西新宿  8丁目の遺跡

まるで遺跡の発掘現場です=18日(火)撮影。
西新宿8丁目では、いたるところで重機が轟音を響かせています。
c0080357_10223310.jpg

いつもアロエだけは、たくましさを見せつけていました。
正面の解体現場は、あの銭湯壁画の裏手です。
c0080357_10224878.jpg

これは、一昨年12月撮影。
当時からすでに廃墟と化していましたが、それも今や、跡形もありません。
c0080357_1023135.jpg

3枚目の写真とほぼ同時期 (一昨年秋~冬) の街並みは、こんなだったり、あんなだったり、あるいは、こんなでした。

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2008-03-24 10:29 | 新宿/渋谷/原宿 | Comments(25)
Commented by henronin at 2008-03-24 11:36
昨日 自分も見て来ました、ここはマフィマンさんのサイトで知ってから出かけたのが始まりでして、色んな事を思い出します。
全住民が同意したようにも思えませんのでこれは第一次工事になりそうな気がします。
Commented by nen_randir at 2008-03-24 12:16
古いものがなくなり新しいものに変わる。
古くなるとまた変わっていく。
常に撮り続けないとちょっとした町の歴史を見逃してしまいますね。
Commented by iza-nagi at 2008-03-24 12:50
あ~、なんでも
マンションだーの、駐車場だーの
できてしまいますね、淋しいかぎりです・・・。
町の顔が消えて、のっぺらぼうなマンションが建つ訳のですね。
早く西新宿に撮影しに行かねばナ・・・(--;)
Commented by lucca-truth at 2008-03-24 14:31
こんにちわ
無残に破壊されて、まるで戦いのあとみたいですね。
再開発や道路拡張は本当に必要なのかしらと時々思います。
Commented by kokoko1965 at 2008-03-24 18:57
不思議なもので なくなってしまうと 毎日見ていた物も なんだったか記憶から欠落してしまうんですよね・・・。人の記憶なんて 時代とともに流されていくんですね・・・。
ぽち。
Commented by jitensya7 at 2008-03-24 22:09
西新宿へはしばらく行っていませんが、おおきく変わっているようですね。このあたりももう少し撮っておけばよかったと思っています。気になる風景は変わる前に記録に残しておく必要がありますね。
Commented by rrb at 2008-03-25 09:13 x
おはようございます。

どこか寂しさがありますね。
けれど、出来上がった頃には、誰も覚えていないかも…。
「過去・現在・そして…」ができる貴重な画像をお持ちですよね。
是非、このシリーズをお願いしますね。
Commented by てきぱきまむ at 2008-03-25 09:27 x
8丁目は成子神社の裏あたりは長屋っぽいところが多いですよネ
三平ストアが無くなったり寂しいです(笑)
西新宿は裏手に入ると地上げの爪痕のような空間ありますよね
Commented by マフィンマン at 2008-03-25 20:46 x
henroninさん
そうですか、行かれましたか。おっしゃるように、まだ住民がいるようですね。
おいらも何人か確認しました。重機が唸りコンクリがそこら中に転がっているそばを老婆が通り過ぎていきましたが、正直に言うと、ちょっと不思議な光景でした。
この街、一体どんななってしまうのか……。
Commented by マフィンマン at 2008-03-25 20:46 x
nen_randirさん
東京ってのはホント、世話しなく変わり続けますね。
でも、その変わっていく瞬間の“時間の裂け目”に、今まで見たこともないようなモノがフッと顔を覗かせたりします。
街撮り者にできることと言ったら、せいぜいそれを記録することくらいです。
Commented by マフィンマン at 2008-03-25 20:46 x
iza-nagiさん
東京は変わり続けるのが宿命だと、おいらは勝手に思ってます。
古くは江戸の大火に始まり、関東大震災に大空襲。そして、戦後から今に至るまでの何度かの再開発。
しょせん外野に過ぎないおいらは、せめて、のっぺらぼうなビルではなく、味のある建物を望むばかりです。
Commented by マフィンマン at 2008-03-25 20:47 x
lucca-truthさん
なるほど、「戦いの跡」ですか。まさにその通りですね。
変わり続けるのが東京の宿命とはいえ、確かに、どこまで再開発が必要なのか不思議です。
高齢化&人口縮小を考えると、新規の住宅市場も今後は長期的には縮小に向かうはずで、高層マンションがどんどん売れる時代は終わりを告げていると思います。
Commented by マフィンマン at 2008-03-25 20:47 x
kokoko1965さん
ホント、記憶ってのは曖昧で、ウソつきですらありますよね。
街撮り者にできることと言ったら、せいぜい街の移り変わりを撮り続けることだけです。
でも、往時からずっと撮り続けるのは大変です。
時間と、何より持続する意思と体力が必要ですよね。
Commented by マフィンマン at 2008-03-25 20:48 x
jitensya7さん
都内の他の街に比べて新宿はひと頃、忘れ割れた街だったように思えますが、どうも最近は違うようですね。
でも、気になるのは、他の街と似たような風景になってしまわないか、ということです。
やっぱり新宿はいつまでも「新宿らしさ」を保っていてほしいものだ、と思います。
でも、まあ、そんなことはおいらのようなヨソ者のたわごとに過ぎないですね。
Commented by マフィンマン at 2008-03-25 20:48 x
rrbさん
京都と異なり、東京はどんどんどんどん変わっていきます。
「街並みを守る」なんて発想はまるでないのが東京です(郊外の住宅街は近年、そうでもないですが)。
でも、まあ、それこそが「東京らしさ」なのかな、とも思ってます。
仕方ないんですよね。江戸時代の度重なる大火、そして関東大震災に大空襲のたびに一変してきましたから。
Commented by マフィンマン at 2008-03-25 20:48 x
てきぱきまむさん
三平ストア、確か6~7年前まであったように思います。
税務署通り(イヤな名前です)沿いは、すっかり家も店舗も取り払われ、当時の街並みを思い出すのも困難です。
でも、考えてみると、わずか6~7年前までは駅からあんなに近い場所に「昭和」な街がずっと残っていたんですね。
そのこと自体、実に意外です。
Commented by haru-155 at 2008-03-25 22:09
今晩は!変貌していく東京!何百年かあとに発掘してもあまりの変化ぶりに痕跡が??になってしまうかもしれませんね(笑)1枚目本当に発掘現場みたいですね♪

やはりカメラの記録する力って大きいんだな~ってつくづく思っちゃいます・・マフィンマンさんのブログは失われていく東京の姿の貴重な平成記録帳ですね!

アロエの花がこんなに重機と似合うとは知りませんでした!
Commented by aoi_color at 2008-03-26 01:27
開発予定の西新宿界隈を全て完全に森林化してもらえれば、
屋上緑化計画以上の効果が期待出来そうです。
まっあり得ないと思いますが……。
『発熱する東京 100年で3度上昇、世界一』という見出しを新聞で見てふと思い出しました……。
Commented by nobulinn at 2008-03-26 18:32
こんにちは。
今話題の新スポット、どこもそうなる前にはこんな光景が東京の至る所でくりかえされているんだなって、先日歩きながら思いました。
アロエはたくましいけれど、いずれ抜かれてしまうのでしょうね。
お風呂屋さんは、ちょっと見たいけれど、たぶんもう8丁目には行かないような気がします。
Commented by マフィンマン at 2008-03-26 21:59 x
haru-155さん
この“発掘現場”を発見した時、思いました。
結局、人間が住んだ「痕跡」ってのは太古の昔も現代も変わらないんじゃないのか――と。
実は、本日もこの現場を訪れました。
でも、最早こんなに整然?とはしておらず、グチャグチャでした
Commented by マフィンマン at 2008-03-26 22:00 x
aoi_colorさん
そう言えば、こうして重機が唸りを上げる直前までは、曲がりなりにも雑草に覆い尽くされた一部エリアがありました。
でも今や、その雑草地帯も掘り返され、重機がグワングワン唸ってます。
考えてみれば、つい数年前まで「昭和」な街並みが残されていたことの方が奇跡だったのかもしれません。
Commented by マフィンマン at 2008-03-26 22:00 x
nobulinnさん
約1週間ぶりに本日、この街を再訪しました。
アロエ……ものの見事に消えていました。
「これが新宿、これが東京さ」と言ってしまえばそれまでですが、それでも、アロエの横のマンションには、たった1世帯(たぶん)ですが、住民がいました。
Commented by korotyan27 at 2008-03-27 00:21
こんばんは。写真を拝見すると銭湯壁画までもが葬られてしまうのでしょうか?
アレだけは残念な気がしますね。
思えばもう少し前から撮っておけばよかったと思います。
アラーキーがいつでも決定的瞬間の連続なんて言葉を言っていましたが
人に限らず街や人、そして人の気持ちすら時間の経過とともにどんどん変わっていってしまいますね。
上の写真、桜や菜の花がすっかり満開。
いつもの中央線の光景かと思いきや新型車両に変わっていますね~。
Commented by マフィンマン at 2008-03-28 00:37 x
korotyan27さん
どうなんでしょうねえ。
この撮影をしてから約1週間後の26日に再訪しましたが、民家やアパートはガンガン解体されていましたが、なぜか、銭湯壁画および煙突は、そのまま残っていました。
ひょっとしたら銭湯壁画は、再開発され尽くした後も、“街の象徴”のような形で保存されたりして?

中野生まれながら、中央線と総武線の区別がいまだにつきません。
Commented at 2008-04-08 16:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 東中野/飯田橋  沿線の春 南千住  終着駅の夜 >>