浅草  荷風先生だゲロゲ~ロ

雨の日曜(11日)、久しぶりに浅草に繰り出すと、いきなりお出迎え下さいました。
これはこれは、荷風先生。 今朝も、『 断腸亭日乗 』 を拝読させて頂いたばかりです。
c0080357_21201778.jpg

浅草に縁のある文人や芸人の写真が、六区通りに飾られているのです。
で、裏に回るとナンと、青空球児・好児。
ゲロゲ~ロな組み合わせに一本取られました。
c0080357_21204893.jpg

雨も上がり、六区通りを再び訪れると……。
一体、これは?!
c0080357_2121829.jpg

将来、ある人の写真を飾るべく、スペースを空けているそうです。
さあ、誰でしょう。 知らない人はいません(たぶん)。
スナップ、スナップ写真  Photo Blog (写真ブログ)  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2007-03-11 21:23 | 浅草 | Comments(28)
Commented by rikkor at 2007-03-11 22:18
いいですね♪浅草色って感じです。
予約は誰だか気になります。
まさか、浅草と言えばの。。。あの方かしら。。。
予約ということは、まだご健在な人ですよね。。。
でもまだまだ先のような。。。それまでずっとこの状態?
って独り言失礼しました^^;
Commented by lucca-truth at 2007-03-11 22:22
こんばんわ
赤風先生の裏が球児好児ですか、おもしろい組み合わせですね。
予約済みの表現おもしろいです、いつ頃うまるのでしょうね。
六区、にぎやかそうですね。
Commented by haru-155 at 2007-03-11 22:29
今晩は!浅草ですか~♪ここ好きなんですよね!たま~に遊びに行きます(^o^)1枚目の作品、、窓の向こうに透けて見える洗濯物が、、雨の日らしくて、親しみやすくていいんだな~♪ブレブレのおじさんが雰囲気ありますね。。相変わらず(^_^)v

私も、あの人かと思っちゃったんですが、、あの人のは見たような気も?!ってXP版でですが・・(^^)
Commented by mn3m at 2007-03-11 22:42
こんばんは
荷風の写真,良いですね~。実のこの人らしい表情と雰囲気。
背景の洗濯物と傘のオッチャンが雨の浅草の雰囲気にぴったり。
Commented by aoi_color at 2007-03-11 23:05
タイトルに『ゲロゲ~ロ』がついたのに疑問でしたが画面を下げてみたらそういうことだったんですね。
青空好児さんは世田谷区議会議員なんですよね。
お二人の声は昔から好きです。
「予約済み」には六区にゆかりの人物が既に前金を納入しているんでしょうか?
Commented by igu-kun at 2007-03-11 23:13
荷風先生、とてもいい表情ですね。
こちらで先生の路地パワーを知ってから、とても興味が沸いてきました。
私も今度読んでみたいと思います。
最後のスペースはかなり有名な方ですね。
場所でピーンと来ました。
どのお写真からも六区独特の雰囲気伝わってきますね。
Commented by korotyan27 at 2007-03-12 00:00
こんばんわ。
今日はお昼ごろまで雨が降ったり止んだりの天気のなか
撮影大変でしたねぇ。
このスペースは誰なんでしょう?検討もつきません。
永井荷風の本を買ってみようと気になっていますが今回の
写真で荷風の端に載っている写真のほうが
余計に気になってしまいました・・・。

Commented by nobulinn at 2007-03-12 00:01
こんばんは。
一枚目の写真良いですね~。
幸せそうな荷風先生の下、傘の男性が通り過ぎていく・・・
絵になる風景ですね。
最後のスペースの人物は私も、ピーンときましたよ(^^)
Commented by 風俗散歩 at 2007-03-12 00:18 x
最近、こういうのが出来たのですね。
「予約済」と書かれているのがおもしろいです。

Commented by rrb at 2007-03-12 09:25 x
おはようございますm(..)m

こういうところがあるのですねぇ(^^)
浅草も行った事がないので…f(^^;
予約済みにはどなたが入るのかしら…全く想像がつかないや(>.<)
Commented by henronin at 2007-03-12 14:15
荷風先生お出ましですか?最近は人気タレント並の露出度ですね。
Commented by takuji-Fan at 2007-03-12 18:59
予約済み、面白いですね!
ゲロゲーロ、ゲロゲーロ、懐かしいですね、好きでしたよ♪
Commented by マフィンマン at 2007-03-12 20:18 x
rikkorさん
そうです。「予約」されているのはビートたけしです。
通りかかったおばさんの説明によると、これはビートたけし自身の自薦とかではなく、本人は、「おいらが死んだら飾ってくれよ」と話しているそうです。
Commented by マフィンマン at 2007-03-12 20:18 x
lucca-truthさん
昨日(11日)は、午前中は雨で人では今一つでしたが、昼過ぎから晴れ渡ると、どの街路もドッと人であふれ、店々は老若男女で賑わっていました。
浅草は、あか抜けしない、田舎臭いところが大好きです。
Commented by マフィンマン at 2007-03-12 20:19 x
haru-155さん
ぐふふ、洗濯物、楽しんでいただけたようで、うれしいです。この貧乏臭さこそが浅草の最大の魅力です。
「あの人」はズバリ、ビートたけしです。“他薦”のようで、本人は、死んだら飾って欲しいというようなことを話しているそうです。
Commented by マフィンマン at 2007-03-12 20:19 x
mn3mさん
荷風は玉ノ井(現・東向島)の私娼窟を発見し、後に「墨東奇譚」として結実させますが、その際にも浅草を経由して、玉ノ井に向かっていました。彼のオペラが浅草で上演された昭和12(1937)年ごろの日記を読むと、ほぼ連日、浅草に通っています。
Commented by マフィンマン at 2007-03-12 20:19 x
aoi_colorさん
この支柱には、文人・芸人の簡単な説明があり、好児師匠は、「世田谷区PTA会長」とあり、驚きましたが、そうですか、今や区議ですか。
予約済みと言っても、さすがに本人が予約したわけではないようです。予約されたのは、ビートたけしです。
Commented by マフィンマン at 2007-03-12 20:20 x
igu-kunさん
都内の地名などが豊富に出てきて、読んで楽しい著書は、「日和下駄」です。四谷の若葉地区(旧・鮫が橋)の様子も、詳細を究めています。古地図も必要ですが、それもまた謎解きを試みているようで楽しいですよ。
「予約」されたのは、ビートたけしです。
Commented by マフィンマン at 2007-03-12 20:20 x
korotyan27さん
荷風先生はほぼ一生涯、独身を貫き、好き勝手に生きました。路地歩きはハンパではなく、後年はカメラ持参でほっつき歩いていたので、おいらも含め今どきの街撮り者もブッ飛ぶほどアクティブです。
「予約」されたのは、ビートたけしです。他薦で、本人は、「おいらが死んだら飾ってくれ」と話しているそうです。
Commented by マフィンマン at 2007-03-12 20:20 x
nobulinnさん
朝方は激しく降っており、カメラバッグがビショ濡れになりました。
「予約済み」は、ビートたけしですが、あえて、「予約済み」と書くところが、浅草らしい“ヒネリ”が効いているな、と感心しました。さすが、多くの芸人を生んだ街です。
Commented by マフィンマン at 2007-03-12 20:20 x
風俗散歩さん
そうですよね。「予約済み」と書いてあると、「一体誰のことなのだろう」と思いますもんね。これこそが浅草らしさかな、と思います。大げさに言うと、“街の余裕”というか。
ちなみに、これはビートたけしで、自薦ではなく、あくまで他薦だそうです。
Commented by マフィンマン at 2007-03-12 20:21 x
rrbさん
浅草にはもちろん、小ぎれいな若者も大勢訪れますが、場外馬券場があったり、山谷も近いことなどから、オッさんたちがウジャウジャしているのが、他の繁華街と決定的に異なる点です。当然、朝から飲み屋も営業しています。「予約済み」は、ビートたけしです。
Commented by マフィンマン at 2007-03-12 20:21 x
henroninさん
雑誌『荷風!』なんてのもありますし、文学者としては確かに異例の人気ですね。
でも、彼の“散歩の達人ぶり”は半端じゃなく、荒川放水路や砂町など「寂寞の中にある美」みたいなものを大正時代に発見するなど、探訪者としての嗅覚はとんでもなく鋭敏です。
Commented by マフィンマン at 2007-03-12 20:24 x
takuji-Fanさん
おいらも、「ゲロゲ~ロ!」のギャグは好きでした。ナンというか、東京漫才にしては妙に泥臭く、異色の芸風でしたよね。
でも、右側の好児師匠は今や、世田谷区議会議員だそうです。立派におなりなって。
Commented by Rambler5439 at 2007-03-12 23:35 x
ご無沙汰しています。何年かぶりに現役に復帰しテンパった状態が続いているため、コメントへの返事もままなりません。心苦しいかぎりです。
さて荷風御大の写真、はじめはPhotoshopで合成したものだとばかり思っていましたが、本物なんですね。驚きました。予約席はタケちゃんとのことですが、実家のある足立区梅島と浅草はそんなに遠くないことに気づきました。子供のころからチャリで六区界隈まで足をのばしていたのかもしれませんね。
Commented by マフィンマン at 2007-03-13 07:35 x
Rambler5439さん
お久しぶりです! おいらも来月には異動し、今のようなペースで投稿できなくなりそうです。勤め人はしょせん、どこまでいっても勤め人です。
ビートたけしは浅草のストリップ劇場で、しがない漫才稼業を始めました。当時の様子は、『漫才病棟』(新潮文庫)に詳しく、おいらにとって抱腹絶倒モノの愛蔵本です。
Commented by 太郎 at 2007-03-13 20:46 x
こんばんは。浅草は、看板、提灯、人々の活気が
感じられる街ですね。おや、青空好児は区議会議員に
なってたんですね!ん〜ゲロゲ〜ろがなつかしい^^
Commented by マフィンマン at 2007-03-13 21:42 x
太郎さん
同じ繁華街でも、浅草が他の街と決定的に異なるのは、フツーに若者もいるけど、おっさんたちが異常に多いということです。場外馬券場があり、山谷も近いということが関係していると思います。
いわば「おっさんたちの聖地」。他の街のように、あまりウソっぽくないところが大好きです。
<< 谷中  夕焼けだんだん ネコの街 新宿御苑  池のほとりで、春 >>