大塚  再訪・階段の街

春日通り沿いのビルの陰をひょいと入ると、こんな階段がいくつも延びています。
まわりの家々にも、小さな階段がついていたりします。
そして、階段を下りると、縦横に走る路地――。
c0080357_20482712.jpg

そんな街を、荷風先生はナンと60年以上も前に発見してます。
どんな街撮り者も、路地王・荷風の前には到底かないません。
荷風ゆかりの写真もこの街で撮ったので、近くアップします。
ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2007-09-16 20:51 | 大塚/池袋 | Comments(28)
Commented by unonosarara60 at 2007-09-16 22:05

座り込んでいる少年の背もたれが道なんて良いですね。ふるさとの佐世保もこんな坂と石段の路地が沢山ありました。東京に住むようになって都内で坂道に出合うとほっとします。人肌が近くに感じられる、それが路地なんでしょうね。
荷風先生は寂しがりやというより  こいしがり家  かもしれませんね。
Commented by たまごん at 2007-09-16 22:53 x
奇遇にも本日大塚で神輿を見物した後、浄閑寺へ行ってきたところです。
でもこんな坂道があるとは知りませんでした・・・。

そういえば先日、津川雅彦主演のDVD「墨東綺譚」を購入しました。
高校生の頃に初めて見て好きになった映画です。
マフィンマンさんも是非(って既にご覧になってるかも・・・)。
Commented by jitensya7 at 2007-09-16 23:06
坂道、階段の路地も平地と違った趣がありますね。歩きにくいのであまり近づかないようにしていましたが、こんど行ってみます。
Commented by nobulinn at 2007-09-17 00:29
こんばんは。
とても生活感のある路地ですね。
このあたり、ほんとにちょっとした階段が風景に変化をつけておもしろいんですよね~♪
ゲームをしてる男の子を入れて撮されているところ、さすがマフィンマンさんだと感じました。
Commented by readymade_ayu at 2007-09-17 00:34
いつか、この1枚も2007年を語るに大いなる財産になるでしょうね。
Commented by 御疲山 at 2007-09-17 01:25 x
お久しぶりです^^
路地裏の風景は古いのですが、少年が持っているのはDS。
面白いですね^^(お母さんにばれないように隠れてやっているのかもしれませんね^^;

空想の中で時代をさかのぼり、少年が持っている遊び道具を
メンコ・ベーゴマ・ビー玉・・・・に置き換えてみました^^
Commented by 風俗散歩 at 2007-09-17 01:28 x
路地を歩いていると、眼前に洗濯物(布団のシーツのようですね)が現れるという光景がいいですね。
路地と洗濯物は相性がいいようです。
Commented by lucca-truth at 2007-09-17 07:38
おはようございます
階段と路地の多い街、探険するの楽しそうですね。
階段に寄りかかってゲームをしている少年、
のどかな雰囲気になってますね。
荷風先生、東京中を歩いているみたいですね。
Commented by rrb at 2007-09-17 21:44 x
こんばんはm(..)m

階段と路地と…荷風先生60年前に散策ですか!
それはスゴイ!
その頃と今ではどれくらいの変化があるのでしょうねぇ。
照らし合わせてみたいです(^^)
Commented by aoi_color at 2007-09-18 04:47
菱餅の様なパステル色の布団が眼に飛び込んできました。
もし現代に荷風先生が存在(長寿で)していたらは路地の隅でゲームに没頭する少年の姿をどんな風に表したでしょか?
ここに誰もいなければ想像は膨らみますが、あえて少年を加えるとなると、あの時代の作風や表現では追いつかないかもしれませんね。
Commented by マフィンマン at 2007-09-18 20:48 x
unonosarara60さん
坂や階段は、町の表情に変化を与えてくれますよね。
路地も同様で、「この路地をずっと歩いていくと、どこにたどり着くのだろう」という“迷宮感”が好きです。
私は若い頃、札幌に住んでいましたが、あの町は碁盤の目に区画割りされているだけではなく、坂のない、平らな街なので、散歩の妙味がありません。
Commented by マフィンマン at 2007-09-18 20:48 x
たまごんさん
大塚は15日(土)に訪れました。たまごんさんとは1日違いですね。
ここから浄閑寺ということは、都電で行かれたのでしょうか。
そのDVDはまだ観てないんですよ。物語にメリハリのないあの小説が、どうやったら映画になるんだろう、という興味は以前からあるのですが。
Commented by マフィンマン at 2007-09-18 20:48 x
jitensya7さん
「歩きにくい」――おっしゃる通りです。結構ハードでもあります。
ついでに言うと、自転車で行くこともおススメできません。
愛車で訪れたことが何度もありますが、階段だらけなので、結局、春日通り沿いなどに駐輪せざるを得ません。
Commented by マフィンマン at 2007-09-18 20:49 x
nobulinnさん
最初は階段のある路地だけ撮っていたのですが、いつの間にか、小学生がゲームで遊んでました。
実はこの日は、荷風がらみで近くの寺を撮影するのがメーンイベントでした。
墓場越しに眼下に住宅街が広がり、その行く手には護国寺の深い森――こんな風景を荷風先生は日記で描いています。
Commented by マフィンマン at 2007-09-18 20:49 x
readymade_ayuさん
この子が遊んでいるのは、ニンテンドーDSってやつですか?
最近は小中学生だけでなく、OLが通勤電車の車内で遊んでいる光景をしばしば見かけます(同じ勤め人風情でも、男より女の方が圧倒的に多い気がします)。
どんなソフトが彼女たちを夢中にさせるのでしょうか。不思議でなりません。
Commented by マフィンマン at 2007-09-18 20:49 x
御疲山さん
生まれ育った中野は、下町ほど路地は多くはありませんが(しょせん、大昔は『村』ですから)、それでも、路地は遊び場の一つでしたね。
何して遊んだか。ふふふ、狭い路地で三角ベースボールをやったりしました。
同じ三角でも、超二等辺三角形ですね。
Commented by マフィンマン at 2007-09-18 20:49 x
風俗散歩さん
路地を歩いていると、布団が干されている光景はしばしば目にします。
また、子供の運動靴なども金網に一斉に干されていたりして、絵になります。
さらに、イスに座ったまま婆さんが日光浴したまま眠っていたりして、たまに驚いたりします。
Commented by マフィンマン at 2007-09-18 20:50 x
lucca-truthさん
東池袋から大塚にかけての界隈はホント、坂と階段と路地の宝庫です。
これに都電も走ってるので、おいらにとっては美味しい被写体だらけです。
この日は、ちょうど地元のお祭りとぶつかり、春日通り沿いに御輿や山車が繰り出し、賑やかでしたよ。
Commented by マフィンマン at 2007-09-18 20:50 x
rrbさん
60年前にはすでに市電(現在の都電)が現在の何倍も縦横に走っており、荷風先生は市電を乗り継ぎながら、いろんな街を訪れています。
写真の場所のすぐ近くにも市電の電停があったようで、そこから乗り降りしたようです。
文豪といわれている先生ですが、「元祖・街歩き」のような作品も多く残しています。
Commented by マフィンマン at 2007-09-18 20:50 x
aoi_colorさん
荷風先生は、子供が大嫌いでした。「断腸亭日乗」でも、しばしば悪態をついてます。
ガチャガチャうるさく動き回るのが鬱陶しくてたまらなかったようです。
よって、静かにゲームに興じている子供ならウエルカムだったかもしれませんね(対戦型ゲームだと完全NGでしょうが)。
Commented by 太郎 at 2007-09-19 21:02 x
クルマの入らない
路地は静かな時間が
止まったようなところですね。
雑踏の多い昨今
ほっとする、雰囲気です。
Commented by takuji-Fan at 2007-09-20 18:19
あ、この任天堂DS、家のと同じ色だ!
我が家は、親父もDS,子供もDS、なんちゃって(笑

最近はK100Dに浮気してますが…
Commented by マフィンマン at 2007-09-20 21:09 x
太郎さん
仰るように、路地の最大の魅力は、クルマが通らないことですよね。
とくに階段があると、路地は完全に人と野良ネコのものです。
久しぶりに街撮りに出かけましたが、まだ暑く、ちょいと厳しいです。
Commented by マフィンマン at 2007-09-20 21:12 x
takuji-Fanさん
いいなあ~、K100Dですか~。
おいらは、いまだにDSです。
というか、機械としてのカメラには基本的余り興味がないので(カネもありませんが)、たぶん、このままずっとDSです。
Commented by haru-155 at 2007-09-21 22:36
今晩は!自分のブログでは温かい励ましを頂いてありがとうございましたm(_ _)m左手骨折になってしまいましたが(涙)お陰様で痛みもひきました・・

↓の作品もですが、、人の息遣いのする路地と、、子供の組み合わせがいいですね~!生き生きした雰囲気がかもしだされてなんともいえません・・マフィンマンさん独特の世界、、ますます磨きがかかっておいでだな~って思います!

脱線で申し訳ないのですが、、四十肩の効果的な予防法をお医者さんが書かれた本で以前読みました・・自分の父には効いたようです・・ダメもとで良かったら試してみて下さい・・簡単ですので・・

“四十肩になる前には予兆があるそうです。肩が張るとか、、かすかな鈍痛がするとか・・そんなとき動くようでしたら、水車のように腕をグルグル振り回すんだそうです。。前に後ろに。。家具などにぶつからないように広いところでするのがこつですが・・一日に5,6回すると四十肩にならずにすむそうです”
Commented by ティコティコ at 2007-09-26 12:29 x
近いけど知りませんでした、荷風先生は東京ばかりかその頃の巴里の陋巷も詳しく存じていて私も若い頃、先生の歩いた巴里を5年ほど毎日のように彷徨ってました、「仏蘭西物語」は大好きです・・・

これからも宜しくお願いします。

拙ブログ、宜しければご覧下さい♪
⇒http://blogs.yahoo.co.jp/hanakoparis
Commented by マフィンマン at 2007-09-28 00:36 x
haru-155さん
レス遅れて、すいませんでした。
>肩が張るとか、、かすかな鈍痛がするとか
確かに、そんな前兆はありました。
腕をグルグル振り回す――この治療法は、全く計算外でした。てっきり、大人しくしているのがベストだとばかり思ってました……。
Commented by マフィンマン at 2007-09-28 00:36 x
ティコティコさん
初めまして。ようこそお出下さいました。
いや~、「巴里を5年ほど毎日のように彷徨ってました」ってのは、羨ましい限りです。
おいらはぜいぜい、都内の路地をウロウロするばかりです。いいな~パリ。

後ほど、ブログを拝見しに伺いますね。
<< 板橋区大門  紅に濡れる祠 (... 根津  祭り囃子が聞こえるぞ >>