虎ノ門  鈍く輝け! 昭和の蛇口

ここも、虎ノ門3丁目。
愛宕山のふもとには、長屋や路地が残っています。
彼はその片隅で人知れず、鈍く輝いていました。
c0080357_16522279.jpg

※シグマ50㍉DGマクロ F2.8/-0.7補正/ISO200/WBオート/手持ち
スナップ、スナップ写真  デジタル一眼レフカメラ  にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by muffin-man | 2006-11-26 16:55 | 虎ノ門/愛宕/増上寺 | Comments(18)
Commented by lucca-truth at 2006-11-26 20:05
こんばんわ
虎ノ門に昭和が残っているとは思いませんでした。
虎ノ門の金毘羅宮に一度行きたいと思いながら果たしてません。
虎ノ門もおもしろそうですね。 行きたいところがふえました。
レトロな風合いと緑ってあいますね。
Commented by Rambler5439 at 2006-11-26 20:39 x
緑青を吹いた真鍮製の蛇口と鉛管、褪色した杉板、そして健気なほど鮮やかな蔦の葉。東京の街にはこんな情景がひそんでいたんですね。それをわざわざレンズをつけ替えて撮った心意気。あっぱれです。
Commented by マフィンマン at 2006-11-26 21:01 x
lucca-truthさん
おいらも虎ノ門の全貌を知っているわけではないのですが、少なくとも3丁目の一部には昭和の香りがふくいくと漂っています。数年前は、もうちょっと“昭和物件”があったのですが……。
Commented by マフィンマン at 2006-11-26 21:04 x
Rambler5439さん
この蛇口は現役ではないか、と睨んでます。蛇口そのものが鉢植えの植物に覆われていないからです。1週間に1,2度、じいさんがスパナか何かで蛇口をひねり、鉢植えに水やりする――と、想像します。
Commented by jitensya7 at 2006-11-26 22:29
これはまたレトロな蛇口ですね。真鍮製のものがあったなんてすっかり忘れていました。大都会の片隅で健気にがんばっているというという感じですね。虎ノ門3丁目へ近いうちに昭和をさがしに行きたいと思います。
Commented by nobulinn at 2006-11-26 22:37
こんばんは~!
よく見つけましたね~!
蛇口も、後ろの塀の木目も質感描写、ばっちりで、とってもすてきです♪
Commented by 風俗散歩 at 2006-11-26 23:34 x
これは、すばらしい発見だと思います。鉄管がそのまま延ばされて蛇口が付けられているのがいいですね。
Commented by igu-kun at 2006-11-27 00:50
素敵なところにスポットを当てていらっしゃいますね。
木造の家屋に渋い蛇口、そして緑。。
虎ノ門とは思えぬ静かな風情です。
Commented by マフィンマン at 2006-11-27 06:55 x
jitensya7 さん
おいらも真鍮製の蛇口なんてのは(たぶん)初めて見ました。現代の蛇口と井戸の中間あたりのモノなのかな、と勝手に想像しています。虎ノ門3丁目、ぜひ探訪してみて下さい!
Commented by マフィンマン at 2006-11-27 06:58 x
風俗散歩さん
虎ノ門3丁目は、愛宕1丁目と隣接しており、ほとんど一体化しています。ついこの間までは、この界隈も愛宕だと思っていました。どういうわけで、このあたりだけ昭和が色濃く残っているのか、不思議です。
Commented by マフィンマン at 2006-11-27 07:00 x
igu-kunさん
おいら、実はこういう 『モノ撮り』 も好きなんですよ。ただ、こいつは、鉢植えが回りにあったため、体をねじ曲げての撮影となりました。虎ノ門~愛宕界隈は、シブい街です。
Commented by マフィンマン at 2006-11-27 07:02 x
のぶりんさん
季節的に花を撮る機会が少なくなったので、50㍉のマクロレンズで久しぶりに接写してみました。綺麗な花だけでなく、こういうシブいモノを撮るのにも適しているようです。
Commented by rrb at 2006-11-27 09:31 x
おはようございますm(..)m

ありそうでないのが、この材質の蛇口だと思います。
実はいくつか探したのですが、全て今の材質になっていました。
だからとても羨ましい(^^)
でも決して蛇口フェチではありませんからね(^^)

それにしても「愛宕」という地名は全国でどれだけあるのだろう?
京都にも「愛宕」がある…F(--)ん~…
Commented by henronin at 2006-11-27 19:59
すごい鉛管の水道管だ、それと真鍮の蛇口 かすかに緑青も出て なんともいえません、いい味出してます。
Commented by マフィンマン at 2006-11-27 21:24 x
rrbさん
よく見ると、この蛇口でフツーのホースは使えないような気がするんですよ。これだけ古そうな蛇口に合うアダプターって、あるのかなあ。
そうなんですか、京都にも! 愛宕ってそんなに多い地名なのですか。
Commented by マフィンマン at 2006-11-27 21:27 x
遍路人さん
黒いゴムでしっかりメンテされていたり、釘と針金で壁にガッチリ固定されている様子を見ると、かなり大事に使われていたということが伺えます。この潔い佇まいに惹かれて、撮りました。
Commented by aoi_color at 2006-11-28 02:01
虎ノ門、ドラえもん、ホリエモン……すみません。
「真鍮の蛇口」昨日まで空襲に見舞われていたかのような、ここだけ時間が止まっているような雰囲気です。
最後に水が出たのはいつの事なのでしょう。曲がり方が痛々しいです。
Commented by マフィンマン at 2006-11-28 07:18 x
あおいさん
不思議な物件に出合った場合、現場の人に話を聞いて撮る――というのが街撮りの基本と心得ているのですが、こうした古物件の場合、周辺に誰も尋ねるべき人がいない、ということがあります。また行って 『蛇口の真相』 を聞いてきますね。
<< 愛宕  ガケ下の我が家・昼篇 虎ノ門  秋の東京・田舎めぐり >>