下谷  二度と歩けない路地

しかし懐かしいな、ここは昔ボクが住んでいた街とそっくりだ。
まるで死んだように静かだ。

c0080357_22412756.jpg

冒頭の一文は、1976 (昭和51) 年にNHKで放映されたドラマ 『 紅い花 』(つげ義春原作) のオープニングで、つげ役の草野大吾が語るモノローグです。
この写真のような路地を草野大吾が歩いていくと、その奥に、金太郎アメを売るおばあさんが現れ、一言。
「 ポキン、金太郎 」

写真は、昨春撮影。 この路地も長屋も、今はありません。

ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2008-03-17 22:44 | 三ノ輪/南千住/東日暮里/下谷 | Comments(16)
Commented by haru-155 at 2008-03-17 23:08
今晩は!残念ながらそのドラマは知らないのですが・・なんだかお写真によく似合ってるな~って思いながら拝見しました♪風がどこからも入ってこない、空気がゆるがないような感じがする路地ですね!

ベランダで手を伸ばせば握手が出来そう!こんな隣家に子供時代友達がいたら楽しいだろうな~(^^)母親同士は「子供がお世話になって」なんていっておかずのやりとりをしたりして・・・ってもうそれは昔の話しなんですね!もうないなんて、、なんだか寂しいですね!でも記録出来て良かったですね♪

Commented by korotyan27 at 2008-03-17 23:18
こんばんは。いい感じの路地を見つけたときにはどこか、つげ先生的な寂しいような儚いような複雑な雰囲気を感じます。
既になくなってしまった路地の儚さは夢の中のようですね。そして路地の最後には街撮り者としてこうしめるべきでしょう。
ではごきげんよう。達者でなァ。と・・・。
Commented by iza-nagi at 2008-03-18 00:03
なるほどポッキン、金太郎・・・ですね!
こういう路地裏、大好きです、惹かれます。
きっと、つげ先生もこういう風景に惹かれるんでしょうね~
Commented by Rambler5439 at 2008-03-18 06:41 x
学生時代に紅い花を視た世代です。草野大吾さん、好い役者でしたねー。最近、味のある俳優が少ないので、余計にそう感じました。
例の「淫祠」があった路地でしょうか、いい写真です。
ところで、ここのところ大島にハマっているのですが、先日、越中島線の線路脇でパンクした自転車に会ってきました。逆光が厳しかったので写真は撮れませんでしたが、素晴らしい情景でした。
Commented by lucca-truth at 2008-03-18 07:58
おはようございます
いい雰囲気の長屋と路地ですね、
もう出会えないのが残念です、なくした風景がたくさんありそうですね。
Commented by neon at 2008-03-18 10:02 x
ううむ、すばらしい。。。
モノローグも写真も。
常道から外れていく感覚のようなもの、にはやはりぐらっとさせられます。
Commented by nobulinn at 2008-03-18 22:36
こんばんは。
雰囲気のある路地ですが、今はない風景なのですね・・・
マフィンマンさんが暮らしていらした街の路地は、今も残っているのでしょうか?
前回投稿のお昼寝ねこ、かわいいですね♪
Commented by aoi_color at 2008-03-18 23:11
『失われた路地』写真を見るからに極最近撮られた新鮮さがありますね。
日常の路地で私にとっては大塚坂下町は“宝”です。
Commented by マフィンマン at 2008-03-18 23:18 x
haru-155さん
この路地の奥をズンズン進むと、井戸があるんです。
その写真、実は以前、アップしました。
残念ながら、路地も長屋も消えてしまいましたが、この井戸は残ってました。
驚きです。
Commented by マフィンマン at 2008-03-18 23:19 x
korotyan27さん
>ではごきげんよう。達者でなァ。と・・・。
むふふ、そうですね。
『 ねじ式 』 の、狭い路地を蒸気機関車が走ってくるシーンは、実に印象的でした。
わけ分からんマンガと言えばそれまでですが、あの頃のつげ義春ほどブッ飛んだ発想はいまだにないのではないでしょうか。
Commented by マフィンマン at 2008-03-18 23:20 x
iza-nagiさん
つげ作品を読んでいると、彼は一時期、立石に住んだことがあるようで、昭和30年代の街並みが描かれています。
温泉モノも好きです。
雪国を描いた作品なんぞは、とても叙情的で大好きです。
Commented by マフィンマン at 2008-03-18 23:20 x
Rambler5439さん
そうです、ここは例の「淫祠」と井戸のある一角です。
パンク自転車、まだありましたか。
あれ、完全に道をふさいでますよね。一体どうしちゃったんでしょうねえ。
クルマ1台は通れる路幅だと思うのですが……。
Commented by マフィンマン at 2008-03-18 23:20 x
lucca-truthさん
右側の長屋は戦前の建物です。
奇跡的に戦災を免れたようです。
これを撮って半年後に訪れたところ、ものの見事に消え、サラ地になってました。
今さらながら、東京は変化の激しい街だとつくづく思います。
やれやれです。
Commented by マフィンマン at 2008-03-18 23:21 x
neonさん
大学受験期にもかかわらず、『 紅い花 』 が放映された翌日は、教室中がこの話で沸騰してました。
キクチサヨコ役の沢井桃子が、とんでもない美少女だったんですよ。
で、その翌朝には、小学館マンガ文庫で 『 紅い花 』 と 『 ねじ式 』 を買ってくるヤツまで現れました。男子高ですから。
Commented by マフィンマン at 2008-03-18 23:22 x
nobulinnさん
最近思うのですが、今まで撮ってきた路地の大半は10年、いや、5年もしないうちに消滅してしまうのかな、と。
おいらの故郷は中野(戦前は、村です)なので、下町に比べると路地は圧倒的に少ないんですよ。
「ここが本当の東京なんだよ」というのは、旧山の手地区と下町だと思ってます。
Commented by マフィンマン at 2008-03-18 23:26 x
aoi_colorさん
大塚坂下町と下谷など下町の路地の違いは、「坂や階段があるかないか」ではないでしょうか。
大塚~東池袋は、春日通りを頂点とした谷底の街なので、傾斜があり、大好きです。
しかも、都電が走り、変化に富んでますよね。
今日は、都電の車内から東池袋を撮ってみました。
<< 東池袋/隅田川  ここで見つか... 溜池公園  寝ちまった >>