかり生きてるんですね~・・大都会の不思議さを感じます♪

こんなふうにコンクリートで固められた護岸になったのは、戦後なんでしょうね!
Commented by rrb at 2008-04-26 12:09 x
こんにちは。

おっしゃるように水路も確かに路地のようですね。
「この先には何がある?」という気になります。
時代の流れをしっかりと見てきて、今に伝える「流れ」なんですね。
Commented by kokoko1965 at 2008-04-26 19:52
洗濯物が いい味出しています!
ぽち。
Commented by lucca-truth at 2008-04-26 21:54
こんばんわ
洗濯物のある路地、水路にまではみ出した洗濯物、
カーブした水路も生活感があって似たいい雰囲気ですね。
Commented by マフィンマン at 2008-04-27 21:55 x
AABBさん
そうなんですよ、まるで路地。
今でこそコンクリで固められていますが、昔は土手があったと思います。
洗濯物もダーッと干されていたんでしょうね。
Commented by マフィンマン at 2008-04-27 21:55 x
haru-155さん
コンクリで固められたのは、東京五輪後ではないか、と勝手に推測しています。
東京五輪前の写真を見ると、都内の水路もまだまだユル~い風景が広がっていました。
とは言え、水が澄んでいたかどうかは別の話で、荷風先生によると、いくつかの水路はすでに戦前から汚れていたようです。
Commented by マフィンマン at 2008-04-27 21:56 x
rrbさん
この水路は珍しくカーブしていますが、この界隈の他の水路は、実は一直線だったりします。
地図で見ると、(当然のことですが)人工物であることが一目瞭然です。
とは言え、水が流れている風景はやっぱり大好きです。
Commented by マフィンマン at 2008-04-27 21:56 x
kokoko1965さん
10年近く前、初めて屋形船に乗ったことがあります。
その際、この水路かどうか忘れましたが、狭い水路を通って東京湾に出ました。
東京湾の夜景よりも、屋形船から見た黄昏時の水路の方が印象的でした。
Commented by マフィンマン at 2008-04-27 21:56 x
lucca-truthさん
このカーブも、向こう側の橋までで、実はそこからはひたすら一直線の水路なんです。
地図で見ると一目瞭然で、感興を呼ぶ水路って案外少ないもんですね。
でもGWには、じっくり江東区内の水路を攻めてみようと思ってます。
Commented by huuzokusanpo at 2008-04-27 23:00
江東区は、運河と呼ぶのがふさわしい、川幅の広い水路が多いのかたと思ったら、こういう川幅の狭い水路もあるのですね。
コンクリートで固められる以前は、もう少し曲がりくねっていたのかもしれませんね。
Commented by マフィンマン at 2008-04-29 10:37 x
huuzokusanpoさん
おっしゃるように、川幅の狭い水路も少なくありませんが、いかんせん、柵が張り巡らされてなかなか近づけません。
この水路も、こうして橋の上から撮るのがやっとです。
近くて遠い――水路はそんな印象でした。
<< 神田美土代町  呑んべのニャン吉 荒川区荒川  良いタマはデカい >>