元麻布  けもの道の向こうに煙突を見た

路地というより、もはや“けもの道”です=22日(日)。
おばあさんたちのあとについて行きましょう。
c0080357_16411668.jpg

どこまで続くんだ?!
c0080357_16414565.jpg

煙突のある路地に出ました。
c0080357_16365514.jpg

こんな風景にもお目にかかりました。
c0080357_1637866.jpg

次回は、いよいよ三田に侵攻! あの銭湯で、おいらが見てしまったものとは?!
ぶらり~散歩♪  スナップ、スナップ写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2007-04-22 16:43 | 六本木/麻布 | Comments(36)
Commented by takuji-Fan at 2007-04-22 16:46
この細さは、やはり都会って感じですね。
田舎だともう少し広いですもん。
4枚目良いですね!
Commented by マフィンマン at 2007-04-22 16:49 x
卓治ファンさん
猛烈に早いレス、ありがとうございます。早すぎて、いささか驚きました。チャットみたいです。
今日は風が強く、街撮りは日暮れの数時間前に断念、とっとと帰宅しました。
帰りがけに巣鴨で買った豆大福を今、食べています。
Commented by aoi_color at 2007-04-22 18:05
つい最近まで『陸の孤島』と呼ばれていた麻布界隈
鉄道網がどんなに広がってもここは未だに変わらない風情が有るのでうれしいです。
すり鉢上の(隔離されたような)この土地をはじめて訪れたとき、あのアンコールワット遺跡を発見した探検家の気持ちと同じかもしれないです(^^;)
元麻布界隈まだ何か有りそうです。
ところでテーラーさんの近くやたらと警官いませんでしたか?
Commented by マフィンマン at 2007-04-22 18:46 x
aoi_colorさん
実はこの界隈には、仕事で近くに立ち寄った際にウロウロして発見して以来、14~15年ぶりに訪れました。
けもの道の入口は、当時と一変したので、最初は分かりませんでした。しょせん昔の話です。
警官が多いのは、大使館が周辺にいくつもあるからだと思います。
Commented by haru-155 at 2007-04-22 18:57
今晩は!いや~、、この路地裏探検いいですね~♪自分もおばさんのあとをついてこういう場所を歩いてみたいです!でも迷子になること100%確かですが(笑)

2枚目の竹箒、良い味出してますね~♪3枚目のカーブして続く、クラシックな家並みが庶民的で好きだな~・・昔ながらの人情が、まだこのへんは残ってそうですね!寂れた雰囲気のテーラーさん、私の町にもあったっけ!こんなに良い被写体なんですね(^^)/
Commented by at 2007-04-22 19:12 x
元麻布にこんな場所があるとは、絶句。
凄い場所を見つけましたね。

まさに獣道です。
これは少し興奮しますね。
Commented by lucca-truth at 2007-04-22 20:19
こんばんわ
ほんと獣道ですね、出た先がまた雰囲気のよい長屋で見事ですね。
東京とは思えないですね。
元麻布にこんな風景が残っていたなんて驚きです。
Commented by nen_randir at 2007-04-22 20:54
なんだかちょっとした冒険ですね(^_^;)
何処に出るのか入ってみたい獣道。
でも誰か入らないと入っていいのかわからず迷ってそうです(笑)
Commented by henronin at 2007-04-22 21:59
ここは昔は路地だったのでしょうね、路地の所有権がきになったので 或る大学の建築学の先生に「路地は公道か私道か もし私道ならマンション建築を機に閉鎖する事は可か?」と聞きましたが納得出来る回答はありませんでした、ご存知ですか?。
Commented by korotyan27 at 2007-04-23 00:41
スゲー!素直に驚きました。
別の場所の写真を接いだような別世界感がありますね。
まして場所は麻布だなんて、まだまだ東京には知らないところがありますねぇ。これは行ってみたいです。
Commented by nobulinn at 2007-04-23 01:05
こんばんは。
ほんとに、細いですね~!
けものみちって感じ、してきますね、ここまで細いと・・・
3枚目もお写真、焦げ茶の色合いの中、建物の赤、煙突の緑、そして植物たちの色が美しく調和していて、素敵です!
Commented by rrb at 2007-04-23 09:18 x
おはようございますm(..)m

よいですね(^^)
ちょっぴり恐いけれど…こういう道はワクワクします。
この先はどうなっているのだろう?と思い進んでいくと、
意外な展開が待っていたりするのが楽しいですね。
Commented by Rambler5439 at 2007-04-23 09:40 x
オイラが夜な夜なネエちゃんと罰あたりな所業におよんでいた場所の目と鼻の距離に、こんな情景が隠れていたんですね。とくに3枚目、最高です。
Commented by laura66air at 2007-04-23 13:00
◎わ!発見しましたね!ブラーボー!
この場所、、お散歩上級者の道ですよ。すばらしい。
元麻布は不思議なところです。あやしい釣堀もありますよ!是非探してみてください。
Commented by koumonomio at 2007-04-23 14:38
マフィンマンさん
二枚目 路地として成り立っている所が凄いですね^m^
見ず知らずの人間が歩いているだけで、一歩間違えれば不審者通報されそうです(大汗
4枚目のカットが、良い雰囲気ですg
Commented by ここまっと at 2007-04-23 20:22 x
元麻布、とってもなつかしー!
こんな道も懐かしいです。
元麻布は私の通勤ルートだったので、すごく懐かしいです。
また元麻布、のせてください。
Commented by マフィンマン at 2007-04-23 20:41 x
haru-155さん
ここまで狭い路地だと、このままどこかの民家の玄関に続いているような気もして、一瞬、入り込むのをためらってしまいます(ほんのちょっとですが)。
近ごろは、こういった「けもの道」は都内からほとんど姿を消しつつあります。
バブル経済が一掃してしまいました。
Commented by マフィンマン at 2007-04-23 20:41 x
森さん
この界隈は14~15年ぶりに訪れました。
当時は、仕事で近くまで来たついでにウロウロしているうちにたどり着いたのです。
バブル景気は崩壊しつつありましたが、すでにいたるところで街並みが完全に破壊され尽くされた後だっただけに、昭和な街並みを目撃して驚いた記憶があります。
Commented by マフィンマン at 2007-04-23 20:42 x
lucca-truthさん
14~15年ぶりに訪れましたが、昔の記憶は非常に不鮮明で、尚かつ、街並みが変わっていることもあり、細い路地を探し当てるのに1時間近くかかりました。
この界隈は、坂が多く、抜け道が極めて少ないため、方角を一度誤ると、とんでもないところに出てしまうのです。
それでも、まだ残っているということのほうが奇跡に近いと思いました。
Commented by マフィンマン at 2007-04-23 20:42 x
nen_randirさん
路地の魅力は、「この路地の先にはどんな風景が広がっているのだろう」と、ちょっと心が時めくことです。
例えて言えば、ガキのころ愛読していた月刊漫画誌の「来月号の付録」の予告を見るような感覚に近いですかね。
もっとも、付録の場合はたいてい、翌月号を手にしてガッカリするのですが……。
Commented by マフィンマン at 2007-04-23 20:42 x
henroninさん
「路地の所有権」――んん~、難しい問題ですね。
東京では、掘割や小川などを埋め立てて路地または遊歩道にしたというケースが多いようなので、その場合は、土地の所有者は自治体ってことになるのでしょうね。
街撮りを始めて気づいたのですが、路地が私道の場合、「私道につき入るべからず」と看板を立てながら、近所の人たちがフツーに歩いている姿を見たりします。
Commented by マフィンマン at 2007-04-23 20:43 x
korotyan27さん
14~15年前に初めて訪れた際は、もっと「昭和」が残っていたように記憶しています。
でも、すでに当時でさえ驚いた記憶があります。
この日は、麻布十番駅をはさんで東側の三田1丁目界隈も訪れましたが、こちらは麻布代以上に「昭和」がタップリ残っていました(再開発されつつあるので、空き家だらけですが)。
Commented by マフィンマン at 2007-04-23 20:43 x
nobulinnさん
この路地、相撲取りは歩けないかもしれませんね。壁と壁に挟まっちまって、レスキュー隊を呼ばなければなりません。
そんなアクシデントを目撃したら、ただちにテレビ局のカメラクルーを呼びましょう。感動的なストーリーにでっち上げてくれます。
「恐怖の路地でお相撲さんが悲鳴! 緊急レスキューで間一髪、ごっつぁんです!」
Commented by マフィンマン at 2007-04-23 20:43 x
rrbさん
意外な展開が待っている――まさに、その通りですね。
でも、実際はその確率は(おいらの経験では)50%を割ります。
ワクワクしながら路地を進むと、大したことのない風景しかなく、ガッカリすることのほうが多いです。
それでも、ひたすら路地を歩み続けるのですが。
Commented by マフィンマン at 2007-04-23 20:44 x
Rambler5439さん
ぐふふ、そうですか、この近くでそんな好いことを……。
それは14~15年前ですか?
だとしたら、おいらは当時、仕事でこの近くをウロウロしてました(その結果、ここを発見したのです)。
んん~、同じ街をウロウロする男どもなのに、かたや仕事、かたや「好いこと」。これぞ、本物の「格差社会」です。
Commented by マフィンマン at 2007-04-23 20:44 x
laura66airさん
元麻布に釣り堀ですか、それはスゴい! ぜひ行ってみねば!
動物と言えば、高台の高級住宅街で、デカい犬と散歩中の上品そうな女性(20代)が、犬のウンコが入っているであろうビニル袋を、どこかのマンションの植え込みにポイッと投げ捨てる光景を目撃してしまいました。
彼女、いつもやってますね。手慣れた動きでしたよ。
Commented by マフィンマン at 2007-04-23 20:45 x
koumonomioさん
この細い路地、意外に人々の往来があるんですよ。
ただ、おいらの“足”でもあるマウンテンバイクは、ちと苦しいかもですね(この日は全コース、徒歩でした)。人が交差するだけでも、互いに譲り合わなければならないほどですから。
4枚目は、ちと離れたところの坂の途中です。界隈は坂が多いため、坂の下の街では袋小路となっている場所も少なからずあるようです。
Commented by マフィンマン at 2007-04-23 20:45 x
ここまっとさん
初めまして。ようこそお出で下さいました。
何年前まで通勤ルートだったのですか?
おいらは14~15年前に仕事でこの街を訪れて、路地を発見しました。
記憶違いでなければ、当時は、もう少し広いエリアで「昭和」な風景が点在していたはずなのですが……。
Commented by readymade_ayu at 2007-04-23 21:51
えええええぇぇぇぇぇ~~~?
オーダーメイドの洋裁店は営業しているのでしょうか・・・していませんよね。
何だか涙が久しぶりに・・・・(> <)☆・。:・

トップページのお写真変わりましたね。
マフィンマンさん大きくなりましたね。
Commented by マフィンマン at 2007-04-23 22:04 x
readymade_ayuさん
トップページの写真は、あまりに昔のだったらナンだな、と思って替えてみました。
これ、最近のおいらです。
この格好で通勤してます。雨の日でも、長靴なのでへっちゃらです。

テーラーは、、もう営業していない様子でした。
Commented by Rambler5439 at 2007-04-23 23:54 x
21世紀になってからの話でございます。不肖Rambler5439、惑いっぱなしの人生なのであります。
Commented by rikkor at 2007-04-25 12:19
こんにちは♪
凄い細いながーい真っ直ぐな路地裏ですね!!
とても魅力的な道です。
Commented by マフィンマン at 2007-04-25 21:43 x
Rambler5439さん
ってことは、この6、7年の出来事なわけですね。んん~、うまやらしい!もとい、うらやましい!
荷風先生が傑作 『 濹東綺譚 』 を著したのは、58歳の時です。
どんどん惑って下さいよ! GO!GO!です。
Commented by マフィンマン at 2007-04-25 21:43 x
rikkorさん
この狭さでは、おいらの愛車(マウンテンバイク)でスイスイ走り抜けることはとても出来ません。
相撲取りも、ちと大変かもしれませんね。
もっともっと撮り貯めて、今に、『 東京の路地100選 』 みたいな写真集をウェブで展開できたらいいなあ、と思っています。
Commented by zima at 2007-06-25 23:12 x
この路地!
私も非常に気になっていました。
中に進もうとするも、連れに止められて願いかなわず。

路地の先が非常に気になっていたのですが、
すごくすっきりしました。
Commented by マフィンマン at 2007-06-26 21:35 x
zimaさん
お、近くにお住まいですか?
この路地は、奥さんの制止を振り切り、一度は歩んでみる価値があるかもしれません。
長いです。ウネウネしてます。そして、いくつか角を曲がると、煙突が見えてきますよ。
<< 三田  残念。行くところなし 本郷  あの人が現れた! >>