文花  墨東は難しい

東向島や京島、文花などの墨東は苦手です。 まともに撮れた試しがありません。
どなたか秘訣を教えて下さい。
c0080357_23133820.jpg

吾嬬町西4丁目は1965(昭和40)年の町名改正で消え、現在は文花3丁目。
※ 頂いたコメントへのレスが滞りがちで、すいません。 今しばらくお待ち下さい。
スナップ、スナップ写真  Photo Blog (写真ブログ)  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2007-02-28 23:24 | 東向島/京島/墨田/向島/文花 | Comments(25)
Commented by aoi_color at 2007-03-01 01:14
いい感じです。
昭和30.40年だの頃でしょうか?
住所は掘り文字なのに「ハウスカレー」が浮き文字に見えます。
Commented by lucca-truth at 2007-03-01 06:46
おはようございます
きれいな木目で日本家屋のよさを感じる家ですね。
住居表示年代物ですね。
Commented by rrb at 2007-03-01 09:30 x
おはようございますm(..)m

aoi_colorさんのおっしゃるとおりですよねぇ(^^)
浮き文字と彫り文字…そのように見えますねぇ。

さて、何故苦手なのでしょう?
逆にお聞きしたいくらいです(^^)
Commented by henronin at 2007-03-01 11:11
多くの方が撮っていますが独特の切り口を持っていられるので苦手ではないと思ってますが?自分もここで先日に撮りましたが物にならず、jpgにGPSで位置情報を貼り付けて「記録として残す」にとどまりました。
Commented by KENT at 2007-03-01 21:29 x
こんばんは。
わ~!!!これはまた。懐かしいですよ~♪
東京にも、ありましたか?
今でもカレーはハウスです。うん!王道ですよね(^^)
Commented by haru-155 at 2007-03-01 21:41
今晩は!チョット苔むした時代を感じさせる木目に、クラシックな看板!味のある作品ですね(^o^)シンプルな素材の良さを引き立てるこういう写し方好きですね♪

えっ?!マフィンマンさんにも苦手なんてあるんですか?!びっくりしました(^o^)
Commented by jitensya7 at 2007-03-01 22:44
年季が入って木目が筋張っている板壁にこれもまた古そうな住居表示の組み合わせ。いいですねー、昭和の年輪を感じさせます。
墨東地区が苦手というのはにわかに信じられないですが。
Commented by nobulinn at 2007-03-01 22:57
こんばんは。
年月を経て、少し苔むし、反り返った木の壁の質感がすばらしいですね。
住居表示、マフィンマンさん、絶対こういうもの見逃さないところがすごいなって思います(^^)
Commented by Rambler5439 at 2007-03-02 01:31 x
西城秀樹が「ハウスバーモントカレーだよー」と唸りはじめる以前の琺瑯看板でしょうか。書体といい色使いといいモダンですね。
年度末は何かと慌ただしい日が続きます。お互い、身体を壊さない程度に頑張りましょう。
Commented by 風俗散歩 at 2007-03-02 08:02 x
渋いホーロー看板ですね。
現存しない町名というのがいいですね。
この界隈は格好の散歩エリアだと思いますが。
Commented by 太郎 at 2007-03-02 22:15 x
東京オリンピック直後の看板ということに
なりますね、昭和40年ですか。
なつかしい看板が残ってましたね。
板の壁も時代を感じさせます。
自然に老朽化する板壁、渋い光景ですね。
Commented by マフィンマン at 2007-03-02 23:03 x
aoi_colorさん
ハウス食品(株)のサイトによると「ハウスカレー」という商品は1928(昭和3)年に発売され、1949(昭和24)年に「即席ハウスカレー」というブランドに代わりました。よって看板は、昭和24年以前のものと思われます。
社名の看板かとも思いましたが、同社がかつて「ハウスカレー」と名乗っていたことはないようです(『ハウスカレー浦上商店』という社名の時代はありましたが)。
Commented by マフィンマン at 2007-03-02 23:04 x
lucca-truthさん
この界隈は、このような古物件ばかりですが、木目をまともに撮ることが出来たのは、今回は初めてです。でも、失敗は数知れず……どうしてもダメなんですよね。
レンズは、いつものヤツですが、かなりレンズに助けられました。
Commented by マフィンマン at 2007-03-02 23:04 x
rrbさん
苦手な理由は、薄々は分かっています。たぶん「似たような古物件の街」に翻弄され、テーマを見失ってしまうんです。これが「新宿駅から歩いて5分の昭和な民家」だったら分かりやすいのですが、「どこを見ても昭和」だと、何をどう切り取っていいのか分からなくなり、挙げ句、うすボンヤリした写真になったしまいます。
考えすぎでしょうか。
Commented by マフィンマン at 2007-03-02 23:04 x
henroninさん
そうなんですよ、何を撮っても「これ、どこかで見たことがあるな」という既視感が必ず残るんですよね。街撮り者にとってある意味、根津や本郷・菊坂などに次ぐ“メジャーな街”だなと思うにつけ、いつも、うすボンヤリした写真しか撮れないのです。未熟者です
Commented by マフィンマン at 2007-03-02 23:04 x
KENTさん
ちょっと調べてみたところ、この「ハウスカレー」が商品名だとすると、看板はどうやら、1949(昭和24)年以前のものと推定されます。実に半世紀以上も前の物件ということになりますね。50年以上も路地を見つめてきたホーロー看板、大したもんです。
Commented by マフィンマン at 2007-03-02 23:05 x
haru-155さん
この地域を含む墨東地域(隅田川の東という意味です)は、戦災を生き延びた長屋などが実に豊富に残っています。すがれた木造の小さな民家が、他の街にはないほど密集した地域なんです。どこにカメラを向けても長屋だらけなので、軟弱なおいらは、“視点”が定まらず、上手く切り取れないのです。
Commented by マフィンマン at 2007-03-02 23:05 x
jitensya7さん
「どこを見ても、そこら中長屋だらけ」という“180度全天候陋巷エリア”のため、とらえどころがなく、どこをどう切り取ればいいのか分からないのです。要するに、広すぎて、呆然としちゃうんですね。まあ、もうちっと修行してみます
Commented by マフィンマン at 2007-03-02 23:05 x
nobulinnさん
まあ、この手の看板類は分かりやすいので、目に飛び込んでくるのですが、それ以外のすがれた木造家屋や長屋などは、どうも上手く切り取れません。苦手なんですよね~。西新宿や愛宕、勝どきなどがホームグラウンドだとすると、墨東は完全にアウェイです。
Commented by マフィンマン at 2007-03-02 23:06 x
Rambler5439さん
調べたところ、1949(昭和24)年以前の看板のようです。バーモントカレーが登場するはるか以前に、「ハウスカレー」という人気商品が存在したそうです。
おいらにとって手強き墨東地域は、荷風先生の文学世界を楽しんでいたほうが無難のようです。
Commented by マフィンマン at 2007-03-02 23:06 x
風俗散歩さん
最近、永井荷風を読み込むためにも、昔の地名と現在の地名を照合できる地図を購入したのですが、これが2,400円と高価で、しかも、「明治・大正編」に過ぎません。東京は昭和に入ってからも町名が変わったので、別途「昭和編」も買わねばなりません。地図って高いですね。
Commented by マフィンマン at 2007-03-02 23:42 x
太郎さん
いいえ、違うんです。この「ハウスカレー」は、社名ではなく商品名のようで、そこから調べてみると、ナンと昭和24(1949)年以前の看板ということが判明しました。実に実にしぶとい「昭和物件」です。この界隈は、こうした昭和物件がまだまだ残っています。
Commented by at 2007-03-03 21:47 x
出遅れました。
この羽目板にホーローの看板。
これ以上無いくらい決まっていますね。
子供の頃、よく見かけましたが、最近でも探せばあるものですね。
光の具合最高です。
Commented by マフィンマン at 2007-03-04 22:56 x
森さん
ホーロー看板って、探さなくても実は結構目にしたりしますよ。板橋区では本町や清水町、さらに隣接する北区滝野川などの路地でも見たことがあります。ただ、昭和40年代半ば以降に開発されたエリアでは、見かけたことがありません(この時代以降は、そもそも製造されていない?)。
Commented by rikkor at 2007-03-07 21:40
これいいと思いますが^^
木目のふる~い質感とハウスカレーの文字と錆がたまりません♪
確かにどこも同じような光景だと、撮り方に悩んでしまうこともありますよね^^;
<< 千葉市  墨東でダメなら、いっ... 若葉/虎ノ門/西新宿  ニャン... >>