下谷  ヤツが来る、空っ風とともに

黒澤明の 『 用心棒 』 (1961年) を連想してしまいました。
ほら、桑畑三十郎 (三船敏郎) が砂ぼこりの向こうからやって来る。
この宿場町に、また一波乱あるぞ!
c0080357_20523910.jpg

って、ちょっとムリがあったか……。
スナップ、スナップ写真  Photo Blog (写真ブログ)  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2007-02-22 20:55 | 浅草 | Comments(31)
Commented by haru-155 at 2007-02-22 21:17
今晩は!あっ、今日は結構早いかも♪う~ん、歴史を感じる風情ある木造家屋ですね!これで「用心棒」を見たことがあれば話が弾んだのに~・・いや~・・残念です!

建物にだけ視線を凝らすとまさしく江戸時代?!ですね♪
Commented by henronin at 2007-02-22 21:17
自分もここに行った事があります、この屋は「鳶」のように見えますがこれなんと読むんですかね「? うゑの 光」 漢和字典にもありませんでした、そんな珍しい漢字を集めたHPをいつだったか見た事が有りますが見つかりません、気になってます解かりますか?。
Commented by lucca-truth at 2007-02-22 21:29
こんばんわ
随分年代物の建物ですね。
何か商売していたんでしょうかね。風情のある建物ですね。
用心棒が出てきそうですね。
Commented by igu-kun at 2007-02-22 21:35
見事な木造の物件ですね、植木の緑がとても良く効いていて素敵な景観であります。
街路樹でしょうか、建物に凄く迫ってきていますね。
Commented by 太郎 at 2007-02-22 21:35 x
こんばんは!
磨りガラス、木枠の窓、まだ残ってるんですね、「昭和の窓」
貴重な写真を拝見できました^^
Commented by KENT at 2007-02-22 21:53 x
こんばんは。
「用心棒」!そうでしたよね。三船敏郎さん。懐かしいです。
平成の時代に、こんな建物が!流石ですね、目の付け所が(^^)♪
Commented by nobulinn at 2007-02-22 23:05
うわっ!渋いですね~、かっこいい(^^)
もとは何かの店舗でしょうか?
街路樹の枯れた木立が効いてますね!
木枯らしが、ぴゅ ~って吹いてきそうな雰囲気です。
Commented by 風俗散歩 at 2007-02-22 23:19 x
保存を要望する声が出てきそうな、立派な建物ですね。
下谷という町の生い立ちを知りたくなってきました。
Commented by korotyan27 at 2007-02-23 00:12
銅葺きの雨戸収納、ガラスの木枠、道路に迫る建物!
手前の歩道が舗装されていなかったらまさに用心棒の世界ですね。
荒々しく茂った街路樹が建物の寂れ具合を強調していますよね。
手前のお宅だけ飾りがあるのは住んでいるからでしょうか?
Commented by aoi_color at 2007-02-23 05:23
私ここ去年の大雪の日撮りました。
思えばまさに「用心棒」のイメージに近いかもです。
今年はまだこの界隈来てないのでちょっと懐かしいです。
行けば隣の小野照崎神社には必ずお参りします。
Commented by rrb at 2007-02-23 14:10 x
こんにちはm(..)m

いい建物ですね。
注連縄もいい!
って、なんで注連縄が!?
建物前がインターロッキングでなく、地面そのままだといいのに…とは、
贅沢な要求ですよね(^^)
Commented by rikkor at 2007-02-23 20:25
はじめまして^^
下町いいですね♪
下町育ちなので、こういう風景が落ち着きます。
最近、エキサイトでブログを始めたばかりですが、デジタル、銀塩、両方の写真を載せてます。
どうぞ遊びに来てください♪
Commented at 2007-02-23 20:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jitensya7 at 2007-02-23 23:25
これはたしか神社の隣にある家ですね。なかなか趣があってボクも正面からですが2,3回撮っています。
Commented by B-dog06 at 2007-02-24 01:37
こんばんは。
本当だ今にも三船敏郎が戸を開けて出てきそうだ。

アルミサッシではない家は風情があっていいのですが冬は寒いんですよ。
子供の頃は廊下に置いてあった火鉢に張り付いて動かなかった。
ガス中毒なんて考えられない窓を閉めても風を感じる素敵な
家で育ちました。
Commented by マフィンマン at 2007-02-24 01:59 x
haru-155さん
「昭和を訪ねる旅」が、いつの間にか大正・明治を飛び越えて、いきなり江戸時代までさかのぼってしまいました。
とは言え、舗道はしっかり「平成の舗道」ですが……。
Commented by マフィンマン at 2007-02-24 01:59 x
henroninさん
やっぱり目立ちますよね! おいらも、この字は解読不能でした。建物もパッと見ただけでは、何の関係なのかサッパリ分かりません。
というか、ジックリ見ても、やっぱり分かりませんでした。
Commented by マフィンマン at 2007-02-24 01:59 x
lucca-truthさん
映画「用心棒」は、ご存じのように、海外では「荒野の用心棒」など何度かリメークされましたが(近年はあのブルース・ウィリスも!)、日本では聞いたことがありません。
国内でリメークされるとしたら、今は誰が適役でしょうかね。
Commented by マフィンマン at 2007-02-24 02:00 x
igu-kunさん
この街路樹は、まさにこの写真の通り、歩道を塞がんばかりに迫っております(結構危ないかもしれません)。夏は葉が繁茂して、もっとスゴいことになってるでしょうね。
自転車で上野方面からやって来て、この光景に遭遇した時は嬉しくなりました。
Commented by マフィンマン at 2007-02-24 02:00 x
太郎さん
なるほど、「昭和の窓」とは、さすが上手いこと仰いますね。
この界隈は、「昭和の窓」の宝庫ですよ。もっと東に行けば行くほど、すがれた民家が増え、そこいら中「昭和の窓」だらけです。自転車が快調に街を滑らせてくれます。
Commented by マフィンマン at 2007-02-24 02:00 x
KENT さん
黒澤作品で最も好きなのが、「用心棒」と「野良犬」です。「用心棒」では、三船敏郎演じる素浪人が、飄々としていながらしたたか、そして強くもあり、弱くもある――というキャラクターが最大の魅力です。あの空っ風も忘れられません。
Commented by マフィンマン at 2007-02-24 02:01 x
nobulinnさん
すいません、この建物も詳細不明です。軒先の文字が読めないんですよ~。
木枯らし――好い言葉ですよね。「空っ風」という言葉の小気味良い響きも好きですが、「木枯らし」も大好きな日本語の一つです。「声に出して読みたい」言葉です。
Commented by マフィンマン at 2007-02-24 02:01 x
風俗散歩さん
この隣が神社なので、引いて見ると断然、江戸時代っぽくなりますよ(残念ながら、これという写真はモノに出来ませんでしたが)。
根津からも遠くなく、三ノ輪はすぐそこ、という「被写体の宝庫」でもあります。
Commented by マフィンマン at 2007-02-24 02:02 x
korotyan27さん
確かに、一番手前のお宅だけ実際に住んでいるような様子でした。
でも、ここで商売をやっているようなやってないような……。ガラス戸の文字が読めないんです。ここから三ノ輪はもうすぐです。ちなみに昨夜、飲みに行きました。
Commented by マフィンマン at 2007-02-24 02:02 x
aoi_colorさん
そうでしたか、あの大雪の日に!! それは、とんでもなく羨ましい状況です。この建物と大雪は相性いいでしょうね~。後ほど、あおいさんの過去画にお邪魔させて頂きます。
おいらは同じ日に、日比谷公園の噴水で、実に巧く出来た雪だるまを撮っていました。
Commented by マフィンマン at 2007-02-24 02:02 x
rrbさん
そうなんですよ、この舗道はちょっと……とおいらも思いましたが、まあ、撮り手の勝手なリクエストですかね。
注連縄の由来は不明です。手前の世帯だけ住んでいるような感じですが、詳細不明です。窓から覗き込むのもナンですし……。
Commented by マフィンマン at 2007-02-24 18:30 x
rikkorさん
初めまして。ようこそお出で下さいました。
下町育ちですか~、羨ましい。おいらは、何の変哲もない、中途半端な中野育ちなので、これという“故郷の風景”というのが、あまりないんですよ。
後ほど、rikkorさんのブログにお伺いしますね。
Commented by マフィンマン at 2007-02-24 18:30 x
jitensya7さん
仰る通り、神社の隣です。jitensya7さんはじめ皆さんのコメントを拝読すると、結構知られたところのようですね。おいらも正面からも撮りましたが、どうしてもガードレールが入ってしまうので、この写真をアップしました。
Commented by マフィンマン at 2007-02-24 18:30 x
B-dog06さん
勝どきの古い長屋を撮影している時に、住民の一人に話を伺ったところ、
「お互い気心が知れて住みやすいんだけど、冬はすき間風がひどくてね~」
と、仰っているのを思い出しました。風情か住み心地か……難しいですね。
Commented by YELLOWSWORD at 2007-02-26 00:17 x
以前から何度もこちらを見させて頂いていました
何時来てもすばらしい写真です 

何時の日か
私もこういった光と影の美しい写真を撮れたらと思っております
Commented by マフィンマン at 2007-02-26 22:05 x
YELLOWSWORDさん
初めまして。ようこそお出で下さいました。
このブログは、街撮りを中心に展開しております。皆さんのコメントを拝読すると、ここはどうやら、街撮り者にはよく知られた場所のようです。
これからも宜しくお願いします。
<< 東日暮里  三ノ輪駅から徒歩5... 下谷  ベジタブルな路地 >>