中野区弥生町  今でも残る故郷の路地

実家近くの路地です。 ガキの頃は、こんなところを走り回っていました。
父の話では、昔は小さな川が流れていたそうです。
c0080357_2152388.jpg

こんな感じで数百㍍にわたって続いています。
c0080357_2152326.jpg

同じ女性が写っていますが、ストーカーしたわけではありません。 何を隠そう、カミさんです。
ぶらり~散歩♪  気楽な写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2007-07-02 21:57 | おまけ | Comments(28)
Commented by Rambler5439 at 2007-07-02 22:16 x
あの路地ですね。懐かしい!!
今年になって、西部戦線はほぼ休戦状態。とくに中野区南部は全くと言っていいほど歩いていません。弥生や南台、本町あたりには未踏の小径がまだまだ沢山残っていますので、7月以降は月一ぐらいは出撃したいと思います。
ところで奥様、武闘派の雰囲気を漂わせているような・・・・失礼!!
Commented by zima at 2007-07-02 23:30 x
すばらしい路地ですね。
さすが育った場所は隅々までご存知ですね。

あとストーカー気分が味わえる写真も好きかも。
Commented by korotyan27 at 2007-07-02 23:34
ちらっと見て驚きました!
いつもの写真と距離感の違う謎の人物の後姿!

怪しい・・・。

と思いましたがコメントを見て納得です。なるほど~。
ご実家に行くのにこのような路地を通らないと辿りつけないのでしょうか?
これは気になります・・・。
Commented by AABB at 2007-07-03 00:57 x
思えば狭し故郷の路地。

同じ女性が、向こうへ歩いていくのか、こっちへ歩いてくるのかで、かなり怪しさが違ってくるように思いますが。あ、奥さんには直接見て戴くのはマズイ冗句ですから、そこのところは宜しく。

あくまでも佇まいですからね、佇まいです。
Commented by Rikkor at 2007-07-03 00:59
こんばんは^^
奥様でしたか~(笑)
かる~いストーカーかと期待しましたが(笑)
ぜひ次はマフィンマンさん、登場お願いします^^
Commented by lucca-truth at 2007-07-03 06:25
おはようございます
なぞの女性が…と思ったら奥様ですか。
板塀の路地いいですね、その先には木造の建物も見えますね。
わくわくしそうな路地ですね。
Commented by GG-1 at 2007-07-03 11:08
ふむふむ
方南通りを走ると結構エエ感じの建物が残っているので気にはなっていたのですが・・
内側もなかなかよさそうですな
散歩候補地がコレで一つ増えました
Commented by rrb at 2007-07-03 11:39 x
おはようございますm(..)m

ん~…悩む!
1枚め小路が舗装されていなかったら、
どれだけよかったでしょう!
2枚めのネットフェンスが板塀であったら、
いうことありませんのに…(>.<)
思うような場所って少ないのですねぇ。
Commented by henronin at 2007-07-03 11:56
自分も中野生まれです、先日 旧写大で東松照明さんの写真をみて「宝泉寺」に寄ってきました子供の頃見たここの低地のお墓は地の底に見えましたがそれ程でも有りませんでした、子供の目線と大人になってからとはかなり隔たりがありますね。
Commented by @テツ at 2007-07-03 12:56 x
ああ、いい感じの路地ですね。
まさに、膝小僧に赤チン塗った、ご幼少の砌のマフィンマンさんが駆け抜けて行くのが想像できます。

知り合いの方だろうなと思いながら見ていましたが奥様でしたか、納得。
Commented by aoi_color at 2007-07-03 22:08
「路地裏の少年」ならぬ「路地裏の美女」ですね。
板塀とその奥の木造住宅に興味が有ります。
中野弥生町と云えば東大付属中学が有りますね。
昔、新宿からバスに乗りここで下車してデザイナーさんのところへ原稿を取りに行った記憶が有ります。
Commented by nobulinn at 2007-07-03 23:22
奥様とお散歩でしたか(^^)
とっても、落ち着いた、良い雰囲気の路地ですね♪
子供の頃走り回った風景が、そのまま残されているというのは、とても幸せなことですね。
Commented by readymade_ayu at 2007-07-04 00:00
マフィンマンさんの奥さんだったんニャ~。
きれいニャンね~。
Commented by マフィンマン at 2007-07-04 21:15 x
Rambler5439さん
そうです、あの路地です。
中野区南部は、撮り甲斐のある被写体はホント少ないですよ。
よって、「月1」どころか「年1」あるいは、4年に1回のペースで回れば十分です。
カアちゃん、怖いです。
Commented by マフィンマン at 2007-07-04 21:16 x
zimaさん
東部戦線などに比べると、中野のこのあたりでは、好い路地はグンと少なくなります。
昔から変わらないですね。
撮り甲斐のある路地はもともと少ない代わりに、大規模な再開発などもないため、路地は昔のままの姿で残っています。
Commented by マフィンマン at 2007-07-04 21:16 x
korotyan27さん
これは実家から、あるところへ出かけていく途中です。
カミさんは、ふだんはおいらより歩くスピードが断然遅いくせに、この時は、おいらが撮影しながら歩いていたため、「遅いわよ!」などど言いながら、とっとと先を歩いてました。
この路地で数年前、出前用の岡持がなぜか落ちていました。
Commented by マフィンマン at 2007-07-04 21:16 x
AABBさん
北海道出身のカミさんは、こんな路地を歩いたこともなく、今回初めて一緒に歩きました。
おいらは、北海道の大学に進学したのですが、歩きながら、
「あんたが東京から北海道に行きたくなった気持ちが、ちょっと分かる気がする」
などと、分かったようなことを言ってました。おいらは10代の頃は、狭い東京の街が嫌いだったのです。
Commented by マフィンマン at 2007-07-04 21:17 x
Rikkorさん
おいらは、右上に常駐してます。
写真でお分かりのように、まだ未成年なんです(苦)。
この写真、大昔の写真をスキャンして使っているのですが、そろそろ真夏バージョンのほうがいいですね。探してみます。
Commented by マフィンマン at 2007-07-04 21:17 x
lucca-truthさん
この路地は、路地沿いの風景はガキの頃からちょっとずつ変わってきましたが、路面そのものは全くと言っていいほど変わっていません。
足がその感触をちゃんと覚えているんですよね。
ビミョーにクネクネ曲がっているんですよね。でも、だからといって、路地の先に何かがあるわけでもありません(笑)。
Commented by マフィンマン at 2007-07-04 21:17 x
GG-1さん
方南通りも、まさに地元も地元。
でも、そんなに「エエ感じの建物」って残ってましたっけ?
あの通りは最近、部分的に拡幅工事をすっかり終えたところもあり、昔の風景から激変してしまった家並みもあります。
ず~っと工事してましたよ。
Commented by マフィンマン at 2007-07-04 21:18 x
rrbさん
そうなんですよ。
しょせん路地と言っても、ここいらでは、これが限界です。
路面の土も部分的、路地沿いの風景も中途半端――という感じです。
東京東部に比べると、なかなかド真ん中の剛速球というわけにはいきません。
それでも、この風景は昔とはそう変わっていません。
Commented by マフィンマン at 2007-07-04 21:18 x
henroninさん
おお、同郷人ですね。
写真大学は今は名前が変わりましたが、大学近くの本町図書館にはしょっちゅう行きました。
この図書館では夜8時の閉館の際に音楽を流していましたが、70年代半ば、それはチック・コリアの「クリスタル・サイレンス」でした。
Commented by マフィンマン at 2007-07-04 21:18 x
@テツさん
あまり自慢できる被写体のない実家周辺ですが、この路地だけは、まあカメラに収めてもいいかな、と思って撮ってみました。
一方、カミさん(北海道生まれ)は路地なんぞには一切興味がなく、スタコラ行ってしまいました。
路地ってのは東京ならではの風景なんだな、と改めて思いました。
Commented by マフィンマン at 2007-07-04 21:19 x
aoi_colorさん
東大付属は実家から歩いて1分足らずです。
ここは(たぶん今でも)、双子を研究していて、双子は優先的に入学できると言われていました。
ガキの頃のある日、学校の周辺を双子が何組か歩いている光景に出くわし、驚きました。
広いグラウンドを勝手に占拠して、勝手に野球をしたもんです。
Commented by マフィンマン at 2007-07-04 21:19 x
nobulinnさん
おいらの実家周辺は、ガキの頃に比べ、ちょこちょこ変わってはいますが、空き地も大規模な工場などもなかったためか、大型スーパーなどがオープンして街の風景がガラッと変わった――ということもありませんでした。
この手の路地はもともとそんなに多くない代わりに、風景は大きく変わってもいません。
おいらの故郷は、中途半端な街です。
Commented by マフィンマン at 2007-07-04 21:19 x
readymade_ayuさん
カミさんは、おいらのド短髪が嫌いで、散髪して数日はまともに目を合わせてくれません。
なんて話を先日、墨田区墨田の小沢理容店のご主人に話したら、彼の奥さんもやはり、「ド短髪嫌い」だそうです。
床屋の女将さんでもイヤなものはイヤなんですね。ご主人にちょっと同情しちゃいました。
Commented by 太郎 at 2007-07-04 21:57 x
東大付属の双子の研究、やはりそうでしたか!
私の下に二人の双子の弟がいますが
聞いたことがあります^^
路地の雰囲気ん〜東京ですねえ。
北海道にはないでしょうね!!^^
Commented by マフィンマン at 2007-07-04 22:04 x
太郎さん
双子の一生をトレースする、息の長い研究を行っている――と聞いたことがあります。
北海道は大学入学後10数年も暮らした第二の故郷なので、悪く言うつもりはないのですが……、
ハッキリ言って、街歩きの楽しみは皆無です。車道も歩道も広すぎるんですよ。
でも、その代わり、偉大な自然があります。
<< 墨田区墨田  夏だ! 床屋だ!... 東向島  淫祠 (いんし)、しっとり >>