北新宿  埋もれていく……

再開発エリアでは、『 山 』 も生まれ、豊かな自然を楽しめます。
右側の家屋は空き家のようです。
c0080357_18205053.jpg

現像しながら、先日亡くなった岸田今日子主演の映画 『 砂の女 』 を思い出しました。 若い頃、浅草のオールナイトで観たんだよなあ。
これも、タムロン・マクロ90㍉、一脚&金網しがみつき
スナップ、スナップ写真  デジタル一眼レフカメラ  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-12-22 18:26 | 新宿/渋谷/原宿 | Comments(29)
Commented by rrb at 2006-12-22 19:55 x
こんばんはm(..)m

次の準備のために掘削が始まっているのでしょうか?
それとも解体に伴う地中物の撤去なのでしょうか?
この光景は複雑な気分になるなぁ…。
新しくなるのはいいけれど…なんだかなぁ。。。って感じですm(..)m
Commented at 2006-12-22 21:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lucca-truth at 2006-12-22 21:34
こんばんわ
再開発でビルの建築が始まっているんですね。
この時期だけの不思議な光景ですね。
マクロ使ったんですか、
マクロはお花のイメージがいまだに抜けませんが、
いろいろな物に使うとおもしろそうですね。
Commented by KENT at 2006-12-22 22:26 x
何となく、思い知らされる一枚ですね・・・
>一脚&金網しがみつき
それこそマフィンマンさんの真骨頂だと思いました♪
さっすが!マフィンマンさん♪

Commented by igu-kun at 2006-12-22 22:37
新宿に現れた山、開発のための一時的な風景とはいえ、不思議な風情を感じますね。
2軒の家がなんとも寂しげであります。
Commented by jitensya7 at 2006-12-22 22:52
これは掘った土を積み上げたのでしょうか。再開発が完了するとどんな地形になるのでしょうか。
Commented by takuji-Fan at 2006-12-22 22:59
僕の中で岸田今日子さんといえば『傷だらけの天使』ですね。
もちろん子供の頃はムーミンですが。
『砂の女』高校生の頃だったかな、NHKで見ました。
もの凄く憂鬱な気持ちになったのを今でも鮮明に覚えています。
Commented by nobulinn at 2006-12-22 23:20
こんばんは。
かなりショッキングな風景ですが、不思議に惹かれる景色でもありますね。
今回は金網しがみつきですか・・・
毎回、体当たりでがんばってますね!拍手です(^^)
Commented by aoi_color at 2006-12-23 01:57
シオシオのパー(『怪獣ブースカ』より)
あの頃もこんな感じだった。
Commented by haru-155 at 2006-12-23 07:00
おはようございます!都内表通りしか知らない自分、、こんなに大量の土がコンクリートの下にはあるんだ!って驚きです!!

確かに「砂の女」が思い出されますね!一昨年、町の映画サークルの招待で、岸田今日子さん、講演に来て下さって、「砂の女」も一緒に見ました!今見てもインパクトのある映画でした。。

岸田今日子さん、、自分は今まで雰囲気のあるあんなに美しい女性を生身で見たことがなかったです!入り口から軽やかに会場に入ってみえた瞬間どよめきがおこりましたもん。。まるで、アラバスターに繊細に心を込めて彫り上げた、薔薇の花のようでしたっけ・・

なくなったと聞いて、心から残念ですが、享年を聞いてびっくり仰天しちゃいました・・
Commented by マフィンマン at 2006-12-23 08:43 x
rrbさん
掘削のようですね。でも、この作業現場にはまだ空き家が数軒残っているんですよ。どうなるんでしょう。ちなみに、土塊の向こうの2軒は、道路の向こう側に位置しており、作業現場内ではありません(再開発エリアには変わりないですが)。
Commented by マフィンマン at 2006-12-23 08:43 x
lucca-truthさん
おいら如きが説明するまでもありませんが、マクロは意外に用途が広いですよ。女性のポートレートなどでも活躍するようです。このレンズはこの夏買ったばかりで、当初は、「よし、モデル撮影会にでも行ってみっか!」と張り切っていましたが、果たせずに今年が終わりそうです。
Commented by マフィンマン at 2006-12-23 08:43 x
KENTさん
おいらの真骨頂……んん~、言われてみれば、そうですね。割と恥ずかしがらないほうですから。いつも心の中で思うんですよ、「今、この光、この状況で撮らなかったら、二度と同じチャンスは巡ってこないぞ」と。そう思うと、多少奇異な格好でもへっちゃらです。まあ、この現場の場合、ご覧のように、ひと気はありませんが。
Commented by マフィンマン at 2006-12-23 08:44 x
igu-kunさん
実際に現場で見ると、こんな山のような感じはありませんが、まあ、あくまで90㍉の圧縮効果ってやつでして。でも、この界隈は新たな建築が始まるまでの間は、このような奇異な風景がまだまだ現れると思います。しばらくの間、ウオッチが欠かせません。
Commented by マフィンマン at 2006-12-23 08:44 x
jitensya7さん
はい、仰るとおりです。ただ、掘削した後に出来るデカい穴は確認できませんでした。界隈は、旧町名で「成子坂」と言って少し傾斜があるので、そこらへんをならしているのかな、と勝手に解釈してます。数日前にアップした「柴田選手」のすぐ近くです。
Commented by マフィンマン at 2006-12-23 08:45 x
takuji-Fanさん
>もの凄く憂鬱な気持ちになった
あ、おいらも同じ気持ちでした。でも、20代そこそこで観たので、今と違って、「耐性」というか「辛抱」というか「我慢する力」があったので、ジッと銀幕を見つめていました。今なら、速攻で寝ちゃうかもしれませんね。英語の字幕が付いていて、「海外に輸出されてるんだ!」と感動しました。
Commented by マフィンマン at 2006-12-23 08:45 x
nobulinnさん
おいらに取り柄があるとしたら、「体当たり」くらいしかありません。同じエリアで今年2月には、立入禁止もクソ食らえで、金網の内側から撮りました。でも、金網を飛び越えて着地した瞬間に右足をヒネり、捻挫! 右足のみサンダル履きでしばらく通勤しました。
Commented by マフィンマン at 2006-12-23 08:45 x
aoi_colorさん
げっ、そうきましたか。おいらも、そんなコメントを書こうかな、と一時は思ったんですよ。ブースカもしくは、カネゴンですね。野っ原が宅地開発されて、子供たちの遊び場がなくなってしまう――というストーリーでした。
ブースカの王冠、怒ると煙を吐くんですよね。
Commented by マフィンマン at 2006-12-23 08:47 x
haru-155さん
「砂の女」を岸田今日子と同じ場の空気を吸いながら観たなんて、とんでもなく幸せなことですね! 一生の宝ですよ。
それにしても今どき、「どよめき」が起きるような女優って、どれくらいいるんでしょうね。1年ほど前、たまたま深田恭子をナマで見た時は(ファンではありません)、会場でどよめきが確かに起きましたが、明らかに、「胸、デカっ!」というどよめきでした(笑)
Commented by henronin at 2006-12-23 17:49
とりあえずここは残土置き場ですかね、後ろの空家はしばらく在りそうですね、再開発の残土ここに集めて山をこしらえて欲しいものです。
Commented by tink_ilis at 2006-12-23 20:38
土砂に廃屋、その後ろにマンション、、、インパクトのあリすぎですネェ~
僕だと見落としてしまいます。
今回は、金網しがみつき・・・そのうち逆立ちしながら、とか、ぶら下がって撮影が出来るようになるかも (^^)/
Commented by medkid at 2006-12-24 00:51 x
東京は新しくビルを建て替える時ぐらいしか土を見ることができなくなりましたよね。残念ですよね‥。
Commented by korotyan27 at 2006-12-24 08:40
おはようございます。
たまたまこの近くを昨日通りましたがここの金網凄く高いですよね~。
絵として凄く面白かったのですが金網にしがみつくまで
考え付かなかったです。
僕は思わずビルも一緒に撮っちゃいました。
Commented by B-dog06 at 2006-12-24 11:11
おはようございます。
aoi_colorさんがおっしゃるように
私の子供の頃もこんな風景がそこかしこにありました。
今にも風呂敷のマントをつけ、チャンバラに興じる私が走ってきそうだ。
Commented by マフィンマン at 2006-12-24 17:14 x
henroninさん
勝手に期待してしまうのですが、いっそ、このへんから遺跡でも出てこないものかな、と。
ひとたび遺跡が出ると、開発行為はとりあえずストップしてしまうはずですから、界隈の風景が延命される……。
Commented by マフィンマン at 2006-12-24 17:14 x
tink_ilisさん
スケボーとか出来たら、しゃがみ込んで低い視線で滑走しながら街撮りできそうだな――と、真剣に考えてことがあります。しかし、中高年には危険すぎるため、ほんの2分ほどで断念しました。マウンテンバイクが関の山です。それとて、長距離はツラい……。
Commented by マフィンマン at 2006-12-24 17:15 x
medkidさん
それでも今、この会話は「野原」と言ってもいいくらい、土が露出しまくってます。40年ほど前に戻ったような風景です。淀橋浄水場跡地があった頃の風景です。ガキの頃、何度か野球をしたことがありますが、空が広かったですよ。
Commented by マフィンマン at 2006-12-24 17:15 x
korotyan27さん
以前も書いたかと思いますが、今年2月、金網の内側から撮ろうと、金網を乗り越えたまではいいものの、着地に失敗、右足を捻挫してしまいました。ガキ大将みたいなマネはするもんじゃありませんね。捻挫する瞬間って、「グキッ!」と音がするんですよ。
Commented by マフィンマン at 2006-12-24 17:15 x
B-dog06さん
そうですねえ、昭和40年代もまだかろうじて空き地があったように思います。こんな場所で撮影した「ウルトラファイト」という番組もありました。特撮などではなく、着ぐるみの怪獣が砂まみれになりながら戦う、地味ながらも実況付きの不思議な番組でした。
<< 北品川  手はじめに旧東海道を歩く 西新宿  ときわ荘・路傍の花 >>