虎ノ門/神田小川町  通報されるぞ!

虎ノ門3丁目から桜田通りを渡り、今度は虎ノ門5丁目にやって来ました。
再開発が進行中で、空き家ばかり目立ちます。
ひと気のない路地で、旧漢字の看板がおいらをジッと見つめていました。
c0080357_2216128.jpg

こちらは神田小川町。
『 ものもらい 』 が街に溢れていた時代の看板です。
五十(ごとお)稲荷神社で。
c0080357_22161696.jpg

※物貰い=他人から金や品物を貰って生活すること。 また、その人。 乞食。(大辞林・第3版から)
スナップ、スナップ写真  デジタル一眼レフカメラ  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2007-01-26 22:19 | 虎ノ門/愛宕/増上寺 | Comments(36)
Commented by KENT at 2007-01-26 22:24 x
こんばんは。
いつものマフィンマンさんが戻ってこられたようで、何よりです(^^)
旧漢字の看板!
ひゃ~懐かしいです♪
Commented by lucca-truth at 2007-01-26 22:29
こんばんわ
虎ノ門官庁街のイメージがありますので、
民家が残っていたのに驚きます。
2枚目の看板は神田淡路町にもありました。
現代の看板より効き目がありそうですね。
Commented by 太郎 at 2007-01-26 22:32 x
こんばんは。
「物貰い」こういう言葉があったんですね!
漢字の古さ、看板の字体に時代を感じます。
Commented by jitensya7 at 2007-01-26 22:34
物貰いなんて最近聞いたことのない言葉ですね。旧漢字に旧仮名遣い戦前のものでしょうか。あるいは昭和20年代くらいでしょうか。
Commented by readymade_ayu at 2007-01-26 23:21
マフィンマンさん、大好きな虎ノ門~愛宕で身震いブルブルですっ。
どちらの看板とも茶色い錆びきったクギもステキです。
Commented by Rambler5439 at 2007-01-26 23:34 x
2枚とも精確な色合いで、見事ですね。高い彩度にもかかわらず、どぎつさを感じさせません。加えて、1枚目は露出条件ががかなり厳しいはずなのですが、ハイライト部、シャドー部とも適正露出に見えます。現像ソフトはどうなさったのでしょうか。
Commented by takuji-Fan at 2007-01-27 00:06
この看板を入れた写真、ともて味が有りますね!さすがSNAP名人!
Commented by aoi_color at 2007-01-27 01:06
私は今日微妙にずれてますが「芝浦・芝・芝大門・芝公園」界隈を歩いてきました。
新橋駅辺りでマフィンマンさんらしい雰囲気(勝手な想像)の男性が乗車してきましたが違います? マフィンマンさん
「物貰い」これだけモノがあふれているのでほぼ絶滅しいるのではないでしょうか? 幼少の頃(昭和40年代)二、三度「物貰い」さんが実家に来たことがありましたが……。
親からもいろんな話を聞かされたことがあります。

『五十(ごとお)稲荷神社』にびっくり!!!
Commented by igu-kun at 2007-01-27 01:15
再開発に晒された虎ノ門もいい雰囲気でありますね。
空き屋や空き地になって、その土地本来の表情が見えてくるような気がします。
Commented by nobulinn at 2007-01-27 01:22
こんばんは。
一枚目の古い看板、きれいな光で撮影されてますね♪
看板が打ち付けられている、ささくれた木も気になります。
五十稲荷って名前、面白いですね~!
Commented by B-dog06 at 2007-01-27 04:59
おはこんばんは。
一枚目の写真の看板、錆び方、黄ばみ方がとても綺麗です。

バックが空き地ですね、斜めに傾いた柵がこの辺りの状況が
想像出来ます。

私はとくに反対しているワケではございませんが。
そこいらじゅうで再開発を行ってそんなに住む人がいるのだろうか?
Commented by 風俗散歩 at 2007-01-27 08:29 x
高層ビルと空き地を背景にした構図がいいですね。
「押売・物貰ひ」のホーロー看板は、初めて見ました。
当時の風俗を伝える貴重な一品だと思います。
Commented by rrb at 2007-01-27 09:25 x
おはようございますm(..)m

再開発でビル群になるのでしょうか?
再開発は反対ではないのですが、
高層ビルなどを建てることばかりが再開発ではないはずなんですが…。
この掲示は何年ほど前のものなんでしょう?
とても物持ちがいいように感じます(^^)
Commented by henronin at 2007-01-27 10:56
これホーロー看板だからここまで有ったんでしょうね、それと住所表示等はこだわっているのではないかと思われるほど大事に保存されていますね、ところで「乞食」は差別語だそうですが「物貰い」はいいのですかね?
Commented by koumonomio at 2007-01-27 14:11
マフィンマンさん こんにちは
とても歴史を感じさせるホーロー看板ですね^^
こちらでも裏路地を歩くと、たまに見かけることがありますが、二枚目の看板ははじめて見ました^^g
Commented by haru-155 at 2007-01-27 15:14
こんにちは!この旧仮名遣いの看板おもしろいですね・・そこにあるのが当たり前の看板が、いつの間にか誰も気がつかないうちにすっかり時代を感じさせるものにチェンジしていたんですね♪

う~ん、クラシックな看板から過ぎていったドラマを感じますね(^^)/
Commented by マフィンマン at 2007-01-27 19:12 x
KENTさん
街撮りして気づかされるのは、「都内は、古い看板が意外に残っている」という事実です。ホント、「都心のこんなところに、こんな看板が?!」という経験を何度もしました。同様に、空き家や廃屋もかなり確認できます。東京は今、斜陽を迎えています。
Commented by マフィンマン at 2007-01-27 19:13 x
lucca-truthさん
虎ノ門5丁目は坂ばかりで、かなりの高低差があります。他の街と同様、坂の下は庶民的な家並み、坂の上はやや高級住宅街っぽい雰囲気です。この写真は、坂の下で撮りました。ただ、坂の上も、かなり昭和な家屋が点在しており、見逃せません。
Commented by マフィンマン at 2007-01-27 19:13 x
太郎さん
ガキの頃、母親によく、「頂戴、頂戴って言ってばかりいると、物貰いになっちゃうよ!」と、叱られたことがあります。「物貰い」がまだ存在していた、ということですね。確かに、実家や近所で見かけたことがあります。押し売りも何度か見ましたよ。
Commented by マフィンマン at 2007-01-27 19:13 x
jitensya7さん
昔の東京を撮った写真を見ると、昭和30年代もまだ旧漢字が看板などで使われていたようです。おいらの記憶では、「物貰い」も、昭和40年代前半まで存在したように思います。よって、「物貰い」の看板は、昭和20~40年代前半と推定されます。
Commented by マフィンマン at 2007-01-27 19:14 x
readymade_ayuさん
虎ノ門5丁目は、まだ完全には歩き尽くしてないので、近く再訪しようかなと思っています。庶民的な民家とハイソな住宅が混在した、見どころの多い街です。ただし、再開発エリアなので、ハイソ住宅の中にも空き家があったりして、一筋縄ではありません。
Commented by マフィンマン at 2007-01-27 19:14 x
Rambler5439さん
この日は快晴だったので、仰る通り、明暗がキツくて苦労しました。半分くらいは黒ツブレしちまいました。現像は、いつも使っているシルキーピクス(機能制限ありの無料体験版)で、露出を微妙にイジった以外は何の調整も施していません(面倒臭がりなんです)。
Commented by マフィンマン at 2007-01-27 19:15 x
takuji-Fanさん
古い看板やポスターって、かなり好きなんです。昔の看板って、このようにクギで頑丈に打ち付けてあるので、気をつけていると、都内でも実はたくさん確認できます。それにしても昔は、「防犯協力会」なんて組織があったんですね。
Commented by マフィンマン at 2007-01-27 19:15 x
aoi_colorさん
昨日は新橋方面には行っておらず、会社の中にずっといました。どんなオッサンだったのでしょうか。自分ではジャン・レノにうり二つと固く信じているのですが、みんな断固否定します。今日は、北千住で昼メシを頂いたあと、勝どき1丁目に再度行く予定です。
Commented by マフィンマン at 2007-01-27 19:15 x
igu-kunさん
>空き屋や空き地になって、その土地本来の表情が見えてくる
そうそう、おいらもよくそう思います。例えはアレですが、「いい女が化粧を落とし、服を脱ぎ、全裸になった状態」と、いつも強引に解釈しています。ただ、もちろん、服を着て、化粧している街も当然、同じ街の表情であり、どちらが好きかってのは好みが別れますよね。
Commented by マフィンマン at 2007-01-27 19:16 x
nobulinnさん
五十稲荷神社は、神保町を昭和通り側にちょっと行った靖国通りの裏手に、ひっそりとたたずんでいます。スポーツ用品店の裏手あたりです。神社の向かいには、美味そうな餃子屋があり、実はそっちのほうばかり気になり、撮影はちょっとおろそかでした。
Commented by マフィンマン at 2007-01-27 19:16 x
B-dog06さん
>再開発を行ってそんなに住む人がいるのだろうか?
近年の「再開発=高層マンション・ビル化」と「人口減・少子高齢化」を足して2で割ると、「古い民家の廃墟化」と「街並みの喪失」という現象が現れます。東京は明治以降、再開発され続けているので、ことさら異を唱えるわけではありませんが、この現象が猛スピードで進んでいるのは間違いありませんね。
Commented by マフィンマン at 2007-01-27 19:16 x
風俗散歩さん
「押し売りお断り」の看板は以前、西新宿の神社で見ましたが、「物貰い」は初めてです。どちらも今や、完全に「死語」ですね。同様に、「乞食」も死滅しつつある言葉ですね。日本が豊かになったことに加え、いわゆる“汚い言葉”を無視し続けてきた結果だと思います。
Commented by マフィンマン at 2007-01-27 19:31 x
rrbさん
再開発で住民が立ち退き、空き家ばかりになると、なぜかこういう看板が目立つようになります。地層に埋もれていた化石がある時、地表に現れるのと似てるような気がします。住民が暮らしていた頃は、たぶん誰からも振り返られることはなかったはずなのに……。
Commented by マフィンマン at 2007-01-27 19:32 x
henroninさん
調べてみましたが、「乞食」も「物貰い」も、とりたてて差別語ではないようですね。
ただ、大辞林にケチをつける気はありませんが、乞食と物貰いは、厳密にはやや異なるような気もします。
Commented by マフィンマン at 2007-01-27 19:32 x
koumonomioさん
2枚目の看板は、今で言う防犯カメラのような役割を果たしていたのでしょうかね。「防犯協力会」ってのがスゴいです。地域住民が警察に協力しながら組織していたのでしょうかね。今じゃ、地域コミュニティが崩壊して、組織できませんよね。
Commented by マフィンマン at 2007-01-27 19:32 x
haru-155さん
いっそ、「古い看板」というようなカテゴリを作ってしまおうかな、とすら思うほど、こういう看板はよく見かけます。クギで頑丈に打ち付けてあるので、案外、残っていたりするんですよ。旧町名のままの看板も、実は頻繁に見かけます。
Commented by モゲラスケ at 2007-01-30 16:07 x
この神社は会社の近所じゃないですか!明日、昼休みに行ってみます。
この木目と錆び具合たまりませんね。
Commented by マフィンマン at 2007-01-31 21:12 x
モゲラスケさん
おお、ご近所でしたか。この神社の目の前に餃子屋がありますよね? 撮影中も気になってしょうがなかったのですが、行ったことありますか? この界隈から神田駅にかけての一帯は、この手の古ホーロー看板がいまだに目に付きますよね。
Commented by モゲラスケ at 2007-02-05 14:21 x
いま神社行ってきました!結構小さい看板なんですね。
餃子屋も行きましたよ。味噌ラーメンは麺がとても太く不思議な感触でした。
餃子は皮がとても厚く、カリカリではなくモチモチしてて皮が厚い分食べ応えがありましたよ。ビールを飲みたくなりましたが仕事中なので残念。
どちらもおいしかったです。
Commented by マフィンマン at 2007-02-05 20:03 x
モグラスケさん
おお、行かれたんですね。しかも、餃子屋との“セット”で!
個性強そうですね、餃子屋。でも、食ってみたくなります。
おいらの今日の昼メシは、神保町スズラン通りの裏手で刺身定食をいただきました。
<< 勝どき  裸電球と路地 遺品  よし、もっと写真を撮ろう! >>