北品川  手はじめに旧東海道を歩く

続々とアップされる北品川の写真に誘われて、本日24日(日)、行って参りました。
なるほど、気になる風景がテンコ盛りでした。 まずは入門編ということで、旧東海道。
かすれて読めませんが、屋号の上には 『 新刊 書籍 教科書 雑誌 』 とあります。
aoi_colorさんの 『 ハッピーハウス 』 でアップされた 『 履き物 丸屋さん 』 の右隣の店です。
c0080357_16484599.jpg

スナップ、スナップ写真  街頭写真  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-12-24 16:52 | 北品川/芝浦 | Comments(34)
Commented by takuji-Fan at 2006-12-24 18:29
ははぁ。そう繋がっていたのですか。
いいなぁ、すきだなぁ♪
僕の好きな物が全部含まれている写真て感じです。
Commented by lucca-truth at 2006-12-24 19:18
こんばんわ
北品川ますます行きたくなりました、でも年明けまで無理そうです。
建物から入り口のガラス戸まで、レトロな雰囲気でいいですね。
Commented by KENT at 2006-12-24 20:37 x
こんばんは。
履き物 丸屋さんのお隣のお店なのですね!なるほどです(^^)
テンコ盛り、納得です♪

このお写真のような看板を発見すると、自分も何故か撮りたくなります。
うまいな~、おばあちゃんも効いていますね!(^^)!



Commented by momo-inosita at 2006-12-24 20:46
メリークリスマス!!なんとか立て直したい!!そんな感じする。生き返らせたいなんてね!
Commented by makoto at 2006-12-24 20:47 x
都内の下町の雰囲気がモロに出てて、すごく生活感のある一枚ですね。こういうスナップを撮って廻るのも楽しいでしょうね。
Commented by jitensya7 at 2006-12-24 22:00
品川は何度か行っていますが、まだ行ってないところがありますね。この前を通っていれば見落とすことはないと思いますが。品川もまだまだ奥が深いようです。
Commented by 太郎 at 2006-12-24 22:04 x
こんばんは!
看板はずいぶんと時間の経過を感じます。
出入り口のガラス戸、ん〜古いですね。
こういう風景がまだ東京にあるんですね。
ほっとする、風景です。
Commented by 風俗散歩 at 2006-12-24 23:22 x
かすれた文字まで解読されていたとは、恐れ入りました。
この建物は、人工的に保存されているような雰囲気がなく、自然な感じで昭和の雰囲気を伝えているように思います。
Commented by rrb at 2006-12-24 23:48 x
こんばんはm(..)m

頼めば何でも取り寄せてくれそうな感じのお店ですね。
気難しく無口がおじさん御主人がいて、
探し求めている本を言えばめんどくさそうに指をさす。
その方向をみれば…あるじゃない!
ってイメージです。
Commented by top-to-toe at 2006-12-25 00:06
メリークリスマース☆

何気なく写ってるおばぁちゃんが良い感じですね!
後ろで手を組んでビニール袋持ってるおばぁちゃんが。(笑)

相変わらず看板もすばらしいー。好みー。
Commented by koumonomio at 2006-12-25 00:08
マフィンマンさん こんばんは
看板の錆び具合が、心くすぐりますね^^
有限会社と掲げている所なんて、東京らしいです。
人物の位置も、ナイスタイミングですね^^g
Commented by nobulinn at 2006-12-25 00:20
こんばんは。
ほんとに、品川は気になるものがてんこ盛りって感じですよね。
この時代を感じさせる看板も、素敵ですね。
丁寧に歩くと、色々楽しめそうです♪
Commented by aoi_color at 2006-12-25 01:51
明るい時間に行きましたね。
ここが現役だった頃を見たかったです。
お婆さんとのツーショットいい感じです。
Commented by readymade_ayu at 2006-12-25 05:51
muffin-manさん、メリメリクリスマス!
楽しいクリスマスをお過ごしだったのですねっ。
まだ少し早いですけれど、年末も2007年もステキな写真を撮って見せてください。
Commented by Rambler5439 at 2006-12-25 17:54 x
とうとうマフィンマンさんも品川詣でを済ませましたか。予定では品川どころか大森、蒲田、羽田界隈まで足を伸ばしていたはずなのですが・・・。年内は養生と足慣らし程度の散歩にとどめ、年明けから南部戦線と東部戦線中枢部へ出撃したいと思います。
Commented by henronin at 2006-12-25 20:20
こうきましたか?店が開いてないのでやはり人が欲しいですね、「まちあるきマップ」にも載っているのでかなりふるそうですね、次を楽しみにしてます。
Commented by haru-155 at 2006-12-25 20:31
自分は、一時、かなり文学少女モドキだったことがあるので(笑)将来は、古本屋のおかみさんっていいかも~ってかな~り真剣に思ったことがありました!まあ、夢は叶いませんでしたけど(^^;)

でも、この懐かしさは、なんだろう?!パラレルワールドでは、、このお店でハタキかけてるのは、、自分かもしれないな~なんてネ♪
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:13 x
takuji-Fanさん
ここは、北品川の商店街です。古い店なども軒を連ねており、店だけを見て歩くのも一興かと思うのですが、いかんせん、勤め人のおいらが歩くのは休日に限られます。今日び、土日の商店街はシャッターを閉めている店が多く、この商店街も例外ではありませんでした。
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:14 x
lucca-truthさん
この商店街はまだまだ元気そうですが、日曜日に歩いたので、実態はよく分からないんですよ。ただ、この本屋は廃業したようで、玄関の「世界一周の旅」のポスターは外側から貼ってあります。「アマゾン」が定着する以前から、街の本屋はどこも苦しそうです。
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:15 x
KENTさん
人物を入れ込んだ写真は、他にもいっぱい撮り、中には髪の長い少女が駆け抜けていく絶妙ショットもあったのですが、いかんせん、ビミョーにブレていたので、ボツにしました。マクロ50㍉を使ったので、合焦は非常に厳しく、やっぱり一脚は必携だと反省しました。
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:15 x
momo-inositaさん
こういう本屋は、昔だったら店頭に大きな台があり、その上に週刊誌などが平積みで並んでいたもんです。ついでに、ちょっとした文房具や、駄菓子・飲み物も置いてあったりして、おいら自身を含め近所のガキどもがいつも集まっていたように記憶しています。
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:16 x
makotoさん
この手の被写体を撮る時は、いつも「失われいく東京の街角」といったようなテーマで撮りますが、最近は同じテーマばかり追っているようで、「ナンかなあ」とも実は思ってます。もっと現代性が必要だな、と。
もっとも、「失われいく東京」もまた、「現代の東京」の断面には違いないんですが……。
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:16 x
jitensya7さん
ここは旧東海道の商店街なので(商店街の名前は失念しました)、簡単に分かりますよ。商店街には観光案内所もあり、驚きました。さすが、旧東海道です。坂道もあり、運河もあり、変化に富んだ街並みを楽しめますよ。もちろん、路地も豊富です!
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:16 x
太郎さん
この街に限らず、商店街にはかつて小さな本屋は1~2軒は必ずありましたよね。ほとんど雑誌しか置いてなく、定期購読者のためにあるような本屋。おいらの実家(中野)の商店街にも2軒あり、ガキの頃はよく行きましたが、とっくの昔になくなりました。駅の真ん前などの好条件でないと、難しいようです。
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:17 x
風俗散歩さん
風俗散歩さんが以前アップされていたビジネス旅館や井戸も発見しました。あのビジネス旅館、やっぱり不思議です。今でも、近くに東京都の食肉卸市場があるので、その関係業者が泊まるのかもしれませんね。他のニーズはちょっと思いつきませんね~。
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:17 x
rrbさん
そう言えば、おいらがガキの頃、近くの商店街にこんな感じの「貸本屋」がありました。今で言うコミックから雑誌まで、何でも貸してくれました。特に婦人雑誌の需要が高かったように思います。この店の佇まいがとてもよく似ています。
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:18 x
top-to-toeさん
ここ北品川の商店街は、壮年層以上の世代の間でちょっとしたブームなのか、50代以上の夫婦や仲良しグループが散歩したり、写真を撮ったりしてました。ナンと、観光案内所まであるんですよ。ただ、おいらが行ったのは日曜日だったので、閉めている店が多かったですが。
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:18 x
koumonomioさん
店の左横に狭い路地があるので、行ってみましたが、店に人の気配はなかったです。やはり、廃業しているようですね。ただ、ザッと見たところ、他の商店街のように廃業した店だらけという状況でもなかったですよ。次回訪れる時は、ナメるように歩き尽くしたいと思っております。
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:19 x
nobulinnさん
地図で見ると、北品川は決して広いエリアでもないんですよね。こんなこと言うとアレですが、そんなに時間をかけずに路地裏まで歩き尽くせるような気もします。もちろん、「街の息吹き」を感じるようになるまでには時間もかかるわけで、おいそれと「いい写真が撮れる」というわけではありませんが。
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:19 x
aoi_colorさん
商店街を歩いていると、例の履物屋が現れたので、「お~、ここが、あおいさんが撮った……」と、ふと横を見ると、この店が! あおいさんの夜の写真を見た時から気になっていたのですが、“気にし甲斐”がありました。でもホント、現役の菅沼書店を見たかったですね。
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:19 x
readymade_ayuさん
撮影前日の23日(土)は、恒例の「家族でクリスマスの日」で、両親も呼ぶため、買い出しに行ったりとか、写真どころではありませんでした。でも、子供たちも大きくなり、家族の行事も盛り上がりに欠けつつあります。まあ、仕方ありません。「次に盛り上がるのは、孫が出来てからか?」と、じじ臭いことを思ったりします。
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:20 x
Rambler5439さん
皆さんがアップされた数々の北品川“裏名所”の魅力に抗しがたく、ちょっくら行って参りました。ほんのナメた程度ですが、お宝ザクザクの予感がします。ただ、エリアとしては、そんなに広くないんですね。東部戦線のような“迷宮感”は乏しいと見ます。
『南部戦線』、素晴らしいネーミングですね。
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:21 x
henroninさん
>「まちあるきマップ」にも載っている
それは、観光協会などが発行している公共の冊子ですか? この店が現役の頃の話ですか? それとも、廃業後でしょうか。廃業後だとしたら、この空き家の佇まいを“見どころ”にしているということでしょうかね。だとしたら、スゴいな~。
遍路人さんが以前アップした長屋と思われる家屋を発見しました。近くアップしますね。
Commented by マフィンマン at 2006-12-25 21:21 x
haru-155さん
古本屋、いいですね~。おいらも学生時代、真剣に考えたことが一時ありますが、意外に(と言うか当然ですが)あまりの専門性であることに舌を巻いて「こりゃ、おいらじゃムリ」と、とっとと諦めました。
この店も、かつては「少年」とか「少年画報」などガキどもが毎月楽しみにしていた雑誌を売っていたんでしょうね。
<< 北品川  鼻歌じいさん、クリス... 北新宿  埋もれていく…… >>