勝どき  隅田川べりを歩む・その4

あの長屋は、とっくに消滅していました。
3年後、ここに55階建てのマンションが出現します。
c0080357_20562048.jpg






長屋などが取り壊される、と聞くと、
『 ゼネコンも役人も、下町文化を何も理解してない! 』
と、トンチンカンなことを言う人がいたりします。 そのたんびに、
『 だったら、長屋に住んでみなよ、あんた 』
と思います。

この長屋に実際に住んでいた人は、
『 3年後、新しいマンションに何人戻ってくることできるだろうねえ。 年寄りが多いから 』
と、コミュニティが失われることを嘆きつつも、
『 老朽化しているので、夏は暑いし、冬はすきま風で寒いんだよね。 ネズミもゴキブリもいっぱい出るしさ 』
と、半ばホッとした顔で話していました。

永井荷風は陋巷 (ろうこう) 好きが高じて一時、築地の長屋に移り住んだこともありますが、長屋特有の騒々しさに音を上げ、早々に引っ越してしまいました。
そんなもんです。
でも、彼には、陋巷を美しく描く、という才能がありました。

そんな才能もなく、
『 このオレが実際に下町の長屋に住んで、下町文化の灯を守り抜くぜ! 』
という覚悟もない輩が、したり顔で文化、文化などと言ってはならん――と、思います。
駅舎や公会堂などの公的施設に文化財的な価値を求めるのは理解できますが、フツーの民家の事情は、そんなシンプルではなく、物事のリアルさが違うのです。

――以上、こともあろうに新宿ゴールデン街で2カ月ほど前、おいらと隣り合った団塊オヤジとちょっと言い争った話を手短に再録しました。
ぶらり~散歩♪  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2007-08-22 21:14 | 築地/豊海町/豊洲/佃/葛西 | Comments(16)
Commented by @テツ at 2007-08-22 21:35 x
そうなんです。風情はいいんだけれど実際暮らすと、ね。
自然もいいけれど都会の快適な暮らしに慣れた人には蚊やハエ、ぶよ、刺されると死ぬ事もあるスズメバチとか毒虫、毒蛇の類、屍骸が強烈に臭いカメムシなどたぶん耐えられないでしょうね。
私も子供の頃だったらともかくいまはとてもダメです。

ところで三ノ輪の「君島」。こないだの日曜に近くを通りかかったので見ておくかと探したのだけれど見つからないんです。
アルツ気味でわからないのなら、意地でもたどり着いてやるとさらに探したら、なんと取り壊されて狭い駐車場になっていました。

Commented by 御疲山 at 2007-08-22 23:16 x
なるほど・・・
確かに実際に住んだりするのは大変ですね・・・。
長屋の風情(外観)を残しながら
中身を快適にするってのはやっぱりお金もかかりますしね。
こういう物を文化財として扱って行政から援助がでれば違うかも知れませんが、それでは何か偽物のような気もしますし・・・^^;

せめて失われる前に写真に収めるしか無いのでしょうか^^;


前回エントリの「あの長屋」も見させていただきました!
今となっては貴重な写真となりましたね^^
Commented by nobulinn at 2007-08-22 23:27
こんばんは。
街の写真を撮っていると、やはり撮り続けていた風景が、ある日変わっていたりするのは、とても悲しい物があります。
でも、地元の方達と言葉を交わす時は、よそ者の立場で残して欲しいとはあまりはっきり言えません。
ただ、こういう風景はとても好きですと言うくらい・・・
いろいろな考えの方がいて当然だし、暮らす方達のご都合もありますものね。
Commented by korotyan27 at 2007-08-23 00:21
確かにそうですね。害虫嫌いなので既に建物の一階に済む気がしません。
マンションもいいのですがあまりに効率化された感じなのがちと残念な気がしてなりません。マンションももうちょっとゆとりのあるスペースで住人の方が集まれるような場所があると良いような気がします。
Commented by lucca-truth at 2007-08-23 06:54
おはようございます
古い建物に住み続けるのはなかなか大変なことだと思います。
住む人たちの都合が一番なんでしょうね。
しかし55階だてですかすごいですね、
お台場へ行く途中、右後ろの2つのビルが見えましたが
どんどんビルの壁ができているのを見ると心配になってきます。
Commented by rrb at 2007-08-23 09:15 x
おはようございますm(..)m

なるほど!
確かに住んでいる方にとっては老朽化は耐え難いものがありますね。
ただ、コミュニティがなくなるのが辛いですね。
そこに住んでいる方たちへの建て替えということも難しいでしょうし…。
しかし、55階建てのマンションってのが必要なのでしょうか…。
と、考えてしまいます。
Commented by GG-1 at 2007-08-23 17:12
あの長屋
多分ウチより快適ではないかと・・
(先日室温計が38度に達したときにはタマランかった)

よそ目にも
コミュニティーを含めた風情がなくなるのが、なんや悲しいのですよ
Commented by マフィンマン at 2007-08-23 22:47 x
@テツさん
先日、我が家にセミが飛び込んできてバタバタ飛び回るわ、ジージー鳴き始めるわ、大変でした。
手でつかめませんでした、おいら。ビビッてしまって……(泣)。ヤワになっちまったもんです。
それにしても、君島酒場が駐車場ですか。変化する時はアッと言う間ですね。
Commented by マフィンマン at 2007-08-23 22:47 x
御疲山さん
自然保護運動と異なり、民家の保存や保護は、第三者があれこれ言っても詮ないな、と思います。ひと様の財産ですしね。
よって、せめて写真に撮るしかないな、と。
東京に住み続ける限り、街が「変化」する節目節目を記録し続ける意味はあると思います。
Commented by マフィンマン at 2007-08-23 22:47 x
nobulinnさん
昔の東京の写真を見ていて思うのは、「よくぞ撮ってくれてました」ということに尽きます。
写真が持つ価値ってのは結局、「記録性」ということがかなり大きいのではないでしょうか。ならば、どんどん記録していこう、と。
長屋を1棟まるごと買える資産があれば別ですが。
Commented by マフィンマン at 2007-08-23 22:48 x
korotyan27さん
勝ちどきや月島、佃は埋立地で、明治以降は現在のIHI(石川島播磨重工業)の企業城下町でした。
視点を広げると、東京都心部は埋め立てで広がってきた歴史があります。
東京は「人工的に造り上げてきた街」とも言えます。荒野だった頃の13号埋立地を懐かしく思うのも、そのせいです。
Commented by マフィンマン at 2007-08-23 22:48 x
lucca-truthさん
この長屋のことを調べる際に、郷土史家に話を聞きましたが、意外に詳しくは知らないのです。
フツーの民家については案外、記録も多く残されていないのが実体です。
よって、せめて写真として記録していくのは、それなりに意味があるのかな、と思ったりします。
Commented by マフィンマン at 2007-08-23 22:49 x
rrbさん
団塊おやじの「下町文化論」はともかく、確かに、高層マンションが建ち並び続ける現状はどうなんだろう、と思います。
都心に近い高層マンションへの移住者は(今のところ)増える一方で、ということは、都内のどこかで過疎化が進んでいる、ということです。
東京には昔から「東京全体の設計者」がいないのです。
Commented by マフィンマン at 2007-08-23 22:49 x
GG-1さん
>なんや悲しいのですよ
そうですよね。だから、カメラを向け、シャッターを切るわけです。
下町の現役の元気な街並みを撮るのも同じ理屈で、「コミュニティよ、永遠なれ」と思うからこそです。
高層マンションでの暮らしにコミュニティが生き返ることを祈るばかりです。
Commented by aoi_color at 2007-08-24 05:47 x
長屋で培った精神は変わらないかもしれませんが、生活のリズムがどう変わって行ったのか今の形にしてどうだったのか、長屋から高層マンションへ移行した人たちのその後の話が聞きたいですね。
長屋の生活を知っている子どもたちから次の世代が大人になる頃、回りも同じように変わってしまったら「勝どきに長屋ありの過去を記した碑』も建てられること無くその記憶自体失われてしまうのでしょうね。
Commented by マフィンマン at 2007-08-25 17:39 x
aoi_colorさん
一つ気になるのは、勝鬨橋に近い高層マンションから長屋の目の前の公園に親子連れが何組も訪れていたのです。
でも、一帯の再開発に伴い、この公園も大半が消滅していました。
児童公園は、今や数少ない地域のコミュニティ空間の一つでもありますからね。
<< 浅草  隅田川べりを歩む・その5 日本橋久松町  下町リゾート ... >>